また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1796283 全員に公開 ハイキング 比良山系

武奈ヶ岳 曇り空と暴風の西南稜でした

情報量の目安: S
-拍手
日程 2019年04月17日(水) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち86%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間14分
休憩
38分
合計
3時間52分
S坊村05:1705:49RP御殿山105:5306:06RP御殿山206:1206:15846m地点06:26RP御殿山306:2906:34RP御殿山406:3706:48御殿山06:4906:53ワサビ峠06:5507:01西南稜1120m地点07:0307:25武奈ヶ岳07:3307:49西南稜1120m地点07:5007:54ワサビ峠08:00御殿山08:0108:09RP御殿山408:15RP御殿山308:1708:26846m地点08:30RP御殿山208:40RP御殿山108:4509:07坊村09:09ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2019年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 雨具 ゲイター ザック 飲料 ヘッドランプ 保険証 携帯 時計 ストック

写真

5時過ぎに山へ入れる季節になりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5時過ぎに山へ入れる季節になりました。
3
いやぁ、静かですね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いやぁ、静かですね
6
少し抜けてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し抜けてきました。
登山道もチョコチョコと倒木
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道もチョコチョコと倒木
安曇川と駐車場が見える
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
安曇川と駐車場が見える
1
あっちへは行ったことありません
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっちへは行ったことありません
3
おお、ボキボキです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おお、ボキボキです
荒廃した感じがいいですね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒廃した感じがいいですね
2
夏道進みましょう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏道進みましょう
2
毎回言ってますが、この谷好きです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
毎回言ってますが、この谷好きです。
5
ここを登りきると夏道冬道の合流点
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを登りきると夏道冬道の合流点
そして景色も抜けます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして景色も抜けます
4
曇ってますねぇ・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
曇ってますねぇ・・・
9
御殿山からびわ湖バレイ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御殿山からびわ湖バレイ
6
御殿山を下りたとこから
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御殿山を下りたとこから
1
登り切ったところで振り返り
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り切ったところで振り返り
3
ここ、雪の時は綺麗だったけどね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここ、雪の時は綺麗だったけどね
5
そして武奈ヶ岳へ向かい、さらに前へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして武奈ヶ岳へ向かい、さらに前へ
5
解放感でいっぱい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
解放感でいっぱい
3
もう少し青々するか晴れれば最高ですね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう少し青々するか晴れれば最高ですね
3
殺伐とした感じですが、これもいい。さあ、最後の登り
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
殺伐とした感じですが、これもいい。さあ、最後の登り
4
登りかけたところで振り返り
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りかけたところで振り返り
1
登り切ったところから西南稜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り切ったところから西南稜
1
びわ湖バレイ方面
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
びわ湖バレイ方面
もうちょっとですが、寒いわ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうちょっとですが、寒いわ
2
暴風の中、山頂へラストスパート
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暴風の中、山頂へラストスパート
2
うっすら琵琶湖がきれい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うっすら琵琶湖がきれい
1
写真では見えづらいが、琵琶湖が幻想的
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真では見えづらいが、琵琶湖が幻想的
2
伊吹も見えませんね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊吹も見えませんね
1
ですが琵琶湖は綺麗
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ですが琵琶湖は綺麗
1
コヤマノがへんな感じの雪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コヤマノがへんな感じの雪
2
冬は雪に埋もれてたお地蔵様たち
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬は雪に埋もれてたお地蔵様たち
3
何度見てもきれい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何度見てもきれい
1
いつまでも見ていたいがそうもいかん!風凄すぎて寒すぎる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつまでも見ていたいがそうもいかん!風凄すぎて寒すぎる。
そしてどんよりした空
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そしてどんよりした空
2
いやぁ、それにしてもいい景色
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いやぁ、それにしてもいい景色
1
まだ誰にも合わないな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ誰にも合わないな
相変わらず暴風の西南稜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
相変わらず暴風の西南稜
1
ケルンのとこまで戻ってきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ケルンのとこまで戻ってきた
1
往路とあまり天気変化ないね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
往路とあまり天気変化ないね
1
どんどん進みます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どんどん進みます
1
おお、いい感じです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おお、いい感じです
1
びわ湖バレイ、でかいな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
びわ湖バレイ、でかいな
いやぁ、下りてきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いやぁ、下りてきました
駐車場まで戻ってきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場まで戻ってきた
2
本日も無事安全な山行に感謝。ありがとうございました♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日も無事安全な山行に感謝。ありがとうございました♪
10

感想/記録

先週の大峰釈迦ヶ岳、久しぶりの山登りでへばってしまいました。
その反省から、基本にかえり、行ける時には近くの山へ行くべし!
というわけでいつもの武奈ヶ岳へ。

曇った朝でしたが、5時17分に出発。
やはり早朝ハイクは気持ちいい。
しかし体力がついていかず、今回もへばり気味でペース上がらず。
しかし黙々と登り続けました。
割と麓の方は土砂崩れの跡なのか、大きな木がなぎ倒されて斜面を覆ってました。
一部、登山道にも倒木があります。
まあ、問題なく通れはしますが、なかなか激しいですね。

夏道冬道の分岐くらいまでは暑くてたまりませんでしたが、御殿山の近くまで来ると今度は風が冷たくなってきました。
雪はほとんどありません。ここまで登山道には雪は一切なしです。
御殿山へ到着するといつもの武奈ヶ岳西南稜の美しい姿が見えました。
しかし雪がなくなると景色的には寂しいですね。
西南稜はやはり雪が似合います。
びわ湖バレイにもほとんど雪はない。
まあ、もう4月中旬だしな。

しかもこの日は路面は乾いており、足元も快適です。
へばり気味な体調に優しいコンディション。
ワサビ峠までサクっと下り、そして西南稜を進みます。
ここからの登り、雪の時のハードさとは真逆ですね。

西南陵へ出ると、うっすらとした雲の中に太陽が。
そして風は冬のように寒い。上着とグローブ装着で進みます。
しかし早朝とはいえ、誰もおらん。
まあ、本当は自分的には山で人に会わない方が嬉しいんだけどね。

そうこうしてる間に山頂手前のピークの岩場に到着。
山登りを始めた頃、この岩場に立った時に興奮と感動したの思い出す。
ここからは山頂標識が見える。もうあと少しです。とにかく寒いので先を急ぎます。

うっすらと琵琶湖が見える。
なんか幻想的でいいですよ。
寒いのを除けば、まあまあ当たりでした。
もう少し日が照れば、という感じですが、とにかく暴風。
手に持ったスマートフォンが飛ばされそうな勢い。
いやぁ、寒い。

間もなく山頂に到着。
暴風と寒いのが大問題ですが、景色は最高です!
薄曇りなので写真映えしませんが、肉眼で見てる分にはしばらく見ていたい景色でした。
本当はここでコーヒータイムと行きたいところ。
武奈ヶ岳は工程が短いから、コーヒータイム欲しいよね!
しかし・・・
残念ながら暴風と寒さには勝てず、10分足らずで山頂から退散決定です。

では名残惜いが西南陵を戻ります。
山頂手前のピークを下りると少し風が収まった感じ。
ワサビ峠からの登り返しでようやくこの日初の登山者とすれ違い。
挨拶と短い会話を交わし、御殿山へ。
コーヒー飲もうかと考えましたが、それより早く下山することを選択。
ここからは麓まで一気に。

しかし足はへばったまま。
ペース上がらず御殿山から麓まで。
安曇川が見えてからはあっという間でした。

ひたすら登り、ひたすら下りてきたこの日の武奈ヶ岳でしたが、今回も無事安全な山行に感謝です。
マンネリ打破のため、次はナイトハイクで登頂し、山頂で夜明けを迎えるプランを試してみようと思います♪

本日もお付き合いありがとうございました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:801人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ