また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1825910 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走石鎚山

240mの大鎖 (57)石鎚山

日程 2019年05月03日(金) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス、 ケーブルカー等
(往路) 伊予西条駅 16:23発 瀬戸内バス−17:17着 ロープーウェイ前−18:00着 玉屋旅館
(復路) ロープウェイ前 15:17発 瀬戸内バス−16:11着 伊予西条駅 16:27発 しおかぜ24号ー18:11着 岡山駅 18:28発 のぞみ52号−21:46着 品川駅
瀬戸内バス時刻表 往復2000円 http://www.setouchibus.co.jp/
石鎚ロープーウェイ 往復1950円 (モンベル会員は団体割引)http://www.ishizuchi.com/rw
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち65%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
21分
休憩
0分
合計
21分
S山頂成就駅17:5318:14成就社G
日帰り
山行
3時間32分
休憩
2時間7分
合計
5時間39分
玉屋旅館06:3906:48八丁のコル07:38前社が森08:0508:25夜明峠08:36一ノ鎖(下)08:4308:51二の鎖下08:5709:01二ノ森・面河渓方面分岐09:0609:07三ノ鎖(下)09:1709:19石鎚山・弥山09:4309:49石鎚山10:0010:08石鎚山・弥山10:2110:22三ノ鎖(下)10:2610:27二ノ森・面河渓方面分岐10:3110:32二の鎖下10:3410:40一ノ鎖(下)10:4510:54夜明峠11:08前社が森11:1711:50八丁のコル12:03八丁坂12:17成就社12:18玉屋旅館
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報宿泊 玉屋旅館 0897-59-0415 2食付き 8000円 https://tamayaryokan.info/#guide
ロープーウェイ前 京屋旅館  日帰り入浴 500円 シャンプーや石鹸は100円 

写真

石鎚ロープーウェイ前で登山バスを下車。
2019年05月02日 17:26撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石鎚ロープーウェイ前で登山バスを下車。
ロープーウェイ成就駅の展望台からの眺望。明日も晴れそう。
2019年05月02日 17:54撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープーウェイ成就駅の展望台からの眺望。明日も晴れそう。
翌朝、宿泊した玉屋のご主人がほら貝を吹き送り出してくれた。勇気が湧いてきた。
2019年05月03日 15:20撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝、宿泊した玉屋のご主人がほら貝を吹き送り出してくれた。勇気が湧いてきた。
1
石鎚神社 中宮成就社へお参り
2019年05月03日 06:26撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石鎚神社 中宮成就社へお参り
「これから、お邪魔いたします」と御挨拶
2019年05月03日 06:25撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「これから、お邪魔いたします」と御挨拶
立派な登山口
2019年05月03日 06:27撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立派な登山口
アケボノツツジが咲いていた。よく似ているアカヤシオには、花柄の腺毛と10本の雄しべの半分に白い毛がある。
2019年05月03日 06:52撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アケボノツツジが咲いていた。よく似ているアカヤシオには、花柄の腺毛と10本の雄しべの半分に白い毛がある。
1
アケボノツツジの遠景
2019年05月03日 07:11撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アケボノツツジの遠景
ピンク色。これは何スミレ?
2019年05月03日 06:45撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピンク色。これは何スミレ?
タチツボスミレの大株
2019年05月03日 11:49撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タチツボスミレの大株
試しの鎖 74m 鎖で上って鎖で下る。ここは回避しても良いと思う。
2019年05月03日 07:40撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
試しの鎖 74m 鎖で上って鎖で下る。ここは回避しても良いと思う。
1
ショウジョウバカマ
(メランチウム科)
2019年05月03日 08:30撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ショウジョウバカマ
(メランチウム科)
一軒茶屋で、熱々のあめ湯を頂く。ショウガで体が温まる。
2019年05月03日 08:02撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一軒茶屋で、熱々のあめ湯を頂く。ショウガで体が温まる。
一の鎖 33m
2019年05月03日 08:39撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一の鎖 33m
1
土小屋から合流した人達が二の鎖に取り付いている。
2019年05月03日 08:47撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土小屋から合流した人達が二の鎖に取り付いている。
二の鎖 65m 
2019年05月03日 08:54撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二の鎖 65m 
三の鎖 68m 足場が無い場所は△の鎖へ足を入れる。
2019年05月03日 09:16撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三の鎖 68m 足場が無い場所は△の鎖へ足を入れる。
3
無事、弥山へ登拝
2019年05月03日 09:29撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事、弥山へ登拝
さらに、天狗岳へ向かう。
2019年05月03日 09:29撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに、天狗岳へ向かう。
天狗岳 登頂。鎖に比べれば大したことは無い。
2019年05月03日 09:54撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗岳 登頂。鎖に比べれば大したことは無い。
登山口に戻って来た。お礼参りしないと。
2019年05月03日 12:17撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口に戻って来た。お礼参りしないと。
玉屋旅館で、石鎚うどんのお昼ご飯。
2019年05月03日 12:52撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
玉屋旅館で、石鎚うどんのお昼ご飯。

感想/記録
by nibpon

四国遠征、第二弾の石鎚山。前日にロープウェイで上がり、中宮成就社前の玉屋旅館で一泊した。翌朝、宿の御主人がほら貝を吹いて私達を送り出してくれた。なんとか無事に登れそうな気がしてくる。登山道には、鮮やかなピンクのアケボノツツジや見たことの無いスミレ、ショウジョウバカマなどが咲き始めていた。試しの鎖はウオーミングアップというより、いきなり本場。上ってしまったら、鎖で下るしか無い。無理に試さなくても良かったかもしれない。下りた所にある一軒茶屋で、あめ湯を飲んで一休み。一の鎖は、短かったので難なく通過。二の鎖は土小屋から合流した人が増え、距離を空けながら登る。三の鎖では、足場が無い所で足を△の鎖へ入れて登るが、岩壁から鎖が浮くと揺れて不安定になるので要注意。鎖場が始まると、直登になるのであっという間に弥山へ着いてしまった感じだ。弥山まで来たら天狗岳にも登頂したい。待っているからという相方を残し、一人天狗岳へ。人との交差でやや渋滞気味だったが、ザックを置いて身軽だったこともあり思ったよりも簡単に行けてしまった。下山は鎖を回避して、ひたすら階段を下る。この時には、登ってくる人が増えて、かなり鎖場も渋滞しているのが見えた。私達はロープウエイの始発前に宿を出発できたので、混む前に鎖に集中できた。ロープウェイの上の宿に泊まったのは良い判断だったと思う。
訪問者数:155人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2018/12/30
投稿数: 0
2019/5/6 12:48
 無題
試しの鎖場でご一緒させていただいたものです。
お疲れ様でした❗️
登録日: 2015/9/16
投稿数: 32
2019/5/6 15:29
 Re: 無題
試しの鎖でのお二人のショット使わせて頂きました。
ありがとうございます。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ザック 鎖場 直登 ロープウェイ 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ