また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1811158 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

蓬莱峡(知るべ岩 〜 座頭谷 〜 全山縦走路 〜 宝塚)

日程 2019年04月28日(日) [日帰り]
メンバー
 hiro4(SL)
 H47A(記録)
 yamahiker(CL)
, その他メンバー2人
天候おおよそ曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き:阪急 宝塚から阪急バスに乗り、知るべ岩 バス停からスタート
帰り:阪急 宝塚駅から帰りました
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち79%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間23分
休憩
12分
合計
4時間35分
Sスタート地点09:3510:09鎧堰堤10:1110:16座頭谷東滝10:1810:28谷脱出口10:3411:16木下し口←(きおろしぐち)12:26大平山12:46大谷乗越13:13譲葉山13:19岩倉山13:2013:30塩尾寺13:3114:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
9:35 バス停 知るべ岩
10:10 鎧堰堤
10:15 座頭谷付近
10:50 みつばちハニー農場
11:15 木下し口
11:30 展望スポット 12:20
12:30 第二展望スポット
13:30 塩尾寺
14:05 宝塚温泉ナチュールスパ
コース状況/
危険箇所等
知るべ岩からみつばちハニー農場までは枝道も多く、携帯GPSとにらめっこしながら進みました。(道標らしい道標はありませんでした)
蓬莱峡界隈はガレガレ、ザレザレの道も多いですが、危険を感じるような箇所はありませんでした。
一部で道幅が狭く、谷側注意の箇所もありました。
後半の全山縦走路は道標も多く、路も良く整備されていて、急な下りの階段は慎重に下る等、一般的な注意を払えば、問題となるところはありませんでした。
なお、nono720さんのレコとログ(記録ID:1698571)、および、capacapaさん・kapachanさんのレコ(記録ID:1751878)を参考にさせていただきました。
おかげさまで、道に迷うこともなく、安全にハイキングを楽しむことが出来ました(ありがとうございました)。
その他周辺情報宝塚のナチュールスパで汗を流しました。
大人820円でした。(生ビール 土日祝日300円)
過去天気図(気象庁) 2019年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル ツェルト カメラ

写真

阪急(JR)宝塚駅からバスで15分ほど。
片側1車線の山道を走り、とある作業場で下ろされました。
バスの運転手:「今日はここだ。しっかり働いてこいよ」
我々:「うぃーっす(全員疲労)」
という訳ではなく、やってきたのはバス停 知るべ岩です。
バス停が見当たりませんが、A隊長の指さす先に。
2019年04月28日 09:34撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阪急(JR)宝塚駅からバスで15分ほど。
片側1車線の山道を走り、とある作業場で下ろされました。
バスの運転手:「今日はここだ。しっかり働いてこいよ」
我々:「うぃーっす(全員疲労)」
という訳ではなく、やってきたのはバス停 知るべ岩です。
バス停が見当たりませんが、A隊長の指さす先に。
1
道にへばりつくように立つバス停 知るべ岩。
本日はここからスタート。
メンバは、A隊長、hiro4さん、yamahikerさん、そして、サッカーで痛めた膝の手術後、初ハイキングとなるI隊員、ワタシの5名。
I隊員のリハビリハイキングです。
2019年04月28日 09:36撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道にへばりつくように立つバス停 知るべ岩。
本日はここからスタート。
メンバは、A隊長、hiro4さん、yamahikerさん、そして、サッカーで痛めた膝の手術後、初ハイキングとなるI隊員、ワタシの5名。
I隊員のリハビリハイキングです。
バス停からもう少し先に進むと、皆さんのレコでよく見る万里の長城がありました。
万里の長城:「中国四千年の...」
ワタシ:「四千年の?」
万里の長城:「言ってみただけ」
ワタシ:「チッ!」
2019年04月28日 09:38撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バス停からもう少し先に進むと、皆さんのレコでよく見る万里の長城がありました。
万里の長城:「中国四千年の...」
ワタシ:「四千年の?」
万里の長城:「言ってみただけ」
ワタシ:「チッ!」
1
万里の長城はアッという間に終了、右手に道が続いています。
ワタシ:「平成さいごの...」
万里の長城:「平成最後の?」
ワタシ:「言いたかっただけ」
万里の長城:「チッ!」
2019年04月28日 09:40撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
万里の長城はアッという間に終了、右手に道が続いています。
ワタシ:「平成さいごの...」
万里の長城:「平成最後の?」
ワタシ:「言いたかっただけ」
万里の長城:「チッ!」
道は結構分岐があり、テープ等を探しながら進みますが、テープもそれほど豊富ではありません。
携帯GPSとにらめっこしながら進んでいきます。
2019年04月28日 09:54撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道は結構分岐があり、テープ等を探しながら進みますが、テープもそれほど豊富ではありません。
携帯GPSとにらめっこしながら進んでいきます。
立派な堰堤が見えてきました。
鎧堰堤でしょうか。
2019年04月28日 09:58撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立派な堰堤が見えてきました。
鎧堰堤でしょうか。
堰堤脇の階段を上ります。
2019年04月28日 10:00撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤脇の階段を上ります。
堰堤の上に出ました。
一気に蓬莱経らしくなってきました。
スカッと晴れてくれればよかったのですが、空は曇りがち。
ショッカーが出てきそうな風景です。
ワタシ:「蓬莱経、イーッ!」
仮面ライダー:「ショッカー!?」
2019年04月28日 10:04撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤の上に出ました。
一気に蓬莱経らしくなってきました。
スカッと晴れてくれればよかったのですが、空は曇りがち。
ショッカーが出てきそうな風景です。
ワタシ:「蓬莱経、イーッ!」
仮面ライダー:「ショッカー!?」
1
この辺りが座頭谷でしょうか。
ショッカー:「イーッ!」
2019年04月28日 10:13撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りが座頭谷でしょうか。
ショッカー:「イーッ!」
1
ショッカーの声のする方向を注意深く観察する調査兵団一行。
昭和と平成のマンガが入り乱れます。
(ちなみにワタシ、仮面ライダーも進撃の巨人もあまり詳しくありません)
2019年04月28日 10:13撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ショッカーの声のする方向を注意深く観察する調査兵団一行。
昭和と平成のマンガが入り乱れます。
(ちなみにワタシ、仮面ライダーも進撃の巨人もあまり詳しくありません)
右上の木(3本目の横と5本目の下)にショッカーが見えますね。
ショッカー:「イーッ!」
写真には写っていませんが、ワタシの右後ろに本郷猛がいます。
本郷猛:「へん・・・・・しんっ!」
...いや、低酸素からくる幻覚・幻聴でした。
仮面ライダー:「遭難一歩手前やんっ!」
ワタシ:「お腹が空いただけ」
2019年04月28日 10:13撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右上の木(3本目の横と5本目の下)にショッカーが見えますね。
ショッカー:「イーッ!」
写真には写っていませんが、ワタシの右後ろに本郷猛がいます。
本郷猛:「へん・・・・・しんっ!」
...いや、低酸素からくる幻覚・幻聴でした。
仮面ライダー:「遭難一歩手前やんっ!」
ワタシ:「お腹が空いただけ」
3
時折、行先を探しながら、景色も堪能しつつ進んでいきます。
2019年04月28日 10:17撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時折、行先を探しながら、景色も堪能しつつ進んでいきます。
1
残念ながら、ショッカーにもイチローにも出会う事はありませんでした。
いや?左の奥の方の木の横にショッカーがイチローのバットを持って立っています!
ショッカー:「いなイーッ!」
イチロー:「ユンケル」
(全部ウソです)
2019年04月28日 10:19撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残念ながら、ショッカーにもイチローにも出会う事はありませんでした。
いや?左の奥の方の木の横にショッカーがイチローのバットを持って立っています!
ショッカー:「いなイーッ!」
イチロー:「ユンケル」
(全部ウソです)
2
みつばちハニー農場までやってきました。
建物らしき物はありましたが、しばらくやってなさそうな感じに見えました。(詳細不明)
ゲート脇を抜けます。
2019年04月28日 10:50撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
みつばちハニー農場までやってきました。
建物らしき物はありましたが、しばらくやってなさそうな感じに見えました。(詳細不明)
ゲート脇を抜けます。
少しだけ舗装道路。
すぐに赤テープの目印が見えます。
2019年04月28日 10:50撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しだけ舗装道路。
すぐに赤テープの目印が見えます。
山に入って笹薮の道。
2019年04月28日 11:15撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山に入って笹薮の道。
木下し口←(きおろしぐち←)との事です。
ワタシ:「きのした・・・シロ?」
石碑:「あほ?」
ワタシ:「なんだとーっ!!(激怒)」
2019年04月28日 11:16撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木下し口←(きおろしぐち←)との事です。
ワタシ:「きのした・・・シロ?」
石碑:「あほ?」
ワタシ:「なんだとーっ!!(激怒)」
つい先日この辺りを通ったというA隊長の記憶を頼りに大休憩ポイントを目指すと...
ありました。絶景休憩ポイント。
2019年04月28日 11:29撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
つい先日この辺りを通ったというA隊長の記憶を頼りに大休憩ポイントを目指すと...
ありました。絶景休憩ポイント。
2
ここで大休憩としました。
2019年04月28日 11:30撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで大休憩としました。
1
デスゾーンと言われる8000mを越える?と、カップ麺もパンパンに膨らみます。
カップ麺:「くっ、苦しいっ!!」
ワタシ:「今楽にしてやるっ!何か言っておきたいことはないかっ!」
カップ麺:「平成...さいごの...」
ワタシ:「よし、わかった、それ以上しゃべらなくていいっ!」
ダイアモックスを処方してやりました。(もちろん持ってません。山岳小説で見ただけです)
間違えました。封を切って食べました。
カップ麺:「ぷしゅーっ」
2019年04月28日 11:40撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
デスゾーンと言われる8000mを越える?と、カップ麺もパンパンに膨らみます。
カップ麺:「くっ、苦しいっ!!」
ワタシ:「今楽にしてやるっ!何か言っておきたいことはないかっ!」
カップ麺:「平成...さいごの...」
ワタシ:「よし、わかった、それ以上しゃべらなくていいっ!」
ダイアモックスを処方してやりました。(もちろん持ってません。山岳小説で見ただけです)
間違えました。封を切って食べました。
カップ麺:「ぷしゅーっ」
2
手術中(食事中?)の写真。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手術中(食事中?)の写真。
1
おにぎり、カップ麺、コーヒー、お菓子、と、大休憩を満喫。
ゆっくり休みました。
準備を整えて再出発。
2019年04月28日 12:19撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おにぎり、カップ麺、コーヒー、お菓子、と、大休憩を満喫。
ゆっくり休みました。
準備を整えて再出発。
もう少し進むと、舗装道路沿いに絶景ポイント パート2が出現。
お二方ほど休憩されてました。
こちらの方が下が平らで、道の端の方は椅子状になっていて、休憩しやすいと思いました。
2019年04月28日 12:31撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう少し進むと、舗装道路沿いに絶景ポイント パート2が出現。
お二方ほど休憩されてました。
こちらの方が下が平らで、道の端の方は椅子状になっていて、休憩しやすいと思いました。
1
絶景ポイント2からの眺め。
2019年04月28日 12:31撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絶景ポイント2からの眺め。
1
正面からWRCマシンが飛び出してきそうな道。
急に来られてもよけれる様に、かもしれない運転?で下っていきます。
(車は通りません。たぶん)
2019年04月28日 12:33撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面からWRCマシンが飛び出してきそうな道。
急に来られてもよけれる様に、かもしれない運転?で下っていきます。
(車は通りません。たぶん)
舗装路を外れて山路に。
全山縦走路の道標が立っています。
2019年04月28日 12:33撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
舗装路を外れて山路に。
全山縦走路の道標が立っています。
急な石階段。
転んだら大変なので、長い脚をもつれさせない様に慎重に下ります。
石階段:「ん?長い脚だと?」
ワタシ:「そこはスルーして下さい」
2019年04月28日 12:45撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急な石階段。
転んだら大変なので、長い脚をもつれさせない様に慎重に下ります。
石階段:「ん?長い脚だと?」
ワタシ:「そこはスルーして下さい」
短い脚でも問題なく下りれました。
車に注意して道路を渡り、全山縦走路を行きます。
2019年04月28日 12:46撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
短い脚でも問題なく下りれました。
車に注意して道路を渡り、全山縦走路を行きます。
どんどん進んで、塩尾寺。
塩尾寺:「ようこそ、お参りやす」
我々:「・・・」
(スルーしました!)
2019年04月28日 13:31撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どんどん進んで、塩尾寺。
塩尾寺:「ようこそ、お参りやす」
我々:「・・・」
(スルーしました!)
ユンボが2台。
作業を終えてから、どうやって道に戻ってくるのか興味津々。
ワタシ:「当てましょう。まず上のユンボが下のユンボをその長い手で引き上げて、そのまま道に上げる。そのあと、道に上がったユンボがその長い手でもう一台のユンボを道に上げる」
ユンボ:「そんなわけない」
(詳細不明です)
2019年04月28日 13:34撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ユンボが2台。
作業を終えてから、どうやって道に戻ってくるのか興味津々。
ワタシ:「当てましょう。まず上のユンボが下のユンボをその長い手で引き上げて、そのまま道に上げる。そのあと、道に上がったユンボがその長い手でもう一台のユンボを道に上げる」
ユンボ:「そんなわけない」
(詳細不明です)
急な坂道を下ってきたところのヘアピンカーブ頂点。
カーブミラーの位置でコーナーを読みます。
カーブミラー:「テクの場合、その必要なし」
2019年04月28日 13:40撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急な坂道を下ってきたところのヘアピンカーブ頂点。
カーブミラーの位置でコーナーを読みます。
カーブミラー:「テクの場合、その必要なし」
ヘアピン頂点から見下ろすモンテカルロの街並み。
(兵庫県です)
真下に怪しげな建造物が。
ヘアピン横の階段から怪しげな建造物に向けて下っていきます。
結構急階段で、長い脚がもつれて転ばない様に慎重に下りていきます。
急階段:「短い脚の間違いでは?」
ワタシ:「ええ、間違いです。それが何か!?(怒)」
2019年04月28日 13:40撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヘアピン頂点から見下ろすモンテカルロの街並み。
(兵庫県です)
真下に怪しげな建造物が。
ヘアピン横の階段から怪しげな建造物に向けて下っていきます。
結構急階段で、長い脚がもつれて転ばない様に慎重に下りていきます。
急階段:「短い脚の間違いでは?」
ワタシ:「ええ、間違いです。それが何か!?(怒)」
建造物付近にとうちゃこ。
水道部との事。
看板:「危険!立入禁止!だが、部員募集!」
ワタシ:「水道部って、クラブすか?」
2019年04月28日 13:41撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
建造物付近にとうちゃこ。
水道部との事。
看板:「危険!立入禁止!だが、部員募集!」
ワタシ:「水道部って、クラブすか?」
水道部 部室。
(違います)
2019年04月28日 13:41撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水道部 部室。
(違います)
皆様のレコで見る居酒屋看板。
大味です。
2019年04月28日 13:48撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
皆様のレコで見る居酒屋看板。
大味です。
住宅街に出てきました。
2019年04月28日 13:52撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
住宅街に出てきました。
犬の置物がたくさん。
犬の置物:「クンクン、クンクン」
犬の置物:「臭いワン!」
ワタシ:「あれー?ワタシかなー?」
2019年04月28日 13:58撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
犬の置物がたくさん。
犬の置物:「クンクン、クンクン」
犬の置物:「臭いワン!」
ワタシ:「あれー?ワタシかなー?」
特徴的な屋根が見えてきました。
ゴール会場です。
2019年04月28日 14:01撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
特徴的な屋根が見えてきました。
ゴール会場です。
ゴール会場の宝塚温泉ナチュールスパに無事到着。
お疲れ様でした。
2019年04月28日 14:03撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴール会場の宝塚温泉ナチュールスパに無事到着。
お疲れ様でした。
1
<おまけ>
汗を流してサッパリ。
宝塚歌劇鑑賞に向かいます。
2019年04月28日 15:06撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
<おまけ>
汗を流してサッパリ。
宝塚歌劇鑑賞に向かいます。
1
<おまけ>
そんなわけはなく、電車でそそくさとI隊員の地元高槻に移動。
反省会で喉を潤しました。
2019年04月28日 16:13撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
<おまけ>
そんなわけはなく、電車でそそくさとI隊員の地元高槻に移動。
反省会で喉を潤しました。
1
撮影機材:

感想/記録
by H47A

I隊員の膝手術後初となるリハビリ山行。
本当は29日でしたが、29日の天気予報が芳しくないので、前日28日にもプレ山行が計画されました。
世はGW10連休という事で、メジャールートの混雑を恐れて、行き先に悩みましたが、yamahikerさんと相談し、蓬莱峡に決定。
事前に先人のログなどでザッと情報を集めましたが、危険箇所はないが、迷う所ありとのレポート多数でした。
座頭谷までは分岐も結構あり、テープもチラホラ程度で、終始携帯GPSとにらめっこしてました。(もっと景色を楽しみましょう)
コースも比較的コンパクトで独特な風景を堪能できるこのルート、季節を変えて再び訪れてみたいです。

感想/記録

蓬莱狭はひとりでは道迷いの心配から下調べをするものの足踏みしてましたが、今回大勢のメンバーで安心していくことが出来ました。結構ガレガレした河原沿いも歩いたのでリハビリ登山のI隊員には刺激が強すぎた感も否めないが、結果オーライで下山後の反省会も含めて楽しい1日になりました。蓬莱狭は映画のロケ地としても有名なところなので一見の価値あり!オススメします。
訪問者数:571人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ