また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1844087 全員に公開 ハイキング富士・御坂

富士山(2000年夏)

日程 2000年07月02日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
出発地点/到着地点:富士宮口五合目
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

4時20分、新五合目を出発しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4時20分、新五合目を出発しました。
5時25分、新七合目の山小屋です。2000年当時は建設中でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5時25分、新七合目の山小屋です。2000年当時は建設中でした。
新七合目から上部です。この壁のような急傾斜を登って行くのが富士登山です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新七合目から上部です。この壁のような急傾斜を登って行くのが富士登山です。
8時45分、浅間神社奧宮に到着しました。そこから撮影した剣ヶ峰です。2000年当時は旧測候所にレーダードームがのっかっていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8時45分、浅間神社奧宮に到着しました。そこから撮影した剣ヶ峰です。2000年当時は旧測候所にレーダードームがのっかっていました。
9時5分剣ヶ峰に到着しました。そこからの大内院です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9時5分剣ヶ峰に到着しました。そこからの大内院です。
1
剣ヶ峰から大内院、南側です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰から大内院、南側です。
下山後、二合目付近の高鉢山の駐車場を撮影したものです。五合目の駐車場がいっぱいで使えなかったら、ここもいいんじゃないかと思っていましたが、意外に標高が低いことに2018年になって気がつきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山後、二合目付近の高鉢山の駐車場を撮影したものです。五合目の駐車場がいっぱいで使えなかったら、ここもいいんじゃないかと思っていましたが、意外に標高が低いことに2018年になって気がつきました。

感想/記録

 2000年7月2日、初めてひとりで富士山に登ったときの山行記録。登山の目的は、その当時勤めていた会社の有志と7月末に登るための偵察。トイレや夏山診療所の位置を確かめ、ついでに重めの荷物を背負ってトレーニング。
 前日の夜のうちに富士宮五合目まで入って車中泊。富士スカイラインを行く夜中のドライブは、御殿場市内から霧が出て小雨が降り出した後、ある程度の高さに達したときに突然晴れた。満天の星空が見えてちょっと劇的だった。
 全体的には天候に恵まれ、高山病のような症状もなく順調。登山自体は、登っても登ってもなかなか高さが稼げていないことに焦り、赤茶色の岩しか見えない景色の単調さに少々うんざり。最も厳しかったのは剣ヶ峰への最後の登り、馬の背と呼ばれる場所だった。
 2019年の今からしてみれば、建設中の新七合目の山小屋や剣ヶ峰のレーダードームなどその時にしか見られてなかったものを、普及し始めたばかりのデジタルカメラで撮影しており、とても懐かしい。

【関連リンク】
天保山から富士山へ【その38:富士宮駅〜湧玉池〜西臼塚〜高鉢山】
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1473099.html
天保山から富士山へ【その39:高鉢山〜ガラン沢〜富士宮口五合目】
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1552361.html
訪問者数:22人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

馬の背 山行 高山病 車中泊
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ