また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1773727 全員に公開 ハイキング東海

鍋倉山

日程 2019年03月29日(金) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間18分
休憩
24分
合計
3時間42分
Sスタート地点12:2013:24登山道へ合流13:2513:43展望案内看板13:4514:04鍋倉山頂上1049.8m14:1014:20鍋倉山避難小屋14:3215:15日坂越15:1816:02ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
基本的に東海自然歩道ではあるが、春日長者平からの登山口と日坂越え(東海自然歩道)の間はルートが不明瞭なので目印のピンクテープ、GPSや地図・コンパスなどで確認してロスを無くす。
コース状況/
危険箇所等
書き留めるほどの危険箇所はないが、登山口から日坂越登山道の合流までは不明瞭なのでGPS及び地図・コンパスで確認しながらロスを無くす。
その他周辺情報モリモリ村薬草風呂

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック カメラ

写真

登山口
杉林に下りて大石の傍を沢に下りてピンクテープを確認して渡る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口
杉林に下りて大石の傍を沢に下りてピンクテープを確認して渡る
登山コース案内板
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山コース案内板
往路、向こうが登山道入口で、下の沢を渡りこちら側に上がる
2019年03月29日 12:36撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
往路、向こうが登山道入口で、下の沢を渡りこちら側に上がる
尾根伝い
ピンクテープに注意
2019年03月29日 12:59撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根伝い
ピンクテープに注意
掘割の道らしき跡
2019年03月29日 13:03撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
掘割の道らしき跡
尾根を歩く
2019年03月29日 13:19撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根を歩く
登山道(東海自然歩道)に合流
2019年03月29日 13:24撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道(東海自然歩道)に合流
東海自然歩道だけあって道幅も広く整備されている
2019年03月29日 13:26撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東海自然歩道だけあって道幅も広く整備されている
この先から九十九折の道となる
2019年03月29日 13:29撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先から九十九折の道となる
急登つづら折りの途中に設置された展望台
2019年03月29日 13:41撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登つづら折りの途中に設置された展望台
展望台にある案内坂は破損している
貝月山方面が良く見えます
2019年03月29日 13:43撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台にある案内坂は破損している
貝月山方面が良く見えます
25年以上前に設置された石段
2019年03月29日 13:52撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
25年以上前に設置された石段
頂上直下の残雪
2019年03月29日 13:59撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上直下の残雪
この先、山頂
2019年03月29日 14:03撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先、山頂
鍋倉山山頂1050m
2019年03月29日 14:08撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍋倉山山頂1050m
この鍋倉山は標高1,050mで植物分布上、温帯林のブナ・ミズナラ・帯に属します。西側中腹以下、長者平一帯の母岩は花崗岩で形成されています。山腹上部から東山・谷山方面にかけての母岩は砂岩・粘板岩等の堆積岩で、急峻な地形を呈しています
2019年03月29日 14:05撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この鍋倉山は標高1,050mで植物分布上、温帯林のブナ・ミズナラ・帯に属します。西側中腹以下、長者平一帯の母岩は花崗岩で形成されています。山腹上部から東山・谷山方面にかけての母岩は砂岩・粘板岩等の堆積岩で、急峻な地形を呈しています
三等三角点
2019年03月29日 14:06撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三等三角点
東海自然歩道案内表示坂
2019年03月29日 14:07撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東海自然歩道案内表示坂
この鍋倉山は標高1,050mで・・・急峻な地形を呈しています
2019年03月29日 14:10撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この鍋倉山は標高1,050mで・・・急峻な地形を呈しています
揖斐方面
2019年03月29日 14:11撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
揖斐方面
能郷白山
2019年03月29日 14:14撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
能郷白山
鍋倉山避難小屋が見えると安心感が増す
2019年03月29日 14:19撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍋倉山避難小屋が見えると安心感が増す
屋根に取り付けられた太陽光発電は破損して使用できない
2019年03月29日 14:20撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
屋根に取り付けられた太陽光発電は破損して使用できない
1
南峰に建つ「東海自然歩道 鍋倉山避難小屋」
2019年03月29日 14:21撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南峰に建つ「東海自然歩道 鍋倉山避難小屋」
整備年度 平成6年
2019年03月29日 14:21撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
整備年度 平成6年
奥のドアはトイレ
綺麗に清掃されている
2019年03月29日 14:22撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥のドアはトイレ
綺麗に清掃されている
ホワイトボード
雨季の水場へはヒルに注意!
2019年03月29日 14:22撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホワイトボード
雨季の水場へはヒルに注意!
整頓されている
2019年03月29日 14:26撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
整頓されている
避難小屋で記帳(2019.03.29 山爺)
2019年03月29日 14:30撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋で記帳(2019.03.29 山爺)
小屋の広場
2019年03月29日 14:31撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋の広場
谷山方面へ
2019年03月29日 14:32撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷山方面へ
白山・・・
2019年03月29日 14:48撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白山・・・
虎子山と国見岳方面
2019年03月29日 15:00撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
虎子山と国見岳方面
尾根との分岐
往路は左から尾根伝いに分岐に出て東海自然歩道と合流
2019年03月29日 15:10撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根との分岐
往路は左から尾根伝いに分岐に出て東海自然歩道と合流
日坂越え(日坂・美束分岐)
復路は左へ下りる
2019年03月29日 15:15撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日坂越え(日坂・美束分岐)
復路は左へ下りる
日坂越えの案内板
2019年03月29日 15:18撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日坂越えの案内板
日坂越え分岐
2019年03月29日 15:18撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日坂越え分岐
分岐を下りた所
2019年03月29日 15:22撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐を下りた所
更に下りた所
2019年03月29日 15:23撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
更に下りた所
右側が往時に通った尾根道と、左が復路で下りた谷筋からの道の合流。分かり難いので注意
2019年03月29日 15:24撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右側が往時に通った尾根道と、左が復路で下りた谷筋からの道の合流。分かり難いので注意
復路の分岐・黄杭を右へ(小尾根に注意)
2019年03月29日 15:27撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
復路の分岐・黄杭を右へ(小尾根に注意)
この様な沢を右に見ながら尾根付近を下りる
2019年03月29日 15:38撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この様な沢を右に見ながら尾根付近を下りる
杉林の急登からピンクテープに従って下の沢を渡る
2019年03月29日 15:39撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杉林の急登からピンクテープに従って下の沢を渡る
沢を渡る。ピンクテープあり
2019年03月29日 15:42撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢を渡る。ピンクテープあり
登山口から最初の沢、ピンクテープあり
2019年03月29日 15:44撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口から最初の沢、ピンクテープあり
杉林の中にある岩の傍を通る
2019年03月29日 15:45撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杉林の中にある岩の傍を通る

感想/記録

春日長者平からの登山口と日坂越え(東海自然歩道)の間はルートが不明瞭なので目印のピンクテープ、GPSや地図・コンパスなどで確認してロスを無くす事が必要。日坂越えまで出れば東海自然歩道という事もあり、道は整備されている。比較的、急登も少なく初心者やトレーニングには良い。鍋倉山頂上(1,049.8m)には三等三角点があります。



樹林で眺望は少ないですが前後の登山道から白山、能郷白山、小津権現山、金糞岳、貝月山、伊吹山などが見えます。南峰には鍋倉山避難小屋があり、休憩や緊急時には嬉しいですね。またトイレもありますが水場はないのが残念です。雨季にはヒルに注意しましょう。
訪問者数:248人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ