また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1904566 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

丸山・大峠山(南アルプスフロントトレイル。梅雨空の地味な山行)

日程 2019年06月23日(日) [日帰り]
メンバー
 yama-ari(CL)
 reg(食事)
天候くもり時々雨
■丸山 06:08 10℃ 無風
■大峠山 07:38 12℃ 無風
■富士見山 13:36 12℃ 無風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
二台の自家用車を使用。一台を終点の南アルプスプラザにデポし、起点の池ノ茶屋林道起点(池ノ茶屋峠)に向かいました。南アルプスプラザは10台ほど、池ノ茶屋林道起点は3台ほど、それぞれ駐車可能。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間11分
休憩
1時間24分
合計
11時間35分
S池ノ茶屋林道起点05:3005:36林道 足馴峠線起点05:3705:51丸山展望台05:5206:08丸山06:0906:21丸山展望台06:33富士山展望所07:03源氏山登山口07:1007:23大峠山分岐07:38大峠山07:46大峠山分岐07:4807:57十谷/出頂ノ茶屋跡分岐08:0208:33足馴峠08:4109:08岡松山09:0909:49倉尾山10:1911:40十谷峠11:5512:24御殿山12:50堂平分岐12:5212:59御殿山への分岐13:11富士見山見晴台13:2013:36富士見山14:19大天上14:2016:58早川町役場16:5917:04南アルプスプラザ17:05ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
このエリアは南アルプスフロントトレイルの標識が整備されていますが、登山道はすべて整備されているわけではありません。道迷いしやすいところや、踏跡が薄い箇所もあります。GPSなどそれなりの装備が必要です。核心部は倉尾山の急坂の南斜面(ロープ設置あり)。リボンは全コース通じて、所々にあります。
その他周辺情報つむぎの湯
http://www.tsumugi-spa.com/
大人 町外400円
過去天気図(気象庁) 2019年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 救急セット ヘッドライトPETZL ZIPKA PLUS2 非常用防寒シート 手袋・フェイスマスク(1) レインウェアTHE NORTH FACEマウンテンレインテックス(1) 手拭・ハンカチ・ティッシュ(1) 地図・コンパス(1) 高度計・時計Suunto Core Glacier Gray(1) カメラOLINPUS TOUGH TG-5(1) 携帯食 水2.0L

写真

最初におことわりしておきます。曇天で景色ゼロのとても地味な山行です(涙)。課題であった南アルプスフロントトレイルを制覇するために池ノ茶屋林道起点(池ノ茶屋峠)から出発します。
2019年06月23日 05:30撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初におことわりしておきます。曇天で景色ゼロのとても地味な山行です(涙)。課題であった南アルプスフロントトレイルを制覇するために池ノ茶屋林道起点(池ノ茶屋峠)から出発します。
1
ああ、そうだった。もう一つ目的がありました(笑)。みんなで選ぶ200名山の調査も実施します。まずは丸山から。この法面の手前から入っていきます。
2019年06月23日 05:40撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ああ、そうだった。もう一つ目的がありました(笑)。みんなで選ぶ200名山の調査も実施します。まずは丸山から。この法面の手前から入っていきます。
1
K氏が愛するregさんのために取り付けたリボンを頼りに尾根を登っていきます。
2019年06月23日 05:44撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
K氏が愛するregさんのために取り付けたリボンを頼りに尾根を登っていきます。
1
きゃ〜〜〜〜! 熊爪。
2019年06月23日 05:47撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きゃ〜〜〜〜! 熊爪。
2
誰が名づけたか丸山展望台。雲がなければ富士山がみえる絶景ポイントなんでしょうね。
2019年06月23日 05:53撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
誰が名づけたか丸山展望台。雲がなければ富士山がみえる絶景ポイントなんでしょうね。
2
丸山山頂。三角点がありました。展望なし。
2019年06月23日 06:08撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸山山頂。三角点がありました。展望なし。
2
癒されるヤマツツジ。
2019年06月23日 06:23撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
癒されるヤマツツジ。
3
足馴峠林道を進みます。
2019年06月23日 06:40撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足馴峠林道を進みます。
1
横をみると丸山が存在感を示していました。
2019年06月23日 07:01撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横をみると丸山が存在感を示していました。
2
フロントトレイルの標識に従い、ここから山に入ります。
2019年06月23日 07:05撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フロントトレイルの標識に従い、ここから山に入ります。
1
シロバナノヘビイチゴ
2019年06月23日 07:16撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シロバナノヘビイチゴ
3
大峠山分岐に到着。大峠山方面は、マジックで縦に書かれています。大峠山は気になっていた山なので、山梨200の候補になるか調査しに行きます。
2019年06月23日 07:21撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大峠山分岐に到着。大峠山方面は、マジックで縦に書かれています。大峠山は気になっていた山なので、山梨200の候補になるか調査しに行きます。
1
崩落地の横を進みます。
2019年06月23日 07:24撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩落地の横を進みます。
1
崩落地から見えた、本日唯一の南ア。赤石岳でしょうか?
2019年06月23日 07:27撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩落地から見えた、本日唯一の南ア。赤石岳でしょうか?
3
大峠山山頂。展望なし。
2019年06月23日 07:35撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大峠山山頂。展望なし。
1
一等三角点があります。かつてはヤグラがあったみたいです。
2019年06月23日 07:35撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一等三角点があります。かつてはヤグラがあったみたいです。
2
本日唯一の青空。大峠山山頂にて。
2019年06月23日 07:43撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日唯一の青空。大峠山山頂にて。
3
大峠山分岐までもどって今度は標識通りに足馴峠に向かいます。が、ここで大きなミス。山に直登するのが正解でしたが、踏跡薄くて違うと思い込み、右にみえる源氏山の看板のいい道へ。
2019年06月23日 07:46撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大峠山分岐までもどって今度は標識通りに足馴峠に向かいます。が、ここで大きなミス。山に直登するのが正解でしたが、踏跡薄くて違うと思い込み、右にみえる源氏山の看板のいい道へ。
1
国土地理院の登山道でいきますが、完全に崩落で道がなくなっています。ザレ場をトラバースするregさん。ザレ場を過ぎても、明瞭な道はありませんでした。
2019年06月23日 08:10撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国土地理院の登山道でいきますが、完全に崩落で道がなくなっています。ザレ場をトラバースするregさん。ザレ場を過ぎても、明瞭な道はありませんでした。
3
GPSを頼りになんとか足馴峠へ。よかった〜〜。
2019年06月23日 08:30撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
GPSを頼りになんとか足馴峠へ。よかった〜〜。
1
足馴峠からの道は破線レベル。リボンもところどころにありました。
2019年06月23日 09:14撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足馴峠からの道は破線レベル。リボンもところどころにありました。
1
倉尾山。富士山方面と南ア方面が伐採してあって、数少ない眺望場所。ガスを恨みます(涙)。
2019年06月23日 09:42撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倉尾山。富士山方面と南ア方面が伐採してあって、数少ない眺望場所。ガスを恨みます(涙)。
2
ここでregさんのヤマ飯。岐阜のラーメンっていってたっけ。
2019年06月23日 10:01撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでregさんのヤマ飯。岐阜のラーメンっていってたっけ。
5
十石峠へと向かいます。分岐ポイントにはこの標柱が。
2019年06月23日 10:21撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十石峠へと向かいます。分岐ポイントにはこの標柱が。
1
激下り。ロープが設置してありますが、こりゃ〜大変だ。南アフロントトレイルのセクション2で一番の核心部です。鬼頬レベルをはるかにしのいでいます。
2019年06月23日 10:30撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
激下り。ロープが設置してありますが、こりゃ〜大変だ。南アフロントトレイルのセクション2で一番の核心部です。鬼頬レベルをはるかにしのいでいます。
1
ギンリョウソウみっけ!
2019年06月23日 10:25撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ギンリョウソウみっけ!
1
十石峠に到着! ここから南アフロントトレイルのセクション3開始。
2019年06月23日 11:39撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十石峠に到着! ここから南アフロントトレイルのセクション3開始。
1
御殿山に到着。
2019年06月23日 12:19撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御殿山に到着。
3
写真で撮るものがないので、コケでも撮ってみます。
2019年06月23日 12:48撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真で撮るものがないので、コケでも撮ってみます。
1
富士見山展望台。展望するものはありません(笑)
2019年06月23日 13:05撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見山展望台。展望するものはありません(笑)
1
富士見山はベンチも設置され、富士山方面と南ア方面が伐採されていました。いい場所になっていました。
2019年06月23日 13:34撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見山はベンチも設置され、富士山方面と南ア方面が伐採されていました。いい場所になっていました。
2
富士見山からは踏跡もなく、バリといった感じ。
2019年06月23日 13:36撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見山からは踏跡もなく、バリといった感じ。
1
大天上の登り返し。終盤にきての登りは結構きつい!
2019年06月23日 14:15撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大天上の登り返し。終盤にきての登りは結構きつい!
1
大天上。看板落ちていたので、刺しておきました。
2019年06月23日 14:28撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大天上。看板落ちていたので、刺しておきました。
1
フロントトレイルの大天上の看板は、山頂より100m南にありました。
2019年06月23日 14:32撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フロントトレイルの大天上の看板は、山頂より100m南にありました。
2
送電鉄塔の場所まで降りてきました。
2019年06月23日 15:35撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
送電鉄塔の場所まで降りてきました。
1
林道に合流。ここからは長いロードです。
2019年06月23日 15:59撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道に合流。ここからは長いロードです。
1
車を停めさせてもらった南アルプスプラザに到着。ガスガスでしたが、ロングトレイル楽しめました!
2019年06月23日 17:03撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車を停めさせてもらった南アルプスプラザに到着。ガスガスでしたが、ロングトレイル楽しめました!
2

感想/記録

■南アルプスフロントトレイル。梅雨空の地味な山行
 天気予報がころころ変わって、山選定に手間暇がかかる季節となりましたね。前々日は南信に晴れマークだったので、安平路を考えていましたが、前日になって中信に晴れマーク。それならばと蝶ヶ岳・大滝山かと思いきや、夜になって午後が雷雨予報。
 結局、曇りだけど雷雨の心配のない山梨県を選択することになりました。そうなれば、迷うことなく南アルプスフロントトレイル。hirokさんのレコをみてから制覇しなければと宿題になっていたコースです。今回は2台の自家用車を使い、セクション2(池の茶屋林道起点〜十石峠)セクション3(十石峠〜七面山北参道登山口)を一気に日帰りでいくことにしました。

 http://www.npofujikawa.net/sank/satrail.html

 ほぼ景色は期待できないコースですが、倉尾山と富士見山からは少しでも富士山や南アを見たかったです(涙)
 南アルプスフロントトレイルが部分的に整備されたといっても、それはポイント標識だけのこと(倉尾山からの核心部にはロープがありました)。実際には踏跡がないところや道迷いしやすい箇所もあります。行程も長いしアクセスしにくいので、行く際はそれなりの準備と覚悟が必要です。

感想/記録
by reg

言い訳させてください。

日曜日の荒天予報で山はなしでした。
ところが,土曜日の朝,突然の山予告。
はじめは,南信でした。
ところが,それが蝶が岳方面に変わります。
土曜日も仕事が忙しく,ご飯を考えている余裕がなかったため,
山小屋のご飯で勘弁してもらうことになりました。
なんとか仕事を終わらせて,
明日は荷物が軽いぞとウキウキして眠っていたら,23:20にメール。
南アルプスフロントに変更とのこと。
ご飯はコンビニでよいと言われましたが,
使う機会のなかった「岐阜タンメン」と
常備してあるチャーシューを持参し,
コンビニでカット野菜とゆでたまごを購入して
それなりのラーメンを作ることができました。

数年ぶりの山にちなまないご飯でしたが,
結局のところ,エピソードのない山行に
エピソードのないご飯ということで,
なんだか,形になりました。

エピソードはない岐阜タンメン(2人分)
<材料>
岐阜タンメン(寿がきや) 2食分
チャーシュー 4枚
カット野菜(コンビニ,野菜炒め用) 1袋
カットねぎ(コンビニ) 1袋
半熟ゆで卵(コンビニ) 1袋

<山で>
1 野菜をゆでる
2 麺を入れてさらにゆでる
3 器に移し,トッピングして完成
訪問者数:216人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/8/26
投稿数: 3398
2019/6/24 20:53
 立派なサインが
yama-ariさん、regさん、こんばんは

一気に池の茶屋から早川町までのロングを実行されたのですね。
しかも、丸山と大峠山の調査も実施されて、さすが発起人です。

随分と立派なサインが設置されたのですね。
しかも番号までふられていて。(1~12ぐらいですか?)
倉尾山のロープは私が行った時にもあったので、
変わったのはサインぐらいでしょうか。
何しろアクセスが悪いエリアなので、車2台作戦を取れない人には厳しいです。
この分だと踏み跡はなかなか明瞭にならないのでしょうね。
トレラン大会でも開催されれば、大きく変わりそうですが。

天気予報に翻弄され、23:20に予定変更でしたか!
それでも対応できるregさんはさすがです。
登録日: 2012/12/5
投稿数: 917
2019/6/24 21:08
 Re: 立派なサインが
hirokさん。こんばんわ
いつもコメントありがとうございます。
hirokさんのレコから時間がかかってしまいましたが、
ようやく南アフロントトレイルにいくことができました。
いつも刺激的なレコありがとうございます。

私たちがいったセクション2とセクション3は立派な標柱が
ありました。それぞれ1〜12くらいの番号がふられていたと思います。
登山道の整備といえば、倉尾山の南急斜面のロープくらいでしたが、
景色がみれるように富士見山や倉尾山の山頂が伐採されていたのは
すこし感動ものでした。

それにしてもこのコースを早川町から上がってくるhirokさんは
すごい! regさんと何度も話していました。改めてhirokさんの
すごさを思い知った山行でもありました。
登録日: 2013/9/25
投稿数: 308
2019/6/24 23:48
 いつかは南アルプスフロントトレイル〜♪
yama-ariさん、regさん、お久しぶりです。
山梨百を巡っていた時、大峠や富士見山は断片的にお邪魔したので、なんとなく記憶に残っており、懐かしく拝見しました。
私もhirokさんのレコから、南アルプスフロントトレイルの存在を知り、いつかは夜叉神から貫ヶ岳まで全線を数回に分けて歩いてみたいと思っていましたが、ルート作りが難しくなかなか実現できずにいます。
いつかは自分のヤマレコマップの分断された南アルプスフロントトレイルを赤線でつなぎたいと思っています。
お疲れ様でした。
登録日: 2012/12/5
投稿数: 917
2019/6/26 7:06
 Re: いつかは南アルプスフロントトレイル〜♪
YosshiTさん。おはようございます。
いつも精力的な山梨200調査、ありがとうございます。

YosshiTさんも南アルプスフロントトレイルを狙っていたんですね。
今回のセクション2セクション3ならYosshiTさんなら余裕で
日帰り踏破できると思いますが、問題は移動手段ですね。
公共バスは池ノ茶屋峠にきていないのでつらいですね。
YosshiTさんなら、セクション1(夜叉神〜池の茶屋)から
気に早川町までいけたりして(笑)

セクション4以降はこれから整備されるみたいなので、
標柱だけでなく、南部町の青笹山〜徳間峠の通行禁止の崩落個所が
整備されるのではないかと期待しています。そうなれば、貫ヶ岳まで
私もつないでみたいと思っています。
たぶんhirokさんもそれを待っている状態かと思います。

また何か情報がわかれば、お知らせします!
登録日: 2014/7/13
投稿数: 4817
2019/6/27 19:36
 丸山展望台はオッサンです
お2人さん  コンばんはpaper

最近違う方面のレコが忙しくなり、自分のをみていなかったワイ
ヤマレコに登録したのはオッサン
出会ったベテランの方から聞いたので登録したズラ
林業の方が昼飯食べる為にわざと伐採地にした場所ズラ

追伸
ウケでオッサンみたいにクマにあってほしかったワイ
登録日: 2012/12/5
投稿数: 917
2019/6/28 7:26
 Re: 丸山展望台はオッサンです
Kazuhagiさん。おはようございます。
山梨県は、台風なんともなくてよかったですね。

丸山展望台は、Kazuhagiさん命名って知ってましたよ!!
Kazuhagiさんの丸山調査レコは、私の愛読レコですから!
ガスで景色ないから、丸山展望台の写真をKazuhagiさんの
レコから盗用しようかとも企んでいました(笑)

クマはいままで一度も会ったことないんですよね〜〜
どうやったら、Kazuhagiさんみたいに会えるんですか?
逆に教えてほしいです。日ごろの行い?

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ