また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1828414 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲信越

公共交通機関で行く 日本一小さな山脈【櫛形山脈】 縦走

日程 2019年05月04日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
行き
新潟駅始発 4時56分 村上行き 中条駅着 5時29分
帰り
金塚駅発 12時50分 新潟行き 新潟駅着 13時36分
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間54分
休憩
12分
合計
7時間6分
Sスタート地点05:3906:43白鳥山06:4407:24鳥坂山07:2508:03黒中山08:0409:56櫛形山09:5711:18大峰山11:2611:59願文山12:45ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
公共交通機関で行き帰りで山脈を1日で縦走できるのはこの山域しかないでしょう。
しかし、山脈の定義って何なんでしょう?
大日本帝国陸地測量部発行(大正3年(1914年)「図版名:中条」)で櫛形山脈と命名されたためらしいのですが、、、
コース状況/
危険箇所等
分かり易く問題なし

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ タイツ ズボン 靴下 グローブ 着替え ザック ザックカバー 行動食 非常食 飲料 ヘッドランプ 保険証 携帯 時計 タオル

写真

新潟駅始発4時56分 村上行き
そんなに人は乗っていなかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新潟駅始発4時56分 村上行き
そんなに人は乗っていなかった。
先頭車両に乗り込み 鉄道マニア風に写真撮る。
朝日が眩しい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先頭車両に乗り込み 鉄道マニア風に写真撮る。
朝日が眩しい。
1
中条駅に5時29分に到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中条駅に5時29分に到着
中条駅は、朝日に照らされて綺麗だった。
人気のない駅だった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中条駅は、朝日に照らされて綺麗だった。
人気のない駅だった。
車道を歩くこと30分程度で登山口に到着。
宮ノ入コース
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道を歩くこと30分程度で登山口に到着。
宮ノ入コース
花を撮影する人が多いので撮ってみた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花を撮影する人が多いので撮ってみた。
雲一つない良い天気!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲一つない良い天気!
眼前の景色がイラストに描かれていて分かり易かった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眼前の景色がイラストに描かれていて分かり易かった。
昔のお城は、こんな山に作られてたんだなぁ〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昔のお城は、こんな山に作られてたんだなぁ〜
1
運輸省と書いてあった。
古っ〜
マイクロウェーブ鉄塔のそば
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
運輸省と書いてあった。
古っ〜
マイクロウェーブ鉄塔のそば
ウルトラ警備隊の基地?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウルトラ警備隊の基地?
1
鳥坂山(とっさかやま)山頂
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥坂山(とっさかやま)山頂
青と緑のコントラストがクッキリ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青と緑のコントラストがクッキリ
一応 花を撮ってみる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一応 花を撮ってみる
興味ありげに撮ってみる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
興味ありげに撮ってみる
しゃがみ込んだりしながら撮ってみる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しゃがみ込んだりしながら撮ってみる
アングルを色々と変えて撮ってみる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アングルを色々と変えて撮ってみる
本当に花が好きな人なんだなぁって思われるくらい撮ってみるが、何一つ分からない。格好だけ、、、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本当に花が好きな人なんだなぁって思われるくらい撮ってみるが、何一つ分からない。格好だけ、、、
白い花だなぁ っていう程度の知識
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白い花だなぁ っていう程度の知識
1
櫛形山山頂の看板
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
櫛形山山頂の看板
雪に覆われた飯豊連峰
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪に覆われた飯豊連峰
アンカーピンが山道のそこら中に打ってあるのに気づいた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アンカーピンが山道のそこら中に打ってあるのに気づいた
赤い花よりアンカーピンの方が気になる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤い花よりアンカーピンの方が気になる
ちょっと隠れてるよ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと隠れてるよ
317番!元気なやっちゃなぁ〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
317番!元気なやっちゃなぁ〜
恥ずかしがり屋?
横井庄一さんのように何十年か後に発見されて【まだ居たのか!】ってなるかもしれないアンカーピン
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
恥ずかしがり屋?
横井庄一さんのように何十年か後に発見されて【まだ居たのか!】ってなるかもしれないアンカーピン
四角いやつもいる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四角いやつもいる
仲間外れの黄色くん
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仲間外れの黄色くん
大物。
「不器用ですからっ」ていう高倉健のようなボス的な存在
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大物。
「不器用ですからっ」ていう高倉健のようなボス的な存在
大峰山は20人くらいいた。
景色は綺麗!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大峰山は20人くらいいた。
景色は綺麗!
山小屋の中には誰もいなかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山小屋の中には誰もいなかった。
大峰山の山頂の看板
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大峰山の山頂の看板
寄り添う2人
水島上等兵!一緒に日本へ帰りましょう!
いや、俺はここに残る!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寄り添う2人
水島上等兵!一緒に日本へ帰りましょう!
いや、俺はここに残る!
激戦地帯を生き抜いた猛者。
赤い頭が削れて黒くなって瀕死の状態。
上から若い兵士が助けようとしているのに俺に構うな!って言っているような、、、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
激戦地帯を生き抜いた猛者。
赤い頭が削れて黒くなって瀕死の状態。
上から若い兵士が助けようとしているのに俺に構うな!って言っているような、、、
迷彩服に身を包みゲリラ戦を行うイブシ銀
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
迷彩服に身を包みゲリラ戦を行うイブシ銀
ここからは一般道で金塚駅まで歩く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは一般道で金塚駅まで歩く
写真右側の白山神社から下山。
正面方向は、桜公園。(多分、こちらのほうから登る人が多い)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真右側の白山神社から下山。
正面方向は、桜公園。(多分、こちらのほうから登る人が多い)
やっと国道7号線に着いた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと国道7号線に着いた
あっ、金塚駅だ!
12時50分発の電車に間に合う!
これを逃すと2時間待ち、、、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっ、金塚駅だ!
12時50分発の電車に間に合う!
これを逃すと2時間待ち、、、
金塚駅は、スイカの簡易改札が無いので新潟駅で清算
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金塚駅は、スイカの簡易改札が無いので新潟駅で清算
新潟行きの電車が来た!
意外と混んでいて新発田駅まで座れなかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新潟行きの電車が来た!
意外と混んでいて新発田駅まで座れなかった。

感想/記録

当日は、雲一つない良い天気で暑くもなく寒くもなくちょうど良い気温でした。
ダイエットできるかと思いましたが、1kg程度しか減ってませんでした。
まぁ、お茶も山行中に1L飲みましたので。
正直、花は綺麗でしたが、知識があったらもう少し楽しめたかもしれません。
それよりも、杭やピンの存在が気になりだし、、、
こんな数を打ち込む必要があるのでしょうか。
誰が何のためにやっているのでしょうか。
相当大変な作業で費用も掛かると思うのですが、それでも必要ということなのでしょうが目的が分かりません。
どなたか教えてください。
訪問者数:72人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

三角点 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ