また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1834318 全員に公開 山滑走甲信越

72歳の越後駒が岳山スキー1Day

日程 2019年05月04日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー2人
天候快晴(ピーカン)
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち95%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間25分
休憩
1時間49分
合計
11時間14分
S石抱橋06:0909:11道行山09:3510:11小倉山10:1211:15百草の池12:44駒の小屋13:0713:20越後駒ヶ岳14:0214:16駒の小屋14:1714:33百草の池14:46小倉山14:5115:27道行山15:4017:21石抱橋17:23ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
林道および道行山への登りで一部雪が切れているのでシートラ必要。
その他周辺情報銀山平温泉白銀の湯650円

写真

スタート地点
2019年05月04日 06:09撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スタート地点
開高健の碑「河は眠らない」
我々もほとんど眠っていない
2019年05月04日 06:10撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
開高健の碑「河は眠らない」
我々もほとんど眠っていない
1
ときどき雪切れで苦労する
2019年05月04日 06:39撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ときどき雪切れで苦労する
1
この左の尾根に取りつく
2019年05月04日 07:18撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この左の尾根に取りつく
急登で切り返しながら登る
2019年05月04日 07:28撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登で切り返しながら登る
1
だいぶ雪が薄くなってきている
2019年05月04日 07:33撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だいぶ雪が薄くなってきている
完全に切れているのでシートラーゲン
2019年05月04日 08:27撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
完全に切れているのでシートラーゲン
振り返ると徒歩の登山者も
2019年05月04日 09:00撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると徒歩の登山者も
2
越後駒が岳
2019年05月04日 09:34撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越後駒が岳
3
最後の登り、CLはシートラ
2019年05月04日 13:09撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の登り、CLはシートラ
1
振り返れば72歳
2019年05月04日 13:09撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返れば72歳
3
山頂(奥は八海山)
2019年05月04日 13:22撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂(奥は八海山)
3
72歳のガッツポーズ
2019年05月04日 13:24撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
72歳のガッツポーズ
2
クラックが走っている
2019年05月04日 14:10撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クラックが走っている
ドロップ前
2019年05月04日 14:12撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ドロップ前
2
山頂を振り返る
2019年05月04日 14:17撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂を振り返る
1
駒の小屋下をすこしトラバース気味に滑り込む
2019年05月04日 14:19撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒の小屋下をすこしトラバース気味に滑り込む
1
稜線をすべる
2019年05月04日 14:24撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線をすべる
2
小倉山下をトラバース
2019年05月04日 14:43撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小倉山下をトラバース
1
帰りもシートラ
2019年05月04日 15:50撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りもシートラ
1
一本尾根を間違えて下る
2019年05月04日 16:16撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一本尾根を間違えて下る
1
沢がつながっておりスキーで林道まで降りられた
2019年05月04日 16:21撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢がつながっておりスキーで林道まで降りられた
1
行きよりも幅が広がって通行困難に
2019年05月04日 16:55撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行きよりも幅が広がって通行困難に
2
最後のシートラ
2019年05月04日 17:08撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後のシートラ
2
お疲れ様。11時間以上
2019年05月04日 17:20撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お疲れ様。11時間以上
3
魚沼の台湾料理店で麻婆豆腐定食1057円。
2019年05月04日 19:45撮影 by CPN-L09, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
魚沼の台湾料理店で麻婆豆腐定食1057円。
4

感想/記録

神戸山スキークラブの山行。メンバー構成は以下。
CL:テレマーカー。テレマークで大脱走ルンゼを滑ったりする。
SL:自分。メタボ。最近はゴーンに似ているとよく言われる。38歳
U氏:72歳。数年前にディアミールからTLTに変えてさらに強くなった。

前日の夕方に神戸を出発したが、高速の渋滞がむごく、大津到着で22時近く。今回は越後への遠征で距離が長い。越後駒が岳の出発地点に到着したのはようやく午前4時。すでに何台も車が止まっており、出発しようとしている人もいた。一時間ほど車中で仮眠し、5時に起床、6時出発。たった1時間の仮眠だったがよく眠れてた。これがあとあと重要になる。

長い林道は、雪の凹凸が激しく、また雪が切れているところも3か所あった。道行山への登りでも雪が一か所切れておりシートラーゲンをさせられる。道行山山頂までで3時間かかる。いつもの山スキーならすでに山頂へ到着している。ここからもまだまだ長い。山頂へは7時間半かかってようやく到着。これくらいが凡人山スキーヤーの標準タイムかと思う。

山頂からは360度きれいに見え、西から南は八海山から巻機山方面、さらに東にはさまざまな雪山が見えた。初めての山域だったので山様が新鮮だった。

山頂から滝ハナ沢方面へドロップしようとしたが、稜線の雪庇にクラックが走っており近づけずドロップ地点が確認できない。素直に小屋への斜面を下ることへ。山頂直下の雪質はザラメで最高。小屋の下まで斜面を楽しんだあとは稜線を忠実に降りる。道行山の登りはシールをつけなおして登る。時間が遅いため沢を降りることはせずにここからも忠実に稜線をたどりシートラを交えて降りる。途中で踏み跡に導かれて一本手前の夏道の尾根に入り込んでしまったが、沢がなんとかつながっており渡渉せずに林道まで降りる。ここからもシールは付けずになんとか下るが長い。11時間以上かかってようやくゴールした。

CLとは2年ぶり(休みが合わないので)の山行だったが、そのときの白山縦走同様にバードな山行だった。それよりも72歳のU氏が元気で今回の1Dayも達成。自分のほぼ倍の年齢。

銀山平温泉は主に家族連れで混んでいた。全員疲労のため明日の予定をキャンセルして帰神することに。自分も出発日の朝に風邪気味になってしまって、鼻水がひどくなってきたのでどうかと思っていたので助かった。魚沼の台湾料理で夕飯を食べる。量は普通だったが、麻婆豆腐は辛くて熱い1057円。帰りの高速は混んでいなかったが帰宅は午前3時すぎ。山で体が冷えたため、帰宅した日はさらに鼻水がむごくなってきた。山は偉大なホスピタルではなかった。


訪問者数:233人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ