また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1835906 全員に公開 ハイキング日光・那須・筑波

那須岳(朝日岳・三本槍岳・茶臼岳)

日程 2019年05月03日(金) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
峠の茶屋駐車場を利用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち89%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
◆那須岳の次に登った八溝山
 https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1835907.html

装備

個人装備 ぶらさげリラックマ

写真

峠の茶屋駐車場から歩き始めます。
2019年05月03日 07:31撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峠の茶屋駐車場から歩き始めます。
右手に剣ヶ峰や朝日岳を眺めながら進みますが、剣ヶ峰直下の雪渓のトラバースに目が釘付け。あんなところを歩くことになるのか・・・。
2019年05月03日 07:59撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手に剣ヶ峰や朝日岳を眺めながら進みますが、剣ヶ峰直下の雪渓のトラバースに目が釘付け。あんなところを歩くことになるのか・・・。
稜線上の峰の茶屋跡避難小屋に達します。風はますますきつくなり、建物の陰で茶臼岳と三本槍岳のどちらを先に行くべきが思案した結果、三本槍岳に向かうこととします。
2019年05月03日 08:08撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線上の峰の茶屋跡避難小屋に達します。風はますますきつくなり、建物の陰で茶臼岳と三本槍岳のどちらを先に行くべきが思案した結果、三本槍岳に向かうこととします。
剣ヶ峰直下の二つ目の雪渓に差し掛かります。しっかりとしたステップが切られていて、遠くからの見た目ほど危うさは感じません。
2019年05月03日 08:22撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰直下の二つ目の雪渓に差し掛かります。しっかりとしたステップが切られていて、遠くからの見た目ほど危うさは感じません。
1
しかし、尾根の西側に出ると、容赦ない強風が吹き付け、煽られそうになることも。ごつごつとした岩場の痩せ尾根に差し掛かると、
2019年05月03日 08:36撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかし、尾根の西側に出ると、容赦ない強風が吹き付け、煽られそうになることも。ごつごつとした岩場の痩せ尾根に差し掛かると、
茶臼岳を背にしながら進みます。
2019年05月03日 08:38撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶臼岳を背にしながら進みます。
2
朝日岳の肩からひと登りで朝日岳の頂上に到着します。
2019年05月03日 08:50撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日岳の肩からひと登りで朝日岳の頂上に到着します。
2
岩頭に立つと展望はすこぶる良好。手前に茶臼山が大きく、右手に伸びるのは裏那須の山並み。その奥には大佐飛山が見通せます。
2019年05月03日 08:53撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩頭に立つと展望はすこぶる良好。手前に茶臼山が大きく、右手に伸びるのは裏那須の山並み。その奥には大佐飛山が見通せます。
2
稜線を北上します、熊見曽根分岐を経て、1900m峰で三本槍岳を視界に捉えます。
2019年05月03日 09:15撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線を北上します、熊見曽根分岐を経て、1900m峰で三本槍岳を視界に捉えます。
清水平に下ると、斜め45度に傾斜したアクロバチックな木道歩きが待っていました。
2019年05月03日 09:24撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清水平に下ると、斜め45度に傾斜したアクロバチックな木道歩きが待っていました。
さらに北温泉分岐へ。この先は雪と泥濘道が繰り返す歩きにくい道が続きます。
2019年05月03日 09:35撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに北温泉分岐へ。この先は雪と泥濘道が繰り返す歩きにくい道が続きます。
三本槍岳がしだいに近づいてきますが、足下はドロドロの泥濘道。
2019年05月03日 09:42撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三本槍岳がしだいに近づいてきますが、足下はドロドロの泥濘道。
三本槍岳の頂上に到着します。
2019年05月03日 10:03撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三本槍岳の頂上に到着します。
2
西側には三倉山、大倉山、流石山などの裏那須の山並み、北側には尖峰が印象的な旭岳やその先に二岐山が見通せます。
2019年05月03日 10:04撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西側には三倉山、大倉山、流石山などの裏那須の山並み、北側には尖峰が印象的な旭岳やその先に二岐山が見通せます。
1
男鹿岳と大倉山の間に目を凝らすと、燧ヶ岳の白い稜線が見て取れます。相変わらず風が強いので、展望もそこそこに頂上を後にすると、
2019年05月03日 10:11撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
男鹿岳と大倉山の間に目を凝らすと、燧ヶ岳の白い稜線が見て取れます。相変わらず風が強いので、展望もそこそこに頂上を後にすると、
来た道を引き返し、峻厳さと穏やかさが好対照を見せる朝日岳と茶臼岳を眺めながら歩きます。
2019年05月03日 11:04撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
来た道を引き返し、峻厳さと穏やかさが好対照を見せる朝日岳と茶臼岳を眺めながら歩きます。
1
峰の茶屋跡避難小屋まで戻り、ひと息ついたら今度は茶臼岳に向かいます。
2019年05月03日 11:30撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峰の茶屋跡避難小屋まで戻り、ひと息ついたら今度は茶臼岳に向かいます。
岩ザレの道を登っていくと、やがて那須岳神社の石祠が鎮座する茶臼岳の頂上に到着します。ロープウェイ山頂駅から上がってきた大勢の人で頂上は大賑い。
2019年05月03日 11:59撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩ザレの道を登っていくと、やがて那須岳神社の石祠が鎮座する茶臼岳の頂上に到着します。ロープウェイ山頂駅から上がってきた大勢の人で頂上は大賑い。
2
茶臼岳の頂上から、噴火口越しに裏那須の山々や朝日岳を経て三本槍岳に続く稜線を見渡します。
2019年05月03日 12:02撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶臼岳の頂上から、噴火口越しに裏那須の山々や朝日岳を経て三本槍岳に続く稜線を見渡します。
プチ御鉢巡りをしてから、峰の茶屋跡避難小屋に下ります。
2019年05月03日 12:12撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
プチ御鉢巡りをしてから、峰の茶屋跡避難小屋に下ります。

感想/記録

 稜線上は強い風が容赦なく吹き付け、また、清水平から三本槍岳にかけては残雪と泥濘が繰り返す道に閉口しましたが、三本槍岳と茶臼岳の双方の頂上に立てたので良しとしましょう。
訪問者数:87人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ