また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1853406 全員に公開 ハイキング霊仙・伊吹・藤原

御池岳

日程 2019年05月18日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー12人
天候雲、強風
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち61%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間15分
休憩
36分
合計
5時間51分
S鞍掛トンネル東登山口08:0308:23鞍掛峠08:2409:20鈴北岳09:2610:02御池岳・鈴北岳分岐10:0210:26御池岳10:3511:03天狗の鼻11:0311:07ボタンブチ11:0811:19奥の平11:2111:29御池岳11:2911:54御池岳・鈴北岳分岐11:5412:18天ケ平(カタクリ峠)12:2012:53長命水12:5613:05コグルミ谷・タテ谷分岐13:1313:29コグルミ谷登山口13:3313:53鞍掛トンネル東登山口13:54ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
よく踏まれて、整備されています。
その他周辺情報306号を登る前、簡易パーキングが最終のトイレ
鞍掛トンネル前に駐車(今日は少な目)
下山後はアジサイの湯650円。
過去天気図(気象庁) 2019年05月の天気図 [pdf]

写真

鞍掛峠に向かう
2019年05月18日 08:07撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍掛峠に向かう
ペースが早い。頑張りすぎ?
2019年05月18日 08:08撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ペースが早い。頑張りすぎ?
稜線に出ました
2019年05月18日 08:24撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に出ました
1
今日のペースメーカー
2019年05月18日 08:58撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日のペースメーカー
御池らしくなってきました。
2019年05月18日 09:09撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御池らしくなってきました。
鈴北岳より
2019年05月18日 09:20撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鈴北岳より
雨は降ってませんが、暴風。
2019年05月18日 09:25撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨は降ってませんが、暴風。
風を避けて巻き道へ
2019年05月18日 10:32撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風を避けて巻き道へ
ボタンブチ
2019年05月18日 11:04撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ボタンブチ
1
奥の平は何も見えず
2019年05月18日 11:19撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥の平は何も見えず
1
よく見ると、リスがいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よく見ると、リスがいます。
2
コグルミ谷下山中
2019年05月18日 12:47撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コグルミ谷下山中
撮影機材:

感想/記録

今日は会社の登山部第1弾で鞍掛から御池岳周回コースへ。大気の状態が不安定なため、天気予報が二転三転しましたが、なんとか雨は降らない予報のため、決行することにしました。
会社Pに集合して、トンネル前に到着。遠足みたいでワクワクします。メンバーは13人、最年少は小学2年生で初心者から経験者までの混成隊で出発。
峠に向かう道は頑張りすぎて早い。稜線に出てから本日のペースメーカーを最年少のテルキ君にして、ペースを抑えて進む。若干風も強くなってきたけど時々覗く、新緑の景色に癒されながら鈴北岳に到着。山頂からは琵琶湖が見えるけど、暴風が吹いていたので、集合写真を撮ってすぐに退散。
御池岳に向かう道は風を避けて巻き道を選択。巻いてコグルミ谷からの道に合流して御池岳に最後の登り。この道からは沢山の登山者と出会いました。
御池岳山頂も風が強く、写真を撮って風の弱いところへ退散し、昼食タイム。休憩時間が少ないせいもあって、いいペースで歩いています。
風が強いので、このまま下山しようと思っていたけど、通り掛かりにボタンブチが綺麗だったと教えてくれた人がいたので、周回することにして向かう。
ボタンブチは確かに綺麗だったけど、雲の中で一瞬しか景色は見えず、それでも新緑の深い谷に奥深さを感じました。
奥の平を経由して、コグルミ谷に向かう。途中で有名なリスが現れて、和みます。コグルミ谷でも現れて、下山までに3〜4匹と出会いました。
あっという間に306号に到着。天気予報の言う通り、風は強いけど雨は降らずに終わり、良かったです。
トンネル前の駐車場が見えて、最後になぜかダッシュさせられて終了。なんだこれ、一番キツイ。
無事に周回し、それなりに楽しめたので良かったです。
その後、アジサイの湯で汗を流して解散。
夜の酒もそれぞれ美味しく飲めたようで良かったです。第2弾はどこにしようかな?
訪問者数:234人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

巻き道 トンネル
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ