また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1773532 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

常念岳東尾根_撤退(2回目)

日程 2019年03月29日(金) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
電車車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
11時間21分
休憩
38分
合計
11時間59分
S須砂渡ゲート01:2602:06高瀬川線No.6302:0802:08鉄塔02:2007:30森林限界08:222178ピーク08:4209:11森林限界12:24鉄塔12:34高瀬川線No.6312:3813:25須砂渡ゲート13:25ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
笹藪は雪の埋まっています。
雪も比較的クラストしていて、人が通った後っぽいところは沈みません。
ところどころ、ひさラッセル。

写真

さー。ここから、山だ。
2019年03月29日 02:13撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さー。ここから、山だ。
雪道、いい感じ。
2019年03月29日 03:20撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪道、いい感じ。
笹藪に突入。雪がある!!
2019年03月29日 04:21撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹藪に突入。雪がある!!
問題なく、笹を突破できます。
2019年03月29日 05:01撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
問題なく、笹を突破できます。
いい感じの明け方の森。
2019年03月29日 05:21撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい感じの明け方の森。
さー、雪の中いきますよ!!
2019年03月29日 05:22撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さー、雪の中いきますよ!!
雪はクラストしていて、歩きやすい。
2019年03月29日 05:28撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪はクラストしていて、歩きやすい。
下界は、雲海の下だな。
2019年03月29日 05:39撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下界は、雲海の下だな。
2
よし! 見えた!!
今日の目標、常念岳!!
2019年03月29日 06:13撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よし! 見えた!!
今日の目標、常念岳!!
3
前回の撤退ポイントに、2時間半以上早く到達。
2019年03月29日 07:10撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前回の撤退ポイントに、2時間半以上早く到達。
1
森林限界突破。
きれいだが、踏み抜きと突風が。
2019年03月29日 07:33撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森林限界突破。
きれいだが、踏み抜きと突風が。
1
見えますでしょうか? シャワーのように噴き出す雪煙。
2019年03月29日 07:39撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見えますでしょうか? シャワーのように噴き出す雪煙。
1
雪煙まいあがる、常念。
2019年03月29日 07:53撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪煙まいあがる、常念。
2
雪煙がすごい。
2019年03月29日 08:16撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪煙がすごい。
1
雪煙で山頂が見えなくなるって、どんだけの風?
2019年03月29日 08:27撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪煙で山頂が見えなくなるって、どんだけの風?
3
なごりおしい。
2019年03月29日 08:39撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なごりおしい。
3
さー、かえろ。
2019年03月29日 08:45撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さー、かえろ。
1
舞い上がる、雪煙。
2019年03月29日 08:51撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
舞い上がる、雪煙。
1
風が強いから、シュカブラは美しい。
2019年03月29日 08:54撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風が強いから、シュカブラは美しい。
2
おいおいおい、来た時に腰まで踏み抜いたトレースが、ものの40分で消えてるぞ!!!
2019年03月29日 08:58撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おいおいおい、来た時に腰まで踏み抜いたトレースが、ものの40分で消えてるぞ!!!
3
くー、ここまできたが、帰るぞ。
2019年03月29日 09:10撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
くー、ここまできたが、帰るぞ。
1
帰りは雪が腐って、アイゼンが雪団子まみれ。
2019年03月29日 10:44撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは雪が腐って、アイゼンが雪団子まみれ。
ヤブの上部。
2019年03月29日 11:07撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤブの上部。
ヤブの下部。
笹が雪の下に消えるって、最高!!
2019年03月29日 11:12撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤブの下部。
笹が雪の下に消えるって、最高!!
雪の森歩けただけでも、いいとするか。
2019年03月29日 11:38撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪の森歩けただけでも、いいとするか。
2
カモシカさんに、であえました。
2019年03月29日 13:02撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カモシカさんに、であえました。
2
この看板、前回気づかなかったぞ。
行きの夜に、ヘッドライトに浮かび上がって、ビビった。
2019年03月29日 13:08撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この看板、前回気づかなかったぞ。
行きの夜に、ヘッドライトに浮かび上がって、ビビった。
3
撮影機材:

感想/記録

リベンジして、敗退してきました。
前回より45分ほど、出発を早めました。
そして全快苦戦した、標高1600m〜1900mくらいの間の猛烈な笹ヤブはおおむね雪の中。苦も無く突破できました。
そして、前回撤退ポイントに、2時間半以上前に到達。
こりゃー、余裕をもって登頂かと思っていましたが、森林限界超えたとたんに猛烈な風に襲われました。
風速20m前後でしょうか。
ものすごい勢いで、真横に雪煙が飛んでいる上に、風が巻いていて吹く方向がころころ変わる。
不意に食らうと、バランスを崩します。
一瞬ふわっと体が浮いた感じになるので、耐風姿勢。
ちょっと、いやかなり恐怖を感じました。
1時間程度ならいざ知らず、おそらく私の足で3時間以上にわたってここを集中力を維持して安全に突破できるイメージが全くできなかったので、さんざん逡巡した結果、撤退することにしました。
く〜〜。
尾根は急だし、雪庇は張り出してるし、踏み抜きはすごいし、左右ともに落ちたら谷底だし・・・。
私の実力不足でしょう。
しかし、常念岳はいつもこんなに風強いのかな??
これが当たり前なら、私の手には負えないな。
ま。リトライは、来シーズンかな。
なかなか、常念岳には登らせてもらえないな〜。がんばろう。
訪問者数:162人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ