また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1811877 全員に公開 雪山ハイキング谷川・武尊

西黒尾根から谷川岳

日程 2019年04月28日(日) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間15分
休憩
1時間5分
合計
8時間20分
S白毛門登山口駐車場06:2006:45西黒尾根登山口09:40ラクダのコル11:20ザンゲ岩11:3512:00谷川岳(トマノ耳)12:3513:05天狗の留まり場13:25熊穴沢避難小屋13:4014:35天神平14:40ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2019年04月の天気図 [pdf]

写真

登山指導センター。下山届けを提出し忘れていたのを帰宅後に気付いた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山指導センター。下山届けを提出し忘れていたのを帰宅後に気付いた。
西黒尾根登山口。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西黒尾根登山口。
1
これから登る尾根。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから登る尾根。
ラクダの背あたりから。先行する人が見えて心強い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ラクダの背あたりから。先行する人が見えて心強い。
4
ところどころ壁のように見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ところどころ壁のように見える。
1
ラクダの背を振り返る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ラクダの背を振り返る。
3
50度くらいの傾斜は、壁に感じる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
50度くらいの傾斜は、壁に感じる。
ザンゲ岩を見上げる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザンゲ岩を見上げる。
1
天神尾根に合流。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天神尾根に合流。
2
トマノ耳から富士山が見えた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トマノ耳から富士山が見えた。
3
オキノ耳。一ノ倉岳の南側斜面は、傾斜がすごそう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オキノ耳。一ノ倉岳の南側斜面は、傾斜がすごそう。
4
天神尾根を下る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天神尾根を下る。
1
振り返って谷川岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って谷川岳。
3
天神平へは尻セードで。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天神平へは尻セードで。
1

感想/記録

調子良ければ2〜3泊で馬蹄形縦走、次点は1泊で土樽まで縦走のつもりだったので、車を白毛門登山口に置いてました。
結局、日帰りでした。

西黒尾根は傾斜が50度くらいあるんじゃないかって雪壁が何ヵ所もあって、高所恐怖症の私には辛かった。ダガーポジションで、前爪しか刺さってない時に強風が吹くと怖い。
先行する人がスイスイ登るのを見て真似しながら登りました。

3泊分のテント泊装備で登った恐怖の西黒尾根に完全にやられて、オキノ耳に行く元気すらなかった。

景色は最高でした。
訪問者数:290人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

テント テン 馬蹄形 尻セード 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ