また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1903902 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

新穂高から穂高岳山荘まで 白出沢

日程 2019年06月22日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れのち曇り時々雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
14時間10分
休憩
40分
合計
14時間50分
S新穂高温泉無料駐車場04:0006:10白出沢出合07:30重太郎橋12:05穂高岳山荘12:4516:00重太郎橋17:20白出沢出合18:50ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報ひがくの湯 登山者割引あり
過去天気図(気象庁) 2019年06月の天気図 [pdf]

写真

今日は木の葉が丁度よく顔を隠してる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は木の葉が丁度よく顔を隠してる
沢に雪渓が見えてきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢に雪渓が見えてきた
今日の核心部 重太郎橋
この時期は橋がスノーブリッジ
石にかかった取り付き部分かなり薄い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の核心部 重太郎橋
この時期は橋がスノーブリッジ
石にかかった取り付き部分かなり薄い
5
登りは岩切道に取り付きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りは岩切道に取り付きます
上から見た重太郎橋付近の様子
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上から見た重太郎橋付近の様子
2
荷継小屋を出発して長い白出雪渓へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荷継小屋を出発して長い白出雪渓へ
3
登るにつれ斜度がきつくなっていく
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登るにつれ斜度がきつくなっていく
2
穂高らしい岩の様相
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高らしい岩の様相
1
穂高岳山荘に到着
貸し切りでした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高岳山荘に到着
貸し切りでした
2
みそラーメンとbansuke19さんのイチゴミルク
雨がまとまってきたので下山することに
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
みそラーメンとbansuke19さんのイチゴミルク
雨がまとまってきたので下山することに
3
雪渓を下り始めたら天候が急回復
穂高あるあるというらしい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓を下り始めたら天候が急回復
穂高あるあるというらしい。
4
楽しみ方は色々。今日は雪渓を満喫する大会。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
楽しみ方は色々。今日は雪渓を満喫する大会。
4
落石観察、尻セード大会など
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落石観察、尻セード大会など
人が居ると景色のスケール感がよくわかる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人が居ると景色のスケール感がよくわかる
1
重太郎橋は7月上旬に架かるそうです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
重太郎橋は7月上旬に架かるそうです
3
林道と山小屋以外では誰にも会わなかったので
最後に3人のザックで記念撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道と山小屋以外では誰にも会わなかったので
最後に3人のザックで記念撮影
5

感想/記録

bansuke19さんと穂高に行く計画を立てていたら
mochihikoさんからも22日に登山の打診があったので
3人で新穂高から奥穂高方面へ歩きに行って来ました

この時期、重太郎橋が架かっていないので
その周辺の雪渓の状態、谷の水量でこの山行の全てが決まる。
帰りにおいても増水したら渡渉出来ないため急な雨の場合は迅速な
判断が求められる。

穂高岳山荘の情報では雪渓が薄くなってるので気を付けて
下さいとのこと。自分の目で見るまではドキドキでしたが
現地に着いてなんとか渡れそうだったので一安心でした。

自分にとってここがある意味、登山口だったと思います。
後は、順調に雪渓上部まで行きましたが、まさかの雨
山荘で休憩してもどんどん、雨がまとまってきたので
このまま降りることにしました。

その後、天気が急回復したので急がず、この時期の雪渓を
満喫しつつ下山することに。
その時々の状況で100%楽しむ。
そういった意味でも今回の登山も大成功でした。




感想/記録

9合目付近の雪渓の下りは、ホント怖かった。あの傾斜・・・
一日で往復できたことに感動、そして超筋肉痛!
落石を目の当たりにしたのは、今後の山の歩き方に注意点として活きそうです。

下調べありがとうございました、いい経験ができました!!

感想/記録

またまた、1人ではとても行くことが出来ない場所へ連れて行ってもらいました。山頂へは実力不足で断念しました。次回までに技量をあげたいと思います。
 
 次は季節を変えて山頂にたてるときに来てみたいです。それまでに知識を蓄えたいと思います。
訪問者数:1162人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2007/2/10
投稿数: 6930
2019/6/25 6:03
 すばらしい!
雨に降られたとはいえ、素晴らしい山行でしたね。
登録日: 2011/5/29
投稿数: 2583
2019/6/25 10:39
 Re: すばらしい!
bmwr1200rs さん
ありがとうございます。
雨に降られても、山荘まででも
山を楽しめる仲間で本当に良かったです

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ