また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1915901 全員に公開 ハイキング八幡平・岩手山・秋田駒

秋田駒ケ岳:コマクサも咲いて花盛りの山は賑わっていた。

日程 2019年07月06日(土) [日帰り]
メンバー
天候雨のち晴れ一時曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
国道46号線から国見温泉までの道路は全舗装2車線で、登山口までの道路としては最も良い方。
国見温泉手前右側に登山者用駐車場40台程度かな。6日土曜は6時40分でも一杯。路上駐車となった。下山の13時には400m下まで(60台)路上駐車。道路が広めだからいいけど。今のシーズンの週末は大変です。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち82%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間22分
休憩
48分
合計
6時間10分
S国見地区公衆トイレ07:0007:04国見温泉07:49横長根出合07:5008:29男岳分岐08:3008:41かたがり泉水08:50駒池09:27五百羅漢09:3710:06男岳10:2310:34男岳鞍部10:3710:39阿弥陀池11:00秋田駒ヶ岳11:0511:16阿弥陀池避難小屋11:27横岳分岐11:31横岳11:3311:50大焼砂11:58男岳分岐12:06第二展望台12:1512:33横長根出合13:09国見温泉13:10国見地区公衆トイレG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険箇所は全くない。

写真

国見温泉の登山口、駐車場から舗装道路を温泉まで登って右側。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国見温泉の登山口、駐車場から舗装道路を温泉まで登って右側。
3
霧雨の樹林帯を登る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧雨の樹林帯を登る。
4
ゴゼンタチバナ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴゼンタチバナ。
2
横長根までの急な所は階段。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横長根までの急な所は階段。
2
稜線に乗って横長根の分岐。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に乗って横長根の分岐。
1
ハクサンチドリ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンチドリ。
4
横長根を登って行くと、晴れてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横長根を登って行くと、晴れてきた。
2
ベニバナイチヤクソウ。何だかかわいい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ベニバナイチヤクソウ。何だかかわいい。
8
ミヤマハンショウヅル。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマハンショウヅル。
6
ムーミン谷への分岐。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ムーミン谷への分岐。
3
砂礫地帯を行く。また、雲が架かってきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砂礫地帯を行く。また、雲が架かってきた。
1
急斜面の砂礫地にモスグリーンの小さな塊が。あちこち咲いているではないか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急斜面の砂礫地にモスグリーンの小さな塊が。あちこち咲いているではないか。
2
歩道から近いコマクサを望遠で。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩道から近いコマクサを望遠で。
4
このコマクサの株も良い。雨とガスに濡れて、元気になるかな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このコマクサの株も良い。雨とガスに濡れて、元気になるかな。
16
やっと、また雲が切れて、小岳と女岳かな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと、また雲が切れて、小岳と女岳かな。
1
チングルマの群生がすごい。イワカガミも添えて。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チングルマの群生がすごい。イワカガミも添えて。
6
雲が切れて、男岳からの稜線が見えてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲が切れて、男岳からの稜線が見えてきた。
3
チングルマの満開は続く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チングルマの満開は続く。
4
あれが五百羅漢かな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれが五百羅漢かな。
1
ミヤマキンバイかな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマキンバイかな。
3
右手、男岳の鞍部への急坂を登る人が大勢。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手、男岳の鞍部への急坂を登る人が大勢。
2
チングルマの花が終わるとこうなる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チングルマの花が終わるとこうなる。
3
五百羅漢に向かいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五百羅漢に向かいます。
2
この辺にはヒナザクラ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺にはヒナザクラ。
5
シラネアオイもまだ残っていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シラネアオイもまだ残っていた。
6
あの岩峰は左から巻いて行く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あの岩峰は左から巻いて行く。
4
ムシトリスミレ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ムシトリスミレ。
5
田沢湖が見える。秋田方面は良い天気みたい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
田沢湖が見える。秋田方面は良い天気みたい。
5
五百羅漢から田沢湖。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五百羅漢から田沢湖。
11
田沢湖スキー場方面。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
田沢湖スキー場方面。
2
五百羅漢から男岳山頂。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五百羅漢から男岳山頂。
4
男岳への登りから五百羅漢方面。後ろには田沢湖。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
男岳への登りから五百羅漢方面。後ろには田沢湖。
6
ミネウスユキソウ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミネウスユキソウ。
15
小岳の火口がはるか下になった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小岳の火口がはるか下になった。
5
中央遠くに鳥海山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央遠くに鳥海山。
5
ミヤマダイコンソウ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマダイコンソウ。
2
男岳山頂から男女岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
男岳山頂から男女岳。
1
男岳山頂から阿弥陀池〜横岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
男岳山頂から阿弥陀池〜横岳。
3
男岳山頂から小岳火口。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
男岳山頂から小岳火口。
4
少し下って阿弥陀池。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し下って阿弥陀池。
3
男岳鞍部から男女岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
男岳鞍部から男女岳。
4
阿弥陀池から避難小屋。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀池から避難小屋。
3
男女岳の登りで、白いハクサンチドリ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
男女岳の登りで、白いハクサンチドリ。
11
男女岳山頂から男岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
男女岳山頂から男岳。
1
男女岳山頂から阿弥陀池〜横岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
男女岳山頂から阿弥陀池〜横岳。
2
横岳の登りから。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横岳の登りから。
アカモノ(ピンぼけですが)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アカモノ(ピンぼけですが)
2
この綿状のものは?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この綿状のものは?
1
大焼砂はコマクサが満開。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大焼砂はコマクサが満開。
5
イワブクロが少し。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワブクロが少し。
11
横長根と田沢湖。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横長根と田沢湖。
2
国見温泉に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国見温泉に到着。
4

感想/記録
by kyen

この週末は南岸に梅雨前線、北日本はオホーツク高気圧が張り出して北東風で、東北南部と東北太平洋岸の山は天気が悪そうである。そうすると秋田駒ケ岳かな。以前8月に秋田側の8合目から行ったことがあるが、花の最盛期にも行ってみたいし、てんくらもAだったので、少し遠いが行ってみることにした。

6日朝の仙台は小雨、北上するに従って晴れてくるかと思ったのだが、岩手に入っても曇り、岩手山も雲が架かって見えない。秋田方面への国道46号線に入って山に近づくと、雲が架かって、また小雨ではないか。仙岩峠手前から国見温泉方面に入ると濃霧で小雨も降っている。6時40分位に着いたのだが、駐車場はほぼ一杯。さすがにこの時期の週末は、雨が降っていても賑わっているんだね。

晴れてくることを期待して、雨具を着て出発。舗装道路を少し登って国見温泉の所、右に登山口がある。初めは階段が続くが、直ぐに緩やかになって、樹林帯を登る。雨はあまり気にならない程度。途中、石のゴロゴロしている登りや泥の溝のような登りもあるが、尾根への最後は急な階段となって、横長根出合に着く。雨は止んで、もう雨の心配はないようだ。暑いので雨具は脱ぐ。横長根は緩い登りの繰り返しだが、上空の雲が薄くなると共に、主稜線も見えてきた。これは期待が持てる。ここまで樹林帯からゴゼンタチバナやマイズルソウが、稜線でもベニバナイチヤクソウ等が楽しめる。大焼砂手前の男岳分岐辺りは砂礫地となって植生が変わり、コマクサが咲いているはず。登山道以外には入れないのだが、近くに咲いているのもあった。モスグリーンの小さい株は相当の範囲に点在している。砂礫地が終わると、今度は満開のチングルマの中の木道を進む。

雲が上って周辺の峰の様子も見えるようになった。男岳鞍部への急坂を大勢の人が登っているのが見える。今回は途中から五百羅漢に向かって、男岳に行くことにする。分岐を入るとシラネアオイがまだ残っていた。この道は一部草が被っている所もあった。五百羅漢に着くと、田沢湖がきれいに見える。雲は東から来ていて、秋田側は天気が良いようだ。五百羅漢から男岳へは急な登りだが、それ程の時間はかからない。男岳山頂付近では、ほぼ晴れてきて、秋田駒ケ岳の全景や、遠くは鳥海山も見えるようになった。

男岳山頂から鞍部、さらに少しだけ下って阿弥陀池に向かうと益々人が多くなる。男女岳は、最高峰なので、一応行っておこう。でも登りの途中で白いハクサンチドリを見つけることができた。阿弥陀池避難小屋まで戻ると、ちょうど昼時なので、周辺も含めて大勢の人が休んでいる。真っ直ぐの木道を横岳へ向かう。横岳から下ると砂礫地となり、大焼砂になる。登山道の両側にはコマクサの株が点在し、多くの株に花が咲いているようだ。8月上旬までは楽しめると思う。

男岳への分岐からは横長根を通って下山する。昼になって、晴れが広がって来た。朝はあまり見えなかったのだが、横長根は田沢湖も見える結構眺めの良い道なんだなと思った。今日は、朝の雨でどうなるかと思ったが、直ぐに回復して梅雨時としては良い天候の下の山行だった。むしろ陽に照りつけれなくて、快適だった。秋田駒ケ岳はこの時期は稜線上のどこでも花を楽しめる。さすがに新花の百名山である。今日は多くの人(数百人)が秋田駒を楽しむことができただろう。
訪問者数:579人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ