また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1837097 全員に公開 ハイキング阿蘇・九重

阿蘇山−九州遠征

日程 2019年05月03日(金) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
仙酔峡(無料)
前日の22時半ごろ着きましたがガラガラでした。
下山後も観光客の方も増えていましたがガラガラでした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間28分
休憩
17分
合計
3時間45分
S仙酔峡登山口05:4007:27仙酔尾根分岐07:2807:34阿蘇山07:4808:02仙酔尾根分岐09:14鷲見平09:1609:25仙酔峡登山口09:25ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
<阿蘇山の状況>
この日は噴火警戒レベル2です。中岳第一火口から半径1km以内は立ち入り禁止です。よって、阿蘇山上から砂千里ヶ浜経由で中岳・高岳へは行くことはできません。
詳細は気象庁のHPでご確認ください。
https://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/STOCK/activity_info/503.html
<コース概要>
【仙酔峡〜高岳】
距離は短いのですが、頂上稜線までは岩場で急登です。
トレッキングポールは邪魔かもしれません。今回の九州遠征で一番きつかったです。
その他周辺情報<山バッチ>
道の駅阿蘇で購入しました。

写真

朝の5時半の駐車場です。見ての通りがらがらでした。
2019年05月03日 05:33撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝の5時半の駐車場です。見ての通りがらがらでした。
1
駐車場からでも阿蘇山(中岳第一火口)の噴煙がわかります。なお、ロープウェイ沿いの登山道は、登っていくと火口から半径1km以内に入ってしまうので立ち入り禁止です。
2019年05月03日 05:43撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場からでも阿蘇山(中岳第一火口)の噴煙がわかります。なお、ロープウェイ沿いの登山道は、登っていくと火口から半径1km以内に入ってしまうので立ち入り禁止です。
1
ということで、駐車場の東側にある登山口から仙酔尾根を登ります。
2019年05月03日 05:44撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ということで、駐車場の東側にある登山口から仙酔尾根を登ります。
噴火警戒レベル2なので仙酔尾根からであれば、中岳まではいけるのですが・・・
2019年05月03日 05:45撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
噴火警戒レベル2なので仙酔尾根からであれば、中岳まではいけるのですが・・・
1
ミヤマキリシマも一部咲いています。
2019年05月03日 05:47撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマキリシマも一部咲いています。
1
くじゅう連山です。
2019年05月03日 06:14撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
くじゅう連山です。
2
阿蘇山の最高峰である高岳まで750mとありますが、距離はたいしたことありませんが、急登なのできついです。
2019年05月03日 06:14撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿蘇山の最高峰である高岳まで750mとありますが、距離はたいしたことありませんが、急登なのできついです。
稜線までは近いけど遠い。そんな感じでした。
2019年05月03日 06:35撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線までは近いけど遠い。そんな感じでした。
ようやく、仙酔峡ロープウェイの山頂駅と同じ高さぐらいまで登りました。
2019年05月03日 06:35撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく、仙酔峡ロープウェイの山頂駅と同じ高さぐらいまで登りました。
稜線までかなり近いけどなかなかたどり着かない。そんな感じでした。
2019年05月03日 06:48撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線までかなり近いけどなかなかたどり着かない。そんな感じでした。
ようやく仙酔峡分岐たどり着きました。ここから高岳までは、ちょっとしたアップダウンだけなので楽かなぁ。
2019年05月03日 07:30撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく仙酔峡分岐たどり着きました。ここから高岳までは、ちょっとしたアップダウンだけなので楽かなぁ。
高岳東峰方面
2019年05月03日 07:30撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高岳東峰方面
正面のこんもりしたところが、高岳です。
2019年05月03日 07:32撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面のこんもりしたところが、高岳です。
ようやく阿蘇山最高峰の高岳に到着です。さて山頂からの展望を楽しみましょう!
2019年05月03日 07:39撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく阿蘇山最高峰の高岳に到着です。さて山頂からの展望を楽しみましょう!
2
ちなみに山頂付近はこんな感じです。
2019年05月03日 07:45撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちなみに山頂付近はこんな感じです。
1
真ん中に中岳。その奥に中岳第一火口があり噴煙をあげています。
2019年05月03日 07:40撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真ん中に中岳。その奥に中岳第一火口があり噴煙をあげています。
2
うーん、中岳に行くのはちょっと怖いかなぁ。
2019年05月03日 07:57撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うーん、中岳に行くのはちょっと怖いかなぁ。
1
くじゅう連山
2019年05月03日 07:50撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
くじゅう連山
1
北方面。
2019年05月03日 07:56撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北方面。
1
下山し始めました。仙酔峡分岐まで戻ってきました。
2019年05月03日 08:05撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山し始めました。仙酔峡分岐まで戻ってきました。
眼下には仙酔峡のミヤマキリシマの群生です。一部咲いていましたがまだまだでした。
2019年05月03日 09:07撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眼下には仙酔峡のミヤマキリシマの群生です。一部咲いていましたがまだまだでした。
東峰方面を見上げます。
2019年05月03日 09:16撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東峰方面を見上げます。
1
ミヤマキリシマ
2019年05月03日 09:17撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマキリシマ
2
世界でも有数のカルデラ地形を見ることができました。
2019年05月03日 09:19撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
世界でも有数のカルデラ地形を見ることができました。
1
うーん、ミヤマキリシマはまだまだですね。
2019年05月03日 09:19撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うーん、ミヤマキリシマはまだまだですね。
1

感想/記録

九州遠征の4座目は阿蘇山です。
前日の高千穂峰から一般道で移動して、道の駅阿蘇についたのが22時半ぐらいでしたでしょうか。またも満車で車を停めることができず。。。
仕方ないので仙酔峡まで移動しちゃいました。

さて、翌日は5時半から登山を始めました。
前日までの疲れもあるのですが、荷物も軽いのに
仙酔峡尾根の登りはきついですね。

頂上稜線の仙酔峡分岐に到着すると高岳まではあと少しなので
景色を楽しむ余裕もでてきますね。また、ここで初めて祖母山を見ることもできます。
高岳山頂に着くと中岳第一火口からの噴煙はわかるのですが、
中岳がじゃまして火口は見えませんね。
うーん、中岳にいっても噴煙で見えないかな。
高岳から中岳を見ると火口がすぐ近くにあるのではないかと
錯覚しちゃいますね。また、噴煙に風向きが変われば巻き込まれそうで怖いかも。
山頂からぐるりと360度を見渡して、下山します。

登るときには気が付かなかった、仙酔峡のミヤマキリシマの群生と外輪山がよくわかりましたね。もちろん、ミヤマキリシマが満開とまではいきませんでしたが。

無事に下山して、そのまま祖母山に向かうのでした。
訪問者数:173人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ