また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1797857 全員に公開 ハイキング 祖母・傾

大崩山 - 変わり果てた姿に愕然

情報量の目安: S
-拍手
日程 2019年04月18日(木) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.9~1.0(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち74%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間54分
休憩
3時間20分
合計
9時間14分
S上祝子登山口05:0005:18大崩山荘05:35祝子川渡渉点05:3605:40小積ダキ展望地(撮影後Uターン)05:4305:47祝子川渡渉点05:5507:23袖ダキ08:1608:30下和久塚08:4809:11中和久塚09:3109:52上和久塚10:2610:39分岐(山頂&りんどう)10:53リンドウの丘11:1111:41小積ダキ11:5512:05象岩12:1912:50坊主岩12:5113:14荒廃林道分岐13:35下小積谷(川)13:4013:44祝子川渡渉点(山荘前)13:5513:57大崩山荘14:14上祝子登山口14:14ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
◇初見の単独行は高確率で迷ってあたふたします(ウソじゃないよ
特に湧塚尾根へ渡渉後〜ガレ場急登までのエリア、上湧塚〜山頂方面へのエリア。

◇大崩山を数年ぶりに訪れる方は、以前と状況の異なっている箇所がありますので、事前の情報収集をしっかりしておくことをお勧めします。

◇大崩山に設置されている全てのロープ、ハシゴ等について、100%安全な物はありません。
老朽化、経年劣化しているものも多くあります。
ここ最近破損したと思われる梯子も幾つかありました。
全体重を預ける様な登り方(下り方)はしないこと。

◇坊主尾根に設置されている多くのハシゴについて。
可能な限り独りづつ使用すること。
荷重移動や、後続者、先行者によりハシゴが動いた時に、岩とハシゴの間に指を挟まれる可能性があります。
また、そういった場合に指を挟まずに済むよう、しっかりと隙間の出来る位置を選んだり、側部を握るなど注意すること。

◇落石に注意。

◇登山者の急増で土が捏ねられて滑りやすくなっている場所もあります。

◇上湧塚上部には右側奥へ回り込むルートで登るほうが安全。
※正面チムニールートは、太めの方、ザックを背負ったままでは通り抜け出来ないと思います。

◇登山口での『車上荒らし』に注意。
貴重品(特に腕時計が見えるとターゲットになり易いそう)を車内に放置しないこと!
「見えない所に隠しているから大丈夫!!」って、開錠されれば意味がありません。
車上荒らしの犯行を増やすのは、防犯意識の低いアナタです!



なお、三里河原コースは昨年の台風で3か所ほど崩落したそうで、当分の間は通行不可。
その他周辺情報登山ポストは上祝子登山口にある他、
祝子川温泉『美人の湯』でも営業時間内に限って登山届を受付けています。
備え付けの記入用紙もあります。

また、宮崎県警ではオンラインで登山届を出すこともできます。
https://www.pref.miyazaki.lg.jp/police/shinsei/tozantodoke.html
上記、リンク先内の提出先一覧表の下にある外部リンク『登山届(登山計画書)の電子申請』で。


下山後の入浴は登山口から車で7分ほどの祝子川温泉『美人の湯』がお薦め。
10時開館、通常は木曜定休。
今年のGWは、換水・消毒・清掃の為、4/30、5/1は早仕舞い、
また、5/2(木)は休館となるそうです。

※美人の湯の第二駐車場は、これまで登山者が車中泊できるよう夜間開放されていましたが、夜遅くまで宴会や花火をしたり、テント張りっぱなしで入山するような不届きな方が多くなったため、使用を禁止されました。
過去天気図(気象庁) 2019年04月の天気図 [pdf]

写真

祝子地区へ向かう前日に...
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祝子地区へ向かう前日に...
4
国道326の下赤地区にて
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国道326の下赤地区にて
5
ジブ〇の世界から抜け出してきた?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジブ〇の世界から抜け出してきた?
2
うーん、七日廻り岩に見えてきたぞ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うーん、七日廻り岩に見えてきたぞ
4
で、いつものように暗いうちに出発
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
で、いつものように暗いうちに出発
1
赤く染まる小積ダキ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤く染まる小積ダキ
3
水量(水位)はこんなもんでした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水量(水位)はこんなもんでした
1
ロープ
いつ朽ち切れるか...
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープ
いつ朽ち切れるか...
1
立派な炭焼き窯の跡
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立派な炭焼き窯の跡
1
「山頂へ」
苔に埋もれたロボット兵に見えてきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「山頂へ」
苔に埋もれたロボット兵に見えてきた
1
『袖ダキ』への分岐
ここの土砂流出も進んでるように感じます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
『袖ダキ』への分岐
ここの土砂流出も進んでるように感じます
『袖ダキ』から見る『下湧塚』
やっぱ青空だと映える
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
『袖ダキ』から見る『下湧塚』
やっぱ青空だと映える
5
『袖ダキ』から見る『小積ダキ』
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
『袖ダキ』から見る『小積ダキ』
3
『下湧塚』にズーム
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
『下湧塚』にズーム
3
アケボノさんはまだ蕾
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アケボノさんはまだ蕾
袖ダキで1〜2分咲き
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
袖ダキで1〜2分咲き
4
青空に浮かぶ薄桃色
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空に浮かぶ薄桃色
5
ふんわりふわふわ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふんわりふわふわ
3
木によっては満開のマンサク
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木によっては満開のマンサク
4
様々な表記がありますね
「涌」「湧」「和久」
ワクワクしてきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
様々な表記がありますね
「涌」「湧」「和久」
ワクワクしてきました
『下湧塚』から見る
『小積ダキ』
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
『下湧塚』から見る
『小積ダキ』
『下湧塚』から見る
『中湧塚』
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
『下湧塚』から見る
『中湧塚』
3
『中湧塚』から見る
『上湧塚』
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
『中湧塚』から見る
『上湧塚』
2
『思案橋』も手前側のガタつきが酷くなってるようでした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
『思案橋』も手前側のガタつきが酷くなってるようでした
何かでトルマリンだと見た記憶があります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何かでトルマリンだと見た記憶があります
1
『七日廻り岩』
超古代文明の巨大人型兵器かもしれない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
『七日廻り岩』
超古代文明の巨大人型兵器かもしれない
4
『上湧塚』から見る
『中湧塚』と『小積ダキ』
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
『上湧塚』から見る
『中湧塚』と『小積ダキ』
細く頼りないロープが立派な鎖に変わってました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
細く頼りないロープが立派な鎖に変わってました
2
なんかスッキリしたと思ったら...
スズタケが綺麗に消えた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんかスッキリしたと思ったら...
スズタケが綺麗に消えた
ここも随分変わった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも随分変わった
『りんどうの丘』
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
『りんどうの丘』
1
道も荒れつつある
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道も荒れつつある
こちらは台風被害
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは台風被害
1
テラスから見る『中&上』
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テラスから見る『中&上』
2
『小積ダキ』から象さん
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
『小積ダキ』から象さん
2
毎度のことながら緊張する
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
毎度のことながら緊張する
1
エクストリームな梯子
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エクストリームな梯子
3
ショウジョウバカマ
今回一番花付きが多かった株です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ショウジョウバカマ
今回一番花付きが多かった株です
6
降りた後に見上げる
梯子に移るの怖かった...
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
降りた後に見上げる
梯子に移るの怖かった...
『米塚』『坊主岩』
『イルカ岩』
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
『米塚』『坊主岩』
『イルカ岩』
1
アルミ製梯子(脚立)が...
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アルミ製梯子(脚立)が...
1
米塚のアケボノさんは5分咲き
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
米塚のアケボノさんは5分咲き
3
降りた後に見上げる
ここも元々難易度高かったのに、表土が無くなって更に...
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
降りた後に見上げる
ここも元々難易度高かったのに、表土が無くなって更に...
荒廃林道への分岐
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒廃林道への分岐
祝子川渡渉地点に咲くミツバツツジ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祝子川渡渉地点に咲くミツバツツジ
5
登る時は暗くて撮れなかった丸太橋
橋を使わずとも沢を渡れます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登る時は暗くて撮れなかった丸太橋
橋を使わずとも沢を渡れます
下山
登山口正面は緊急車両のため駐車禁止って聞いたけど、今は変わったのかな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山
登山口正面は緊急車両のため駐車禁止って聞いたけど、今は変わったのかな?
1
立派な看板が付きましたね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立派な看板が付きましたね
帰りに別のジブ〇スポットに立ち寄り
バス停の位置が変わってた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りに別のジブ〇スポットに立ち寄り
バス停の位置が変わってた
1

感想/記録

約2年ぶりの大崩山。
いつものように暗いうちから入山。
山荘を過ぎた辺りからライトが無くてもなんとなく足元が見える程度の明るさに。
祝子川の水位も低く、前回(2年前)同様、楽に渡渉できる。
5年前は意を決して大岩から大岩に飛び移るしかないほどだったけど、たまたま水位が低かった(高かった)のかなぁ?
それとも、大雨の影響で良い位置に岩が流れてきたのかな?
まぁいいや(笑

で、湧塚尾根へ。
アケボノツツジの開花状況は、袖ダキで1〜2分咲きといったところ。
そこから上はほとんど咲いてなかったと記憶している。
下湧塚はささっと通過、中湧塚ではちょっと岩の上部に登ってみたけど、
降りる時はシャレにならんくらい怖いです。

中湧〜上湧の崩壊地は更に崩壊が進んでいるといった印象で、あれ?前回はこんなだったっけ?と感じることも。

で、上湧塚ではいつものように裏側?へ回り込んで上部へアタック。
岩を回り込むとこにあった細くて頼りないロープが鉄製の見事な鎖に取り換えられていました。
でも、最後の上がるとこはロープのままですから、全体重を掛けないよう注意してください。
『七日廻り岩』を拝んだら、『りんどうの丘』へ向かいます。
すると、前方50mほどに動くものを捉えました。
アナグマでした。

それにしてもこの辺、こんなに見通しが良かったっけ?
5年ほど前はスズタケがたくさん残ってたように思ったのですが、綺麗に枯死してます...
気のせいかブナなど他の樹木にも元気がないというか、新芽が出ていないように見えます。
大袈裟ですけど、まるで森全体が死んだよう。
そして道が荒れている...
というか、落ち葉が無くなって土が露出してるところが多くなったように感じる。
りんどうの丘から小積ダキの間では、ブナの大木があちこちで倒れていた。
何本もの大木が同じ方向にバタバターっと。

もしかして、スズタケは台風による塩害で枯れたのか?
あれだけの大木を倒すほどの台風だったようだし。
それとも何か病気的なもの?はたまた寿命的な?

坊主尾根を下る時にも変化があった。
アルミ梯子(脚立)に壊れているものが幾つかあった。
よほどの巨漢が体重を掛けたのだろうか?それとも岩か何かが直撃した?
もし、単純に経年劣化だとすれば、その他の梯子も突然に破断する可能性があるということだから注意が必要。

そして、大勢の人に踏まれて土で汚れたロープ...(ロープを踏むなんて!

ちなみに『米塚(坊主岩)』付近のアケボノツツジは5分咲きくらいだけど、すべての木が一律に5分咲ではなく、全体数としては少ない。

今回の全体的な印象として、数年前より難易度が上がったように感じた。
台風や大雨、地震による地形や植生の変化によるものです。
自身の体力の衰えなどもあるとは思いますが、それを差し引いても。


『美人の湯』第二駐車場も、一部の人の非常識な行いのために車中泊利用が出来なくなってしまったし、色んな意味で大崩山の変わり果てた姿に愕然とした山行でした。

山行の前後に、近くで見られるジブ〇キャラを見てみました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:2413人

コメント

21日3年半ぶりに上祝子から僕も行きました。
同感しました。
植生は特に変わり果ててると感じて怖くなりました。
山頂も かなり見通しが良くなってます
見通しが悪い山頂とパノラマルートのギャップも
大崩山の魅力だったと思いましたが
アナグマが羨ましいです。。
僕は マムシでした
2019/4/24 1:43
okijetさん こんばんは。
3年半ぶりだと、私以上に強く変化を感じられたことでしょうね。
ほんと一体何なのでしょうね、このスズタケの枯死って。
まるで増えすぎると自ら入水自殺をするレミングのようで恐ろしいですし、
今後、これ以上に何らかの変化が表れるのだろうかと心配になります
ちなみに、アナグマ以外にはシマヘビを見ました。
これからはマムシにはちょいちょい驚かされそうですね
2019/4/25 21:53
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ