また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1835910 全員に公開 雪山ハイキング磐梯・吾妻・安達太良

磐梯山

日程 2019年05月05日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
八方台駐車場を利用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち95%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間56分
休憩
30分
合計
3時間26分
S八方台登山口06:5808:11弘法清水分岐08:20弘法清水08:39磐梯山09:0609:16弘法清水09:1709:21弘法清水分岐10:22八方台登山口10:2410:24ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報志田浜温泉 レイクサイド磐光(耶麻郡猪苗代町壺楊字浜:800円)

装備

個人装備 ぶらさげリラックマ

写真

道の駅猪苗代から眺める磐梯山。会津富士の異名に相応しい雄姿に登高意欲を掻き立てられますが、今回は麓からは登らずに、
2019年05月05日 05:39撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道の駅猪苗代から眺める磐梯山。会津富士の異名に相応しい雄姿に登高意欲を掻き立てられますが、今回は麓からは登らずに、
3
磐梯山ゴールドラインで八方台登山口に移動し、ここから往復するお手軽コースへ。歩き始めから足下には雪が続きます。
2019年05月05日 06:52撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
磐梯山ゴールドラインで八方台登山口に移動し、ここから往復するお手軽コースへ。歩き始めから足下には雪が続きます。
朝の光を受けてブナの幹が長い影を落とす雪面を踏みながら進みます。
2019年05月05日 07:00撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝の光を受けてブナの幹が長い影を落とす雪面を踏みながら進みます。
1
雪の斜面を登っていくと、中ノ湯の廃墟の先に磐梯山の頂上が見えてきました。
2019年05月05日 07:18撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪の斜面を登っていくと、中ノ湯の廃墟の先に磐梯山の頂上が見えてきました。
1
その先はやや傾斜がきつくなり、雪渓を横切り、急斜面の南側をとラバーズ気味に通過して、
2019年05月05日 07:42撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その先はやや傾斜がきつくなり、雪渓を横切り、急斜面の南側をとラバーズ気味に通過して、
1
広々とした雪原に差し掛かり、目の前に磐梯山の頂上が迫ってきます。お花畑への分岐を示す道標が雪の中から顔を出していました。
2019年05月05日 08:01撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広々とした雪原に差し掛かり、目の前に磐梯山の頂上が迫ってきます。お花畑への分岐を示す道標が雪の中から顔を出していました。
1
岡部小屋と弘法清水小屋の2軒の小屋が並ぶ弘法清水の分岐に達します。
2019年05月05日 08:20撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岡部小屋と弘法清水小屋の2軒の小屋が並ぶ弘法清水の分岐に達します。
1
この先は雪の急斜面を一気に登ります。群青色の空と白い雪面が見せるコントラストは鮮烈。
2019年05月05日 08:24撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先は雪の急斜面を一気に登ります。群青色の空と白い雪面が見せるコントラストは鮮烈。
4
登るにつれて視界が開け、桧原湖を始めとする湖沼群を散りばめた裏磐梯高原の彼方には、飯豊山系や吾妻連峰が広がります。
2019年05月05日 08:30撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登るにつれて視界が開け、桧原湖を始めとする湖沼群を散りばめた裏磐梯高原の彼方には、飯豊山系や吾妻連峰が広がります。
2
荒々しい火口壁の縁を辿って進んでから、灌木の中を突き上げると、
2019年05月05日 08:34撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒々しい火口壁の縁を辿って進んでから、灌木の中を突き上げると、
2
岩礫が積み上がった磐梯山の頂上に到着します。
2019年05月05日 08:45撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩礫が積み上がった磐梯山の頂上に到着します。
7
遮るものない頂上からは、360度の大展望が得られます。裏磐梯高原の彼方の山並みを、北西方向の飯豊連峰から時計回りに目を移していくと、北方に朝日連峰、北東方向に吾妻連峰、東方に安達太良山がぐるりと見渡せ、
2019年05月05日 08:49撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遮るものない頂上からは、360度の大展望が得られます。裏磐梯高原の彼方の山並みを、北西方向の飯豊連峰から時計回りに目を移していくと、北方に朝日連峰、北東方向に吾妻連峰、東方に安達太良山がぐるりと見渡せ、
2
純白の山肌が目を惹く飯豊連峰、
2019年05月05日 08:50撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
純白の山肌が目を惹く飯豊連峰、
5
爆裂火口と櫛ヶ峰の彼方の吾妻連峰をズームアップ。
2019年05月05日 08:51撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
爆裂火口と櫛ヶ峰の彼方の吾妻連峰をズームアップ。
2
南方に目を転じると、猪苗代湖が満々と水を湛え、那須連峰や会津、会越国境の山々を見渡します。
2019年05月05日 08:57撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南方に目を転じると、猪苗代湖が満々と水を湛え、那須連峰や会津、会越国境の山々を見渡します。
2
猪苗代湖の背後の那須連峰をズームアップ。
2019年05月05日 08:54撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猪苗代湖の背後の那須連峰をズームアップ。
2
頂上を後にして、火口原を右下に見下ろしながら下り始めます。
2019年05月05日 09:10撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上を後にして、火口原を右下に見下ろしながら下り始めます。
飯豊連峰や朝日連峰の白い稜線を眺めながら、来た道を戻ります。
2019年05月05日 09:21撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飯豊連峰や朝日連峰の白い稜線を眺めながら、来た道を戻ります。

感想/記録

頂上からは大展望が楽しめました。下山途中でアイゼンが壊れてしまったのは余計でしたが。
訪問者数:142人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ