また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1838143 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走大峰山脈

八経ヶ岳【大峰山】

日程 2019年05月04日(土) 〜 2019年05月05日(日)
メンバー , その他メンバー2人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
東京から夜行バス。奈良で乗り換えて、近鉄線下市口駅から天川川合まで奈良交通のバス。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間59分
休憩
1時間16分
合計
7時間15分
S川合登山口09:1011:49栃尾辻12:1013:30高崎横手13:44狼平避難小屋14:0014:46弥山小屋15:0015:25大峰山15:5016:25宿泊地
2日目
山行
3時間30分
休憩
0分
合計
3時間30分
宿泊地06:1506:45狼平避難小屋07:00高崎横手08:00栃尾辻09:45ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
帰りは、栃尾辻から坪尻に降り、天の川温泉に入ろうとしましたが、現在このルートは昨年の台風のため、通行止めとなっていました。

写真

下市口に到着しました。この段階で体調不良で帰ろうかどうかと。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下市口に到着しました。この段階で体調不良で帰ろうかどうかと。
バスでひと眠りしたら、そこそこ復活。天川川合から5人までの限定吊り橋を渡ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バスでひと眠りしたら、そこそこ復活。天川川合から5人までの限定吊り橋を渡ります。
いきなりの急登です。今までにない辛さ。しかも暑い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いきなりの急登です。今までにない辛さ。しかも暑い。
完全にバテながらも栃尾辻到着。ここでランチにします。この小屋の中は何もありませんでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
完全にバテながらも栃尾辻到着。ここでランチにします。この小屋の中は何もありませんでした。
本来日裏山と明星ヶ岳を周回する予定でしたが、今の私には無理でした。直接弥山小屋へと向かいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本来日裏山と明星ヶ岳を周回する予定でしたが、今の私には無理でした。直接弥山小屋へと向かいます。
川を渡ると、狼平避難小屋です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川を渡ると、狼平避難小屋です。
弥山に近づくにつれ、このような立ち枯れの木が多くなります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弥山に近づくにつれ、このような立ち枯れの木が多くなります。
やっと八経ヶ岳が見えてきました!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと八経ヶ岳が見えてきました!
弥山小屋到着。この鳥居を進むとすぐに弥山頂上です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弥山小屋到着。この鳥居を進むとすぐに弥山頂上です。
弥山小屋で宿泊の手続きをしてから、単独で八経ヶ岳に行きました。眺めが素晴らしいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弥山小屋で宿泊の手続きをしてから、単独で八経ヶ岳に行きました。眺めが素晴らしいです。
八経ヶ岳の頂上です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八経ヶ岳の頂上です。
はるかに続く大峰奥駈道です。釈迦ヶ岳方方面です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はるかに続く大峰奥駈道です。釈迦ヶ岳方方面です。
八経ヶ岳から見た弥山です。真ん中あたりに建物が見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八経ヶ岳から見た弥山です。真ん中あたりに建物が見えます。
それにしても空が素晴らしい。よく雨が降り、ガス模様のイメージがありますが、気候は最高でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それにしても空が素晴らしい。よく雨が降り、ガス模様のイメージがありますが、気候は最高でした。
弥山から見た、八経ヶ岳です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弥山から見た、八経ヶ岳です。

感想/記録

夜行バスで奈良に向かう途中、急に気分が悪くなり、自分一人で帰ろうかと思うほど体調が悪くなりました。しかし、途中に向かう電車やバスでひと眠りしたら、そこそこ復活出来たので、登頂出来ました。
このルートは長く、登りが相当厳しかったです。本来は坪尻に降りて、天の川温泉に入るつもりでしたが、昨年の台風で通行止めになっているとのこと。やむなくピストンとなりました。
訪問者数:95人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ