また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1868034 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

炭ヶ谷〜獺池・まむし谷〜穂高湖〜摩耶別山〜上野道

日程 2019年05月25日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
(行き)JR三ノ宮駅から北神急行線で谷上駅へ、谷上駅から徒歩で登山口へ
(帰り)上野道登山口の南の観音寺バス停から神戸市バスで布引バス停へ
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間28分
休憩
47分
合計
4時間15分
S北神急行「谷上」駅09:1109:24炭ヶ谷 登山口09:32炭ヶ谷10:13炭ヶ谷五分岐(五ツ辻)10:1410:23獺(カワウソ)池10:2510:25まむし谷10:42シェール道 合流10:4711:05穂高堰堤下の東屋11:1911:27穂高湖11:3011:32杣谷峠11:39アゴニー坂下11:4011:49摩耶別山(ピーク地点)11:5111:57オテル・ド・マヤ12:05掬星台12:1512:16上野道 下り口12:24旧天上寺史跡12:2612:32仁王門(上野道)12:40峠の茶屋跡(上野道)12:4213:08ベンチ展望台(上野道)13:1213:18上野道 登山口13:1913:26「観音寺」バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
いづれも良く歩かれるルートで、特に危険を感じるような箇所はなし。

【「まむし谷」と「シェール道」との合流点について】
シェール道の本来のルートは現在もまだ水没しているために通れない。案内道標自体も土砂に深く埋もれて水没状態にある。
2〜3mほどすぐ北側に迂回路が既に踏まれており、浅い沢には大きな石が並べられているので、そこを渡ればシェール道の続きとなる堰堤の巻き道へと難なく復帰できる。そのためシェール道の通行自体には何ら支障はない。

装備

個人装備 通常のトレッキング靴のみ

写真

「炭ヶ谷」の上りは、炭窯跡あたりまでは沢沿いの山道を歩き、それ以降は谷筋の中を遡行していく
2019年05月25日 10:10撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「炭ヶ谷」の上りは、炭窯跡あたりまでは沢沿いの山道を歩き、それ以降は谷筋の中を遡行していく
1
「獺(かわうそ)池」は春の陽光を受けて深く青々としていた
2019年05月25日 10:24撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「獺(かわうそ)池」は春の陽光を受けて深く青々としていた
4
「まむし谷」は良く踏まれた歩きやすい道で、何度か沢を渡渉する
2019年05月25日 10:30撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「まむし谷」は良く踏まれた歩きやすい道で、何度か沢を渡渉する
1
「まむし谷」と「シェール道」の合流地点の水没。ここは比較的平らになっているので、以前から水没し易い場所だった
2019年05月25日 10:43撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「まむし谷」と「シェール道」の合流地点の水没。ここは比較的平らになっているので、以前から水没し易い場所だった
1
分岐の道標そのものが土砂に埋まり水没状態。でも心配いらない。ほんの少し北に迂回路がある
2019年05月25日 10:46撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐の道標そのものが土砂に埋まり水没状態。でも心配いらない。ほんの少し北に迂回路がある
2
「穂高堰堤」のすぐ西にある東屋には、見事な青もみじがおおいかぶさっていて、直射日光を避けた小休憩にはうってつけ
2019年05月25日 11:04撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「穂高堰堤」のすぐ西にある東屋には、見事な青もみじがおおいかぶさっていて、直射日光を避けた小休憩にはうってつけ
2
穏やかにたたずむ「穂高湖」にも立ち寄った。近くの「自然の家」から子供たちの楽しそうな声が聞こえてくる
2019年05月25日 11:26撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穏やかにたたずむ「穂高湖」にも立ち寄った。近くの「自然の家」から子供たちの楽しそうな声が聞こえてくる
1
「杣谷峠」経由で「アゴニー坂」を登って、「摩耶別山」のピーク地点を通過した
2019年05月25日 11:50撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「杣谷峠」経由で「アゴニー坂」を登って、「摩耶別山」のピーク地点を通過した
1
「掬星台」の東側の展望台からの景色はうっすらとかすみ気味。「長峰山」は若葉が茂って青々としていた
2019年05月25日 12:06撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「掬星台」の東側の展望台からの景色はうっすらとかすみ気味。「長峰山」は若葉が茂って青々としていた
1
「上野道」の途中から海側を180度パノラマで望める絶好のビューポイント
2019年05月25日 12:58撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「上野道」の途中から海側を180度パノラマで望める絶好のビューポイント
1
さらに下ってベンチのある展望台からの景色も素晴らしい。ここも五鬼城展望公園の一部に相当するんだろう。ここまで下ってきたら下山は目前。かなり暑かったけど、楽しかったな〜
2019年05月25日 13:08撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに下ってベンチのある展望台からの景色も素晴らしい。ここも五鬼城展望公園の一部に相当するんだろう。ここまで下ってきたら下山は目前。かなり暑かったけど、楽しかったな〜
2
三宮センタープラザ地下一階「大戸屋」さんの「バジルチキンサラダ定食」がヘルシーで山行帰りにはぴったり!
2019年05月25日 17:25撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三宮センタープラザ地下一階「大戸屋」さんの「バジルチキンサラダ定食」がヘルシーで山行帰りにはぴったり!
3

感想/記録

今回は同行者の希望ルートの組み合わせで歩いた。
「炭ヶ谷」の上りも久しぶりだが、それ以上に久しぶりだったのは「かわうそ池〜まむし谷」の下り。そういえば「上野道」を下るのもちょっと間があいたかな。

「炭ヶ谷」は訪れるたびに歩きやすくなっている感じ。道標も新しくなっていく。
「かわうそ池〜まむし谷」の道に特に大きな変化はなかったが、「シェール道」との合流地点がいまだ水没していて池のような状態のまま。そこを思い切って直進するにはさすがにまだ深すぎるので、少し北2〜3mに歩いて迂回ルートを行くべし。大きな石が置かれているので渉りやすい。踏み跡もしっかりしているので、けっこうな人数がここを通っているということが分かる。迂回路を切り拓いてくれた方に感謝。というものの今回私達はそちらへ向かわず、「穂高湖」方面へ進んだけれど。

「穂高湖」をせき止めている「穂高堰堤」の西にある東屋でおにぎり休憩。その後西回りで「穂高湖」へ立ち寄り。「杣谷峠」へ出てから「アゴニー坂」を登って、「摩耶別山」のピーク地点をわざと通過してから「掬星台」へ。さすがに「掬星台」へ行くとたくさんの人がワイワイと賑やか。お気に入りのサイダーで乾いた喉を潤してから「上野道」を下った。
六甲山系の南側のメジャーな道を下ると、たくさんの人と出会う。ああ、そういう季節になったんだなあと実感した。この日はトレランを気取った人とたくさん会ったが、たぶん彼らが走るのは今の時期だけ。彼らは暑くなると見かけなくなってしまうので、あとちょっとの我慢かな。

今回はちょっと楽をして「観音寺」バス停から神戸市バスで布引、つまり新神戸駅まで出た。天然温泉はの二宮の「神戸クアハウス」、食事は三宮の「大戸屋」。その後は三宮センター街でぶらぶら買い物。繁華街や人の多い街中でうろうろしたり買い物したりするほうが、山歩きよりもよほど疲れるのはなんでだろう。ほんのちょっとの時間で足が疲れて気持ちもぐったりしてしまう。いつもそう。それが「山歩き好きあるある」なのかなと思ったり。人酔いするんだろうか。あるいは単なる人嫌いなのかな(笑)。
訪問者数:91人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ