また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1806430 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 甲信越

大沢山 修那羅山安宮神社から往復

情報量の目安: S
-拍手
日程 2019年04月23日(火) [日帰り]
メンバー
天候薄曇り後晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
国道403号線で麻績村に向かい
信号「本町」を東進(冠着荘の標識あり)し
約6km先を右折後、道なりに走ると安宮神社の広い駐車場
トイレは駐車場から更に東進した神社の鳥居の手前にあります

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間50分
休憩
30分
合計
6時間20分
S安宮神社駐車場08:0008:15修那羅山09:00ネットフェンス09:0510:351396m峰10:4011:051375m峰(四阿屋山分岐)11:20大沢山11:3512:251396m峰12:3013:101241m峰13:35ネットフェンス14:20安宮神社駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・登山口〜修那羅山
舗装道路脇に杭が並べられた箇所が登山口
標識等はありませんが、修那羅山山頂まで踏み跡は明瞭
・修那羅山分岐〜四阿屋山分岐
時々、踏み跡不明瞭になるきついアップダウンの繰り返し
特に体力を消耗する急坂は二箇所あり
ネットフェンスのあるピークへの斜面と1376m峰の斜面
本日の最難関の急坂は1376m峰に繋がる斜面で
石が点在するので、落石、滑落に注意
古いテープやら、ピンクテープがありますが
樹林帯の中なので、見落としやすいです
・四阿屋山分岐〜大沢山
分岐から痩せ尾根を辿り岩峰を一つ越えると山頂
その他周辺情報草湯温泉 冠着荘
http://www.kamurikiso.jp/
周辺の桜満開、温泉もほぼ貸し切り状態で最高でした♪
過去天気図(気象庁) 2019年04月の天気図 [pdf]

写真

安宮神社駐車場を出発
この舗装道路を真っ直ぐ歩くと左にトイレがあります
2019年04月23日 08:02撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
安宮神社駐車場を出発
この舗装道路を真っ直ぐ歩くと左にトイレがあります
2
登山口は右側の並んだ杭が目印。登山者の為の標識はありませんが、踏み跡明瞭。
2019年04月23日 08:03撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口は右側の並んだ杭が目印。登山者の為の標識はありませんが、踏み跡明瞭。
2
前回敗退した時は銀世界でしたのに
2019年04月23日 08:06撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前回敗退した時は銀世界でしたのに
1
崩落個所もはっきり
2019年04月23日 08:12撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩落個所もはっきり
2
この分岐で敗退したのでした。修那羅山山頂に寄り道して行きます。
2019年04月23日 08:13撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この分岐で敗退したのでした。修那羅山山頂に寄り道して行きます。
2
懐かしい杭
この杭の横に三角点があります
2019年04月23日 08:15撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
懐かしい杭
この杭の横に三角点があります
1
三角点
角が取れていますが、一等三角点だそう
2019年04月23日 08:16撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点
角が取れていますが、一等三角点だそう
1
分岐に戻りました
前回、積雪15cmに恐れをなし引き返したので、ここから未知の領域
2019年04月23日 08:19撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐に戻りました
前回、積雪15cmに恐れをなし引き返したので、ここから未知の領域
3
標柱
その向こうにこれから辿る峰々が見えています
2019年04月23日 08:19撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標柱
その向こうにこれから辿る峰々が見えています
小ピーク
最近伐採作業が行われたようで、葉がまだ青々。この付近、新しいピンクテープ多数あり、この作業で付けられたのかもしれず、大沢山までの期待はとてもできません。
2019年04月23日 08:30撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小ピーク
最近伐採作業が行われたようで、葉がまだ青々。この付近、新しいピンクテープ多数あり、この作業で付けられたのかもしれず、大沢山までの期待はとてもできません。
1
左脇に踏み跡
どこから登って来た道なのか?
2019年04月23日 08:42撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左脇に踏み跡
どこから登って来た道なのか?
ザレ場のきつい登り
途中でテープを見失い難儀(/_;)体が重く、直登を諦めて迂回した為時間をロス!
2019年04月23日 08:42撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザレ場のきつい登り
途中でテープを見失い難儀(/_;)体が重く、直登を諦めて迂回した為時間をロス!
1
ネットフェンス
ここから尾根に沿って張られたフェンスに沿って歩きます
2019年04月23日 08:58撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ネットフェンス
ここから尾根に沿って張られたフェンスに沿って歩きます
倒れていた標柱を立てました。ここでティーブレイク♪
2019年04月23日 08:59撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒れていた標柱を立てました。ここでティーブレイク♪
2
ネットに沿って下ります
2019年04月23日 09:06撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ネットに沿って下ります
ようやく晴れてきました♪こうでないと!
2019年04月23日 09:10撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく晴れてきました♪こうでないと!
1
岩稜現る(*_*)
2019年04月23日 09:12撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩稜現る(*_*)
2
岩の間を抜けられます
2019年04月23日 09:13撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩の間を抜けられます
2
急斜面の上にピーク
2019年04月23日 09:17撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急斜面の上にピーク
右側にネットは存続
2019年04月23日 09:18撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右側にネットは存続
痩せた岩稜
2019年04月23日 09:19撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
痩せた岩稜
2
ネットフェンスここで途切れました
2019年04月23日 09:28撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ネットフェンスここで途切れました
冠着山
霞んでいます
2019年04月23日 09:29撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冠着山
霞んでいます
1
小ピーク
幾つも小ピークを越えるのですが、白い標柱が立ち、眺望がなく、似たような景色
2019年04月23日 09:36撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小ピーク
幾つも小ピークを越えるのですが、白い標柱が立ち、眺望がなく、似たような景色
2
立ちはだかる尾根
四阿屋山からの尾根に合流するにはあの上まで登らなければなりません!いったいどんな急斜面?
2019年04月23日 09:39撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立ちはだかる尾根
四阿屋山からの尾根に合流するにはあの上まで登らなければなりません!いったいどんな急斜面?
2
鞍部も似たような感じで、風が通り抜ける為、落ち葉がなく地面が剥き出し。北アルプスがほんの少し見える鞍部もあります。
2019年04月23日 09:45撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍部も似たような感じで、風が通り抜ける為、落ち葉がなく地面が剥き出し。北アルプスがほんの少し見える鞍部もあります。
1
いよいよ本日最難関の猛烈な急坂。ここでも、身体が重く、テープを見失い、ルーファイしながらよたよた登り、時間を大幅にロス(/_;)
2019年04月23日 09:49撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ本日最難関の猛烈な急坂。ここでも、身体が重く、テープを見失い、ルーファイしながらよたよた登り、時間を大幅にロス(/_;)
2
ようやく空が見え、尾根に到達
2019年04月23日 10:34撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく空が見え、尾根に到達
1
踏み跡明瞭
2019年04月23日 10:39撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み跡明瞭
2
肉眼では鹿島槍が見えているのに、写真ではまったくわかりません
2019年04月23日 10:39撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
肉眼では鹿島槍が見えているのに、写真ではまったくわかりません
四阿屋山分岐であるピークが近づきました
2019年04月23日 10:52撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四阿屋山分岐であるピークが近づきました
1
坂井方面が見えていると思います
2019年04月23日 10:53撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
坂井方面が見えていると思います
ピーク毎に白い標柱がお決まりのよう
2019年04月23日 10:54撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピーク毎に白い標柱がお決まりのよう
1
快適な尾根歩き
今回はきついアップダウンの繰り返しばかり、なかなか快適な散歩ができません('_')
2019年04月23日 10:58撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快適な尾根歩き
今回はきついアップダウンの繰り返しばかり、なかなか快適な散歩ができません('_')
北側斜面にはまだ僅かに残雪
2019年04月23日 10:59撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北側斜面にはまだ僅かに残雪
四阿屋山分岐
とうとう、夢を果たしました。本日歩きたかったゴールはここ!(^^)!
2019年04月23日 11:05撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四阿屋山分岐
とうとう、夢を果たしました。本日歩きたかったゴールはここ!(^^)!
3
「大沢山迄あと30分」は結構長く感じます。岩峰を一つ越えるのですから。
2019年04月23日 11:05撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「大沢山迄あと30分」は結構長く感じます。岩峰を一つ越えるのですから。
2
大沢山が見えました
2019年04月23日 11:07撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大沢山が見えました
1
凍結した時期には通りたくない痩せた岩稜
2019年04月23日 11:08撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
凍結した時期には通りたくない痩せた岩稜
3
崩壊が進んでいます
やがてこの尾根もなくなってしまうのかもしれません
2019年04月23日 11:19撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩壊が進んでいます
やがてこの尾根もなくなってしまうのかもしれません
山頂が近づきました
2019年04月23日 11:21撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂が近づきました
大沢山山頂に到着
2019年04月23日 11:23撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大沢山山頂に到着
3
お久しぶりです♪
もう来ないと言いながら、また来てしまいました!
2019年04月23日 11:23撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お久しぶりです♪
もう来ないと言いながら、また来てしまいました!
3
御嶽大神
今まで気が付きませんでした。失礼をお許しください。併せて無事下山を祈願。
2019年04月23日 11:28撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御嶽大神
今まで気が付きませんでした。失礼をお許しください。併せて無事下山を祈願。
2
大天井が見えるのですが、今日は残念ながら霞んでいます(/_;)冷たい風が轟々と吹かない日だっただけでも感謝!
2019年04月23日 11:29撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大天井が見えるのですが、今日は残念ながら霞んでいます(/_;)冷たい風が轟々と吹かない日だっただけでも感謝!
さようなら
多分もう来ないと思います。大沢山への全ての尾根を歩かせて頂きましたので♪でも、達成するまでの過程を凄く楽しませても頂きました!
2019年04月23日 11:36撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さようなら
多分もう来ないと思います。大沢山への全ての尾根を歩かせて頂きましたので♪でも、達成するまでの過程を凄く楽しませても頂きました!
4
峰々を越えて帰ります
2019年04月23日 11:40撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峰々を越えて帰ります
2
岩壁
十観山から、この垂壁が際立って見えました。1429m峰の下にあったのですね(*_*)
2019年04月23日 11:49撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩壁
十観山から、この垂壁が際立って見えました。1429m峰の下にあったのですね(*_*)
1
四阿屋山分岐(1429m峰)迄帰還
2019年04月23日 11:55撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四阿屋山分岐(1429m峰)迄帰還
1
遠ざかった大沢山
2019年04月23日 12:06撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠ざかった大沢山
1396m峰
ここから猛烈な下り(/_;)無事通過できるのか?
2019年04月23日 12:25撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1396m峰
ここから猛烈な下り(/_;)無事通過できるのか?
1
少し斜面が緩み、周囲を見回す余裕ができました。
2019年04月23日 12:53撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し斜面が緩み、周囲を見回す余裕ができました。
鞍部が見え、無事通過にほっとします(^.^)
2019年04月23日 12:57撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍部が見え、無事通過にほっとします(^.^)
1
ネットフェンス迄帰還
2019年04月23日 13:17撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ネットフェンス迄帰還
この岩場は礫岩でした
2019年04月23日 13:24撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この岩場は礫岩でした
登ったり下ったりの痩せ尾根
2019年04月23日 13:24撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ったり下ったりの痩せ尾根
1
今朝立てかけた標柱迄無事戻りました
2019年04月23日 13:37撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今朝立てかけた標柱迄無事戻りました
1
歩いて来た尾根
どこをどう歩いたのか?
2019年04月23日 14:12撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いて来た尾根
どこをどう歩いたのか?
2
修那羅山への尾根
2019年04月23日 14:13撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
修那羅山への尾根
2
分岐まで無事帰還
三度目の正直でやっとこの縦走往復を果たしました!思いが叶えられるまで雪に阻まれ、歩いてみるときつい登下降の繰り返しに酷く疲れを感じる行程で、長く思い出に残りそう(^^ゞ
2019年04月23日 14:13撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐まで無事帰還
三度目の正直でやっとこの縦走往復を果たしました!思いが叶えられるまで雪に阻まれ、歩いてみるときつい登下降の繰り返しに酷く疲れを感じる行程で、長く思い出に残りそう(^^ゞ
4
駐車場
自分の車だけがぽつねんと駐車
2019年04月23日 14:19撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場
自分の車だけがぽつねんと駐車
4
桜満開の冠着荘駐車場
2019年04月23日 14:57撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桜満開の冠着荘駐車場
2
思いがけず、素晴らしい出会いに恵まれました(*^^)v
2019年04月23日 14:57撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
思いがけず、素晴らしい出会いに恵まれました(*^^)v
2
草湯温泉冠着荘
疲れを癒すのにはやはり温泉♪
2019年04月23日 15:00撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草湯温泉冠着荘
疲れを癒すのにはやはり温泉♪
2
見下ろした桜咲く山里は正に桃源郷!ずっと眺めていたくなる、そんな心境に駆られます。
2019年04月23日 15:00撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見下ろした桜咲く山里は正に桃源郷!ずっと眺めていたくなる、そんな心境に駆られます。
2

感想/記録
by kyom4

今年一月、修那羅峠から稜線を繋いで大沢山に登ろうと実行するも
修那羅山山頂分岐先の尾根の積雪を見て、即座にあえなく敗退(/_;)
今考えると年末ならまだしも、年明けに計画したのは遅すぎでした。
雪が消えたら、絶対にリベンジすると固く誓って三ヶ月、
標高1400m付近の雪は、いくら四月に何度も降雪があったとしても
消えているに違いないと、出かけてみました。

修那羅山迄の踏み跡は明瞭で、標識がないだけで、30分で往復可能。
分岐から先は、尾根を外さぬようきついアップダウンに耐えて歩きます。
但、別の尾根に合流するための急斜面が二箇所あり、
テープに助けられながら取付きましたが、二箇所共途中で見失い難儀。
体調も悪く、見上げれば嫌になる急斜面に、足が上がらず、時間のロス。
一つ目の急坂は何とか乗り切ったものの、本日最難関の二つ目の急坂は
途中で諦めて帰ろうかとまで考える始末(/_;)
三度目の正直なのだから、どうにか頑張ろうと気合を入れ直し
亀の歩みで四阿屋山分岐に至る尾根に立てた時はほっとしました。

大沢山山頂までも、幾つもの似たような小ピークを越え
短いけれどきついアップダウンに、更に体力を消耗。
遠目に、小さな峰が並ぶ可愛い尾根に見え、歩きたくなったのですが
実際、短い距離なのに物凄い疲労感に襲われる縦走往復になり、
二度と来たくない尾根と実感、とんでもない計画をしたものです。

大沢山登頂はヤマレコ掲載前も含め、四回目となりました。
寂峰と呼ばれる山ですが、そんな風には呼びたくない堂々たる山容の山。
せめて何方かの手作りの山頂標識が掲げられているだけでも
存在価値を認められている山と誇らしく思うしかないのかもしれません。
けれど、何故か惹かれる山で、山頂に至る全ての尾根を歩き、
達成に至る挫折の過程も、今考えてみると充実し、楽しめたのではと
一区切りがついたという達成感に満足です。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:305人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ