また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1810754 全員に公開 雪山ハイキング蔵王・面白山・船形山

安心・安全・絶景!!!残雪の蔵王山

日程 2019年04月28日(日) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち55%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間10分
休憩
10分
合計
1時間20分
S地蔵山頂駅11:5512:02地蔵山12:0312:14ワサ小屋跡分岐12:30熊野岳避難小屋12:30熊野十字路分岐12:30熊野岳避難小屋12:36蔵王山12:4512:51熊野岳避難小屋12:51熊野十字路分岐12:51熊野岳避難小屋13:03ワサ小屋跡分岐13:12地蔵山13:15ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
最初チェーンスパイクを履いてましたが、途中夏道が多くて脱ぎました。
ノーアイゼンで余裕の危険個所はありません。
その他周辺情報前日の雪で蔵王エコーラインが通行止め。
急遽山形側へ移動して登りました。
過去天気図(気象庁) 2019年04月の天気図 [pdf]

写真

蔵王山へ向かう途中。
2019年04月28日 07:07撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蔵王山へ向かう途中。
エコーライン通行止めゲート前。
開聞は早くて12時、下手すれば今日は無理との情報が入り引き返す事に。
2019年04月28日 07:39撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エコーライン通行止めゲート前。
開聞は早くて12時、下手すれば今日は無理との情報が入り引き返す事に。
山形側からロープウエィにて楽々登山口へ。
2019年04月28日 11:50撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山形側からロープウエィにて楽々登山口へ。
いちおうチェーンスパイクを着けて登り始めます。
2019年04月28日 11:51撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いちおうチェーンスパイクを着けて登り始めます。
こんな感じの急斜面を登ります。
ですがつぼ足でも余裕でした。
2019年04月28日 11:52撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな感じの急斜面を登ります。
ですがつぼ足でも余裕でした。
さすがに樹氷はありませんでしたw
2019年04月28日 11:53撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さすがに樹氷はありませんでしたw
月山かな。
2019年04月28日 11:54撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
月山かな。
朝日連峰も見えてきました。
2019年04月28日 11:56撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日連峰も見えてきました。
地蔵岳登頂!!!結構すぐ着きます。
ここまではなんちゃってハイクでも来れるでしょう。
2019年04月28日 11:58撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵岳登頂!!!結構すぐ着きます。
ここまではなんちゃってハイクでも来れるでしょう。
飯豊山塊。
2019年04月28日 11:58撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飯豊山塊。
朝日連峰
2019年04月28日 11:58撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日連峰
月山です。
百名山そろい踏みの凄まじいパノラマでした。
2019年04月28日 11:58撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
月山です。
百名山そろい踏みの凄まじいパノラマでした。
さて最高峰熊野岳へ進みます。
2019年04月28日 12:00撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて最高峰熊野岳へ進みます。
結構夏道が出てたのでこの辺でチェーンスパイクを外しました。
2019年04月28日 12:08撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構夏道が出てたのでこの辺でチェーンスパイクを外しました。
つぼ足で余裕。ノーアイゼンで全然怖くありません。
2019年04月28日 12:16撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
つぼ足で余裕。ノーアイゼンで全然怖くありません。
山頂稜線に出ました。
超強風です!!!
急に寒くなりました。
2019年04月28日 12:26撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂稜線に出ました。
超強風です!!!
急に寒くなりました。
登頂〜〜〜〜〜!!!!
これで百名山54座目です。
2019年04月28日 12:33撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登頂〜〜〜〜〜!!!!
これで百名山54座目です。
朝日岳と月山。
この時期ならではのパノラマ感にすっかりやられてしまいました。
2019年04月28日 12:36撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日岳と月山。
この時期ならではのパノラマ感にすっかりやられてしまいました。
超強風で寒いのでさっさと帰ります。
2019年04月28日 12:47撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
超強風で寒いのでさっさと帰ります。
たまに踏み抜くので笑えます。
2019年04月28日 12:49撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たまに踏み抜くので笑えます。
お疲れ様でした。
思ってた以上に安心で、通常の登山者であれば気軽なスノーハイクを味わえると思います。
2019年04月28日 13:13撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お疲れ様でした。
思ってた以上に安心で、通常の登山者であれば気軽なスノーハイクを味わえると思います。
撮影機材:

感想/記録

登山自体は楽勝でしたが、登るまでに結構色々な事がありました。

まずは宮城側から向かった蔵王エコーラインが前日の雪で上部が通行止めだった事です。
元々は夜間閉鎖で8:00開門との事でしたが時間になってもゲートは開かず、噂によると前日の雪による除雪作業で早くても開門は12時以降になるとの事。
さてどうしようかと思っている時に、何やら友人のバイクの冷却水がカラカラなのが発覚。どうやら外車界で有名なエンジンオイルと冷却水が混ざり合うカフェオレ現象が発症したらしい・・・・
そんな長い旅の僅か2日目の強烈なトラブルで頭を頭を抱えていたのですが、突然登山者に話しかけられます。
最初はこのゲート開門は何時なんだ?とあたりざわりの無い会話でしたが、急に「北海道の山とか登ったことあります??」と聞かれました。
登ったことはもちろんあるので「ハイ」と答えると、さらに具体的に「3年前に利尻に登りましたか?」との質問が。。。。
ここで記憶がよみがえります。

「おお〜〜〜〜〜〜〜!!!!、あの十勝岳で会った人だ!!!!!!!」

この超トラブル時に何と言う偶然!!!
この出会いに感動してしまいました。
その十勝岳下山時に話した人ですが、それ以前に利尻へフェリーへ渡る際に私の事を覚えていて、再び十勝岳下山時に私を見かけ話しかけられたのがきっかけでした。
現況を聞くと100名山ハンターだった彼も残す事あと2座、水晶と黒部五郎だそうです。わたしは当時16座程度でしたが気が付けば50座を超えています。
話が盛り上がりもうそのまま宴会でもしてしまいたい気分でしたが、そう言えば私はソロではなくトラブルを抱えた友人を連れていたを思い出しましたw。
彼はゲートが開かなそうなのでここから登るとの事。私は私で友人のバイクの処遇を決める為にとりあえず下る事にします。

結果的に友人はバイクを仙台のショップに預けて帰京。後日レンタカーで引き取りに行く事になりました。
私は私で急に一人になり、この長い旅どうしようかと一瞬思案しましたが、この天候の蔵王山を見逃すと悔いが残ると思い、急遽予定していなかった山形側ロープウエィからの登山を選択しました。

登山自体は超楽勝!!。携帯はしてましたが、ノーアイゼンで登る事ができます。
いや〜〜〜、しかし積雪時ならではの景観が最高でしたね!!!!!。
気軽なGWのスノーハイクとしてまた来たいと思いました。。
訪問者数:94人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ