また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1850118 全員に公開 山滑走札幌近郊

5月13日の札幌岳

日程 2019年05月13日(月) [日帰り]
メンバー
天候晴ばっかり
アクセス
利用交通機関
車・バイク
駐車場は夏満開です。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち93%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間32分
休憩
59分
合計
5時間31分
S札幌岳登山口09:4911:03冷水小屋11:3012:45札幌岳12:5913:55冷水小屋14:1115:18札幌岳登山口15:2015:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
冷水小屋付近の左岸にある登山道は、まだ残雪あり〼
急登にはありません。
冬道は、川に落ちます。
その他周辺情報定山渓温泉で足湯に入ろう!
過去天気図(気象庁) 2019年05月の天気図 [pdf]

写真

ここ、好きです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここ、好きです。
空を覆い尽くす、マツ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空を覆い尽くす、マツ
こんな料金です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな料金です。
1
白い三角って、羊蹄山とぴったりなんですねぇ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白い三角って、羊蹄山とぴったりなんですねぇ
2

感想/記録

はい、今日は札幌岳です。
一週間前の投稿を見ると、まだ冬道から滑れそうなので、ボードを背負っていきまよか。山口にある入山届を書いて、元気にスタートです。
日差しが暑い。もう夏ですね〜。
沢沿いを行くので、気持ちがいいです。
この時期なのに、おどろおどろしい増水がないのが、素敵でした。なごみます。
途中、残雪がところどころありますが、当然滑るとかの次元ではありません。
でも、きっと小屋辺りからは、雪がつながっているんだろうなと期待して登ります。
さ、小屋から沢沿いの雪渓にいきましょか。
ずぼ、ばきばきばきばきばき〜〜〜穴です。
じゃ、迂回して。ばきばきばきばきばき〜穴です。
こんな調子で、ピークはつらすぎると思い、夏道からのアプローチを。
途中、すれ違った人に聞くと、「20分くらい登ると雪があるよ」
この言葉を信じ、頑張りました。
でも、雪がない、雪がない。
ようやく1,100mを超えた辺りから春雪山っぽくなってきました。
当然、僕の足では20分どころじゃなかったですけど....。
さっとピークにいって、さぁ滑りましょ。
でもピークからは朝里岳から羊蹄山までぜーんぶ見えました。
恵庭岳もすっかり見えます。
まさに360度のパノラマですね〜。ここはやっぱり見晴らし最高!!
そっして、いまだに残る雪庇はワレワレで、ドーンと行きそうです。
さ、この思いも断ち切って滑ります。
そこそこのシャバシャバ雪は、春っぽくていいですね〜。
思わず、冬の沢に行きかけます。
もっと、降りれるかも、ひよっとしたら、まだいけるんじゃないかと葛藤します。
でも、沢に落ちるのはいやだな。
ということで、登り返して、夏道へ。
長い道のりです。帰りはとても長く感じますが、やはり沢の音が癒してくれます。

それでは、また。

訪問者数:288人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

アプローチ 急登 雪庇 雪渓 左岸
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ