また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1874468 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

エビ小屋山への愛が深まりました(^^ゞ

日程 2019年06月01日(土) [日帰り]
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
電車
行き:古里駅(青梅線=東京アドベンチャーライン)
帰り:川井駅(青梅線=東京アドベンチャーライン)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち37%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間35分
休憩
22分
合計
6時間57分
S古里駅07:3407:46愛宕神社07:4808:21管理番号22-010指導標08:38図窓山直登尾根分岐08:4308:56721m峰(ズマド北峰・妻戸山)09:0009:06川井駅分岐09:0709:24三ノ戸山(峰戸山・ミノト山)09:55赤杭山(赤久奈山・笹平ノ峰)09:5710:03真名井沢分岐10:0410:08桃ノ木平10:0910:51エビ小屋山(三道山・クマタカ山・布滝沢ノ頭)10:5511:38957m小ピーク11:3911:44桃ノ木平13:24真名井北稜登山口13:2513:51八桑14:31川井駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
○登山ポスト
古里駅改札出て左にあります。

○トイレ
古里駅、川井駅

○ルート状況
古里駅→愛宕神社→p472m→管理番号22-010指導標
青梅街道から愛宕神社までの登りは急です。
ちなみに裏参道もあります。
以前参拝した時、帰りは裏参道で降りました。
愛宕神社の右側にとりつきあります。出だしが一番大変で、径はあるのですが、急で足元がなく、つかまれる木などをたどり行きました。あとは途中細い径もありましたが大丈夫です。

管理番号22-010指導標→管理番号22-020指導標→ズマド山北峰
管理番号22-010から管理番号22-020は登山径なので問題ありません。
管理番号22-020からズマド山北峰はずっと急斜面でした。落ちないようくれぐれもお気をつけください。

ズマド山北峰→管理番号22-030指導標→峰戸山(三ノ戸山)→赤杭山→管理番号22-040指導標
管理番号22-030指導標から峰戸山(三ノ戸山)は途中、登山径左に尾根に行く径があります。これに乗るとおそらく峰戸山に直通で行けると思います。私は途中まで登山径で行き、峰戸山(三ノ戸山)が見えたら直登しました。峰戸山からだいたい西方向に赤杭尾根の登山径にぶつかる径あります。あとは登山径なので問題ありません。

管理番号22-040指導標→エビ小屋山
(仮称)エビ小屋山東南東尾根は出だしは急ですが、二足歩行、途中から岩をよじ登り、普通の尾根に乗り少し行くと広々とした針葉樹林帯になりますが、ここも結構急です。でも登りきると、エビ小屋山への愛が深まります(*^^*)

真名井林道
ほとんどがダート道です。石で足をうっかりくじかないように気をつけましょう。
この林道長いです。
エスケープルートには不向きかもしれません。
その他周辺情報青梅駅前に「つぶあんカフェ」さんがあります。
ホームページのURLは以下の通りです。
http://tsubuancafe.com/wordpress/
過去天気図(気象庁) 2019年06月の天気図 [pdf]

写真

今日は古里駅から出発です。
左側のズマド山北峰もおじゃまします。
まずは愛宕神社からサス尾根を行ってみます。
2019年06月01日 07:34撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は古里駅から出発です。
左側のズマド山北峰もおじゃまします。
まずは愛宕神社からサス尾根を行ってみます。
7
青梅街道を西に進んでいます。
ここをくぐって少し行くと愛宕神社の裏参道に行けます。
2019年06月01日 07:39撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青梅街道を西に進んでいます。
ここをくぐって少し行くと愛宕神社の裏参道に行けます。
7
夕陽向フ大根♪
2019年06月01日 07:40撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕陽向フ大根♪
5
愛宕神社の表参道です。
階段急です。
後ろに落ちそうになるので気をつけます。
2019年06月01日 07:42撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
愛宕神社の表参道です。
階段急です。
後ろに落ちそうになるので気をつけます。
11
途中の神様にも御挨拶しました。
2019年06月01日 07:43撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中の神様にも御挨拶しました。
7
左が愛宕神社、中がお稲荷様、右が山神様です。
2019年06月01日 07:46撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左が愛宕神社、中がお稲荷様、右が山神様です。
7
右側の径が裏参道です。
2019年06月01日 07:47撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右側の径が裏参道です。
6
こちらの神様の前の径を行きます。
2019年06月01日 07:48撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらの神様の前の径を行きます。
8
写真よりも急です。径はあるのですが、足元が不安定です。
2019年06月01日 07:53撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真よりも急です。径はあるのですが、足元が不安定です。
7
一瞬ひらけます。
2019年06月01日 07:59撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一瞬ひらけます。
7
途中にアンテナがあります。
2019年06月01日 08:02撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中にアンテナがあります。
5
木々の間をくぐりぬけます。
2019年06月01日 08:06撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木々の間をくぐりぬけます。
6
コアジサイ咲き始めました。
2019年06月01日 08:06撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コアジサイ咲き始めました。
9
石積みもあります。
2019年06月01日 08:11撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石積みもあります。
6
不思議なネジネジの木。
2019年06月01日 08:20撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不思議なネジネジの木。
6
これが見えると管理番号22-010指導標はすぐです。
2019年06月01日 08:20撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが見えると管理番号22-010指導標はすぐです。
7
管理番号22-010指導標に来ました。
2019年06月01日 08:21撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
管理番号22-010指導標に来ました。
7
管理番号22-020指導標まで登山径を行きます。
2019年06月01日 08:23撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
管理番号22-020指導標まで登山径を行きます。
7
管理番号22-020指導標まできました。
指導標の右側の径をズマド山北峰まで行きます。
2019年06月01日 08:34撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
管理番号22-020指導標まできました。
指導標の右側の径をズマド山北峰まで行きます。
6
尾根の上なので迷うことはありません。
2019年06月01日 08:38撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根の上なので迷うことはありません。
5
ズマド山北峰までずっと急でした。
2019年06月01日 08:39撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ズマド山北峰までずっと急でした。
7
ここが一番大変でした。
2019年06月01日 08:43撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが一番大変でした。
10
ズマド山北峰が見えてきました。
2019年06月01日 08:59撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ズマド山北峰が見えてきました。
6
ズマド山北峰到着。
2019年06月01日 08:59撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ズマド山北峰到着。
7
管理番号22-030指導標に向かいます。
2019年06月01日 09:04撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
管理番号22-030指導標に向かいます。
6
管理番号22-030指導標に到着しました。
峰戸山(三ノ戸山)に向かいます。
2019年06月01日 09:06撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
管理番号22-030指導標に到着しました。
峰戸山(三ノ戸山)に向かいます。
6
途中写真を撮り忘れたのですが、登山径の左側に、峰戸山(三ノ戸山)に行けそうな尾根のとりつきがありました。
今日はここから登ります。
2019年06月01日 09:17撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中写真を撮り忘れたのですが、登山径の左側に、峰戸山(三ノ戸山)に行けそうな尾根のとりつきがありました。
今日はここから登ります。
7
先のとりつきから来た場合ここに来ると思います。
2019年06月01日 09:23撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先のとりつきから来た場合ここに来ると思います。
6
登山径の左側に、峰戸山(三ノ戸山)に到着。
2019年06月01日 09:24撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山径の左側に、峰戸山(三ノ戸山)に到着。
6
峰戸山(三ノ戸山)から西の方に踏跡があります。
2019年06月01日 09:27撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峰戸山(三ノ戸山)から西の方に踏跡があります。
5
ここで登山径と合流しました。
2019年06月01日 09:32撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで登山径と合流しました。
5
赤杭山に向かいます。
2019年06月01日 09:32撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤杭山に向かいます。
5
太陽の光を浴びて緑が輝いています。
2019年06月01日 09:41撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太陽の光を浴びて緑が輝いています。
5
ピーンとまっすぐな杉、好きです。
2019年06月01日 09:46撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピーンとまっすぐな杉、好きです。
8
赤杭山へは左の径を行きます。
2019年06月01日 09:52撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤杭山へは左の径を行きます。
6
赤杭山到着。
三等三角点「大渡」。
2019年06月01日 09:56撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤杭山到着。
三等三角点「大渡」。
10
登山径に合流。
2019年06月01日 09:58撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山径に合流。
5
本仁田山♪
2019年06月01日 10:02撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本仁田山♪
8
なんとか花折戸尾根も♪
2019年06月01日 10:02撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとか花折戸尾根も♪
5
林道に出ました。
2019年06月01日 10:11撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道に出ました。
6
管理番号22-040指導標の左の径行きます。
仮称エビ小屋山東南東尾根です。
2019年06月01日 10:15撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
管理番号22-040指導標の左の径行きます。
仮称エビ小屋山東南東尾根です。
5
最初はまあまあの急斜面。
2019年06月01日 10:20撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初はまあまあの急斜面。
8
ここらへんがよじ登り系の急斜面。
2019年06月01日 10:25撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここらへんがよじ登り系の急斜面。
9
ちょっと一息の尾根。
2019年06月01日 10:27撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと一息の尾根。
7
しかしここからエビ小屋山山頂までの120mくらいがしんどい急斜面。
2019年06月01日 10:34撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかしここからエビ小屋山山頂までの120mくらいがしんどい急斜面。
9
このあたりで、華原朋美さんの「I'm proud」を歌い出しました。
おそらく「Lonely くじけそうな」と「I'm proud 届きそうで つかめない いちごのように」がこの時の心境にぴったりのフレーズだったからだと思います。(歌詞はうろ覚えです。)
華原朋美さんの高音のきれいなビブラートとは程遠い歌声でした……
2019年06月01日 10:36撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりで、華原朋美さんの「I'm proud」を歌い出しました。
おそらく「Lonely くじけそうな」と「I'm proud 届きそうで つかめない いちごのように」がこの時の心境にぴったりのフレーズだったからだと思います。(歌詞はうろ覚えです。)
華原朋美さんの高音のきれいなビブラートとは程遠い歌声でした……
7
歌いながら頑張って登る。
2019年06月01日 10:46撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歌いながら頑張って登る。
8
やっと斜度が普通になりました。
2019年06月01日 10:48撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと斜度が普通になりました。
7
エビ小屋山山頂が見えました。
2019年06月01日 10:51撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エビ小屋山山頂が見えました。
8
エビ小屋山山頂に到着。
仮称エビ小屋山東南東尾根を登ったおかげで、エビ小屋山に対する愛が深まりました(^^)v
2019年06月01日 10:52撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エビ小屋山山頂に到着。
仮称エビ小屋山東南東尾根を登ったおかげで、エビ小屋山に対する愛が深まりました(^^)v
12
エビ小屋山南東尾根はもっと大変そうです。
2019年06月01日 10:52撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エビ小屋山南東尾根はもっと大変そうです。
5
エビ小屋山の全体風景。
2019年06月01日 10:52撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エビ小屋山の全体風景。
6
さて下山します。
2019年06月01日 11:01撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて下山します。
6
管理番号22-050指導標まできました。
2019年06月01日 11:09撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
管理番号22-050指導標まできました。
7
登山径も気をつけていきます。
2019年06月01日 11:19撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山径も気をつけていきます。
7
管理番号22-040指導標まで戻ってきました。
2019年06月01日 11:32撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
管理番号22-040指導標まで戻ってきました。
5
p957mに行きます。
2019年06月01日 11:33撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
p957mに行きます。
7
今日は真名井林道を行きます。
2019年06月01日 11:43撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は真名井林道を行きます。
5
林道脇の斜面にクマさんの足跡がありました。
個人的見解ですが、奥多摩エリアのクマさんは林道が好きだと思います。
2019年06月01日 11:49撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道脇の斜面にクマさんの足跡がありました。
個人的見解ですが、奥多摩エリアのクマさんは林道が好きだと思います。
9
左が真名井北稜です。
2019年06月01日 12:07撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左が真名井北稜です。
6
桃ノ木沢です。
2019年06月01日 12:25撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桃ノ木沢です。
5
落石箇所もあります。
2019年06月01日 12:30撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落石箇所もあります。
7
地図によるとこの辺りに四等三角点「梨木沢」があるはずなのですが、見当たりませんでした。
2019年06月01日 12:50撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地図によるとこの辺りに四等三角点「梨木沢」があるはずなのですが、見当たりませんでした。
6
真名井沢です。
2019年06月01日 13:06撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真名井沢です。
5
ここが真名井北稜のとりつきです。
2019年06月01日 13:25撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが真名井北稜のとりつきです。
7
馬頭観音様?です。
御挨拶しました。
2019年06月01日 13:33撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬頭観音様?です。
御挨拶しました。
7
名坂峠へのとりつきも確認しました。
2019年06月01日 13:51撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名坂峠へのとりつきも確認しました。
5
「右ハちゝぶ道 左ハ山道」の道しるべ。
2019年06月01日 13:51撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「右ハちゝぶ道 左ハ山道」の道しるべ。
7
宝暦箱訴事件大丹波村牢死者供養碑です。
領主の田安家が年貢を増やしたので、減らしてもらおうと、門訴に及んだ大丹波村の年番名主七郎左衛門さん、年番組頭長兵衛さん、百姓政右衛門さんが吟味中牢死された供養碑です。
2019年06月01日 13:55撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝暦箱訴事件大丹波村牢死者供養碑です。
領主の田安家が年貢を増やしたので、減らしてもらおうと、門訴に及んだ大丹波村の年番名主七郎左衛門さん、年番組頭長兵衛さん、百姓政右衛門さんが吟味中牢死された供養碑です。
8
蝉沢橋に道祖神様がいらっしゃいました。
御挨拶しました。
大丹波集落と蝉沢集落の境だからいらっしゃるのかなと思いました。
2019年06月01日 14:12撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蝉沢橋に道祖神様がいらっしゃいました。
御挨拶しました。
大丹波集落と蝉沢集落の境だからいらっしゃるのかなと思いました。
9
奥多摩大橋が見えてきました。
2019年06月01日 14:26撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥多摩大橋が見えてきました。
7
川井駅に着きました。
2019年06月01日 14:33撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川井駅に着きました。
6
今日も青梅駅で下車してつぶあんカフェさんに寄りました。
2019年06月01日 15:11撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日も青梅駅で下車してつぶあんカフェさんに寄りました。
7
今日はポークジンジャーカレーのデザートセットをいただきました。
デザート写真に撮るのを忘れましたが、こんがりパウンドケーキでした。
本当においしかったです。
2019年06月01日 15:22撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日はポークジンジャーカレーのデザートセットをいただきました。
デザート写真に撮るのを忘れましたが、こんがりパウンドケーキでした。
本当においしかったです。
16

感想/記録

今日は立川駅でトイレに行きたくなった。
6:21発奥多摩行きに間に合わなかったら、武蔵五日市線に乗って、武蔵五日市駅から通矢尾根か、幸神尾根、ロンデン尾根を行こうと思った。
なんとか6:21に間に合い、予定通り赤杭尾根でやろうと思っていたことをした。

^ε羶声劼ら管理番号22-010に行くサス尾根を行ってみる
管理番号22-020指導標の裏からズマド山北峰に登ってみる
J戸山(三ノ戸山)を踏む
ご浜番号22-040から仮称エビ小屋山東南東尾根を行く

△盖泙任舛腓辰搬臺僂世辰燭、い一番予想外だった。最初の70mを乗りきれば大丈夫かなと思っていたのだが、30mくらいのゆるやかな尾根の後の針葉樹林帯の120mの急斜面がキツかった。何故か、途中から華原朋美さんの「I'm proud」を歌い始めてしまった。きっと「Lonely くじけそうな」と「I'm proud 届きそうで つかめない いちごのように」の歌詞が、進んでもなかなかたどり着けないエビ小屋山とかぶったからだと思う。(歌詞はうろ覚えであったが(^^ゞ)
そして、エビ小屋山にたどり着いた時には、エビ小屋山への愛が深まったことを感じた。
エビ小屋山南東尾根は、この比ではないのでエライ大変なんだろうなあと思った…

私のレコをお読みいたたきありがとうございます。
心から感謝申し上げます。
訪問者数:202人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ