また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1836581 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走中央アルプス

安平路山

日程 2019年05月04日(土) 〜 2019年05月05日(日)
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
往路
3日夜21:10奈良自宅発〜R163〜名阪国道〜東名阪〜名二環〜R19〜1:00道の駅賤母2.30〜R19〜R256〜県道〜大平宿〜東沢林道〜3:30林道ゲート
復路
5日11:15林道ゲート〜ホテル木曽路(入浴)〜道の駅賤母(買い物)〜食事(中津川)〜R19〜名二環〜東名阪〜名阪国道〜R163〜17:30奈良自宅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.3〜1.4(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち44%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間18分
休憩
1時間2分
合計
9時間20分
S東沢林道ロープゲート05:0806:38摺古木自然園休憩舎06:4209:06摺古木山09:3011:15シラビソ山11:1712:06安平路避難小屋12:2513:17安平路山13:3014:28安平路避難小屋
2日目
山行
5時間5分
休憩
31分
合計
5時間36分
安平路避難小屋05:2806:19シラビソ山07:24摺古木山07:4609:51摺古木自然園休憩舎10:0011:04東沢林道ロープゲートG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険個所は無いが、積雪は相当残っており稜線に上がるまでの
雪のトラバース道は滑落注意
その他周辺情報入浴 ホテル木曽路
土産 道の駅賤母

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター ネックウォーマー 毛帽子 着替え 予備靴ひも ザック ザックカバー アイゼン 行動食 非常食 調味料 飲料 ガスカートリッジ コンロ コッヘル ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 日焼け止め ロールペーパー 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ナイフ カメラ テントマット シェラフ

写真

感想/記録
by 2685

せっかくの10連休なのに、南ア深南部縦走は天候に恵まれず、撤退
何か物足りずに、せめて近所の山でも泊りに行こうかと考えていて
山の本をめくっていたら、この山が出てきた
昔行きたいと思ってたが、アプローチの林道が過酷とのことで見送っていた山
しかし、この前の奈良代山や山犬段までの林道を走ってきたことを考えたら
何とかなるんじゃないかと、この山に決めた
もし、無理なら恵那山に変更ができるよう、地図を2つつくった

山には、思った以上に雪があった
登山道に入って20分もしないうちに雪が現れ、どんどん増えて行く
正直なところ、いきなり面倒だな、と思った
以前は、残雪期に北アや南アの3000m級も登っていたが
最近は重荷で雪にまみれる馬力がなくて
GWは、雪の少なそうなところを選んでいた
特に南ア深南部を知ってからはその傾向が強くなった
その気持ちを逆なでするが如く、摺古木山の直登コースでは
低木帯の積雪で枝と枝の間を匍匐前進(ほふくぜんしん)
何度もザックに引っかかってヘロヘロで4時間もかかって
午前9時過ぎに摺古木山山頂に着いた

すごい展望!
御嶽、乗鞍から北アの山々、中アの北部、北岳から深南部までの南アが見える
そして真正面に目的の安平路山が見える、と思ったらあの山は手前のシラビソ山のようだ
少し元気が出てきたが、まだコースの半分も来ておらず
細かい山座同定をする余裕もなく、山頂から雪を蹴りながら下りていく
ところが時には踏み抜きもあったものの摺古木山から安平路山までは
基本、間隔を置いて大木が植生する穏やかな森で
雪歩きを楽しみながら、正午過ぎに安平路小屋に着いた

せっかく天気もいいので、荷を小屋に置いて頂上を目指す
傾斜はどんどんきつくなるが、踏み跡を気をつけれて辿れば危険ではない
はるか下の方に安平路小屋が見える
小屋を出て約50分で安平路山2363mの山頂に着いた
ここは展望は樹間からのみで、
どちらかといえば、静かな山の雰囲気を楽しむ山頂だったがいい山だった

昨日小屋には1組2名が泊まられてたらしい
今日お会いした方々は3組4名で皆日帰りの人たちだった
この山は200名山なのでこの連休に日帰りのハシゴで
中アや南アの300名山の山々を登ってる方もいた
まあ、一人でパゲットをかじりながらワインでも飲むか、と思ってたら
その後、次々と2名の方が小屋にたどり着いた
酒を飲みながら山談義も楽しかった

翌日、2名はそれぞれに山頂に向かっていった
私は朝景の写真を撮った後、下山方向へと歩き出す
ダイヤモンド安平路も見ることができた
昨日苦しんだ摺古木山の直登ルートを避け
周回コースを歩いたが、こちらも踏み抜きの嵐
昨夜同宿の方があまりお勧めできないような雰囲気だった理由が分かる
どちらのコースにせよ摺古木山への登りが残雪期のこの山域の難所なのだ

登山道を下りた後、約1時間の林道歩きの後
ホテル木曽路で入浴、道の駅賤母で買い物した後、帰路に着いた
訪問者数:313人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/10/18
投稿数: 0
2019/5/7 12:08
 ワイン🍷 サイコーに美味しかった!
安平路避難小屋でご一緒させて頂き、色々な話も聞かせてもらい楽しい時間が過ごせました。
写真も沢山撮られたんですね、自分は10枚程度しか撮らなかったので、2685さんの写真を見て余韻に浸っています^_^
また信州の何処かの山でお会いできる事を楽しみにしています。
今後も、安全登山で山を楽しみましょう。
登録日: 2014/4/5
投稿数: 28
2019/5/7 20:59
 Re: ワイン🍷 サイコーに美味しかった!
もう誰も来ないだろうな、と思っていた矢先
同宿の方に恵まれ、楽しいひとときでした
いい山でしたね、安平路山。展望もいいけど、森も良かったです
バリコースも登られてるとお聞きしましたが
最後に追いついてこられて、お会いできて
さすがだなと思いました
またどこかの山でお会いできることを楽しみにしています!
ヤマレコの方は愛想なしのアップですけど
YAMAPの方は写真にもコメント入れてるんで
良かったら見てください(HMは、zarufujiです)

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ