また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1859502 全員に公開 ハイキング九州・沖縄

尾鈴山へ 甘茶谷へのダートな林道から

日程 2019年05月22日(水) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
都農から「尾鈴山」の表示を尾鈴山キャンプ場へ 
さらにその先、甘茶谷登山口へ林道を走るが途中あまりにもダート過ぎ諦め駐車、2kmほど甘茶谷登山口手前から歩く。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間42分
休憩
8分
合計
3時間50分
S甘茶谷2kmほど手前07:4108:21甘茶谷登山口09:00五合目09:45尾鈴山展望所09:48尾鈴山09:5410:06尾鈴山展望所10:0810:58甘茶谷登山口11:31ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
    前日 市房山 都農町泊
<往路>
 7:00 都農 発
 7:30 甘茶谷登山口手前2kmほどに駐車
<復路>
11:40 林道発 都農道の駅で食事
19:15 大分港発 フェリー乗船
    翌日 神戸着 六甲山 安曇野穂高へ 
コース状況/
危険箇所等
登山道は全く問題ない
その他周辺情報都農道の駅で宮崎牛などいただける
過去天気図(気象庁) 2019年05月の天気図 [pdf]

写真

甘茶谷登山口まで約2km手前に駐車
この先かなり荒れていて進めなかった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甘茶谷登山口まで約2km手前に駐車
この先かなり荒れていて進めなかった
1
山頂で一緒になったお二人はスコップ持参で甘茶谷まで来たとのこと
さすがジムニー!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂で一緒になったお二人はスコップ持参で甘茶谷まで来たとのこと
さすがジムニー!
1
表示があり助けになる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
表示があり助けになる
都農町、日向灘方面
若山牧水もここから海を眺めたとのこと
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
都農町、日向灘方面
若山牧水もここから海を眺めたとのこと
1
奇木のアーチの中に祠
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奇木のアーチの中に祠
山頂の様子、展望はない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の様子、展望はない
無事下山、甘茶谷の橋から
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事下山、甘茶谷の橋から
1
大分港から神戸へ
九州の山旅は終わった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大分港から神戸へ
九州の山旅は終わった

感想/記録

2019年(令和元年)5月22日(水)

尾鈴山へ 甘茶谷登山口2km手前から

「甘茶谷 甘くなかった 尾鈴山」

尾鈴山を登れば
三百名山、九州の山が終わる。
「終わる」表現は良くないがなんと5回?通っているので
ようやく登り切った感が強い。

都農町の宿を立ち30分ほどで甘茶谷の登山口に着き
後は淡々と登るだけと考えていた。

ところが林道が先日の雨のためか、かなり痛めつけられていて
石がゴロゴロ深くえぐられた林道はなかなか前に進められなかった。
とうとう私の車では無理だろうと思われる深くえぐられた道が出てきた。

登山口まで後2kmほどのところに車を置き歩き始めた。
林道には1台の車の通った跡がある。
窪みに石が詰められて補修しながら進んでいるようでもあった。
道は細いし荒れているし、ここを登れるのはジムニーぐらいかな
と思いつつ予定していた甘茶谷の駐車場に着くと
案の定ジムニーが止まっていた。このダートを走るすごい!

滝の見られる橋を渡り少し行くと甘茶谷登山口。
いきなりの急登で高度を上げていく。
しばらく行くと一合目の表示が出て、これを目安に登ろうと決める。

急登だが良く整備され、10分弱で二合目そして次の合目へと進んだ。
一時間もかからないうちに五合目に到達することができた。
思っていた以上に速いペースで山頂に近づいた。

山頂近くの九合目辺りだっただろうか。
今日一番の展望所があった。
日向灘の海と都農の町並みだろうか霞んでいるが良く見渡せた。
この展望所には、若山牧水が初めて海を見たところと記されていた。
尾鈴山北側の坪谷に生まれ育った若山牧水ゆかりの山だった。

「幾山河越えさり行かば寂しさの終てなむ国ぞ今日も旅ゆく」
「 白鳥は哀しからずや空の青海のあをにも染まずただよふ」
代表作だ。
解釈は様々だが、哀愁漂い山旅をするものには響くものがある。
私は幸福感を山から得ているしここまで重くはないか。

山頂は近く、尾鈴神社の祠の先、樹林に囲まれた広い山頂に着く。
ここで先行していたジムニーの方に出会うことができた。
持参したスコップを使い道を補修しながら走りきることができたとのことだ。

山頂での展望は樹林に遮られ全くなかったが、
この山頂、尾鈴山で九州の22座ある三百名山は登り切ることができた。
下山して我が家に帰るまでが大事なのだが嬉しさがこみ上げてきた。
反面、九州を訪れる機会が失われるような思いもよぎった。
知られざる名山もあるだろう。などと思うが…。

ふるちゃん
訪問者数:375人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

急登 林道
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ