また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1829707 全員に公開 ハイキング甲信越

袴腰山

日程 2019年05月03日(金) [日帰り]
メンバー 子連れ登山, その他メンバー1人
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間59分
休憩
53分
合計
4時間52分
S野口源右衛門の墓10:0811:18高城城跡11:55袴腰山12:4413:07見返りの丘13:19三角山13:59追分の松14:23八木ケ鼻14:2715:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

「ヒメサユリの小径」の駐車場は広大。トイレもあれば自販機もある。駐車場の右手から登っていったが、左手からも登れるみたい。
2019年05月03日 10:17撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「ヒメサユリの小径」の駐車場は広大。トイレもあれば自販機もある。駐車場の右手から登っていったが、左手からも登れるみたい。
歩き始めてからしばらくは足元にスミレが咲き誇っていた。
2019年05月03日 10:18撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩き始めてからしばらくは足元にスミレが咲き誇っていた。
しばらくは舗装道を登っていく。
2019年05月03日 10:23撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらくは舗装道を登っていく。
途中、物置小屋みたいな建造物の脇に登山口がある
2019年05月03日 10:28撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、物置小屋みたいな建造物の脇に登山口がある
登山道はずっと緩やかな上り。あちこちに説明板が設置してある。
2019年05月03日 10:29撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道はずっと緩やかな上り。あちこちに説明板が設置してある。
ところどころで眺めが開けるが、守門岳すらろくに見えないほどの霞みっぷり。
2019年05月03日 10:47撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ところどころで眺めが開けるが、守門岳すらろくに見えないほどの霞みっぷり。
今度は足元はイワカガミの群落がどこまでも続いていた。花は他にミツバツツジの類、イカリソウが咲いていた。
2019年05月03日 10:49撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今度は足元はイワカガミの群落がどこまでも続いていた。花は他にミツバツツジの類、イカリソウが咲いていた。
ともあれ新緑の瑞々しさが素晴らしかった。
2019年05月03日 11:04撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ともあれ新緑の瑞々しさが素晴らしかった。
新緑の中をゆるゆると登っていく。
2019年05月03日 11:21撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新緑の中をゆるゆると登っていく。
山城の遺構である空堀を超える所がちょっと急だった以外は、大した登りもなく小屋のある高城に着く。
2019年05月03日 11:26撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山城の遺構である空堀を超える所がちょっと急だった以外は、大した登りもなく小屋のある高城に着く。
高城から先はちょっと道が険しくなる。
2019年05月03日 11:45撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高城から先はちょっと道が険しくなる。
ロープ付きの登りが何度も続いた。
2019年05月03日 11:49撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープ付きの登りが何度も続いた。
袴腰山の山頂が目の前に。
2019年05月03日 11:52撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
袴腰山の山頂が目の前に。
袴腰山の山頂でヤマノススメのあおいちゃんと。
2019年05月03日 12:55撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
袴腰山の山頂でヤマノススメのあおいちゃんと。
山頂は広くて眺めが良いが、目の前の粟ヶ岳すらごらんの有様で展望はほとんど得られなかった。
2019年05月03日 13:02撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は広くて眺めが良いが、目の前の粟ヶ岳すらごらんの有様で展望はほとんど得られなかった。
山頂からはいきなりロープ付きの急な下り。
2019年05月03日 13:09撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からはいきなりロープ付きの急な下り。
ヤマザクラがまだ咲き残っていた。
2019年05月03日 13:13撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマザクラがまだ咲き残っていた。
途中にあるブナ林が美しい。説明板にも「ブナの杜」との表記があった。
2019年05月03日 13:20撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中にあるブナ林が美しい。説明板にも「ブナの杜」との表記があった。
粟ヶ岳方面への分岐を過ぎるとほんの少しだけ緩やかな尾根道が。それでも細かいアップダウンは多く、意外とタフな道が続く。
2019年05月03日 13:23撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
粟ヶ岳方面への分岐を過ぎるとほんの少しだけ緩やかな尾根道が。それでも細かいアップダウンは多く、意外とタフな道が続く。
袴腰山を振り返ると山頂直下の急な下りがよくわかる。
2019年05月03日 13:37撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
袴腰山を振り返ると山頂直下の急な下りがよくわかる。
足元は本当にどこまでもずっとイワカガミの群落が。
2019年05月03日 14:13撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足元は本当にどこまでもずっとイワカガミの群落が。
アップダウンをこなして、八木ヶ鼻の上に出る。眺めは良いが、足元が見えないので、切り立った岩壁の上に立っている感はゼロで正直期待はずれ。
2019年05月03日 14:38撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップダウンをこなして、八木ヶ鼻の上に出る。眺めは良いが、足元が見えないので、切り立った岩壁の上に立っている感はゼロで正直期待はずれ。
八木ヶ鼻からは八木神社側といい湯らてい側に下りれるが、いい湯らてい側に下る。
2019年05月03日 15:06撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八木ヶ鼻からは八木神社側といい湯らてい側に下りれるが、いい湯らてい側に下る。
撮影機材:

感想/記録
by jigsaw

椎間板ヘルニアで二年半ほど山に行けなかったけれど、だいぶ良くなってきたので妻の実家に行きがてらリハビリ感覚で登ってみた。通常の登り下りは問題ないが、手まで使って登り下りしなくてはいけない場所ではやっぱり痛む。本格復帰は難しいかなあ。
ちなみに娘も二年半ぶりの山歩き。元々下りが苦手だったが、間をおいたことで余計に苦手になってしまった模様。
訪問者数:164人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ