ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 堂満岳

堂満岳(どうまんだけ)

最終更新者 kamigata
基本情報
標高 1057m
場所 北緯35度14分25秒, 東経135度54分29秒
山頂
展望ポイント 近江舞子付近の内湖・乙女ヶ池や、琵琶湖、湖西線の展望が見れます

堂満岳の日の出・日の入り時刻

05/27(土) 05/28(日) 05/29(月) 05/30(火) 05/31(水) 06/01(木) 06/02(金)
日の出 4時39分 4時39分 4時38分 4時38分 4時37分 4時37分 4時37分
日の入り 19時9分 19時10分 19時11分 19時11分 19時12分 19時13分 19時13分

堂満岳 (標高1057m)付近の気温

5月の気温(推定値)
最高気温
16
平均気温
11
最低気温
6
Loading...

周辺の平年の気象状況

5月の気象
日照時間 5.9 時間/日
降水量 6.1 mm/日
最深積雪 データなし
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

堂満岳(どうまんだけ)は、滋賀県大津市にある標高1,057mの山。別名は近江八景の「比良の暮雪」にちなみ暮雪山
比良山地の稜線が琵琶湖寄りに張り出したところにあり、山麓や琵琶湖の対岸からよく目立つ。
山頂から東側へ琵琶湖に向かって稜線が延びており、堂満東稜道という登山道が整備されている。
途中の標高約500mの地点には、ノタノホリという池があり、モリアオガエルが生息していることで有名である。
東稜の北側と南側は急斜面となっており、それぞれ北壁、南壁と呼ばれている。
山頂付近や北側の金糞峠にかけての尾根にはホンシャクナゲが多く見られる。

付近の山

この場所に関連する本

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「堂満岳」 に関連する記録(最新10件)

比良山系
  24    25 
2017年05月22日(日帰り)
比良山系
  20    24  2 
mikki, その他5人
2017年05月21日(日帰り)
比良山系
  34    23  4 
2017年05月20日(日帰り)
比良山系
  40    30  4 
2017年05月20日(日帰り)
比良山系
  36    10 
2017年05月20日(日帰り)
比良山系
  55    7 
2017年05月20日(日帰り)
比良山系
  98    65  6 
2017年05月20日(日帰り)
比良山系
  16    17  2 
2017年05月20日(日帰り)
比良山系
  31    24 
2017年05月14日(日帰り)
比良山系
  114    40 
2017年05月14日(日帰り)
ページの先頭へ