また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1931282 全員に公開 ハイキング八幡平・岩手山・秋田駒

20190716 秋田駒ヶ岳

日程 2019年07月16日(火) [日帰り]
メンバー
天候濃霧・霧雨、後晴れ
アクセス
利用交通機関
バス
駒ヶ岳グランドホテルに前泊、アルパこまくさから 6:30頃のバス
帰りは、八合目を15:15のバス。
片道620円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.2〜1.3(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち64%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間29分
休憩
41分
合計
8時間10分
S駒ヶ岳八合目小屋07:1107:29旧日窒硫黄鉱山跡07:3108:19片倉岳08:2009:13阿弥陀池09:20阿弥陀池避難小屋09:2709:51秋田駒ヶ岳09:5310:07阿弥陀池避難小屋10:1010:31阿弥陀池10:40男岳鞍部10:4110:58男岳11:13男岳鞍部11:1612:18駒池12:33かたがり泉水12:51男岳分岐13:19大焼砂14:03横岳14:0414:20焼森14:24焼森分岐14:2914:59駒ヶ岳八合目小屋15:1515:21ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
写真を撮り過ぎて遅くなってしまった・・
コース状況/
危険箇所等
特になし、よく整備されていました
その他周辺情報日本二百名山、新・花の百名山、東北百名山、新日本百名山

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック ザックカバー 行動食 飲料 地図(地形図) ヘッドランプ 筆記用具 保険証 携帯 時計 タオル ストック カメラ ツエルト ファーストエイドキット
備考 スマホの画面の明るさがゼロになってしまい、登山中に戻せず操作不能になってしまった。そのためにバスで降る時もログが続いてしまった(^_^;)

感想/記録

あるぱこまくさではほぼ快晴であったが、秋田駒ヶ岳山頂のみ雲で覆われていた。
バスで八合目まで登るとガスがひどく、登山には影響ないが、眺望は望めない状況であった。男女岳の周囲を北側から西側に登っていく。時折ガスがなくなり、田沢湖が望めるが、ほとんど眺望はなし、高山植物は楽しめた。
阿弥陀池周回時、男女岳・男岳登頂時も眺望は望めず、南西からの霧を含んだ風が強く寒かった。この辺りのチングルマはほぼ綿毛になっていたが、男女岳北の雪渓近くではまだ花であった。ムーミン谷への急坂は慎重に降った。チングルマを初めとしたムーミン谷の花々は素晴らしく元気をもらった気分!
横岳への登りのころから時々眺望が開けるようになったが、暑くなりこの登りはきつかった。田沢湖、ムーミン谷、男岳、女岳の眺望は素晴らしいの一言。ここのコマクサの群生には驚いた。
赤倉尾根のくだりは藪の中を歩き、眺望なし、シャクナゲを楽しむ余裕もなく、暑い中を黙々と降るのみでした。
訪問者数:101人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ