また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1814906 全員に公開 山滑走八幡平・岩手山・秋田駒

秋田駒ケ岳 縦走 乳頭山へ

日程 2019年04月29日(月) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
温泉郷のバスでアルパこまくさまで300円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間6分
休憩
46分
合計
7時間52分
Sアルパこまくさ 駒ヶ岳情報センター04:3806:31駒ヶ岳八合目小屋07:26秋田駒ヶ岳07:4708:08焼森分岐08:57湯森山09:0610:26笊森山10:3510:49千沼ヶ原分岐11:36乳頭山11:4312:05田代平山荘12:29孫六温泉12:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2019年04月の天気図 [pdf]

写真

アルパこまくさから5分歩けば雪はつながる
2019年04月29日 05:00撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アルパこまくさから5分歩けば雪はつながる
車道歩きが飽きたので沢へ
2019年04月29日 05:47撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道歩きが飽きたので沢へ
秋田駒への道が見えた
雪は綺麗だ
2019年04月29日 06:21撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秋田駒への道が見えた
雪は綺麗だ
2
小屋脇を通って
2019年04月29日 06:30撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋脇を通って
また沢を通って夏道合流
2019年04月29日 06:40撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また沢を通って夏道合流
1
あそこへ登りあげると
2019年04月29日 06:40撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あそこへ登りあげると
男女岳の下に出る
2019年04月29日 07:05撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
男女岳の下に出る
夏道近くを登ったら
2019年04月29日 07:05撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏道近くを登ったら
秋田美人に撮ってもらいました
2019年04月29日 07:35撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秋田美人に撮ってもらいました
6
岩手山は真っ黒
2019年04月29日 07:42撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩手山は真っ黒
2
さあ男女岳から滑りましょう
2019年04月29日 07:51撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ男女岳から滑りましょう
固めだったので慎重に
2019年04月29日 07:52撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
固めだったので慎重に
横岳の北の夏道を上がり
2019年04月29日 08:01撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横岳の北の夏道を上がり
湯森山へゆる斜面を滑り込む
2019年04月29日 08:10撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯森山へゆる斜面を滑り込む
藪の合間をすり抜けて
2019年04月29日 08:37撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藪の合間をすり抜けて
湯森山通過ー
2019年04月29日 08:57撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯森山通過ー
あっちゅうまに離れた
2019年04月29日 08:57撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっちゅうまに離れた
次は熊見平を通過して笊森山へ
2019年04月29日 09:08撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次は熊見平を通過して笊森山へ
湯森山からの滑りは東側の雪庇に注意!
2019年04月29日 09:11撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯森山からの滑りは東側の雪庇に注意!
笊森山へは東面寄りに巻いて
2019年04月29日 09:46撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笊森山へは東面寄りに巻いて
だんだん離れる
2019年04月29日 09:59撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だんだん離れる
岩手山、明日行こうと思ったがやめた
2019年04月29日 10:20撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩手山、明日行こうと思ったがやめた
3
虹色に輝く雲
2019年04月29日 10:21撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
虹色に輝く雲
1
なんてしてたら笊森山到着
2019年04月29日 10:25撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんてしてたら笊森山到着
さあラスト乳頭山へ向かう
2019年04月29日 10:29撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあラスト乳頭山へ向かう
1
快適に滑って
2019年04月29日 10:41撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快適に滑って
1
数十メートルの藪スキー
2019年04月29日 10:46撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
数十メートルの藪スキー
これを越えるには
2019年04月29日 10:47撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これを越えるには
ここも夏道を頼れば楽に藪通過
2019年04月29日 11:10撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも夏道を頼れば楽に藪通過
雪をつないで
2019年04月29日 11:23撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪をつないで
上までつながる
2019年04月29日 11:36撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上までつながる
2
乳頭山ゴール!登りは終わり
2019年04月29日 11:40撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乳頭山ゴール!登りは終わり
3
のんびりとした良い縦走路だった
2019年04月29日 11:44撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
のんびりとした良い縦走路だった
2
少し夏道を下り
2019年04月29日 11:49撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し夏道を下り
1
快適に小屋まですべる
2019年04月29日 12:00撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快適に小屋まですべる
2
尾根は快適ツリーラン
2019年04月29日 12:14撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根は快適ツリーラン
孫六温泉に到着、バス停まで10分歩く
2019年04月29日 12:58撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
孫六温泉に到着、バス停まで10分歩く
1
下山飯はAji-Qで南蛮野菜ラーメンと餃子、はらぺこ
2019年04月29日 18:06撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山飯はAji-Qで南蛮野菜ラーメンと餃子、はらぺこ
森の駅で味噌きりたんぽも
2019年04月29日 16:28撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森の駅で味噌きりたんぽも
1
そして帰る途中みつけたペガサス・・
2019年04月30日 05:04撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして帰る途中みつけたペガサス・・
1
平成の最後に
2019年04月30日 05:04撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平成の最後に
1
昭和を感じる
2019年04月30日 05:05撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昭和を感じる
1
ある意味近未来ですな
2019年04月30日 05:06撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ある意味近未来ですな
2

感想/記録

東北遠征2日目は秋田駒ヶ岳へ
ここは今年冬休みに入ったがホワイトの大荒れ
本当は今回のような縦走がしたかった

秋田駒は2000m未満なので雪があるか心配しながらアルパこまくさをスタート
男女岳山頂から雪の様子を見て縦走するか決める

ゲレンデ跡を通って車道へ、車道がくねくねする頃に沢へ入る、登りやすい
小屋手前で沢から這い上がる

この先のルートが見えた、雪は豊富だ
小屋から夏道沿いだとトラバースして進むがその先にデブリがあって嫌な感じ
左手の沢から進む
程なくして夏道合流、カール状の地形に出る
ここも左右から石が転がってくるので足早に進む
夏道沿いは落石リスクありなので
カールの中から進み、一気に一段上に上がる

男女岳の起点の台地に到着、
雪は柔らかいのでサクサク進んで山頂到着、
山頂では地元の登山者に周りの山々を教えてもらった
鳥海山、岩手山、早池峰に八甲田まで見えた
前に来たホワイアウト・強風のときとは違いあっさり着いてしまった

縦走路の様子は、乳頭山までの雪量は怪しいがまあ行けなくはないだろう、
山頂東面を滑って横岳北側へトラバース、
夏道合流するのでそれを辿ったらまた東へトラバースする

すると湯森山下へ滑り込む斜面に入る
快適に滑ったらシール貼って湯森山へ
藪藪に見えるが合間を縫って雪をつなげる
この先の縦走路はゆる斜面のアップダウンなので気楽に行ける
初心者におすすめ

難なく湯森山を通過して東側の雪庇に注意して熊見平を通過、途中シールを貼る
笊森山へは一箇所藪をまたいだが概ね楽、
山頂から来た道を振り返ると遠くに来たと感じる

大袈裟だが、知らない山域の縦走は見るもの全てが目新しく、海外登山に来たように錯覚する

さあここから乳頭山への滑りだが途中数十メートルの藪スキーになるので厄介、夏道を頼れば楽に通過できる

乳頭山の下も夏道辿れば雪がつながる
ガシガシ登れば難なく乳頭山到着、
遠くに秋田駒ヶ岳が眺められるが案外楽勝だった

少し夏道をブーツで歩いたら、あとはスキーだけで下山できる
尾根は雪がついてるか不安だったが最後まで快適なツリーランで孫六温泉にゴール!

孫六温泉の事前知識がなかったので味のある古い温泉郷よ雰囲気に驚いた!
しばらく散策してバス乗ってアルパこまくさに戻る

晴空の中、秋田駒ケ岳の雄姿を見れてよかった
東北のノンビリした縦走を楽しみました

この縦走は逆ルートだと藪を避けての進行がルートファインディングの点で難しいように思えた
東側を巻けば雪がつながるが雪庇や高度の落としすぎに注意、トラバースが主体になる
ただ高低差が小さく、難しい箇所もないのでノンビリ縦走としておススメだ
訪問者数:578人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ