また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1864268 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走日光・那須・筑波

霧降の滝〜丸山〜赤薙山〜女峰山〜瀧尾神社 絶景とツツジのお山(シロヤシオ・アカヤシオを少々と笑っちゃう程のヤマツツジ群生地)

日程 2019年05月25日(土) [日帰り]
メンバー
天候文句なしの快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
霧降の滝 P1に車をとめました。広い駐車場ですが、この時期はほとんど使われていません。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち59%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間56分
休憩
53分
合計
11時間49分
S霧降の滝駐車場05:2205:33霧降の滝駐車場05:47隠れ三滝入口バス停07:28霧降高原駐車場07:38八平ヶ原分岐07:58小丸山08:20丸山08:3208:41丸山分岐08:4209:35赤薙山09:3610:14奥社跡10:1510:53独標11:53女峰山12:0512:24唐沢避難小屋13:15遥拝石13:1613:25八風13:2613:54白樺金剛13:58水呑の石標13:5914:08水場分岐14:1314:39稚児ヶ墓14:4015:12殺生禁断境石15:35行者堂15:3715:43滝尾神社 駐車場15:5615:58行者堂16:20外山表参道標16:2217:11霧降の滝駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・戊辰の道(霧降の滝〜高原ハウス)
あまり歩く人がいないのでしょう、少し荒れている部分があり(川を渡る所もある)破線路相当と思いました。標識などもほとんどないため、地図必須です。
・赤薙山〜女峰山
標高2000メートルを越えると主に谷筋に残雪がありますが、トレランシューズでなんとかなりました(踏み抜きはほとんどなかったため、靴に雪が入ることもなかった)。岩場のアップダウンが多く、結構時間がかかります。
・女峰山から黒岩尾根
唐沢避難小屋に至る途中で大きながれ場の通過があり落石注意です。また、唐沢避難小屋を通過してすぐ足元が脆いトラバース部分があるため、ここも通過に注意です。長い尾根で標高差も1700メートル以上あるため、時間がかかります。

○ツツジ
・アカヤシオ
丸山と赤薙山へ至る稜線(標高1600〜1700付近)、黒岩尾根(標高1600付近)で見られましたが、今年のアカヤシオはそろそろ終わりですね。先日の大雨と強風の影響か、傷んでいる花が多かった印象です。
・シロヤシオ
高原ハウスへ至る途中(標高1200〜1300付近)、天空回廊(標高1350付近)、黒岩尾根(標高1300〜1200付近)で見られました。見られた範囲で花付きはあまり良くありませんが、6月に期待です。
・ヤマツツジ
黒岩尾根の標高1200から1000付近まで2キロ以上続く大群生地がありました。尾根の幅が広いため、花の咲きっぷりは横方向への広がりもあります。標高1200付近は蕾が中心だったため、まだしばらく楽しめると思います。この群生地は女峰山の山頂から赤くなっている部分が確認出来ます。
過去天気図(気象庁) 2019年05月の天気図 [pdf]

装備

備考 ・飲み物は2.5リットル持ち2.0リットル消費+水場で0.5リットル飲んだ
・山行中の食事は以下の通り
 丸山でおにぎりを2つ
 下山して駐車場へ向かって歩きながらランチパックを2つ

写真

霧降の滝 P1にポツンと一台だけ。スタートです。
2019年05月25日 05:20撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧降の滝 P1にポツンと一台だけ。スタートです。
1
霧降の滝の観瀑台まで行ってみましたが、滝が遠い。。
2019年05月25日 05:29撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧降の滝の観瀑台まで行ってみましたが、滝が遠い。。
1
これから向かう山々がクッキリと見えていました。
2019年05月25日 05:29撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから向かう山々がクッキリと見えていました。
3
戊辰の道はこんな感じ。
2019年05月25日 06:10撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戊辰の道はこんな感じ。
4
標高が上がり、ヤマツツジが見頃になりました。
2019年05月25日 06:29撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高が上がり、ヤマツツジが見頃になりました。
5
このあたりの山は何処を歩いてもツツジがたくさん。
2019年05月25日 06:38撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりの山は何処を歩いてもツツジがたくさん。
3
裏側から。
2019年05月25日 06:43撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裏側から。
1
ミツバツツジが出てきたと思ったら、近くにシロヤシオが咲いていました。花数は控えめです。。
2019年05月25日 07:08撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツバツツジが出てきたと思ったら、近くにシロヤシオが咲いていました。花数は控えめです。。
8
唐松の新緑とヤマツツジ。
2019年05月25日 07:16撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松の新緑とヤマツツジ。
1
再びシロヤシオの登場。
2019年05月25日 07:25撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再びシロヤシオの登場。
3
花は少ないですが、青空に映えます。
2019年05月25日 07:27撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花は少ないですが、青空に映えます。
7
【天空回廊】天空回廊、知りませんでした。新緑の中の木製階段を快適に歩きます。
2019年05月25日 07:36撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【天空回廊】天空回廊、知りませんでした。新緑の中の木製階段を快適に歩きます。
2
【天空回廊】シロヤシオは咲き始めでした。
2019年05月25日 07:34撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【天空回廊】シロヤシオは咲き始めでした。
5
【天空回廊】400段目に「景色も楽しんでね」と書かれてましたが、しっかり楽しんでます。
2019年05月25日 07:38撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【天空回廊】400段目に「景色も楽しんでね」と書かれてましたが、しっかり楽しんでます。
4
【天空回廊】なんと、これはなかなかのインパクト。早朝で空の青さもいい感じです。
2019年05月25日 07:42撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【天空回廊】なんと、これはなかなかのインパクト。早朝で空の青さもいい感じです。
5
【天空回廊】一番上の展望台からの眺め。高原山が近いです。
2019年05月25日 07:55撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【天空回廊】一番上の展望台からの眺め。高原山が近いです。
2
アカヤシオが咲いているのがわかります。
2019年05月25日 08:06撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アカヤシオが咲いているのがわかります。
1
傷んだ花が多かった印象です。
2019年05月25日 08:08撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
傷んだ花が多かった印象です。
5
【丸山】山頂に到着。セルフで。
2019年05月25日 08:21撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【丸山】山頂に到着。セルフで。
1
【丸山】おにぎりを食べて休憩。
2019年05月25日 08:24撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【丸山】おにぎりを食べて休憩。
2
【丸山】赤薙山へ向かいます。
2019年05月25日 08:31撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【丸山】赤薙山へ向かいます。
5
標高1700付近でアカヤシオの登場です。
2019年05月25日 08:56撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1700付近でアカヤシオの登場です。
4
このアカヤシオは痛みが少なく、まだ蕾もありました。
2019年05月25日 08:57撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このアカヤシオは痛みが少なく、まだ蕾もありました。
7
丸山と高原山の間に、栗山ダムを挟んで対峙する月山と夫婦山が見えるようになりました。
2019年05月25日 09:02撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸山と高原山の間に、栗山ダムを挟んで対峙する月山と夫婦山が見えるようになりました。
2
弧を描くルート、いいですねえ。
2019年05月25日 09:07撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弧を描くルート、いいですねえ。
4
歩いて来た道を振り返る。
2019年05月25日 09:18撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いて来た道を振り返る。
2
【赤薙山】かなり登った気がしますが、ようやっと2000メートルを越えたところ。
2019年05月25日 09:35撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【赤薙山】かなり登った気がしますが、ようやっと2000メートルを越えたところ。
1
【赤薙山】正面奥に女峰山です。
2019年05月25日 09:36撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【赤薙山】正面奥に女峰山です。
3
【赤薙山】男体山と社山も。
2019年05月25日 09:36撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【赤薙山】男体山と社山も。
3
岩場のアップダウンが多く、時間がかかります。
2019年05月25日 09:39撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場のアップダウンが多く、時間がかかります。
2
まず、この峰々を越えていかないと。
2019年05月25日 09:53撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まず、この峰々を越えていかないと。
1
女峰山がだいぶ近くなりました。
2019年05月25日 10:33撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
女峰山がだいぶ近くなりました。
3
標高2300メートル前後の快適な稜線歩きです。
2019年05月25日 10:34撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高2300メートル前後の快適な稜線歩きです。
2
上越の山はまだ真っ白です。
2019年05月25日 10:56撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上越の山はまだ真っ白です。
2
一里ヶ曽根から大きく下り、女峰山へ向かって回り込むように登って行きます。
2019年05月25日 10:56撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一里ヶ曽根から大きく下り、女峰山へ向かって回り込むように登って行きます。
3
山頂直下の雪原。
2019年05月25日 11:51撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下の雪原。
2
【女峰山】小真名子山、大真名子山、男体山、日光白根山
2019年05月25日 11:55撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【女峰山】小真名子山、大真名子山、男体山、日光白根山
3
【女峰山】スタートから6時間半かかりました。
2019年05月25日 11:55撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【女峰山】スタートから6時間半かかりました。
4
【女峰山】帝釈山へ続くスカイラインです。前回はこちらへ向かいました。
2019年05月25日 11:56撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【女峰山】帝釈山へ続くスカイラインです。前回はこちらへ向かいました。
3
下り始めてすぐにがれ場の通過があります。落石注意です。
2019年05月25日 12:13撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下り始めてすぐにがれ場の通過があります。落石注意です。
1
唐沢避難小屋を通過してすぐ、足場の脆いトラバースがあり、注意です。
2019年05月25日 12:32撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐沢避難小屋を通過してすぐ、足場の脆いトラバースがあり、注意です。
1
大真名子と小真名子の間に日光白根山。
2019年05月25日 12:40撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大真名子と小真名子の間に日光白根山。
2
振り返ると女峰山からかなり下ったように見えますが、まだ標高2200メートル付近です。
2019年05月25日 12:41撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると女峰山からかなり下ったように見えますが、まだ標高2200メートル付近です。
1
笹原に岩が点在していました。
2019年05月25日 13:01撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹原に岩が点在していました。
1
前女峰山の東側は崩壊が激しいです。
2019年05月25日 13:10撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前女峰山の東側は崩壊が激しいです。
4
黒岩手前 遥拝石の展望地。正面の赤薙山の崩壊も激しい。ここからしばらく好展望の岩(溶岩)尾根歩きです。
2019年05月25日 13:16撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒岩手前 遥拝石の展望地。正面の赤薙山の崩壊も激しい。ここからしばらく好展望の岩(溶岩)尾根歩きです。
登山道沿いのアカヤシオ、青空に映えます。
2019年05月25日 13:41撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道沿いのアカヤシオ、青空に映えます。
3
高原状に開けた場所に出ました。遠目に淡い赤色(まだ蕾のヤマツツジ)が点在しているのが見えます。ヤマツツジ群生地の始まりです。ここ、ツツジが満開のときはさらに良い感じになるでしょうね。
2019年05月25日 14:07撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高原状に開けた場所に出ました。遠目に淡い赤色(まだ蕾のヤマツツジ)が点在しているのが見えます。ヤマツツジ群生地の始まりです。ここ、ツツジが満開のときはさらに良い感じになるでしょうね。
1
ここの水場は近いため、寄りましたが、ミツバツツジの色でよい雰囲気になっていました。
2019年05月25日 14:14撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここの水場は近いため、寄りましたが、ミツバツツジの色でよい雰囲気になっていました。
2
咲き始めのヤマツツジ。
2019年05月25日 14:16撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
咲き始めのヤマツツジ。
3
ちょっと控えめにシロヤシオも登場。この清楚な感じがヤマツツジとは対照的です。
2019年05月25日 14:34撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと控えめにシロヤシオも登場。この清楚な感じがヤマツツジとは対照的です。
2
ヤマツツジパワーがアップしてきました。ツツジに囲まれた稚児ヶ墓。
2019年05月25日 14:40撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマツツジパワーがアップしてきました。ツツジに囲まれた稚児ヶ墓。
1
登山道は常にこんな感じです。
2019年05月25日 14:42撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道は常にこんな感じです。
5
何処を見ても、ちょっとした笹原もヤマツツジです。
2019年05月25日 14:47撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何処を見ても、ちょっとした笹原もヤマツツジです。
2
フレッシュでよい色です。
2019年05月25日 14:47撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フレッシュでよい色です。
3
立派な株も多く
2019年05月25日 14:50撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立派な株も多く
5
青空と合わさって、最強な感じ。林間ではなく、開放的なため、晴れの日に歩きたい群生地です。
2019年05月25日 14:51撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空と合わさって、最強な感じ。林間ではなく、開放的なため、晴れの日に歩きたい群生地です。
4
幅が広い尾根のため、横方向もツツジが続いている眺めが得られます。
2019年05月25日 14:55撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
幅が広い尾根のため、横方向もツツジが続いている眺めが得られます。
1
ツツジのスカート?
2019年05月25日 14:56撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツツジのスカート?
1
ズミでしょうか。立派な木です。
2019年05月25日 14:58撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ズミでしょうか。立派な木です。
7
こちらも満開でした。
2019年05月25日 14:58撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらも満開でした。
1
ヤマツツジといっても、
2019年05月25日 15:02撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマツツジといっても、
1
葉の出方など、かなり違います。種類があるのかな?
ヤマツツジ地帯に入ってちょうど1時間、堪能しました。
2019年05月25日 15:07撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
葉の出方など、かなり違います。種類があるのかな?
ヤマツツジ地帯に入ってちょうど1時間、堪能しました。
3
【行者堂】行者堂敷地内の巨木です。(リュックを置いてみた)
2019年05月25日 15:36撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【行者堂】行者堂敷地内の巨木です。(リュックを置いてみた)
3
【行者堂】参道も巨木が多い。
2019年05月25日 15:42撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【行者堂】参道も巨木が多い。
1
【瀧尾神社】白糸の滝です。
2019年05月25日 15:46撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【瀧尾神社】白糸の滝です。
2
【瀧尾神社】こちらの境内も杉の巨木が続き、よい雰囲気です。
2019年05月25日 15:49撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【瀧尾神社】こちらの境内も杉の巨木が続き、よい雰囲気です。
1
【瀧尾神社】拝殿と楼門
2019年05月25日 15:54撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【瀧尾神社】拝殿と楼門
【瀧尾神社】二荒山神社の別宮ですが、立派な参道です。こんな道が結構続きますが、昌源杉と呼ばれる樹齢500年以上の老杉群とのこと。
2019年05月25日 15:55撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【瀧尾神社】二荒山神社の別宮ですが、立派な参道です。こんな道が結構続きますが、昌源杉と呼ばれる樹齢500年以上の老杉群とのこと。
2
右側の外山とその左奥に登った山々。遠いなあ。
2019年05月25日 16:20撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右側の外山とその左奥に登った山々。遠いなあ。
1
駐車場の近くで咲いていたミヤマキンポウゲ。
ほぼ12時間、今回もいいお山でした。
2019年05月25日 17:10撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場の近くで咲いていたミヤマキンポウゲ。
ほぼ12時間、今回もいいお山でした。
1

感想/記録

土曜日は完全な晴れ予報、であれば展望のお山へとなりますが、ツツジも目的の一つとして13年ぶりに女峰山に登ることにしました。前回と違うコースで考えると丸山・赤薙山経由で登ることは決まりなので、霧降滝の駐車場に車を置いての周回コースにします。ブランクが長かった自分にはちょっとハードなコース設定ですが、ツツジがあれば止まってしまうし(強制休憩。。)なんとかなるだろうと、スタートです。

霧降の滝は立派な観瀑台がありますが、かなり遠く微妙な感じ。。気を取り直して高原ハウスへ向かいます。途中見えた大山は牧場があるからか、草原状になっている部分が多く、展望が良さそうです。シロヤシオも見られるようなので、来年登ろうかな。

高原ハウスから続く天空回廊、知りませんでした。歩いてみると快適だし、展望がよいしこんなルートも楽しいですね。山登り初心者を連れてくるのにもよい場所かもしれません(丸山を絡められますし)。女峰山は何処から登ってもタフなお山ですが、丸山から続くコースもそうでした。今回は霧降の滝から登ったので、山頂での達成感も大きく、いい山だなあとしばし休憩です。下りのルートは今回バリエーションルートの羽黒尾根(ツツジで有名らしい)も選択肢の一つだったのですが、女峰山の山頂でちょうど羽黒尾根を登って来た方と話が出来まして、シロヤシオはまだ咲いている木が少ない情報をいただいたので、最初の計画通りに黒岩尾根を下ることにしました。さらにプラス情報として、黒岩尾根を登って来た女性からヤマツツジの群生地の話を聞くことも出来、期待が高まります。

そして黒岩尾根、ヤマツツジ群生地に入ると笑ってしまうほどヤマツツジだらけ。こんな場所はなかなかないなあと思います。ここで足が止まったため、下山はほぼ標準のコースタイムがかかってしまったような。。そして、一つ驚きの体験がありました。ヤマツツジの写真を撮ろうと笹原に入って行くと、突然足元から「ブヒー!!!」というめちゃくちゃ大きい鳴き声が、見るとウリ坊の慌てて逃げる後ろ姿です。どうも軽くウリ坊の何処かを踏んでしまったようです。ここ数年、こんなに驚いたことはありません。ウリ坊の鳴き声と可愛らしい後ろ姿の記憶が蘇ってくる。。親のイノシシが近くにいなくて幸いでした。
訪問者数:371人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2010/9/10
投稿数: 2448
2019/5/26 9:05
 ヤマツツジ群生
youtaroさん、おはようございます。
ウリ坊踏んづける。なかなかない貴重な経験だとおもいます。
ウリ坊、びっくりしたでしょうね。

前回の高原山と同様に、大きな標高差だと、花の種類が増えていいですね。
女峰山手前には、雪も残っていて、
季節を標高で感じられた山行きだったんではないでしょうか。
女峰山の山頂からも色づきがわかるほどのヤマツツジ。
この尾根、笹原の道が続くイメージでしたが、
この時期、こんなに素晴らしかったとは驚きです。
季節をかえると、同じ山でも楽しめますね。
登録日: 2009/5/12
投稿数: 7076
2019/5/26 9:27
 Re: ヤマツツジ群生
satfourさん、おはようございます。

腿くらいまでの笹原ですから踏んづけるとしても
カエルとかヘビとか。。だと思うので、足元からの
大きな鳴き声で、一瞬何が起こったんだ?と理解不能でした。
自分も不注意でしたが、ウリ坊も間抜けですよね。(人の
気配でじっとしていたのかもしれませんが)

13年前も同じような時期に歩いているのですが、花の話題はゼロ
です。興味の問題もありますが、志津乗越から歩くと見られる
としてもシャクナゲに限定されるかもしれません。ほんと
下から歩くと色々と感じられますし、何処かで何か発見がある
山歩きの比率が高まります。この時期の残雪は中途半端で泥濘
など厄介な場合が多いのですが、今回はギリギリセーフでした

ヤマツツジもこれだけ咲いていると、見応えがあり充分山歩き
の目的になりますね。笹原の中に赤が点在というか、そこらじゅう
にある景色、是非機会があれば歩いてみて下さい。
登録日: 2011/8/26
投稿数: 3400
2019/5/26 20:35
 今回も標高差
youtaroさん、こんばんは

12時間の行動時間、完全復活ですね
似たようなルートは歩きましたが、全て歩きで周回とは恐れ入りました。

初夏の登山口から残雪の山頂まで今回も大きな標高差。
その分、花の種類も豊富になりましたね。
高原山と比べるとシロヤシオは控えめだったようですが、
その分ヤマツツジがモリモリ
下山も退屈しないでいいですね。

稚児ヶ墓経由のルート、笹が深くて足元が見えづらかった印象がありますが、
春先はそんなことはないのでしょうか。
登録日: 2009/5/12
投稿数: 7076
2019/5/26 22:21
 Re: 今回も標高差
hirokさん、こんばんは。

体重がまだ重めで。。
今回のコース、逆周りだと自転車利用がしやすいの
ですが、丸山・赤薙山から登りたかったので、こんな
周回コースになりました

前回の高原山は花狙いで下から行ったのですが、今回は
いくつかある日光市へ下る尾根を使おうと思っていたため
自然と標高差が大きくなりました。黒岩尾根は今歩くと
上部は展望、下部はツツジと長い行程ですが退屈することなく
歩けますね。ヤマツツジの群生地は観光地化された場所を
除くと、今までで見た中で一番の規模かもしれません。

笹はまったく気にならなかったので、定期的に刈払いされて
いるのかもしれません。下りに利用しようか迷っていた
羽黒尾根への入り口(白樺金剛の少し手前)は笹で踏み跡が
ほとんど分からない状態でしたので。羽黒尾根はシロヤシオ
目的で来年以降に歩いてみようかなあと思っています。
登録日: 2011/6/12
投稿数: 4410
2019/5/28 7:23
 登山頻度
youtaroさん、おはようございます!

成田から開放され、予告どおりの山通い。
登山頻度が急上昇ですね
いや〜○○クラブの皆様、閲覧が間に合いませんよ

それにしても、見事なヤシオ三種盛り!
何度も書き込んでいますが、地域特性が羨ましい。
私の近場では、絶対に見られない景色ですよ
また、標高の割に、天空の展望が楽しめるエリアですね。
青空の下、笹原を進むロケーションが素晴らしいです。
山頂直下では残雪まで
実に見事な周回ルート!これは行きたくなりますよ。

うり坊を踏んづけましたか
群れで行動するハズなので、事前に人に驚いて離散
はぐれたうり坊だったのでしょう
踏んづけたのが、野○ソでなくて良かったですね〜
登録日: 2009/5/12
投稿数: 7076
2019/5/28 12:30
 Re: 登山頻度
tailwindさん、こんにちは。

暇人で、すみません
成田から2時間運転した後だと、そのまま出かけて車中泊
というパターンにはなりにくいのですが、5月に入り、
久しぶり(1年以上ぶり)の車中泊が続いています

ありがとうございます!
今回はシロヤシオ探しがメイン目的だったのですが
なんとまあヤマツツジがあんなに咲いている尾根は
初めてでした。おっしゃる通り、女峰山はこのあたり
でアルペンチックな歩きが楽しめる貴重な山の一つです。
うちからだと、近いので、お財布にも優しいです
近くの男体山がより有名ですが、山歩きの楽しさと
しては変化のある女峰山の方が好みです。

うり坊の件、ほんとに驚きました
鳴き声が響き渡りましたから。。でも素早く逃げて
行ったので、踏んだことによる怪我はないのでは?
と思っています。その声に驚いて、鹿も一緒に
逃げていきました(鹿にも気づいてなかった)。
鹿やカモシカのう○こはかなりの頻度で踏んでいる気がしますが

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ