また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1810774 全員に公開 雪山ハイキング八ヶ岳・蓼科

蓼科山

日程 2019年04月28日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴、風穏やか。
山頂の風速は10メートルも無かったです。
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間30分
休憩
40分
合計
4時間10分
S女ノ神茶屋・蓼科山登山口06:2006:20標高2110m標識07:30幸徳平07:3508:40蓼科山09:0009:00蓼科山頂ヒュッテ09:00蓼科山09:35幸徳平09:5010:05標高2110m標識10:30女ノ神茶屋・蓼科山登山口10:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
6:20 駐車場
7:30 幸徳平
8:40 山頂
9:00 山頂発
9:40 幸徳平
10:30 駐車場
コース状況/
危険箇所等
駐車場上の笹原から残雪はあり。
初めの急登を上がった辺り(標高1860付近)から、凍結していましたが、まだまだ岩場メインで、クランポンは邪魔です。
幸徳平から上はほぼ凍結。アイゼンがあると安心です。前爪は無くても大丈夫。
チェーンスパイクでサクサク登っている方も見受けました。
気温が上がってくると、雪はグサグサにくさってくると想像しますが、そうなると慣れてない人には面倒かもしれません。
森林限界から上は、岩場メインのミックス。
岩場でのアイゼン歩行に慣れていないのであれば、外してしまうのも個人的には有りかと思いました。

個人の意見ですが。
残雪期の蓼科山、たしかに危険箇所も少なく、雪山に慣れていない人にも良いと思います。
ただ、アイゼンを付けた際の歩行法、爪の利かせ方は、ちゃんと頭に入れておいて、意識した方が良いでしょう。
ピッケルを持っている人をけっこう見ましたが、正直いざという時に使えるのか疑問…
それなら、ヘルメットの方が優先度は高いのでは、と感じました。
過去天気図(気象庁) 2019年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 12本爪アイゼン ストック ハードシェル

未使用:チェーンスパイク
シェルパンツ

写真

冷え込んだ影響で霜柱がしっかり
2019年04月28日 06:35撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冷え込んだ影響で霜柱がしっかり
風も穏やかで、樹々まで静かに
2019年04月28日 06:36撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風も穏やかで、樹々まで静かに
ここからが最後の急登。アイゼン装着。
2019年04月28日 07:31撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからが最後の急登。アイゼン装着。
全方位の大パノラマ
2019年04月28日 08:44撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
全方位の大パノラマ
1
山頂柱に海老のしっぽはさすがにもうありません。
2019年04月28日 08:51撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂柱に海老のしっぽはさすがにもうありません。
1
撮影機材:
訪問者数:677人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ