また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1810905 全員に公開 ハイキング近畿

「二上山(雄岳〜銀峰〜雌岳)」

日程 2019年04月28日(日) [日帰り]
メンバー
 gmt66(記録)
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
(往路)近鉄・南大阪線「二上神社口」駅。
(復路)近鉄・南大阪線「当麻寺」駅。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち83%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間53分
休憩
1時間3分
合計
4時間56分
S二上神社口駅09:3009:41葛木倭文座天羽雷命神社09:4710:49二上山10:5111:30銀峰11:3812:16馬の背12:2612:33雌岳12:4812:52岩屋峠13:0213:18祐泉寺13:2813:40鳥谷口古墳13:4113:44當麻山口神社13:4513:49傘堂14:24当麻寺駅14:26ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2019年04月の天気図 [pdf]

写真

近鉄・南大阪線「二上神社口」駅に、降りて来ました。本日は、ここから「二上山」に登り、「雄岳〜銀峰〜雌岳」と回ります。「岩屋峠」から「裕泉寺〜傘堂」経由で、一駅隣りの「当麻寺」駅に下る予定です。
2019年04月28日 09:28撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
近鉄・南大阪線「二上神社口」駅に、降りて来ました。本日は、ここから「二上山」に登り、「雄岳〜銀峰〜雌岳」と回ります。「岩屋峠」から「裕泉寺〜傘堂」経由で、一駅隣りの「当麻寺」駅に下る予定です。
4
「二上神社口」駅前の、様子です。改札口前に、駅売店が一軒ありました。商品は、「スナック菓子、飴」といった簡単な物です。飲物自販機は、通りに面して数台ありました。
2019年04月28日 09:27撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「二上神社口」駅前の、様子です。改札口前に、駅売店が一軒ありました。商品は、「スナック菓子、飴」といった簡単な物です。飲物自販機は、通りに面して数台ありました。
1
駅前の狭いスペースに、「葛城市観光マップ」です。「初めてなので、土地勘がなく、ピーンときません!」
2019年04月28日 09:28撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駅前の狭いスペースに、「葛城市観光マップ」です。「初めてなので、土地勘がなく、ピーンときません!」
振り返って、見ています。駅前の狭い道路を挟んだ反対側にベンチがあり、そこで登山準備を整えました。トイレは、駅でお済ませください。次は山上の「馬の背」まで、ありません。
2019年04月28日 09:30撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って、見ています。駅前の狭い道路を挟んだ反対側にベンチがあり、そこで登山準備を整えました。トイレは、駅でお済ませください。次は山上の「馬の背」まで、ありません。
駅前の狭い道路を、西方向に歩いて行きます。
2019年04月28日 09:30撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駅前の狭い道路を、西方向に歩いて行きます。
この交差点は、直進します。
2019年04月28日 09:31撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この交差点は、直進します。
「加守(かもり)交差点」を、渡ります。前方に「二上山」の、「雄岳」「雌岳」が見えます。
2019年04月28日 09:34撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「加守(かもり)交差点」を、渡ります。前方に「二上山」の、「雄岳」「雌岳」が見えます。
1
左手に、古い石柱がありましたが、うまく読み取れませんでした。
2019年04月28日 09:35撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手に、古い石柱がありましたが、うまく読み取れませんでした。
「加守」の集落内を、西方向に登って行きます。
2019年04月28日 09:36撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「加守」の集落内を、西方向に登って行きます。
1
交差点を直進します。左方向の道は、「二上山ふるさと公園・ふたかみパーク」と「道の駅・ふたかみパーク當麻」に繋がっています。
2019年04月28日 09:37撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
交差点を直進します。左方向の道は、「二上山ふるさと公園・ふたかみパーク」と「道の駅・ふたかみパーク當麻」に繋がっています。
右手に、古い門がありました。この先にある「掃守神社、倭文神社、二上神社」三社の、社務所のようです。
2019年04月28日 09:39撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手に、古い門がありました。この先にある「掃守神社、倭文神社、二上神社」三社の、社務所のようです。
正面に、神社の石段が見えて来ました。「二上山」への登山道は、左手に進みます。
2019年04月28日 09:39撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面に、神社の石段が見えて来ました。「二上山」への登山道は、左手に進みます。
「加守(掃守)神社、倭文神社、二上神社」の三社が、お祀りされているようです。
2019年04月28日 09:39撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「加守(掃守)神社、倭文神社、二上神社」の三社が、お祀りされているようです。
1
「手水舎」に、説明板が見えます。
2019年04月28日 09:43撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「手水舎」に、説明板が見えます。
1
石段を登って、お参りします。
2019年04月28日 09:40撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石段を登って、お参りします。
1
拝殿の奥に、本殿が見えます。ここでお参りを済ませました。
2019年04月28日 09:41撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
拝殿の奥に、本殿が見えます。ここでお参りを済ませました。
2
神社の石段を下って、登山道に復帰しました。
2019年04月28日 09:43撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神社の石段を下って、登山道に復帰しました。
「二上山登山道」の左手に、「目標位置 1」標識が、立っていました。
2019年04月28日 09:43撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「二上山登山道」の左手に、「目標位置 1」標識が、立っていました。
更に目を移すと、標識の先に石段が見えます。これも、登ってみます。
2019年04月28日 09:45撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
更に目を移すと、標識の先に石段が見えます。これも、登ってみます。
石段の上に、朱の鳥居と社が見えます。
2019年04月28日 09:44撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石段の上に、朱の鳥居と社が見えます。
2
「稲荷社」でした。お参りを済ませて、登山道に復帰します。 「寄り道、ばっかりです!」
2019年04月28日 09:44撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「稲荷社」でした。お参りを済ませて、登山道に復帰します。 「寄り道、ばっかりです!」
お参りを済ませたばかりの、「清らかな心」で登山道に入りました。
2019年04月28日 09:46撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お参りを済ませたばかりの、「清らかな心」で登山道に入りました。
緩やかに、登って行きます。
2019年04月28日 09:48撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緩やかに、登って行きます。
「獣害除け」の門扉を越えて、登って行きます。
2019年04月28日 09:48撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「獣害除け」の門扉を越えて、登って行きます。
門扉を越えると、急登の階段道に変わりました。
2019年04月28日 09:49撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
門扉を越えると、急登の階段道に変わりました。
階段と地道が、交互に出て来ますが、結構な勾配です。
2019年04月28日 09:51撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段と地道が、交互に出て来ますが、結構な勾配です。
緩やかな場所もありましたが、ほんの少しだけでした。
2019年04月28日 09:52撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緩やかな場所もありましたが、ほんの少しだけでした。
また急勾配に、変わりました。
2019年04月28日 09:53撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また急勾配に、変わりました。
1
暑くなってきて、汗が滴り落ちます。リュックサックから、タオルを出しました。
2019年04月28日 10:04撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暑くなってきて、汗が滴り落ちます。リュックサックから、タオルを出しました。
登りは、延々と続きます。
2019年04月28日 10:07撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りは、延々と続きます。
所々に「丸太階段道」の丸太が腐食し、留め金の鉄筋が頭を出しています。足元に注意して下さい。
2019年04月28日 10:10撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
所々に「丸太階段道」の丸太が腐食し、留め金の鉄筋が頭を出しています。足元に注意して下さい。
右手に、近鉄・南大阪線「二上山」駅からの登山道が、合流してきました。
2019年04月28日 10:11撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手に、近鉄・南大阪線「二上山」駅からの登山道が、合流してきました。
先に休憩場所が、ありました。登山道の両側にベンチがあり、十数名が休憩中です。挨拶を交わしながら、登って行きます。「晴れがましい! ものです。」
2019年04月28日 10:11撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先に休憩場所が、ありました。登山道の両側にベンチがあり、十数名が休憩中です。挨拶を交わしながら、登って行きます。「晴れがましい! ものです。」
もう、汗だくです。
2019年04月28日 10:16撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう、汗だくです。
鉄製の階段を、登ります。
2019年04月28日 10:19撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄製の階段を、登ります。
「キツイ!」登りです。
2019年04月28日 10:20撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「キツイ!」登りです。
足元が、岩場に変りました。尾根の上まで、登って来たようです。
2019年04月28日 10:30撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足元が、岩場に変りました。尾根の上まで、登って来たようです。
「目標位置 4」まで、登って来ました。
2019年04月28日 10:30撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「目標位置 4」まで、登って来ました。
樹間から、「葛城山」が見えます。「まもなく! ツツジの季節ですね!」。
2019年04月28日 10:31撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹間から、「葛城山」が見えます。「まもなく! ツツジの季節ですね!」。
6
右手に「丁石」、「十三丁」目です。
2019年04月28日 10:34撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手に「丁石」、「十三丁」目です。
ここは、右手に巻いて行きます。左手下から、合流してくる道がありました。
2019年04月28日 10:36撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは、右手に巻いて行きます。左手下から、合流してくる道がありました。
「十七丁」目です。
2019年04月28日 10:38撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「十七丁」目です。
右上に、何か見えます。
2019年04月28日 10:39撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右上に、何か見えます。
右手に、石垣です。「大津皇子 二上山陵」かも知れません!
2019年04月28日 10:39撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手に、石垣です。「大津皇子 二上山陵」かも知れません!
右下から、この分岐まで登って来ました。ここで折り返して、石垣の上を、奥に向かいます。
2019年04月28日 10:40撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右下から、この分岐まで登って来ました。ここで折り返して、石垣の上を、奥に向かいます。
狭い尾根の先端に、小さな「御陵」が見えます。左右は、崖です。
2019年04月28日 10:40撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
狭い尾根の先端に、小さな「御陵」が見えます。左右は、崖です。
2
天武天皇皇子、「大津皇子 二上山墓」でした。 
2019年04月28日 10:43撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天武天皇皇子、「大津皇子 二上山墓」でした。 
5
周りを彩る花も、旬を過ぎていました。
2019年04月28日 10:43撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
周りを彩る花も、旬を過ぎていました。
お参りを済ませて、分岐まで戻って来ました。直進して、「雄岳」山頂に向かいます。
2019年04月28日 10:43撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お参りを済ませて、分岐まで戻って来ました。直進して、「雄岳」山頂に向かいます。
左手に、石柱。奥に、社が見えます。
2019年04月28日 10:44撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手に、石柱。奥に、社が見えます。
石柱を確認すると、「大津皇子御墓 東一丁」と記されていました。(先に、御墓にお参りして、その後に「案内道標」を見る事に、なりました。)
2019年04月28日 10:44撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石柱を確認すると、「大津皇子御墓 東一丁」と記されていました。(先に、御墓にお参りして、その後に「案内道標」を見る事に、なりました。)
コンクリートブロックで囲まれた社に、向かいます。
2019年04月28日 10:44撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コンクリートブロックで囲まれた社に、向かいます。
1
右手、社の手前に、何かがお祀りされています。
2019年04月28日 10:44撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手、社の手前に、何かがお祀りされています。
「経塚」でした。
2019年04月28日 10:45撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「経塚」でした。
1
「葛木二上神社」です。以前の社は、火災で焼失しました。跡に火災にも強い、頑丈な社が建てられました。お参りの際に中が見えましたが、内側に建物等はなく神域が設けられ、柱が立っていました。
2019年04月28日 10:45撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「葛木二上神社」です。以前の社は、火災で焼失しました。跡に火災にも強い、頑丈な社が建てられました。お参りの際に中が見えましたが、内側に建物等はなく神域が設けられ、柱が立っていました。
3
「葛木二上神社」の左隣に、石碑がありました。
2019年04月28日 10:47撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「葛木二上神社」の左隣に、石碑がありました。
「二上白玉稲荷大神」跡の、碑でした。登山道に戻り、西に歩きます。少し歩くと、右手が「雄岳」の山頂でした。
2019年04月28日 10:47撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「二上白玉稲荷大神」跡の、碑でした。登山道に戻り、西に歩きます。少し歩くと、右手が「雄岳」の山頂でした。
1
「目標位置 5」標識。「雄岳(517m)」山頂入口です。
2019年04月28日 10:50撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「目標位置 5」標識。「雄岳(517m)」山頂入口です。
山頂に登って来ました。「看板の他、目立った物は何もありません!」。
2019年04月28日 10:48撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に登って来ました。「看板の他、目立った物は何もありません!」。
4
看板に取り付けられた温度計は、「10度」を指していました。
2019年04月28日 10:48撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
看板に取り付けられた温度計は、「10度」を指していました。
2
平坦な広場になっていますが、周りの樹木が大きく枝葉を拡げて、視界を遮るだけでなく陽も射し込まず、少し鬱陶しい感じです。視界も利き明るい感じの「雌岳」に、人が集まるのが判りました。
2019年04月28日 10:50撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平坦な広場になっていますが、周りの樹木が大きく枝葉を拡げて、視界を遮るだけでなく陽も射し込まず、少し鬱陶しい感じです。視界も利き明るい感じの「雌岳」に、人が集まるのが判りました。
1
所々に、「二上山・雄岳」の名板が掛けられていました。
2019年04月28日 10:49撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
所々に、「二上山・雄岳」の名板が掛けられていました。
1
山頂広場から、登山道に戻って来ました。右手の「馬の背。雌岳」方面に進みます。そして途中の分岐で右折し、北方向の尾根伝いにある「銀峰(ぎんみね)」に向かいます。
2019年04月28日 10:50撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂広場から、登山道に戻って来ました。右手の「馬の背。雌岳」方面に進みます。そして途中の分岐で右折し、北方向の尾根伝いにある「銀峰(ぎんみね)」に向かいます。
西側にある分岐に向けて、下って行きます。
2019年04月28日 10:53撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西側にある分岐に向けて、下って行きます。
階段を、下ります。
2019年04月28日 10:53撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段を、下ります。
下に、分岐が見えます。X型の分岐です。
2019年04月28日 10:54撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下に、分岐が見えます。X型の分岐です。
前記、分岐の手前側は、「山頂から降りて来た道」と、左手に折り返して「下って行く道(馬の背・雌岳方面へ)」。
2019年04月28日 10:55撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前記、分岐の手前側は、「山頂から降りて来た道」と、左手に折り返して「下って行く道(馬の背・雌岳方面へ)」。
分岐の先は、北方向の尾根に沿って、左に「下って行く道」と、右に「登って行く道」がありました。次に向う「銀峰」は尾根の続きにあるので、右に登り「尾根芯」を歩いて行きます。
2019年04月28日 10:56撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐の先は、北方向の尾根に沿って、左に「下って行く道」と、右に「登って行く道」がありました。次に向う「銀峰」は尾根の続きにあるので、右に登り「尾根芯」を歩いて行きます。
尾根に登って、北に歩いて行きます。
2019年04月28日 10:57撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に登って、北に歩いて行きます。
1
先に、休憩所が見えます。
2019年04月28日 10:58撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先に、休憩所が見えます。
屋根と囲い付です。少々の雨なら、十分に凌げます。
2019年04月28日 10:59撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
屋根と囲い付です。少々の雨なら、十分に凌げます。
1
少し先には、見晴らしの利く広場がありました。ベンチが多数あり、皆さん景色を眺めながら休憩されていました。
2019年04月28日 11:00撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し先には、見晴らしの利く広場がありました。ベンチが多数あり、皆さん景色を眺めながら休憩されていました。
2
ここから登山道が、二つに分かれていました。「地元の方」曰く、尾根直進は、「急な道」。尾根の右手(東側)に、新しく造られた道は、「緩い道」。途中に「脇道」がいくつかあるので、注意との事でした。
2019年04月28日 11:00撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから登山道が、二つに分かれていました。「地元の方」曰く、尾根直進は、「急な道」。尾根の右手(東側)に、新しく造られた道は、「緩い道」。途中に「脇道」がいくつかあるので、注意との事でした。
もちろん、「緩い道」で下る事にしましたが、東側の谷は、結構急です。「落ちたら、大変です!」。
2019年04月28日 11:01撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もちろん、「緩い道」で下る事にしましたが、東側の谷は、結構急です。「落ちたら、大変です!」。
「緩い道」は、尾根東側の急斜面を巻く形で造られているので、ジグザグに下る箇所もありました。狭い足元なので、注意しながら下ります。「結構、トリッキーな感じです。」
2019年04月28日 11:03撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「緩い道」は、尾根東側の急斜面を巻く形で造られているので、ジグザグに下る箇所もありました。狭い足元なので、注意しながら下ります。「結構、トリッキーな感じです。」
またジグザグに、下る箇所がありました。この後、尾根上を歩く「急な道」と合流しました。
2019年04月28日 11:06撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またジグザグに、下る箇所がありました。この後、尾根上を歩く「急な道」と合流しました。
ここから先は、激下りとなっています。
2019年04月28日 11:08撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから先は、激下りとなっています。
足元に注意して、下って行きます。
2019年04月28日 11:12撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足元に注意して、下って行きます。
登山道が、緩やかになりました。
2019年04月28日 11:13撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道が、緩やかになりました。
先が少し、登って行くようです。
2019年04月28日 11:14撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先が少し、登って行くようです。
この先が、「小ピーク」の様です。
2019年04月28日 11:15撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先が、「小ピーク」の様です。
スマホの「ヤマレコマップ」画面を見ると、この辺りが「396mピーク」です。このピークが「銀峰」だと思っていたので、「山名板」を探します。
2019年04月28日 11:17撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スマホの「ヤマレコマップ」画面を見ると、この辺りが「396mピーク」です。このピークが「銀峰」だと思っていたので、「山名板」を探します。
登山道周りを探しても、「見つかりません!」。
2019年04月28日 11:18撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道周りを探しても、「見つかりません!」。
ピーク付近を、探し回ります。
2019年04月28日 11:19撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピーク付近を、探し回ります。
「何度も、行ったり来たり!」
2019年04月28日 11:20撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「何度も、行ったり来たり!」
木や枝の、上の方を探しても「見つかりません!」
2019年04月28日 11:21撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木や枝の、上の方を探しても「見つかりません!」
「山名板」を探しを諦めようとした時、北側から数人のグループが登って来られました、「銀峰」について尋ねてみると、もう一つ北側のピークで、今通って来たとの事です。 御礼を述べ、次のピークに向けて下って行きます。
2019年04月28日 11:22撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「山名板」を探しを諦めようとした時、北側から数人のグループが登って来られました、「銀峰」について尋ねてみると、もう一つ北側のピークで、今通って来たとの事です。 御礼を述べ、次のピークに向けて下って行きます。
「銀峰」目指して、さらに下って行きます。
2019年04月28日 11:27撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「銀峰」目指して、さらに下って行きます。
先が、緩やかになってきました。
2019年04月28日 11:28撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先が、緩やかになってきました。
先が少し、登って行きます。
2019年04月28日 11:29撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先が少し、登って行きます。
1
陽が射しています。ピークの様です。
2019年04月28日 11:30撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陽が射しています。ピークの様です。
二つ目の「小ピーク」です。左手に「山名板」が見えます。
2019年04月28日 11:31撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二つ目の「小ピーク」です。左手に「山名板」が見えます。
近寄ります。
2019年04月28日 11:31撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
近寄ります。
「銀峰(ぎんみね)396m」となっていますが、ここは、396mのピークではありません。「396mピーク」は、通り過ぎて来た南側のピークです。「単独のピークを呼ぶのか、その一帯の山域の総称を呼ぶのか?」、この様な例は、よくある事です。 無粋な詮索は止めて「銀峰」到達を、素直に喜びましょう」。
2019年04月28日 11:31撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「銀峰(ぎんみね)396m」となっていますが、ここは、396mのピークではありません。「396mピーク」は、通り過ぎて来た南側のピークです。「単独のピークを呼ぶのか、その一帯の山域の総称を呼ぶのか?」、この様な例は、よくある事です。 無粋な詮索は止めて「銀峰」到達を、素直に喜びましょう」。
7
「銀峰」の先、北方向の眺めです。尾根伝いに下って行くと、近鉄「二上山」駅に繋がっています。ここで後半戦に備えて、小休止です。
2019年04月28日 11:31撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「銀峰」の先、北方向の眺めです。尾根伝いに下って行くと、近鉄「二上山」駅に繋がっています。ここで後半戦に備えて、小休止です。
「さあ、後半戦です!」。ここから折り返して、南方向の「雄岳」分岐まで登り返し、「馬の背〜雌岳山頂」に向かいます。
2019年04月28日 11:37撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「さあ、後半戦です!」。ここから折り返して、南方向の「雄岳」分岐まで登り返し、「馬の背〜雌岳山頂」に向かいます。
「雄岳」分岐に向けて、出発です。一旦、下ります。その後、「396mピーク」に向けて、登って行きます。
2019年04月28日 11:38撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「雄岳」分岐に向けて、出発です。一旦、下ります。その後、「396mピーク」に向けて、登って行きます。
「396mピーク」に、登って来ました。このあとも、一旦下って、また登りとなります。
2019年04月28日 11:42撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「396mピーク」に、登って来ました。このあとも、一旦下って、また登りとなります。
「雄岳」分岐へ向けての、長く急な登り返しが始まりました。
2019年04月28日 11:45撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「雄岳」分岐へ向けての、長く急な登り返しが始まりました。
急な斜面の途中に、ベンチがありました。考えて見れば、ここまで立ち休憩ばかりで、一度も座っていません、補水と軽食休憩をとる事にしました。
2019年04月28日 11:48撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急な斜面の途中に、ベンチがありました。考えて見れば、ここまで立ち休憩ばかりで、一度も座っていません、補水と軽食休憩をとる事にしました。
休憩後、登り返しの再開です。
2019年04月28日 11:55撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休憩後、登り返しの再開です。
「尾根道」の登山道を、左右に横切る「脇道」がいくつかありました。
2019年04月28日 11:56撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「尾根道」の登山道を、左右に横切る「脇道」がいくつかありました。
ここが、左「緩い道」。右「急な道」の合流点です。往路では、左奥から手前に降りて来ました。復路では、直進して丸太階段道を登りました。
2019年04月28日 12:01撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが、左「緩い道」。右「急な道」の合流点です。往路では、左奥から手前に降りて来ました。復路では、直進して丸太階段道を登りました。
丸太階段道を登ると、往路で見た展望所でした。往路で歩いた「緩い道」は、遠回りしただけで、何のメリットもありませんでした。
2019年04月28日 12:02撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸太階段道を登ると、往路で見た展望所でした。往路で歩いた「緩い道」は、遠回りしただけで、何のメリットもありませんでした。
展望所からの眺めです。 時間も12時、皆さん景色を眺めながらの昼食中でした。
2019年04月28日 12:03撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望所からの眺めです。 時間も12時、皆さん景色を眺めながらの昼食中でした。
2
登山道に戻ります。
2019年04月28日 12:03撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道に戻ります。
7
屋根付き休憩所を右に見て、登って行きます。
2019年04月28日 12:04撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
屋根付き休憩所を右に見て、登って行きます。
見覚えのある場所まで、戻って来ました。
2019年04月28日 12:06撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見覚えのある場所まで、戻って来ました。
「雄岳」への分岐が、下に見えます。左上への道は、「雄岳」山頂方面。「馬の背〜雌岳」方面へは、直進して下って行きます。
2019年04月28日 12:06撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「雄岳」への分岐が、下に見えます。左上への道は、「雄岳」山頂方面。「馬の背〜雌岳」方面へは、直進して下って行きます。
前記の分岐に、降りて来ました。直進して、下ります。
2019年04月28日 12:07撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前記の分岐に、降りて来ました。直進して、下ります。
「馬の背」に向けて、丸太階段を下ります。
2019年04月28日 12:08撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「馬の背」に向けて、丸太階段を下ります。
「目標位置 6」を、通過します。
2019年04月28日 12:10撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「目標位置 6」を、通過します。
下に、広場が見えます。
2019年04月28日 12:14撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下に、広場が見えます。
1
「目標位置 7」。 「馬の背(443m)」広場です。
2019年04月28日 12:15撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「目標位置 7」。 「馬の背(443m)」広場です。
広場の左手には、分岐と道標が見えます。
2019年04月28日 12:15撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広場の左手には、分岐と道標が見えます。
「馬の背」広場から谷に沿って、麓の「祐泉寺」に下る、「馬の背」谷道への入口です。
2019年04月28日 12:15撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「馬の背」広場から谷に沿って、麓の「祐泉寺」に下る、「馬の背」谷道への入口です。
「馬の背」広場から、右手に下る道がありました。脇に、「150m先、右折、どんづる峰」の案内標識がありました。
2019年04月28日 12:26撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「馬の背」広場から、右手に下る道がありました。脇に、「150m先、右折、どんづる峰」の案内標識がありました。
1
「雌岳」の山頂方向です。登山道は、建物の間を登って行きます。左側の建物は、トイレ(水洗・手洗いあり)です。右側の建物は、売店跡の様です。
2019年04月28日 12:26撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「雌岳」の山頂方向です。登山道は、建物の間を登って行きます。左側の建物は、トイレ(水洗・手洗いあり)です。右側の建物は、売店跡の様です。
2
「雌岳」山頂に向けて、登って行きます。右手の斜面には、階段状にベンチが並んでおり、皆さんそれぞれに、くつろいでおられました。。
2019年04月28日 12:26撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「雌岳」山頂に向けて、登って行きます。右手の斜面には、階段状にベンチが並んでおり、皆さんそれぞれに、くつろいでおられました。。
1
「目標位置 8」です。分岐が有りました。山頂へは、直進です。
2019年04月28日 12:28撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「目標位置 8」です。分岐が有りました。山頂へは、直進です。
山頂部に、登って来ました。
2019年04月28日 12:31撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂部に、登って来ました。
広々としています。
2019年04月28日 12:32撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広々としています。
「日時計広場」の手前に、「三角点」が見えます。
2019年04月28日 12:34撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「日時計広場」の手前に、「三角点」が見えます。
2
「雌岳」山頂の、「三等・三角点(473.9m)」です。
2019年04月28日 12:33撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「雌岳」山頂の、「三等・三角点(473.9m)」です。
9
日時計の周りは、昼食時で混み合っていました。
2019年04月28日 12:33撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日時計の周りは、昼食時で混み合っていました。
6
山頂広場を、散策します。
2019年04月28日 12:34撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂広場を、散策します。
4
先日登った「大和三山」が、小さく見えます。
2019年04月28日 12:38撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先日登った「大和三山」が、小さく見えます。
8
「日時計」です。
2019年04月28日 12:36撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「日時計」です。
1
山頂広場の南側に、回って来ました。
2019年04月28日 12:39撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂広場の南側に、回って来ました。
3
「岩屋・岩屋峠」方面への、下山口を探します。
2019年04月28日 12:42撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「岩屋・岩屋峠」方面への、下山口を探します。
「岩屋峠」への下山口は、「日時計広場」の南端にありました。
2019年04月28日 12:41撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「岩屋峠」への下山口は、「日時計広場」の南端にありました。
「岩屋」と記された道標が、下山口です。丸太階段道を下って行きます。
2019年04月28日 12:42撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「岩屋」と記された道標が、下山口です。丸太階段道を下って行きます。
何度もジグザグに折り返して、下って行きます。
2019年04月28日 12:44撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何度もジグザグに折り返して、下って行きます。
途中に、ベンチが設置されていました。この付近からは、「葛城山」がよく見えます。
2019年04月28日 12:46撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中に、ベンチが設置されていました。この付近からは、「葛城山」がよく見えます。
また折り返しです。
2019年04月28日 12:48撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また折り返しです。
「目標位置 9」まで、降りて来ました。
2019年04月28日 12:49撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「目標位置 9」まで、降りて来ました。
ドンドン下って行きます。
2019年04月28日 12:51撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ドンドン下って行きます。
「目標位置 10」まで、降りて来ました。ここは分岐になっており、「←駐車場」の標識がありました。
2019年04月28日 12:55撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「目標位置 10」まで、降りて来ました。ここは分岐になっており、「←駐車場」の標識がありました。
少し下るとベンチがあり、「四ツ辻」になっていました。ここが、「岩屋峠」でした。
2019年04月28日 12:56撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し下るとベンチがあり、「四ツ辻」になっていました。ここが、「岩屋峠」でした。
「四ツ辻」の様子です。左折は、「裕泉寺」から近鉄「当麻寺駅」方面へ下ります。直進は、「竹内峠」方面。右折は、「岩屋」方面に、下ります。
2019年04月28日 12:56撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「四ツ辻」の様子です。左折は、「裕泉寺」から近鉄「当麻寺駅」方面へ下ります。直進は、「竹内峠」方面。右折は、「岩屋」方面に、下ります。
右折の、「岩屋」方面です。
2019年04月28日 12:57撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右折の、「岩屋」方面です。
直進の「竹内峠」方面は、登って行きます。
2019年04月28日 12:57撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直進の「竹内峠」方面は、登って行きます。
左折の、「裕泉寺」方面です。右手に、道標が立っています。帰路に利用します。
2019年04月28日 12:57撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左折の、「裕泉寺」方面です。右手に、道標が立っています。帰路に利用します。
分岐に入ると、いきなり急降下です。雨が降ったり、路面が濡れていると、大変です。
2019年04月28日 12:57撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐に入ると、いきなり急降下です。雨が降ったり、路面が濡れていると、大変です。
1
登山道の路面が、濡れています。注意しながら下って行きます。
2019年04月28日 13:02撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道の路面が、濡れています。注意しながら下って行きます。
「目標位置 き」標識です。「登山道」が、「別のルート」入ったようで、「数字表示」から「ひらがな表示」に変わりました。
2019年04月28日 13:03撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「目標位置 き」標識です。「登山道」が、「別のルート」入ったようで、「数字表示」から「ひらがな表示」に変わりました。
1
左手に、水場がありました。
2019年04月28日 13:06撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手に、水場がありました。
谷間を、下って行きます。
2019年04月28日 13:08撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷間を、下って行きます。
道端に、「シャガ」が咲いていました。
2019年04月28日 13:11撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道端に、「シャガ」が咲いていました。
5
「何でしょうか?」
2019年04月28日 13:12撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「何でしょうか?」
「高市皇子の歌」でした。
2019年04月28日 13:13撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「高市皇子の歌」でした。
この右手にも、水場がありました。
2019年04月28日 13:13撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この右手にも、水場がありました。
「目標位置 か」です。
2019年04月28日 13:15撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「目標位置 か」です。
先が、開けて来ました。
2019年04月28日 13:17撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先が、開けて来ました。
「祐泉寺」前の分岐まで、降りて来ました。近鉄「当麻寺」駅へは右折ですが、確認したい事があり左折します。
2019年04月28日 13:18撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「祐泉寺」前の分岐まで、降りて来ました。近鉄「当麻寺」駅へは右折ですが、確認したい事があり左折します。
前記分岐の、右折方向。
2019年04月28日 13:19撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前記分岐の、右折方向。
前記分岐の、左折方向です。こちらに、寄り道します。
2019年04月28日 13:19撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前記分岐の、左折方向です。こちらに、寄り道します。
「祐泉寺」の庭園前を、通ります。この道も登山道で、「裕泉寺」前〜山上の「馬の背」に繋がっています。先述の「馬の背谷道」です。
2019年04月28日 13:19撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「祐泉寺」の庭園前を、通ります。この道も登山道で、「裕泉寺」前〜山上の「馬の背」に繋がっています。先述の「馬の背谷道」です。
「裕泉寺」は、「馬の背尾根」の末端に位置します。ここから「馬の背」尾根を登るルートがあり、そのルートへの「取り付き口」を、確認するのが目的です。
2019年04月28日 13:20撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「裕泉寺」は、「馬の背尾根」の末端に位置します。ここから「馬の背」尾根を登るルートがあり、そのルートへの「取り付き口」を、確認するのが目的です。
「裕泉寺」裏の登山道を、探しながら歩きます。二〜三度往復すると、「見つかりました。ここです!」。左上の、折れた立木に、「赤テープ」が巻かれています。
2019年04月28日 13:26撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「裕泉寺」裏の登山道を、探しながら歩きます。二〜三度往復すると、「見つかりました。ここです!」。左上の、折れた立木に、「赤テープ」が巻かれています。
取り付きから、見上げてみました。
2019年04月28日 13:27撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
取り付きから、見上げてみました。
足元は岩場の、「凄い! 急登ルート」です。
2019年04月28日 13:28撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足元は岩場の、「凄い! 急登ルート」です。
少し手前から見ると、この様な様子です。これで「馬の背尾根」への取り付きが、確認できました。
2019年04月28日 13:28撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し手前から見ると、この様な様子です。これで「馬の背尾根」への取り付きが、確認できました。
「裕泉寺」前を通って、分岐に戻ります。
2019年04月28日 13:28撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「裕泉寺」前を通って、分岐に戻ります。
1
分岐に戻り、近鉄「當麻寺」駅に向けて、下って行きます。
2019年04月28日 13:30撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐に戻り、近鉄「當麻寺」駅に向けて、下って行きます。
右手が、開けて来ました。
2019年04月28日 13:35撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手が、開けて来ました。
右下に、釣り堀が見えます。人気の池の様で、盛況です。
2019年04月28日 13:35撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右下に、釣り堀が見えます。人気の池の様で、盛況です。
1
釣り堀の東端で、左折します。
2019年04月28日 13:36撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釣り堀の東端で、左折します。
角には、藤の花が満開です。
2019年04月28日 13:36撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
角には、藤の花が満開です。
7
左手に、案内板が見えます。
2019年04月28日 13:42撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手に、案内板が見えます。
3
「鳥谷口(鳥谷口)古墳」です。一辺が、約7.6mの方墳との事です。 見学します。
2019年04月28日 13:38撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「鳥谷口(鳥谷口)古墳」です。一辺が、約7.6mの方墳との事です。 見学します。
2
散策路を、登って行きます。
2019年04月28日 13:38撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
散策路を、登って行きます。
2
墳丘に、登って来ました。
2019年04月28日 13:39撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
墳丘に、登って来ました。
3
玄室部が、復元されています。
2019年04月28日 13:40撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
玄室部が、復元されています。
2
「墳丘」散策路からの、眺めです。帰路は、池を巡って下って行きます。
2019年04月28日 13:42撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「墳丘」散策路からの、眺めです。帰路は、池を巡って下って行きます。
1
前記、池の南端の分岐です。ここは左折します。
2019年04月28日 13:45撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前記、池の南端の分岐です。ここは左折します。
左折して池の東端まで歩くと分岐で、三方向に分かれています。左折は、「二上山ふるさと公園、道の駅・ふたかみパーク當麻」方面です。ここは、中央の道を直進します。
2019年04月28日 13:46撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左折して池の東端まで歩くと分岐で、三方向に分かれています。左折は、「二上山ふるさと公園、道の駅・ふたかみパーク當麻」方面です。ここは、中央の道を直進します。
分岐の、標識です。
2019年04月28日 13:46撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐の、標識です。
右手には、朱色の鳥居が見えます。
2019年04月28日 13:47撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手には、朱色の鳥居が見えます。
左手の奥に、何か見えます。
2019年04月28日 13:47撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手の奥に、何か見えます。
これが、「傘堂(かさどう)」です。
2019年04月28日 13:48撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが、「傘堂(かさどう)」です。
3
角度を変えて、眺めます。
2019年04月28日 13:48撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
角度を変えて、眺めます。
3
「傘堂」を見る事が、出来ました。 道路に戻ります。
2019年04月28日 13:48撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「傘堂」を見る事が、出来ました。 道路に戻ります。
1
朱色の鳥居は、「當麻山口(たいまさんこう)神社」の参道に立っていました。
2019年04月28日 13:50撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朱色の鳥居は、「當麻山口(たいまさんこう)神社」の参道に立っていました。
「當麻山口 神社」の説明です。
2019年04月28日 13:50撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「當麻山口 神社」の説明です。
鳥居をくぐって、下って行きます。
2019年04月28日 13:54撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥居をくぐって、下って行きます。
當麻の集落内を、下って行きます。
2019年04月28日 14:00撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
當麻の集落内を、下って行きます。
「當麻寺」の参道に、出て来ました。
2019年04月28日 14:08撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「當麻寺」の参道に、出て来ました。
川を渡ります。
2019年04月28日 14:13撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川を渡ります。
左手に、「相撲開祖 當麻蹶速(たいまのけはや)の塚」がありました。
2019年04月28日 14:15撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手に、「相撲開祖 當麻蹶速(たいまのけはや)の塚」がありました。
2
内側に、回ってみました。
2019年04月28日 14:19撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
内側に、回ってみました。
相撲の「鉄砲柱」が、復元されていました。
2019年04月28日 14:19撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
相撲の「鉄砲柱」が、復元されていました。
2
前には「相撲発祥の地」の幟が立つ、「観光 休憩所」がありました。
2019年04月28日 14:16撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前には「相撲発祥の地」の幟が立つ、「観光 休憩所」がありました。
2
休憩所に、入ってみました。
2019年04月28日 14:16撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休憩所に、入ってみました。
1
隣りには、「相撲館」がありました。中には、本格的な土俵が造られていました。
2019年04月28日 14:19撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
隣りには、「相撲館」がありました。中には、本格的な土俵が造られていました。
2
しばらく歩くと交差点と、その先に踏切が見えて来ました。
2019年04月28日 14:23撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく歩くと交差点と、その先に踏切が見えて来ました。
交差点を渡る際に左側を見ると、駅が見えます。ここで左折します。
2019年04月28日 14:23撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
交差点を渡る際に左側を見ると、駅が見えます。ここで左折します。
ゴールの近鉄・南大阪線「当麻寺」駅に、無事に到着しました。
2019年04月28日 14:24撮影 by COOLPIX A10, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴールの近鉄・南大阪線「当麻寺」駅に、無事に到着しました。
3

感想/記録
by gmt66

 南海電車や近鉄電車に乗る度に、車窓から「二上山」が見えます。「難波」と「大和」の国境に聳え、「大津の皇子」伝説の山です。生まれ育った場所でもないのに、何故か懐かしく感じられるのは、日本人の誰もが持つ「心のふるさと」に位置するからでしょうか❔
 先日、「大和三山」を訪れた時に、次は「二上山」と決めました。不安定だった天候も落ち着き、「天皇陛下」御退位に伴う「10連休」の二日目で、「馬の背」や「雌岳」山頂部は、ハイカーやピクニック気分の家族連れで、大変混み合っていました。「土地柄でしょうか?」「こんにちは!」の挨拶も、躊躇なく「こんにちは!」と帰ってきます。「人見知りのないフレンドリー」さです。天候にも恵まれて、一日中気持ちよく過ごす事が出来ました。
訪問者数:393人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ