ヤマレコなら、もっと自由に冒険できる

Yamareco

記録ID: 1918169
全員に公開
沢登り
比良山系

"うつろ谷"から赤坂山

2019年07月07日(日) [日帰り]
 - 拍手
体力度
2
日帰りが可能
GPS
04:29
距離
6.3km
登り
530m
下り
524m
歩くペース
速い
0.80.9
ヤマレコの計画機能「らくルート」の標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率です。

コースタイム

日帰り
山行
3:53
休憩
0:24
合計
4:17
8:36
195
11:51
12:12
5
12:17
12:17
31
12:48
12:51
2
12:53
ゴール地点
天候 小雨8割、曇り2割
過去天気図(気象庁) 2019年07月の天気図
アクセス
利用交通機関:
自家用車
折戸谷登山口に駐車
最後2kmほどはダート道となる。小さめな落石が転がり、車高の低い車は注意
その他周辺情報 温泉:きららの湯
昼食には遅い時間帯だったため、朽木の杣の道まで行くことになった。
堰堤を越える
2019年07月07日 08:40撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
7/7 8:40
堰堤を越える
10m滝
2019年07月07日 09:05撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
7/7 9:05
10m滝
9m滝のブランコは使用不可
2019年07月07日 09:24撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
7/7 9:24
9m滝のブランコは使用不可
ちょうどいい滝が続く
2019年07月07日 09:32撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
7/7 9:32
ちょうどいい滝が続く
草付き脇の15m斜瀑
2019年07月07日 09:40撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
7/7 9:40
草付き脇の15m斜瀑
2019年07月07日 09:48撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
7/7 9:48
2019年07月07日 10:02撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
1
7/7 10:02
2019年07月07日 10:04撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
7/7 10:04
2019年07月07日 10:08撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
7/7 10:08
2019年07月07日 10:24撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
1
7/7 10:24
2019年07月07日 10:25撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
1
7/7 10:25
2019年07月07日 10:35撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
7/7 10:35
2019年07月07日 10:36撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
7/7 10:36
2019年07月07日 11:04撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
7/7 11:04
2019年07月07日 11:29撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
7/7 11:29
2019年07月07日 11:34撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
7/7 11:34
2019年07月07日 11:39撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
7/7 11:39
この看板のところで登山道へ合流
2019年07月07日 11:40撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
7/7 11:40
この看板のところで登山道へ合流
琵琶湖は見えない
2019年07月07日 11:41撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
7/7 11:41
琵琶湖は見えない
赤坂山の山頂
2019年07月07日 12:12撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
7/7 12:12
赤坂山の山頂
歩きやすい下山路
2019年07月07日 12:18撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
7/7 12:18
歩きやすい下山路
2019年07月07日 12:28撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
7/7 12:28
奴がいた
2019年07月07日 12:29撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
1
7/7 12:29
奴がいた
登山口にはきれいなトイレあり
2019年07月07日 12:51撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
1
7/7 12:51
登山口にはきれいなトイレあり

感想

なかなか週末が山行日和とならなかった6月。
今週も雨で山行中止か、、と週初めには思ったものの、今一つではあるものの意外な好転を見せ、山行決行となった。

梅雨前線は南にあるのに、北へ行くほどなんだか天気が悪くなっていく。
朽木を過ぎるころには雨がパラついてきたものの、雨雲レーダーにも雨の表示は出ていないのですぐに止むだろう、と言っていたら、結局山行中はほとんど小雨が降っていた。

雨だけど沢の増水具合を見て判断しよう、ということで入渓点へ。
名古屋のパーティも準備中。
あとでわかったけれど、昨年何度か同じ沢を遡行した名古屋の某山岳会の関係者だった。世間は狭い。

山行を中止するほどの増水は無いと判断して、いざ入渓。
堰堤を3つ越えて最初の10m滝。
記録にあるとおり、右岸側を登る。釜に腰まで浸かってから取りつくことになる。
中段のテラスで支点を取りたいけれど、ちょうどいいところがないので滝の上で支点を取る。
続く9m滝には蔓でブランコができると記録にはあったけれど、切れてしまったのか、空中から垂れた蔓があるのみだった。ちょっと楽しみにしていたんだけど。。
9m滝は登らずに左岸を巻く。

その先の草付き斜面脇の15m斜瀑ではロープを出す。
ハーケンで2か所支点を作っていく。
このあたりの滝はどんどん登っていけて楽しい。
全体的にぬめるものの意外にフリクションは効き、ホールドもしっかりしている。

残置支点が残っている滝(シャワー直登8m滝?)は過去の写真と比べると格段に水量が多い。
飛沫を受けながらの登りとなり、足場を見つけるのに苦労したり、コンタクトレンズがずれたりして各人ちょっと難儀する。

そこを越えるとあとはゆるいナメ滝があったりするだけ。沢もどんどん枝分かれしていく。
沢中にピンクテープがあるので、それを辿っていく。その結果最終的にどこへ出るのかはわからなかったけれど、稜線まで出れれば十分なので、そのままテープを追って沢を進む。
下部は植林が目立ったけれど、上部は雪降る地域の植生。
源頭域の様相で周囲も緩い傾斜、明るいブナの森を快調に進み、人の声が聞こえてきたあたりで沢から離れて歩くとすぐに登山道へ行きついた。

赤坂山で装備解除、名古屋のパーティと談笑したあとはささっと下山。
あまり歩かれてはいない様子で、ぬるぬるで滑るところもあるけれど、かつての官道らしく歩きやすい道だった。
途中、10頭近いウリ坊を連れたイノシシが横切っていって驚いた。


聞いていたとおり登れる滝ばかりで、行動時間のわりに充実感のある沢だった。
秋の時期もいいようなので、近いこともあり重宝しそうだ。

お気に入りした人
拍手で応援
拍手した人
拍手
訪問者数:1007人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートは、まだ登録されていません。

ルートを登録する

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステム ヤマレコ の記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら