また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 182974 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走剱・立山

立山雄山東尾根

日程 2012年04月14日(土) 〜 2012年04月15日(日)
メンバー
 mogu(食事)
, その他メンバー2人
天候14日雨・黒部平雪 / 15日 晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
扇沢の駐車場は有料駐車場のみ開いていた
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

14日(雪)黒部平16:55〜テント場17:25

15日(快晴)テント場5:00〜H2130鉄塔6:35〜H2440m付近9:15(時間切れのため往路を戻る)/9:30〜テント場11:40着
過去天気図(気象庁) 2012年04月の天気図 [pdf]

写真

登山大系の東尾根概念図
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山大系の東尾根概念図
1
高遠にある石井さん宅のストーブ前でまったり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高遠にある石井さん宅のストーブ前でまったり
扇沢はこの時期はまだ閑散としている
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
扇沢はこの時期はまだ閑散としている
黒部湖が凍ってます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部湖が凍ってます
3
駅のすぐ上に格好のテン場を発見
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駅のすぐ上に格好のテン場を発見
大きな木の下が今宵のお宿です、雪もやんで夜には満天の星
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きな木の下が今宵のお宿です、雪もやんで夜には満天の星
3時起床、5時出発
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3時起床、5時出発
鹿島槍方面から日の出
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿島槍方面から日の出
前日降った雪でラッセル
(写真提供・sarasawaさん)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前日降った雪でラッセル
(写真提供・sarasawaさん)
1
これから登っていく東尾根
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから登っていく東尾根
ここもなかなかシビアでした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここもなかなかシビアでした
4
振り返って見た私達のトレース
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って見た私達のトレース
3
岩を回り込んで登るので私だけロープを出して貰う。(写真提供・sarasawaさん)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩を回り込んで登るので私だけロープを出して貰う。(写真提供・sarasawaさん)
1
やっと登ったら、石井さんからそのまま上に登っていってねぇ、と言われ恐いよ〜と言いながら登る。思っても居なかったリードをする羽目に・・・・
(写真提供・sarasawaさん)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと登ったら、石井さんからそのまま上に登っていってねぇ、と言われ恐いよ〜と言いながら登る。思っても居なかったリードをする羽目に・・・・
(写真提供・sarasawaさん)
1
2440mの鞍部で時間切れのために戻ることにする
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2440mの鞍部で時間切れのために戻ることにする
1
そうなると天気もいいのでここで30分ほどゆっくりと撮影タイム。鹿島槍方面
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そうなると天気もいいのでここで30分ほどゆっくりと撮影タイム。鹿島槍方面
3
赤牛岳と読売新道が見える
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤牛岳と読売新道が見える
1
でも、下りは結構恐いかも〜で私だけロープで確保
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でも、下りは結構恐いかも〜で私だけロープで確保
登ったときにロープを出して貰ったところ、下に居たsarasawaさんから雷鳥が居るよと教えてくれる。
(写真提供・sarasawaさん)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ったときにロープを出して貰ったところ、下に居たsarasawaさんから雷鳥が居るよと教えてくれる。
(写真提供・sarasawaさん)
居ました真っ白な雷鳥さんです、白いのを見るのは初めてで感激!!
(写真提供・sarasawaさん)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
居ました真っ白な雷鳥さんです、白いのを見るのは初めてで感激!!
(写真提供・sarasawaさん)
15
sarasawaさんが撮ってくれた雷鳥さんとのツーショット
(写真提供・sarasawaさん)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
sarasawaさんが撮ってくれた雷鳥さんとのツーショット
(写真提供・sarasawaさん)
4
(写真提供・sarasawaさん)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(写真提供・sarasawaさん)
黒部平駅に無事到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部平駅に無事到着
今日は赤牛岳が見えました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は赤牛岳が見えました
2

感想/記録
by mogu

石井さんから雄山東尾根の計画が出たときに、その尾根が何処なのかまったく見当が着きませんでした。メールで聞いたら東尾根の概念図を送ってくれ昔登ったことが有るけどそんなに難しい所は無かったですよとの返事が来た。いろいろと石井さんに聞いたり、sarasawaさん聞いたり、山行記録を見てみたりしてなんとか私でも行けるのではと思うようになったが問題はテント泊の荷物を背負って登れるか、去年暮れにぎっくり腰をしてから重い荷物を背負っていないしテントは腰に悪いしと迷いましたが、思いきってチャレンジしてみることにした。

当初の計画では金曜日の夜に出発、高遠の石井さん宅に泊まり朝一番で扇沢に入り黒部平から登って2780m付近で泊まる予定でしたが14日が雨の予報、石井さんからは取りあえず行きます、後のことは相談しましょうと連絡があったので集合場所に向かう。車に乗ってから石井さんが土曜日夕方黒部平まで行き、少し登ってテントを張り、翌日は荷物をデポして登るのはどうですかと提案してくれた。日曜日は天気が良い予報だしなによりも荷物を置いていけるのは嬉しいが一日で雄山まで登れるかそれが問題、でも行ける所まで行ってみましょうと言うことに成り話は決まった。

14日(雨)
土曜日は予報通り朝から雨、11時高遠を出発。高遠城趾を通ってみたけど桜は2分咲き位で次の週辺りが見頃かな、その時にはここも大変な渋滞になるのでしょうね。松本でお昼を食べてから扇沢に向かい駐車場に着きました。まだ除雪が済んでいないのか無料駐車場はまだ開いていなく有料に2000円払って止め、人はいないけど駐車場はほぼ満車状態だった。キップは黒部平の往復を買った、このときにキップ売り場の人が怪訝な顔をしていたのでどうしてかなと思ったら、開通して最初の週末でほとんどの人が室堂まで行くのになんで黒部平まで?と思ったようです。一応説明はして納得して貰いました。

16時発のトロリーバスに乗り黒部湖経由で黒部平に着いたのが16時50分、閑散としたおみやげ売り場から外に出てみると雪が降っている。支度をして出発〜ロープーウェイの下をくぐって尾根に取り付き今宵止まるところを探していると格好の場所発見。早速テントを張って夕食の準備、外を見ているとだんだんと天気が回復して来た。明日は3時起床5時出発なので早々に寝ます、夜中外に出てみたら満天の星だった。

15日(無風快晴)
思っていたよりも寒くなく3時に起床、朝食を食べてテントを撤収して木のムロに置いて出発。薄暗いがヘッデンは要らない、鹿島槍方面が明るくなって来た。もちろんトレースなど無いが最初は緩やかな雪原の登りで初めの1時間ほどは快調に登っていったのですがだんだんと急な斜面になると膝ぐらいまでのラッセルになる。昨日降った雪なのかな、グズグズの雪でラッセルと大変です。3人で交代しながらラッセルしますが私なんてすぐにへばってしまい役にたたない、風も無いし天気がいいのでなんとか頑張りました。私は良くわからないけど2人が話しているのを聞くと雪の状態が余りよくないらしい、もうすこし雪が締まっていれば歩きやすいのにと言っていた。やっぱり今年は雪が多かったのかな、取りあえず2681のピークに着くのが10時になるようだったら戻りますとのことだった。8時を過ぎるとロープーウェイが動き出した、中から登っている私達が見えるかな。

前方に岩が出てきてそれを廻りこんで登る所でロープを出してもらう。石井さんが先に登って私を確保してくれて登る。私が登ったらそのまま登って行ってと言われ上を見たら細い雪稜でビビるが、なんとか恐いよ〜と言いながら登った。さらに雪稜を登って行くと少し平坦なところで一休みしていたとき、石井さんから2681のピークまで登るともう後戻りできないのでここから戻りましょうと提案があった。2681のピークはまだ遙か遠くだしこのペースではとても10時には着けない、私とsarasawaさんも賛成して戻ることになった。そうなると気も楽に成りこの素晴らしい景色を思う存分堪能することにしてしばし休憩、私はここまで来られてこの景色を見られただけで幸せだ。

でも・・・・来た所を戻るのも結構恐い、念のために私だけロープで確保して貰い下る事にした。登ってくる時にロープを出して貰った岩場に差し掛かると先行していたsarasawaさんから雷鳥がいるよ!!と教えてくれた。雪壁を後ろ向きに慎重に下りて行き岩を回り込んだところに真っ白な雷鳥さんが待っていてくれました〜白い雷鳥を見るのは初めてなので感激!!これだけで今回の山行に来た甲斐が有った。その後は雪がグズグズになって来たのでアイゼンを外しツボ足で下りて行き無事デポ地に到着、パッキングして黒部平に戻った。

私にはシビアな東尾根でしたが今回は雪の状態が悪すぎたとのこと、登ってみて判ったことは泊まりの荷物を背負って東尾根を登るのは私には無理だと言うことが判りました。
訪問者数:2351人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ