また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1883899 全員に公開 ハイキング伊豆・愛鷹

越前岳

日程 2019年06月06日(木) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち93%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間49分
休憩
34分
合計
5時間23分
S須山愛鷹登山口04:4605:18割石峠・前岳分岐(東沢)05:1905:22大沢橋05:3006:48割石峠06:4907:04呼子岳07:0907:18高場所尾根への分岐07:1908:17愛鷹山08:2508:43富士見台08:4409:07鋸岳展望台09:1309:35富士見峠09:3709:43愛鷹山荘10:07須山愛鷹登山口10:0810:09ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2019年06月の天気図 [pdf]

写真

4時45分、「須山愛鷹登山口」駐車場先の「←割石峠4.5km」標識に従い、舗装林道を西へ進む。
2019年06月06日 15:31撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4時45分、「須山愛鷹登山口」駐車場先の「←割石峠4.5km」標識に従い、舗装林道を西へ進む。
550m先で幅広の「大沢」河原を横切ると丁度、東に朝日が昇る。
2019年06月06日 04:56撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
550m先で幅広の「大沢」河原を横切ると丁度、東に朝日が昇る。
1
更に沢右岸を700mほど進んで「落石注意」看板地点を通過すると、苔むした荒れた山道が始まった。
2019年06月06日 05:12撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
更に沢右岸を700mほど進んで「落石注意」看板地点を通過すると、苔むした荒れた山道が始まった。
5時21分、標高890m辺りで「大沢橋」を通過し、水のない大沢左岸を上っていく。
2019年06月06日 05:21撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5時21分、標高890m辺りで「大沢橋」を通過し、水のない大沢左岸を上っていく。
標高950m辺りから大石のゴロツク涸れ沢の中を辿るようになった。
2019年06月06日 05:39撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高950m辺りから大石のゴロツク涸れ沢の中を辿るようになった。
山地図の「954」ポイントが「沢の出合」地点で赤テープに従い、右沢へ登り、100mほど先で「大杉」横を通過。
2019年06月06日 15:36撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山地図の「954」ポイントが「沢の出合」地点で赤テープに従い、右沢へ登り、100mほど先で「大杉」横を通過。
標高1045m辺りまで上って道を見失い、慎重にコース探し。赤テープを見つけ、沢を渡ってすぐに渡り返す。
2019年06月06日 05:53撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1045m辺りまで上って道を見失い、慎重にコース探し。赤テープを見つけ、沢を渡ってすぐに渡り返す。
標高1100m辺りは赤テープを探しながら、ガレ沢を登り、標高1150mで左沢へ、
2019年06月06日 06:21撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1100m辺りは赤テープを探しながら、ガレ沢を登り、標高1150mで左沢へ、
標高1170mで右沢へガイドされた。
2019年06月06日 06:39撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1170mで右沢へガイドされた。
6時48分、標高1250mの「割石峠」の三分岐は「呼子岳→」標識に従い、右への痩せ尾根へ進む。
2019年06月06日 06:49撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6時48分、標高1250mの「割石峠」の三分岐は「呼子岳→」標識に従い、右への痩せ尾根へ進む。
北の「越前岳」の左に「富士山」が見えたのでカメラに収める。
2019年06月06日 07:06撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北の「越前岳」の左に「富士山」が見えたのでカメラに収める。
左へ90度方向を代え、正面に姿を見せた「呼子岳」を目指す。
2019年06月06日 07:01撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左へ90度方向を代え、正面に姿を見せた「呼子岳」を目指す。
7時5分、「呼子岳1310m」に到着。一息ついて北の「越前岳」を目指す。
2019年06月06日 07:05撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7時5分、「呼子岳1310m」に到着。一息ついて北の「越前岳」を目指す。
300m先で「高場所尾根分岐」を通過し、西に視界が利く幅狭尾根を北進。
2019年06月06日 15:15撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
300m先で「高場所尾根分岐」を通過し、西に視界が利く幅狭尾根を北進。
「越前岳」への上りが始まるとコース脇に1本だけ満開の「ツツジ」。
2019年06月06日 07:36撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「越前岳」への上りが始まるとコース脇に1本だけ満開の「ツツジ」。
葉っぱが5枚で雄蕊が10本で登山目的の「アシタカツツジ」!!。喜んでカメラに収め、山頂を目指す。
2019年06月06日 07:37撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
葉っぱが5枚で雄蕊が10本で登山目的の「アシタカツツジ」!!。喜んでカメラに収め、山頂を目指す。
3
8時16分、「越前岳1504m」に到着。山頂周辺にピンク色は見えなかった。10分ほどの滞留で「山神社→」標識に従い東へ下山開始。
2019年06月06日 08:19撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8時16分、「越前岳1504m」に到着。山頂周辺にピンク色は見えなかった。10分ほどの滞留で「山神社→」標識に従い東へ下山開始。
2
高度で70mほど下った「富士見台」に着くと気北に見える筈の「富士山」は雲の中。下山を続行。
2019年06月06日 08:45撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高度で70mほど下った「富士見台」に着くと気北に見える筈の「富士山」は雲の中。下山を続行。
標高1180m辺りの「鋸岳展望台」標識個所から南を展望すると・・「位牌岳」と「鋸岳」の間の尾根稜線が鋸の歯状。
2019年06月06日 09:13撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1180m辺りの「鋸岳展望台」標識個所から南を展望すると・・「位牌岳」と「鋸岳」の間の尾根稜線が鋸の歯状。
9時33分、標高990mの三分岐は「愛鷹山神社1km→」標識に従い、右下へ下る。
2019年06月06日 09:33撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9時33分、標高990mの三分岐は「愛鷹山神社1km→」標識に従い、右下へ下る。
杉林をほぼ下りきって「愛鷹山神社」に安全帰還のお礼参りを済ませ、
2019年06月06日 10:06撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杉林をほぼ下りきって「愛鷹山神社」に安全帰還のお礼参りを済ませ、
10時8分、すぐ先の駐車場に戻り、帰路に就く。
2019年06月06日 10:07撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10時8分、すぐ先の駐車場に戻り、帰路に就く。

感想/記録
by maron2

「割石峠」までは林道のような山道を予想していましたが・・赤テープに頼ったり、石のゴロツク沢上りを強いられたり、結構厳しいコースでした。
訪問者数:364人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ