また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1846152 全員に公開 山滑走鳥海山

鳥海山(猿倉口から七高山まで)

日程 2019年05月12日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
■駐車場:猿倉口の駐車場に駐車(約20台程度駐車可能)朝5時半の時点で0台でした…
■アクセス:相変わらず鳥海グリーンラインは通行止め継続中(日本海側から行くと、矢島の町まで回らないければ猿倉・祓川へのアクセスは不可)なお、途中迂回路となる主要地方道仁賀保矢島館合線は、普通乗用車であれば、迂回を使用できるので、通行可能。市道祓川線はノーマルタイヤで問題なく通行できました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち40%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間55分
休憩
9分
合計
5時間4分
S猿倉口登山口05:5008:42七高山08:5110:54猿倉口登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■猿倉口〜祓川登山口からの合流部付近(標高1700m):猿倉口からの単独ルートとなるため、登っている人は少ないのですが、旗がありルートはわかりやすく明示されています。ただ、トレースはいたるところについており、特に滑る際は違う方向につられて行ってしまう可能性があるので気を付けたほうがよさそうです。
■祓川登山口からの合流部付近(標高1700m)〜七高山:祓川からの登山等の方も多いため、トレース等も多く特に問題ありません。今回は雪がしっかり締まっていたので終始スノーシューでとおしました。
■七高山〜東斜面:東斜面は条件が良いためか?北東側の祓川方面の斜面と比べるとかなりきれいです。緩むのも早く、北東面が緩んでいないときでも、こちらは緩んでいることがあります。標高1900mの少し下に緩やかなテラスがあり、ちょうどよい登り返しポイントになっていました。
過去天気図(気象庁) 2019年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ザック ビーコン スコップ ゾンデ 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ GPS 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック ナイフ カメラ アイゼン スノーシュー

写真

朝、矢島のローソンから見た鳥海山。まだ雪たっぷりです。
2019年05月12日 04:55撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝、矢島のローソンから見た鳥海山。まだ雪たっぷりです。
2
猿倉口の切り開き。だいぶ壁が下がりました。
2019年05月12日 05:47撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猿倉口の切り開き。だいぶ壁が下がりました。
1
おなじみの光景。早速スタートします。今日は最初から引っ張り+スノーシューです。
2019年05月12日 05:48撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おなじみの光景。早速スタートします。今日は最初から引っ張り+スノーシューです。
早速、なだらかな斜面に取り付きます。雪面は荒れているので帰りが少し気がかりです…
2019年05月12日 05:54撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早速、なだらかな斜面に取り付きます。雪面は荒れているので帰りが少し気がかりです…
おなじみの旗。ただ、この旗通りに行かなくても、登ることは可能です。
2019年05月12日 06:02撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おなじみの旗。ただ、この旗通りに行かなくても、登ることは可能です。
しばらく進むと鳥海山がドーンと見えてきます。
2019年05月12日 06:18撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく進むと鳥海山がドーンと見えてきます。
遠くはずっと雲海となっています。朝、国道で霧っぽくなっているとこんな感じのことが多いです。
2019年05月12日 06:26撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くはずっと雲海となっています。朝、国道で霧っぽくなっているとこんな感じのことが多いです。
1
まだまだ遠い…
2019年05月12日 07:03撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだまだ遠い…
舎利坂手前で一息入れました。少し肌寒いのがせめてもの救い…(暑かったらキツいです…) 
2019年05月12日 08:01撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
舎利坂手前で一息入れました。少し肌寒いのがせめてもの救い…(暑かったらキツいです…) 
最後の急登ですが、GWの時と同じくらい気温が低く、それほど息は切れません。雪面がまだ硬いのでスノーシューのヒールリフターを有効活用してガシガシ登ります。
2019年05月12日 08:06撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の急登ですが、GWの時と同じくらい気温が低く、それほど息は切れません。雪面がまだ硬いのでスノーシューのヒールリフターを有効活用してガシガシ登ります。
七高山に到着。標柱が少し出ていました。だいぶ雪が融けたのですね。
2019年05月12日 08:41撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七高山に到着。標柱が少し出ていました。だいぶ雪が融けたのですね。
4
七高山から、外輪と千蛇谷。まだ雪はしっかりあります。
2019年05月12日 08:47撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七高山から、外輪と千蛇谷。まだ雪はしっかりあります。
1
月山。山形市内からの眺めの次に好きな構図。
2019年05月12日 08:47撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
月山。山形市内からの眺めの次に好きな構図。
2
朝日連峰。今年も大朝日行きたいですね。
右奥は飯豊連峰。
2019年05月12日 08:48撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日連峰。今年も大朝日行きたいですね。
右奥は飯豊連峰。
2
蔵王と葉山。
2019年05月12日 08:48撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蔵王と葉山。
栗駒山だと思っていましたが、船形山のようです。
2019年05月12日 08:48撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
栗駒山だと思っていましたが、船形山のようです。
秋田駒、岩手山と右側は和賀岳だそう。
2019年05月12日 08:48撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秋田駒、岩手山と右側は和賀岳だそう。
1
いつ見ても良い景色です。
2019年05月12日 08:48撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつ見ても良い景色です。
稲倉岳と千蛇谷。まだまだ滑れそうですが、中島台まではかなり藪漕ぎになりそう…
2019年05月12日 08:49撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稲倉岳と千蛇谷。まだまだ滑れそうですが、中島台まではかなり藪漕ぎになりそう…
今回は、七高山からは滑らず、一度東斜面を滑ります。
この時点で、気温が低いこともあり、北東向きの七高山直下は硬い感じでした。
2019年05月12日 08:55撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回は、七高山からは滑らず、一度東斜面を滑ります。
この時点で、気温が低いこともあり、北東向きの七高山直下は硬い感じでした。
1
東斜面へは、新山へ向かう外輪の分岐からエントリー。
2019年05月12日 09:15撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東斜面へは、新山へ向かう外輪の分岐からエントリー。
東斜面はフラットで、雪面も奇麗でした。雪も適度に緩んでいて快適そのもの。
2019年05月12日 09:23撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東斜面はフラットで、雪面も奇麗でした。雪も適度に緩んでいて快適そのもの。
1
あっという間に標高差300m滑りました。ここから再度、七高山直下まで登り返します。
2019年05月12日 09:26撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっという間に標高差300m滑りました。ここから再度、七高山直下まで登り返します。
七高山目指して登ります。ツボ足で十分行ける感じです。
2019年05月12日 10:08撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七高山目指して登ります。ツボ足で十分行ける感じです。
標高2100m付近から、猿倉口目指して滑ります。
おおまかなルートを赤線で入れてみました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高2100m付近から、猿倉口目指して滑ります。
おおまかなルートを赤線で入れてみました。
東側の斜面はフラットで良かったです、
2019年05月12日 10:16撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東側の斜面はフラットで良かったです、
下に行くにしたがって雨溝が出てきます。
2019年05月12日 10:21撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下に行くにしたがって雨溝が出てきます。
まだまだたくさんの方が登られています。気温が低めだったので、シャバ雪が良ければ昼くらいにドロップしたほうが良い感じだと思います。
2019年05月12日 10:23撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだまだたくさんの方が登られています。気温が低めだったので、シャバ雪が良ければ昼くらいにドロップしたほうが良い感じだと思います。
上から見ると雪がつながっていなさそうなところも、こんな感じで雪はつながっています。モービルトレースかシール登高の跡があれば雪がつながっている感じですが、モービルは猿倉より下から登ってきているのでつられないように気を付けたほうが良いと思います。
2019年05月12日 10:24撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上から見ると雪がつながっていなさそうなところも、こんな感じで雪はつながっています。モービルトレースかシール登高の跡があれば雪がつながっている感じですが、モービルは猿倉より下から登ってきているのでつられないように気を付けたほうが良いと思います。
下部には、クラックや穴が開いているところも。
滑走時、注意したほうがよさそうです。
2019年05月12日 10:30撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下部には、クラックや穴が開いているところも。
滑走時、注意したほうがよさそうです。
標高1000m付近からは雨溝が半端なく…
足を取られて、修行モードへ。
2019年05月12日 10:36撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1000m付近からは雨溝が半端なく…
足を取られて、修行モードへ。
雨溝はひどいところでは30cmくらい段差がありそうでした。
2019年05月12日 10:36撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨溝はひどいところでは30cmくらい段差がありそうでした。
猿倉口付近では、大きく崩れそうな斜面も。
そろそろ猿倉口はおしまいのようです。
2019年05月12日 10:41撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猿倉口付近では、大きく崩れそうな斜面も。
そろそろ猿倉口はおしまいのようです。
無事に猿倉口まで滑ってきました。
ほとんどストックボードすることなく…良いコースです。
しかし、モービルが結構走っているので、出合頭等ないように気を付けたほうがよいかもしれません。
2019年05月12日 10:51撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事に猿倉口まで滑ってきました。
ほとんどストックボードすることなく…良いコースです。
しかし、モービルが結構走っているので、出合頭等ないように気を付けたほうがよいかもしれません。
駐車場でスノーボード等を乾燥…
2019年05月12日 10:55撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場でスノーボード等を乾燥…
フォレスタ鳥海で入浴後、道の駅“清水の里・鳥海郷”でカツ丼大盛りをいただきました。
2019年05月12日 13:03撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フォレスタ鳥海で入浴後、道の駅“清水の里・鳥海郷”でカツ丼大盛りをいただきました。
1
訪問者数:234人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ