また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1834655 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走近畿

果無山脈縦走(柳本橋〜丹生ヤマセミ温泉館)

日程 2019年05月04日(土) 〜 2019年05月05日(日)
メンバー
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
自転車
駐車地:丹生ヤマセミ温泉館
丹生ヤマセミ温泉館 ⇒ 柳本橋(自転車にて約32kmを移動、所要3時間2分)
自転車移動全体を通して9割が下り、上り数ヶ所は押して上った。
下りはペダルを漕がなくても快適、ただ前半途中に約2km続く上りがある。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
3時間22分
休憩
25分
合計
3時間47分
S柳本橋東側12:3412:40柳本吊り橋12:4112:44登山口12:5512:57登山口(水場有り)13:26世界遺産の石碑13:38登山口(ポスト有り)14:37観音堂14:4015:15果無峠15:1615:22果無山15:2815:52石地力山15:5516:21ブナの平
2日目
山行
6時間13分
休憩
32分
合計
6時間45分
ブナの平05:4005:42分岐06:19ミョウガタワ06:44筑前タワ07:06公門ノ崩の頭07:1307:35公門ノ崩07:55カヤノダン08:36冷水山08:4609:13黒尾山09:46果無山脈縦走路入口09:5210:09安堵山10:1811:21和田の森11:43稜線分岐12:07果無越登山口12:25丹生ヤマセミ温泉館G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
●柳本吊り橋〜観音堂
長い吊橋を渡って対岸の舗装路へ出ると登山口有り。
再び舗装路に出合うと登山口前に水場有り。
一切り登り切ると獣進入防止扉有り。
果無集落を抜けていくと左に世界遺産の石碑があり、幾つかの生活用水が引かれている。
それから三度目の舗装路に出合うと登山口前に登山ポスト有り。
この先より登山道らしくなる。
幾つかの分岐道はあるが、"この道は熊野古道ではありません。"の立て札が要所に有り。
観音堂前に水場有り、休憩に適。(この辺りの最終水場)

●観音堂〜ブナの平
九十九折れの登山道を上がって行く。
途中に展望の良いところが有り。
果無峠までは何人かのハイカーとすれ違った。
熊野古道から別れ果無峠を右に折れて稜線伝いに歩く。
すぐに果無山に着き、すぐに大型獣捕獲用檻がある。
続いて石地力山に着くと左寄りの稜線に入る。(果無山脈の綺麗な展望が有り)
少し歩くと大きな岩があり、左下側を巻いて通過。
痩せた稜線のブナの平にてテント泊した。(展望は木々に遮られイマイチ)

●ブナの平〜冷水山
ブナの平から下っていくとすぐに分岐がある。
その後、気持ちの良い原生林の中を歩いていく。
ミョウガタワと筑前タワ間の稜線は左寄りの稜線に入る。(指導標有り)
カジ尾谷の崩では北側の展望良い。
その後、北側に獣除けネットのある斜面を登っていくが、やや不明瞭区間がある。
公門ノ崩の頭は展望無し。
左に折れて指導標を確認し下っていく。
カヤノダンを過ぎると気持ちの良い原生林の中を歩いて行く。(大きな倒木有り)
上り詰めると冷水山に辿り着く。
冷水山の山頂は北側南側の展望良し。(山頂はそんなに広くない)

●冷水山〜安堵山
10分ほど進むと左下に舗装路が見えてくる。
さらに進むと左斜面の崩落防止ネットを固定する鉄柱が埋めてある。
黒尾山は山頂標が無ければわからない様なひっそりした中にある。
黒尾山を下るとテント泊に良さそうなところがある。
さらに進み果無山脈縦走路入口手前にもテント泊に良さそうなところがある。
南側の林道に出ると北側の私有林道と出合う。(私有林道には鎖が架けられ行き来出来ない)
私有林道を進行方向に進むと南側に登山道が並走している。
すぐに安堵山に辿り着く。

●安堵山〜丹生ヤマセミ温泉館
安堵山と和田の森間に北側の展望が良い場所がある。
林道と交差した後、少し上がると和田の森の山頂に着く。
その後、991ピーク辺りを最後に登り返した後は下っていくのみ。
途中左手に林道の造成地?に出てくる。
少し下ると分岐があり、指導標に従い右に折れる。
後はひたすら下っていくと、獣除けネットにぶち当たる。(紐を解いて出た後に結んでおく)
暫くすると舗装路に出て果無越登山口がある。
舗装路を下りて行くと丹生ヤマセミ温泉館横の橋に戻ってくる。
その他周辺情報下山後の温泉:丹生ヤマセミ温泉館 入浴料¥700-

写真

駐車地
丹生ヤマセミ温泉館の道を挟んだ反対側
2019年05月04日 09:29撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車地
丹生ヤマセミ温泉館の道を挟んだ反対側
柳本橋横に自転車をデポ
2019年05月04日 12:36撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柳本橋横に自転車をデポ
柳本吊り橋
2019年05月04日 12:40撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柳本吊り橋
1
登山口(水場有り)
2019年05月04日 12:57撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口(水場有り)
標高を稼いで川方面を望む
2019年05月04日 13:16撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高を稼いで川方面を望む
観音堂が見えてきた
2019年05月04日 14:37撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
観音堂が見えてきた
観音堂を少し上がると展望有り
2019年05月04日 14:56撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
観音堂を少し上がると展望有り
2
果無山の先にあった大型の害獣捕獲器
2019年05月04日 15:29撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
果無山の先にあった大型の害獣捕獲器
石地力山の山頂
ルートは左寄りに折れる
2019年05月04日 15:52撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石地力山の山頂
ルートは左寄りに折れる
2
石地力山から果無山脈を望む
2019年05月04日 15:55撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石地力山から果無山脈を望む
1
ブナの平の峰
2019年05月04日 16:21撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナの平の峰
1
ブナの平(テント設営)
2019年05月04日 18:21撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナの平(テント設営)
ブナの平での夕陽
2019年05月04日 18:29撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナの平での夕陽
ブナの平での御来光
2019年05月05日 04:58撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナの平での御来光
ブナの平からの展望
2019年05月05日 05:39撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナの平からの展望
気持ちの良いルートその1
2019年05月05日 05:48撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちの良いルートその1
気持ちの良いルートその2
2019年05月05日 06:15撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちの良いルートその2
1
ミョウガタワと筑前タワ間の指導標
これを見落とすと直進しても目印があるので引き込まれやすい
2019年05月05日 06:33撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミョウガタワと筑前タワ間の指導標
これを見落とすと直進しても目印があるので引き込まれやすい
カジ尾谷の崩より北側の展望が素晴らしい
2019年05月05日 06:45撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カジ尾谷の崩より北側の展望が素晴らしい
公門ノ崩の頭の山頂
2019年05月05日 07:06撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
公門ノ崩の頭の山頂
原生林にある大きな倒木
2019年05月05日 08:03撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
原生林にある大きな倒木
冷水山の山頂
2019年05月05日 08:38撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冷水山の山頂
2
冷水山から北側の展望
2019年05月05日 08:37撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冷水山から北側の展望
冷水山から南側の展望
2019年05月05日 08:37撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冷水山から南側の展望
冷水山から少し進むと左下に舗装路が見える
2019年05月05日 08:59撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冷水山から少し進むと左下に舗装路が見える
黒尾山の山頂
2019年05月05日 09:13撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒尾山の山頂
1
黒尾山を過ぎてテント泊に良さそうな地点
2019年05月05日 09:17撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒尾山を過ぎてテント泊に良さそうな地点
果無山脈縦走路入口手前のテント泊に良さそうな地点
2019年05月05日 09:44撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
果無山脈縦走路入口手前のテント泊に良さそうな地点
1
スロープを下りると果無山脈縦走路入口
2019年05月05日 09:45撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スロープを下りると果無山脈縦走路入口
北側林道の進行方向に入って行く
林道の左に登山道が並走する
2019年05月05日 09:52撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北側林道の進行方向に入って行く
林道の左に登山道が並走する
安堵山の山頂
2019年05月05日 10:09撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
安堵山の山頂
安堵山と和田の森間にある展望地
すぐ手前は未舗装の林道
2019年05月05日 10:38撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
安堵山と和田の森間にある展望地
すぐ手前は未舗装の林道
林道との交差手前
林道は北側から南側へ交差している
2019年05月05日 11:12撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道との交差手前
林道は北側から南側へ交差している
和田の森の山頂
2019年05月05日 11:21撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
和田の森の山頂
左側に林道の造成地?が
2019年05月05日 11:37撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左側に林道の造成地?が
死角に指導標有り
急いでいると見落とし直進する可能性有り
2019年05月05日 11:43撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
死角に指導標有り
急いでいると見落とし直進する可能性有り
獣除けネットを出て振り返る
画像の右上に結び目があり、ポールは抜き差しする
2019年05月05日 12:06撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
獣除けネットを出て振り返る
画像の右上に結び目があり、ポールは抜き差しする
果無越登山口
2019年05月05日 12:07撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
果無越登山口
橋を渡ってマイカーの元へ戻る
2019年05月05日 12:24撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋を渡ってマイカーの元へ戻る

感想/記録
by m_89

自転車移動にて、いきなりのアクシデント発生。
ほぼ中間地点で前輪がパンクしたが、スケジュールを優先させ、そのまま乗って移動。
柳本橋を渡ったところにデポ、吊り橋までは僅かな距離。
自宅より水を2.5L持って行ったが、結果0.5L持って行けば問題無しで、水場をもっと活用すべきであった。
テント泊地は見渡せる場所ではあったが狭かった。
寝具は夏用シュラフとシュラフカバーのみ。
外が暗く寝静まった頃に獣の足音があったが未確認。

ルート全体としては基本幅の狭い稜線伝いで踏み跡はついているが、不明瞭区間もある。
指導標も付いているのでマップとコンパスも確認して進めば問題無し。
特に支稜線の分岐地点では指導標を見落とすと違う方向に導かれる可能性有り。(ルートはマップの様にストレートではない)
先で林道が並走している区間があるが、北側の私有林道は荒れていて途中崩れている箇所も有り、南側は綺麗な舗装がされているが、林道登山口付近で落石が見られた。
このルートは展望の良いところあり、不明瞭区間ありなので、晴天時での山行がお勧め。
あと気になったのが倒木が多数あるが、手入れされていないので、越えて進むか巻いて進む。
ルート中にクマの糞と思われるが2ヶ所、あとは鹿の鳴き声を数回聞いた程度。
果無峠以降、下山するまでに出会ったのは全員で9人だった。
一番しんどかったのは自転車で柳本橋まで下った事。

山行帰りにも県道735を通ったが、自転車回収後に未踏である龍神行きの国道425を走って帰った。
どちらも酷道だと思うが、国道425の方が一枚上だと思った。
訪問者数:62人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ