また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1833073 全員に公開 ハイキング奥武蔵

伊豆ヶ岳・子ノ権現 正丸駅から西吾野駅周回

日程 2019年05月05日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車車・バイク
正丸駅の駐車場に車を停め、帰りは西吾野駅から電車で正丸駅に戻る
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち70%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間15分
休憩
2時間31分
合計
7時間46分
S正丸駅09:0309:29伊豆ヶ岳登山口09:3010:27五輪山10:3310:49伊豆ヶ岳11:0411:18古御岳12:2813:02高畑山13:1013:16鉄塔横伐採地13:1913:31中ノ沢ノ頭(イモグナノ頭)13:3513:58天目指峠14:0615:04子ノ権現15:2915:37子の権現駐車場15:4516:10天寺へ十二丁16:1316:48西吾野駅16:49ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
整備されています。

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル ツェルト カメラ

Myアイテム  

ta_ht81s 重量:4.54kg

写真

正丸駅。ここに車を駐め(24時間500円)、伊豆ヶ岳に向かう。
2019年05月05日 09:00撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正丸駅。ここに車を駐め(24時間500円)、伊豆ヶ岳に向かう。
1
駅に向かって左にある階段を下り、このトンネルを抜ける。
2019年05月05日 09:02撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駅に向かって左にある階段を下り、このトンネルを抜ける。
駅から降りる階段。
2019年05月05日 09:03撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駅から降りる階段。
道路脇の三段の滝
2019年05月05日 09:12撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道路脇の三段の滝
ここから登山道。
舗装路をそのまま進んで正丸峠を経由するルートもある。
2019年05月05日 09:29撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから登山道。
舗装路をそのまま進んで正丸峠を経由するルートもある。
荒れた道もある。
2019年05月05日 09:46撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒れた道もある。
伊豆ヶ岳の北側から東に伸びる尾根に出たら写真の方(左)には進まずに、右に行く。
2019年05月05日 10:06撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊豆ヶ岳の北側から東に伸びる尾根に出たら写真の方(左)には進まずに、右に行く。
右方向に進む。
2019年05月05日 10:07撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右方向に進む。
この辺りでところどころ眺望が開ける
2019年05月05日 10:20撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りでところどころ眺望が開ける
1
中継アンテナの有る山。地図確認しなかったので山名わからず。
2019年05月05日 10:20撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中継アンテナの有る山。地図確認しなかったので山名わからず。
五輪山山頂。結構人がいたが、人がいなくなった所で写真を撮る。
2019年05月05日 10:32撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五輪山山頂。結構人がいたが、人がいなくなった所で写真を撮る。
1
ここを下ると伊豆ヶ岳の男坂と女坂の分岐
2019年05月05日 10:33撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを下ると伊豆ヶ岳の男坂と女坂の分岐
1
男坂と女坂。現在(ここ何年かは)男坂はロープが張られているが…。
2019年05月05日 10:35撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
男坂と女坂。現在(ここ何年かは)男坂はロープが張られているが…。
女坂から振り返る。
2019年05月05日 10:36撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
女坂から振り返る。
山頂直前の男坂終了地点。
2019年05月05日 10:46撮影 by KeyMission 170, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直前の男坂終了地点。
1
細長い、伊豆ヶ岳山頂エリア。
2019年05月05日 10:50撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
細長い、伊豆ヶ岳山頂エリア。
1
奥武蔵の山によくある山頂碑。
2019年05月05日 10:52撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥武蔵の山によくある山頂碑。
1
これは新しい山頂碑?
2019年05月05日 10:55撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは新しい山頂碑?
1
人が多かったので次の古御岳へ進む。
2019年05月05日 11:01撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人が多かったので次の古御岳へ進む。
古御岳の山頂が見えてきた。東屋が有る
2019年05月05日 11:18撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古御岳の山頂が見えてきた。東屋が有る
1
今日はコンビニおにぎりを買わなかったのでカップ麺で昼食。
2019年05月05日 11:34撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日はコンビニおにぎりを買わなかったのでカップ麺で昼食。
1
古御岳の山頂碑。崩落シテマス。
2019年05月05日 12:24撮影 by KeyMission 170, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古御岳の山頂碑。崩落シテマス。
下ります。
2019年05月05日 12:37撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下ります。
古御岳を振り返る。
2019年05月05日 12:44撮影 by KeyMission 170, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古御岳を振り返る。
アセビのトンネル
2019年05月05日 12:58撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アセビのトンネル
ひっそりとした、高畑山の山頂。
2019年05月05日 13:02撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひっそりとした、高畑山の山頂。
伐採地にある鉄塔。ケーブルは無い。
2019年05月05日 13:15撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伐採地にある鉄塔。ケーブルは無い。
1
中ノ沢の頭への分岐。一応行ってみる
2019年05月05日 13:21撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中ノ沢の頭への分岐。一応行ってみる
おなじみの山頂碑。登ってきたので下る。
2019年05月05日 13:32撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おなじみの山頂碑。登ってきたので下る。
天目指峠。高麗川側と名栗川側を繋ぐ峠。数台のライダーが通り過ぎる。
下ってきたので、ここから登り返し。車道の人はここから下りになる…いわゆる峠越え
2019年05月05日 14:02撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天目指峠。高麗川側と名栗川側を繋ぐ峠。数台のライダーが通り過ぎる。
下ってきたので、ここから登り返し。車道の人はここから下りになる…いわゆる峠越え
結構急な登り返しだ。
2019年05月05日 14:31撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構急な登り返しだ。
降りたと思ったら、前方に手強そうな階段発見。
2019年05月05日 14:41撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
降りたと思ったら、前方に手強そうな階段発見。
1
これを降りてきたら、ようやく子の権現の領域。竹寺への道を分ける。
2019年05月05日 14:54撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これを降りてきたら、ようやく子の権現の領域。竹寺への道を分ける。
着きました。子の権現
2019年05月05日 15:05撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
着きました。子の権現
1
本堂にお参り。
2019年05月05日 15:14撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本堂にお参り。
1
参道を駐車場のほうから眺める。
2019年05月05日 15:36撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
参道を駐車場のほうから眺める。
駐車場からの眺め。天気がイイ
2019年05月05日 15:41撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場からの眺め。天気がイイ
ここからは下り。
2019年05月05日 16:13撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは下り。
国道299に出る。
2019年05月05日 16:38撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国道299に出る。
たまたま見つけた「ロックガーデンカフェ」。揚げたてカレーパンが美味しい。
#猫がダメな人はチョット入れないかな。
2019年05月05日 16:51撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たまたま見つけた「ロックガーデンカフェ」。揚げたてカレーパンが美味しい。
#猫がダメな人はチョット入れないかな。

感想/記録

 ここしばらく、短い行程の山行が多かったので、少し長く歩けるコースを選択、伊豆ヶ岳から子の権現を繋ぐ周回ルートを歩いてみた。
正丸駅から伊豆ヶ岳まで2時間弱、ここから3時間ほど歩くと西吾野駅に降りてこれる。車は正丸駅の駐車場に駐めたので西吾野駅から1駅戻れば車に戻れる。
伊豆ヶ岳の稜線に出れば、基本的には西吾野には下りとなる様な気分だが、実際には違う。最初は伊豆ヶ岳から古御岳への道。この2つは双児峰のように並んでいるので一旦下って登り返す事になる。その後、高畑山、中ノ沢ノ頭、天目指峠への下りと登り返して愛宕山・子の権現と続くアップダウンの繰り返し。まだ時折涼しい風が抜ける季節なので良いが、これから暑くなると…。
国道299が近づいて、西武線の列車時刻を確認すると、微妙な時間。299に出ると、ロックガーデンカフェなる店発見。ここで軽く食べて(揚げたてカレーパンが人気の様子)次の電車にするか、テイクアウトで電車に駆け込むか…。店に入ると注文してから揚げるので何分か待たねばならない。結局、駅まで駆け込んで車を回収してゆっくり食べて帰路に着いた。
訪問者数:78人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

崩落 アセビ 山行 東屋 トンネル ノ頭
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ