また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1936706 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走石鎚山

赤星山〜峨蔵越 ☆四国山地縦走チャレンジのコース下見☆

日程 2019年07月21日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー3人
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
車を赤星山登山口付近及び床鍋登山口付近に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間18分
休憩
18分
合計
6時間36分
Sスタート地点05:1507:10赤星山07:2109:48峨蔵越09:5110:29二ツ岳・ハネズル山登山口10:3311:51ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険箇所無し

装備

個人装備 雨具 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ GPS ファーストエイドキット 保険証

写真

線状降水帯の下にいるため雨が強い。1時間もすれば抜けそうなのでそれまでは我慢して歩く事に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
線状降水帯の下にいるため雨が強い。1時間もすれば抜けそうなのでそれまでは我慢して歩く事に。
1
誰も来た事がないので、とりあえず車を空きスペースに止めて林道を歩いて行くことにしました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
誰も来た事がないので、とりあえず車を空きスペースに止めて林道を歩いて行くことにしました。
標識に従って歩いて行くことに
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標識に従って歩いて行くことに
1
地図で自分達がどこにいるのか確認
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地図で自分達がどこにいるのか確認
鉄塔下に来ましたけど、地図には無い登山道のようです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔下に来ましたけど、地図には無い登山道のようです
ここから山へと入っていきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから山へと入っていきます
1
よく手入れされてます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よく手入れされてます
携帯充電器があります。コネクタの形状を見ると、iphoneで無いと充電できないようで…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
携帯充電器があります。コネクタの形状を見ると、iphoneで無いと充電できないようで…
眺望良くありません
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眺望良くありません
大会ではスタート方向になる豊受山方向の登山道を確認。一般登山道のようで安心
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大会ではスタート方向になる豊受山方向の登山道を確認。一般登山道のようで安心
赤星山から下りてきて、ここから峨蔵越方面へと縦走します。案内の標識はありません
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤星山から下りてきて、ここから峨蔵越方面へと縦走します。案内の標識はありません
ところどころ、道を見失いながら稜線沿いに進んでいきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ところどころ、道を見失いながら稜線沿いに進んでいきます
水場を確認。大会の時はここで水を補給予定
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場を確認。大会の時はここで水を補給予定
1
沢の水がかなり増量してます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢の水がかなり増量してます
登山口へ降りてきました。あとは床鍋登山口付近に駐車した車まで舗装路を歩いて戻ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口へ降りてきました。あとは床鍋登山口付近に駐車した車まで舗装路を歩いて戻ります
1

感想/記録

10月に開催される四国山地縦走チャレンジに出場、及びスタッフとして協力するため、大会コースの下見へと4名で行ってきました。
https://ehimesansan.jp/events/747
https://www.courant-marin.jp/shikoku-mountainrange

当初は翠波峰から権現越に至るルートで下見を計画してましたが、当日朝の天候状況が悪く、線状降水帯の下に入っているため雨足が強くて、コースを赤星山〜峨蔵越ルートに短縮して下見してきました。

今回のメンバー4名は、みんな初めてのルートなので、何処まで車で入って行けるのか?が、分かっていないので、とりあえず車を路肩の空きスペースに駐車して林道を歩いて登っていきます。
林道を歩いて登山道へと入っていこうとすると、「崩落で廃道になってるようだから通行は無理だわ」と、なったり、地形図にのっていないルートを歩いて「ここ何処だ?」と、確認したり、「ここまでなら車で来れそうだね」とか、話し合ったりしながら、赤星山へと登る登山口へと到着。
そこから山中に入り、登り詰めて赤星山山頂へと到着。眺望は無くて、豊受山方面へと至るルートがどんな感じか確認すると、すぐに峨蔵越方面へと向かいます。
ここで、2班に分かれて、尾根を直降する班と、登山道を使って降りる班とで、打合せした地点までそれぞれ進み、合流してから峨蔵越へと向かいます。
アップダウンを繰り返して進んでいくと約2時間30分で峨蔵越に到着。
ここから下山開始して水場の確認や、選手がリタイヤする場合に「このルートで選手を下山させられるか?」等を検討しながら下山。
登山口へと下りてくると、そこからは車道を歩いて床鍋登山口付近に駐車した車を取りに戻り、赤星山登山口付近に駐車した車も回収して解散。

雨と汗でビショビショになったり、滑ってこけてドロドロになったりしましたが、楽しく歩けてリフレッシュできました。同行して頂いた御三方ありがとうございました。
訪問者数:135人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ