また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1949055 全員に公開 ハイキング 甲斐駒・北岳

甲斐駒ヶ岳 黒戸尾根 雷鳥と豪雨

情報量の目安: S
-拍手
日程 2019年07月31日(水) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ、午後4時頃から豪雨。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
尾白川渓谷駐車場利用。
無料、24時間出入り可能、綺麗なトイレと自販機有り。
舗装、100台駐車可、当日は10台程駐車。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち90%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
13時間2分
休憩
2時間3分
合計
15時間5分
S尾白川渓谷駐車場04:0804:13竹宇駒ヶ岳神社05:39笹の平分岐05:4506:54刃渡り06:5807:14刀利天狗07:2408:10五合目小屋跡08:1908:22屏風小屋跡08:2709:22七丈小屋09:3410:51八合目御来迎場10:5812:19駒ヶ岳神社本宮12:2112:25甲斐駒ヶ岳13:0213:08駒ヶ岳神社本宮13:0913:51八合目御来迎場14:0114:31七丈小屋14:3515:18屏風小屋跡15:2615:33五合目小屋跡16:19刀利天狗16:32刃渡り17:27笹の平分岐17:3419:02竹宇駒ヶ岳神社19:0319:12尾白川渓谷駐車場19:13ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
20年来の友人で、一昨年から登山を始めたK君。
この夏に早月尾根日帰りをヤルと言うので、その前に黒戸をやったらどうだ?
と提案したところ、どうせなら一緒に行こうと言う事になりました。

昨年、単独で行った時は 10時間程で往復出来たので、
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1573254.html
念のため、コースタイム8掛けの12時間半で計画を立てました。
過去天気図(気象庁) 2019年07月の天気図 [pdf]

Myアイテム  

yasponyo 重量:-kg

写真

22:20 尾白川渓谷駐車場到着。
4000円ケチって横浜から下道で来たら5時間近くかかった(笑)
一杯やりながら ヤマレコ日記のコメントに回答。
何だかんだで 12時頃就寝。
2019年07月30日 22:36撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
22:20 尾白川渓谷駐車場到着。
4000円ケチって横浜から下道で来たら5時間近くかかった(笑)
一杯やりながら ヤマレコ日記のコメントに回答。
何だかんだで 12時頃就寝。
24
3:30 起床、
4:06 甲斐駒ヶ岳に向け出発。
今回は、登山歴2年目になる 友人K君の実力試し。
2019年07月31日 04:06撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3:30 起床、
4:06 甲斐駒ヶ岳に向け出発。
今回は、登山歴2年目になる 友人K君の実力試し。
10
最初の分岐を左奥方面に、
ヤマレコでは、たまに道間違いも報告されている。
2019年07月31日 04:15撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の分岐を左奥方面に、
ヤマレコでは、たまに道間違いも報告されている。
7
一時間ほど歩いた所で日の出。
朝焼けが、木々の隙間から赤く差し込む。
なんとも素敵な風景だ。
2019年07月31日 05:13撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一時間ほど歩いた所で日の出。
朝焼けが、木々の隙間から赤く差し込む。
なんとも素敵な風景だ。
20
5:20 完全に明るくなった。
写真だと気持ちいい道だが 実際は地味にキツイ。
2019年07月31日 05:22撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5:20 完全に明るくなった。
写真だと気持ちいい道だが 実際は地味にキツイ。
17
おお〜、コレコレ、
誰かのレコで見かけた標識。
ふふふ・・現在地ね(笑)
2019年07月31日 05:24撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おお〜、コレコレ、
誰かのレコで見かけた標識。
ふふふ・・現在地ね(笑)
12
いいぞいいぞ、爽快爽快。
トレランの本なら、思わず走り出したくなるシングルトラックとか書いてある様な場所(笑)
2019年07月31日 05:32撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いいぞいいぞ、爽快爽快。
トレランの本なら、思わず走り出したくなるシングルトラックとか書いてある様な場所(笑)
13
1時間半で笹の平分岐到着、中々のペース。
夜道は危ない為、ここまで自分が先導したが、
後になって失敗だったと発覚。
2019年07月31日 05:38撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1時間半で笹の平分岐到着、中々のペース。
夜道は危ない為、ここまで自分が先導したが、
後になって失敗だったと発覚。
6
変わり映えしないので、途中省略(笑)
この辺りから、明らかにK君のペースが落ちて来た。
2019年07月31日 06:37撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
変わり映えしないので、途中省略(笑)
この辺りから、明らかにK君のペースが落ちて来た。
7
今更だが、先頭を交代。
一応ペースは押さえていたが、若干早すぎたらしい。
なにしろ 後ろ姿に覇気が感じられない。
2019年07月31日 06:52撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今更だが、先頭を交代。
一応ペースは押さえていたが、若干早すぎたらしい。
なにしろ 後ろ姿に覇気が感じられない。
20
鳳凰三山、
本当に美しい。
いつか晴れの日に行ってみたい物だ。
2019年07月31日 07:01撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳳凰三山、
本当に美しい。
いつか晴れの日に行ってみたい物だ。
40
刃渡り通過、
特に危険は無い。
2019年07月31日 07:03撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
刃渡り通過、
特に危険は無い。
23
刃渡りからの展望。
遠くに見えるのは八ヶ岳か?
2019年07月31日 07:05撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
刃渡りからの展望。
遠くに見えるのは八ヶ岳か?
21
ようやく変化の表れたルートに、少し笑顔が出たようだ。
ここまでの高低差1100m、延々と続く6Kmの樹林帯。
まあ、普通の日帰り登山ならそろそろ山頂でもおかしくない。
2019年07月31日 07:05撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく変化の表れたルートに、少し笑顔が出たようだ。
ここまでの高低差1100m、延々と続く6Kmの樹林帯。
まあ、普通の日帰り登山ならそろそろ山頂でもおかしくない。
41
笑顔は出たものの、ペースは上がらない(笑)
2019年07月31日 07:08撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笑顔は出たものの、ペースは上がらない(笑)
14
いよいよハシゴ区間に突入。
2019年07月31日 07:25撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよハシゴ区間に突入。
14
ハシゴ連発(笑)
2019年07月31日 07:29撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハシゴ連発(笑)
16
続いて岩場。
2019年07月31日 07:31撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
続いて岩場。
14
刀利天狗到着。
登山の無事と高所恐怖症の克服を祈願(笑)
2019年07月31日 07:32撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
刀利天狗到着。
登山の無事と高所恐怖症の克服を祈願(笑)
21
美しい緑の中、
鳥のさえずりを聴きながら進む。
2019年07月31日 07:47撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美しい緑の中、
鳥のさえずりを聴きながら進む。
19
いったん下って五合目到着。
この先進むべきルートが見える。
あまりの遠さにショックを受けるK君。
2019年07月31日 08:11撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いったん下って五合目到着。
この先進むべきルートが見える。
あまりの遠さにショックを受けるK君。
25
こんな感じ。
アレが山頂か?と聞かれるが、残念ながら違うと回答する(笑)
山頂はアレの向こう側で、ココからは見えない。
2019年07月31日 08:10撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな感じ。
アレが山頂か?と聞かれるが、残念ながら違うと回答する(笑)
山頂はアレの向こう側で、ココからは見えない。
39
屏風小屋跡、
ここで、再度登山の安全を祈願する。
2019年07月31日 08:20撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
屏風小屋跡、
ここで、再度登山の安全を祈願する。
11
いやあ、昔の人は偉いよな・・
こんなもん背負って来るなんて想像も出来ない。
しかも、鎖もハシゴも無かっただろうに。
2019年07月31日 08:23撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いやあ、昔の人は偉いよな・・
こんなもん背負って来るなんて想像も出来ない。
しかも、鎖もハシゴも無かっただろうに。
20
ハシゴを登るK君。
ココは結構高さが有る。
2019年07月31日 08:23撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハシゴを登るK君。
ココは結構高さが有る。
17
またハシゴ。
2019年07月31日 08:25撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またハシゴ。
9
さらにハシゴ。
2019年07月31日 08:43撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらにハシゴ。
12
風が有ると怖い橋(笑)
去年は帰りに結構ビビらされた。
2019年07月31日 08:50撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風が有ると怖い橋(笑)
去年は帰りに結構ビビらされた。
24
さらにハシゴをこえて、
2019年07月31日 08:58撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらにハシゴをこえて、
9
七丈第一小屋到着。
この段階で、相当なペースダウンを認識し、
山頂到着予定を11:20から12:00に修正。
2019年07月31日 09:21撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七丈第一小屋到着。
この段階で、相当なペースダウンを認識し、
山頂到着予定を11:20から12:00に修正。
12
100円で飲み放題の、南アルプスの天然水を補給。
冷たくて、最高に美味い。
ココで、今日初めて座って休憩する。
2019年07月31日 09:23撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
100円で飲み放題の、南アルプスの天然水を補給。
冷たくて、最高に美味い。
ココで、今日初めて座って休憩する。
29
さっき休憩してから5分もたっていないが、テン場で再度休憩。
K君曰く、黒戸をなめていたらしい(笑)
2019年07月31日 09:41撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さっき休憩してから5分もたっていないが、テン場で再度休憩。
K君曰く、黒戸をなめていたらしい(笑)
21
おお、気分いいね・・
雲が切れて景色が見える。
K君は、一見 展望を楽しんでいるように見えるが、
実は疲労で足が進まない(笑)
2019年07月31日 10:16撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おお、気分いいね・・
雲が切れて景色が見える。
K君は、一見 展望を楽しんでいるように見えるが、
実は疲労で足が進まない(笑)
25
すでに出発から6時間半、
何度も言うが、アレは山頂では無い(笑)
2019年07月31日 10:30撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すでに出発から6時間半、
何度も言うが、アレは山頂では無い(笑)
24
八合目御来迎場。
自分もかなり疲労を感じ、石に座って休憩する。
2019年07月31日 10:46撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八合目御来迎場。
自分もかなり疲労を感じ、石に座って休憩する。
10
しばらく普通の道を行くと・・
2019年07月31日 10:54撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく普通の道を行くと・・
8
有名なクサリ場に到着。
自分と同じ横浜の方が寄進した物。
2019年07月31日 10:55撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
有名なクサリ場に到着。
自分と同じ横浜の方が寄進した物。
21
またクサリを超えて・・
2019年07月31日 11:03撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またクサリを超えて・・
17
さらにクサリ(笑)
2019年07月31日 11:09撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらにクサリ(笑)
15
有名な剣が刺さった岩、
どこからどう見ても登れそうに無い。
信仰心とは素晴らしいものだ。
2019年07月31日 11:27撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
有名な剣が刺さった岩、
どこからどう見ても登れそうに無い。
信仰心とは素晴らしいものだ。
35
鎖場が終わると森林限界を超える。
2019年07月31日 11:33撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖場が終わると森林限界を超える。
10
おおっと、コイツは・・
2019年07月31日 11:37撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おおっと、コイツは・・
35
ヤマレコで人気の・・
2019年07月31日 11:38撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマレコで人気の・・
33
雷鳥・・
2019年07月31日 11:46撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷鳥・・
49
さん・・(笑)
2019年07月31日 11:47撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さん・・(笑)
36
こんにちは・・
2019年07月31日 11:47撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんにちは・・
54
しばらく見ていたら なんだか疲れが出て、結局20分くらい雷鳥観察をする事に(笑)
2019年07月31日 11:47撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく見ていたら なんだか疲れが出て、結局20分くらい雷鳥観察をする事に(笑)
36
さて、いつまで見ていても同じなので 出発する事に(笑)
出発から8時間、ようやく山頂が見えた。
2019年07月31日 12:08撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、いつまで見ていても同じなので 出発する事に(笑)
出発から8時間、ようやく山頂が見えた。
10
駒ヶ岳神社本宮、
参拝は後にして 山頂を目指す。
2019年07月31日 12:19撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒ヶ岳神社本宮、
参拝は後にして 山頂を目指す。
9
12:25 出発から8時間20分、
自身三度目の甲斐駒ヶ岳登頂。言うまでもなく 今までで一番キツかった(笑)
2019年07月31日 12:29撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:25 出発から8時間20分、
自身三度目の甲斐駒ヶ岳登頂。言うまでもなく 今までで一番キツかった(笑)
74
登頂をよろこぶ K君。
実際に黒戸尾根を体験するまで、自分が大げさな事を言っていると思っていたらしい(笑)
2019年07月31日 12:31撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登頂をよろこぶ K君。
実際に黒戸尾根を体験するまで、自分が大げさな事を言っていると思っていたらしい(笑)
69
ああ、最高じゃない・・
甲斐駒だけに、苦労してたどり着いた甲斐がある(笑)
天気も良いので、ヤマレコ日記をアップしたり たっぷり30分以上休憩して下山する。
2019年07月31日 12:58撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ああ、最高じゃない・・
甲斐駒だけに、苦労してたどり着いた甲斐がある(笑)
天気も良いので、ヤマレコ日記をアップしたり たっぷり30分以上休憩して下山する。
40
摩利支天が見える。
ちなみに、毎回疲れ過ぎて行った事は無い(笑)
2019年07月31日 13:03撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
摩利支天が見える。
ちなみに、毎回疲れ過ぎて行った事は無い(笑)
21
駒ヶ岳神社本宮に参拝。
無事な下山以外の事は思い付かない(笑)
2019年07月31日 13:07撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒ヶ岳神社本宮に参拝。
無事な下山以外の事は思い付かない(笑)
18
下りは得意なK君、
疲れは見えるが順調のようだ。
2019年07月31日 13:14撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りは得意なK君、
疲れは見えるが順調のようだ。
18
いや、実は 結構アレらしい(笑)
2019年07月31日 13:54撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いや、実は 結構アレらしい(笑)
24
山頂より1時間半、
七丈第一小屋到着、南アルプスの天然水が美味い。
実は、自分も結構、疲れが来てる。
2019年07月31日 14:31撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より1時間半、
七丈第一小屋到着、南アルプスの天然水が美味い。
実は、自分も結構、疲れが来てる。
13
五合目からの登り返し、
K君は疲労がピークらしく、富士登山レベルにスピードダウン。
だから、黒戸は信じられないくらい 遠いって言ったんだよ(笑)
2019年07月31日 15:32撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五合目からの登り返し、
K君は疲労がピークらしく、富士登山レベルにスピードダウン。
だから、黒戸は信じられないくらい 遠いって言ったんだよ(笑)
19
刀利天狗到着。
ついさっきポツポツ来た雨が、バケツをひっくり返したような土砂降りに。
2019年07月31日 16:02撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
刀利天狗到着。
ついさっきポツポツ来た雨が、バケツをひっくり返したような土砂降りに。
9
登山道は一瞬にして濁流に。
ちなみに、この手前のクサリとハシゴでキモを冷やされた。
もちろん危険なので写真は無い(笑)
2019年07月31日 16:20撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道は一瞬にして濁流に。
ちなみに、この手前のクサリとハシゴでキモを冷やされた。
もちろん危険なので写真は無い(笑)
28
晴れていれば 何でも無い刃渡りも、何気に結構緊張した。
2019年07月31日 16:24撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れていれば 何でも無い刃渡りも、何気に結構緊張した。
13
カエルさん、
こんな時間から登山はいけませんよ(笑)
2019年07月31日 16:46撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カエルさん、
こんな時間から登山はいけませんよ(笑)
23
あまりの疲労に、30分歩いては休み、また少し歩いては休み、の繰り返し。
まあ、日没には絶対に間に合うのだから急ぐ事もない。
2019年07月31日 18:08撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あまりの疲労に、30分歩いては休み、また少し歩いては休み、の繰り返し。
まあ、日没には絶対に間に合うのだから急ぐ事もない。
18
なんだよ、
下山したらバカに早いじゃない(笑)
2019年07月31日 18:59撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんだよ、
下山したらバカに早いじゃない(笑)
20
ああ、あんだけ降ればね・・
こうなるよね。
しかし疲れたな(笑)
2019年07月31日 18:59撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ああ、あんだけ降ればね・・
こうなるよね。
しかし疲れたな(笑)
22
19:13 出発より15時間と5分。
予定より大分時間がかかったが、特に問題なく下山。
K君の感想は、今までの登山で一番過酷だったとの事(笑)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
19:13 出発より15時間と5分。
予定より大分時間がかかったが、特に問題なく下山。
K君の感想は、今までの登山で一番過酷だったとの事(笑)
33
自分も正直、3本の指に入る過酷な登山だったと思う(笑)
まあ、気ままな単独行と、
誰かと一緒に行く山は、全く違うものだと 勉強になった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自分も正直、3本の指に入る過酷な登山だったと思う(笑)
まあ、気ままな単独行と、
誰かと一緒に行く山は、全く違うものだと 勉強になった。
34
23:00 自宅出発から29時間30分、無事帰宅。
お疲れ様でした・・
今日は、コンビニのアレで申し訳ございません(笑)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
23:00 自宅出発から29時間30分、無事帰宅。
お疲れ様でした・・
今日は、コンビニのアレで申し訳ございません(笑)
47

感想/記録




歴史と信仰を 身近に感じる事が出来る黒戸尾根は、やはり素晴らしいルートでした。

今回、K君の体調不良(あきらかに自分のリードミス)もあり、
我々にとって、実に厳しい試練の場となりました。

雷鳥との出会い、
そして、苦労してたどり着いた山頂・・
本当に楽しかった。

また一つ、忘れ得ぬ思い出が増えた 素晴らしい一日だったと思います。


なお、後半の天候悪化にも、お互いの実力やコースの状態から、
特別下山に問題は無いと判断し、終始冷静に行動出来ました。


ちなみに K君は、早月尾根は今の実力では無理だと判断し、来年の目標にするとの事。

だからさ・・
最初から言ってるじゃん(笑)




お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:2854人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2017/10/2
投稿数: 1729
2019/8/1 0:41
 ちょっとだけ〜
1コメ〜
( ̄(エ) ̄)ノ_彡☆バンバン!

続きはWEBで〜
登録日: 2018/8/16
投稿数: 90
2019/8/1 0:43
 おつかれさまです!
雨の中、無事にご帰還お疲れ様でした!乾徳山につづいてのK君の笑顔もステキですねー
日帰り15時間、ハード過ぎます…
ゲスト
登録日:
投稿数: 0
2019/8/1 5:35
 お疲れ様
やっぱりこのルート、行ってみたい。
たーぷり歩いて、バラエティに富んで、すごい満足できる感じ。
しかも、雷鳥さーん!
なんか今までで見た1番大きな雷鳥さん。妊娠してそうなお腹。ゆた〜っと砂遊び❣️動画、飽きないわ〜
疲れてるのに、動画見せてくれてありがとう😊
登録日: 2015/1/26
投稿数: 3783
2019/8/1 5:45
 無事でなにより
お疲れ様でした。
復路は道が川になるほどの激しい雨だったんですね。
疲労で灼熱地獄に負けませんように!
登録日: 2016/4/25
投稿数: 735
2019/8/1 6:22
 黒戸尾根日帰りお疲れ様でした
yasponyo27さんおおはようございます。
豪雨のなか無事に下山なによりです。
今日は、ゆっくりやすんでください。
レコまた見に来ますね
登録日: 2015/2/6
投稿数: 4031
2019/8/1 7:51
 yasponyo27さん おはようございます。
山旅お疲れ様でした!
サングラス越しでも笑顔が輝いているのがわかりますよ〜。
雷鳥さんの砂浴び動画はお宝ですね。
帰りは豪雨で大変そうでしたが、ご無事でなによりです。
お疲れ様でした!
登録日: 2015/5/5
投稿数: 6175
2019/8/1 11:25
 Re: ちょっとだけ〜
kumaさん、こんにちは。
あー、今日中に完成させるから、
後で見てね(笑)
登録日: 2015/5/5
投稿数: 6175
2019/8/1 11:37
 Re: おつかれさまです!
hana8723さん、こんにちは。

そうですね。
12時間半くらいで行けると思ったんですけどね。

そう、K君は、若くて体力が有るとは言え、
登山二年目で、黒戸尾根はかなり大変だったようです。
まあ、自分も疲れました(笑)
登録日: 2015/5/5
投稿数: 6175
2019/8/1 11:51
 Re: お疲れ様
akangelさん、こんにちは。

そう、自分は3回目だったけど、本当に楽しいですよ。
ただ、下の方の樹林帯が信じられないくらい長いけど・・

初めて行った時 危険を感じたクサリ場も、今はハシゴになっているので、安心して行かれます。

3回行って、2回雷鳥と遭遇してるので、結構居るのではないかと思います。

是非、行ってみてくださいね。
登録日: 2015/5/5
投稿数: 6175
2019/8/1 13:27
 Re: 無事でなにより
showさん、こんにちは。

そうですね、道は濁流でしたね(笑)
ソレよりクサリ場でビビらされましたよ。
怖いから写真無いけど・・

まあ、主に疲れの原因はソレですね(笑)
登録日: 2015/5/5
投稿数: 6175
2019/8/1 14:36
 Re: 黒戸尾根日帰りお疲れ様でした
kome100pyouさん、こんにちは。
いやあ、本当に雷鳥見て天気大荒れでした(笑)

幸い、降られたの樹林帯に入ってからだったから良かったけど、
上の方だったら相当大変だったと思います。

あと、一人で行く山と、
誰かと一緒に行く山は、別の物だと考えないといけないと勉強になりました。
登録日: 2015/5/5
投稿数: 6175
2019/8/1 14:42
 Re: yasponyo27さん おはようございます。
andounouenさん、こんにちは。
まあ、かなり疲れたけど
本当に楽しかったですよ。

雷鳥も、あんなにじっくりと見たのは初めてですね。

雨はね、まあ普段から大雨でも歩いてるから、
森林限界より上でなければ、問題無い感じだったんですけど、
何しろ時間がかかり過ぎましたね(笑)
登録日: 2017/4/3
投稿数: 700
2019/8/1 19:18
 お疲れ様でした
黒戸尾根の日帰りは自分には無理ですね。体力もそうですが、早起きができません(笑)ただ、せっかくあんなところまで登ったのだから一泊して山の風情を楽しむのも良いのでは?何はともあれ無事下山ご苦労様でした。今回のレコで一番うれしかったのはyasさんの顔が見れたことです。
登録日: 2017/5/4
投稿数: 1549
2019/8/1 19:28
 若い!
yasponyo27さん、こんばんは。

私から見れば、お二人とも若さではち切れていますね。山頂での写真は、どちらも甲乙つけがたくカッコイイと思いますよ!

素晴らしい山行お疲れ様でした。それではまた😊
登録日: 2016/8/11
投稿数: 382
2019/8/1 20:12
 無事下山、お疲れさまでした
yasponさん、お疲れさまでした(^^)

いや〜、思ってた以上に遠いとおい黒戸尾根ですねぇぇ(゚ω゚)

とっても参考になりました、日帰りピストンなんてするなよ、と 笑
登録日: 2015/5/5
投稿数: 6175
2019/8/1 20:55
 Re: お疲れ様でした
edowerdさん、こんばんは。
そうですね、自分もそう思います。

日帰りだと、もちろん過酷だし、朝の澄んだ空気の景色が見えない。

ただ、自分はいわゆる雇われ店長なんで、連休が取りにくいんです。
もちろん取ろうと思えば取れるのだけど、そうする事で従業員の誰かが連勤になってしまうんです。
従業員が、誰もそう言う希望も出さないのに、自分がするのはマズイかなと言うのが現状です。

ただ、未来永劫そう言う訳でもないでしょうから、
今のところは、身体を鍛える事と技術の習得に専念して、
いずれ時期が来たら、長期縦走でもやって見たいと考えています。

ああ、ありがとうございます。
たいした顔では有りませんが、今後ともよろしくお願いします(笑)
登録日: 2015/5/5
投稿数: 6175
2019/8/1 21:10
 Re: 若い!
fgacktyさん、こんばんは。
ああ、ありがとうございます。うれしいです(笑)
そう、本当に辛かったけど、結果的に素晴らしい山行だった・・
これでまた経験値が上がったと思っています。
登録日: 2015/5/5
投稿数: 6175
2019/8/1 21:22
 Re: 無事下山、お疲れさまでした
nmassuさん、こんばんは。

そうですね。
まあ、日帰りピストンはスポーツとしては、達成感も有るし良いと思います。
実際に、この日登っていた方の装備を見た感じでは、日帰り5人、泊まり3人だと思います。

ただ、普通の登山の楽しみ方としては、余りいただけないですね(笑)
登録日: 2016/9/24
投稿数: 3616
2019/8/1 22:27
 いつかは クロトおネェに
こんばんは ぽにょはん

鈴木みきさんの漫画で黒戸尾根は苔と修験道の道と紹介されていて
「いつかリスト」に入っております。
ホクリクからは遠いので勇気がいりますが。

健脚のお二人でも難物だから、カヨワイ私が行けるか悩み鱒→ここ笑うとこ。

憧れの山がぽにょさんのリアル案内でぐぐっと身近になりましたわ。

神の山だから?
雷鳥さんが凛々しい
ではでは
登録日: 2015/11/14
投稿数: 1293
2019/8/1 22:34
 毎度の事ながら凄いですね
こんばんは。

長距離と長時間の山行お疲れ様です。
二人共、ご無事で何よりです。
疲れているのに、運転が残っているのはホント大変ですね。

甲斐駒ヶ岳、まだ登った事ないので、まずは北沢峠からの方から登って、いつかは黒戸尾根ルートから登ってみたいです。
1泊しますけどね。
写真はとても参考になります!

南アルプスにも雷鳥さんがいるんですね!
登録日: 2016/1/20
投稿数: 2102
2019/8/1 22:37
 終盤の雨
大変でしたね、雨。
山の豪雨は歩いていたトコが
アッと言う間に川になるからビビりますね。
ホント、鎖場とかの岩場は場所によっては
「滝」になりますもんね。

いやぁお疲れさまでした!
登録日: 2016/9/10
投稿数: 2595
2019/8/1 23:37
 黒戸尾根お疲れ様でした!
yasponyoさん、こんばんはです!(*・∀・*)ノ

黒戸尾根お疲れ様でした!
貧脚の自分はレコを読んでますます黒戸尾根へと行く気力が・・・(^^;

これは何度も心を折られそうだと感じた次第であります!(^^ゞ

雷鳥さん、可愛いですが気がつけば時間を吸い取られてしまいますよね(汗)

下山時の豪雨と濁流、大変でしたね。
無事に下山されて何よりでした!
登録日: 2015/11/21
投稿数: 475
2019/8/2 0:35
 はじめまして
yasponyo27さん、はじめまして。
黒戸レコ楽しみにしていました。
さすが3度目、余裕のある楽しいレコでした。
私は昨年初めて挑戦したのですが、高所が苦手なのでピストンは考えられず、北沢峠に下り、翌日せっかくだからと仙丈ヶ岳に登って帰りました。
ここを日帰りピストンできる方を尊敬します!
yasponyo27さんのレコを見て、あの素敵な森をまた歩いてみたくなりましたが、やはりあの核心の岩場のことを考えると決心がつきません(笑)。
お友達はいい修行になりましたね。
また次の山行楽しみにしています。
お疲れさまでした。
登録日: 2013/3/5
投稿数: 1869
2019/8/2 3:16
 私もいつか黒戸尾根
やすさん、こんばんは?
昨日は早寝しすぎてこんな時間…
日帰りだとみな真っ暗な深夜の時間から登りはじめるのが、
やすさんのレコでよく分かりました!

私も行ってみたいと思ったことあったけど、
edowerdさんと同じで3時に出発って家から寝てないってことだし、夜の山は怖いし(>_<)、まずそれが無理!と思って。

でも途中で、体力や時間がやばいと思ったら、そう!七丈小屋がありますもんね!
花谷さんは素敵な方だし💕
無理と思ったら泊まればいいからくらいの気持ちで、私もいつか行ってみたいリストにやっぱり入れておきます♪

レコ楽しかったです(*^^*)
今度は早月尾根ですね♪
登録日: 2011/3/28
投稿数: 3592
2019/8/2 8:09
 共感
yasponyo27さん、こんにちは。

日帰り黒戸尾根を悶絶しながら登頂、怪我無く無事戻って来られたレコを見ると
いつも共感してしまいます。
友人の方の体調不良に加えて夕立豪雨で大変だったようですね。

甲斐駒黒戸尾根日帰りピストン完踏のコツは?
/臾欧魎泙畭猟瓦鯔全に持っていく
▲肇譽薀鷏魯魯ぅー(特に山ガールもどき)が多いので影響されないようにマイペースで歩く
1歳でも若いうちにチャレンジ(30〜40代ぐらいまでが望ましい?)

3つとも失敗して苦労しましたので、次回はせめて´△鮃酩してチャレンジと思いましたが、
ココはアラカンじじぃが気軽に行けるとこではないということが分かったので次は無いです。
登録日: 2015/5/5
投稿数: 6175
2019/8/2 9:56
 Re: いつかは クロトおネェに
kibakoさん、こんにちは。
そう、苔もすごいんだけど、そんなの見てたら日が暮れちゃう(笑)

歴史と信仰はすごく感じますよ。
あんまり枚数が増えるとアレだから載せて無いけど、
石仏とか祠、金属の劔、もうそこら中に有って、
まあ、背負ってくるの大変だよな、とか思うのだけど、
良く考えたら、自分は登山口まで車で来てるけど、
この人たちはどこから歩いて来たのだろう?って、考えると強烈ですね。

それと、今は全部ハシゴがついてるけど、
アレが無いとしたら、ホントに命がけのロッククライミング。
まあ、普通なら空身でも行かれないと思います。
正に、命を賭して悟りを得る。と言う事でしょうね。

あと、ホクリクからわざわざ来るのなら、
黒戸尾根七丈小屋泊で北沢峠下山、もう一泊して仙丈ヶ岳なんてのが良いでしょうね。
登録日: 2015/5/5
投稿数: 6175
2019/8/2 13:22
 Re: 毎度の事ながら凄いですね
miwaさん、こんにちは。
ああ、ありがとうございます。
疲れましたが問題無く山行を終える事が出来ました。

そうですね、
運転はまあ、ココは高速で2時間強と比較的近いから平気ですが、
北アルプスとかだと痺れますね(笑)

自分も北沢峠からも登ってみたいですね、
白ザレで、また全然違うみたいな感じだし・・

まあ、なにしろ黒戸尾根はキツイ事以外は最高ですよ(笑)

そう、雷鳥はだいぶ前に行った時もいましたよ。
コレですね。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1788309.html
登録日: 2015/5/5
投稿数: 6175
2019/8/2 13:27
 Re: 終盤の雨
AKIRAさん、こんにちは。

そうですね。
自分は低山なら大雨でも行く事があるから、川は良いんですけどね。

岩場が嫌ですね。
ソレでなくても怖いのに、寿命が縮むかと思いましたよ。
まあ、谷川岳で雨降った時は、蛇紋岩がツルツルで泣きそうになりましたね(笑)

アレに比べれば、今回のは想定の範囲でしたね。
疲れは凄いけどね(笑)
登録日: 2015/5/5
投稿数: 6175
2019/8/2 13:48
 Re: 黒戸尾根お疲れ様でした!
KaRzUさん、こんにちは。
ああ、ありがとうございます。

ふふ、何も無理に行く事はないですよ(笑)
自分が、戸隠とか妙義とか行かないのと同じ事ですよ。

幸い、山はいくらでも有るし、
我々は、高尾山の一号路でも北鎌尾根でも、
人に迷惑かけない限り、どこに行くのも自由だからね。

ふふ、自分は初心者のころを抜かせば、
心が折れそうになったのは、早月尾根だけですね。
登録日: 2017/10/25
投稿数: 31
2019/8/2 14:14
 トータル15時間て・・・
平地でも15時間ウロウロしてればくたくたなのに、なんとまあ・・・
私のへなちょこハイキング(おこがましくて登山とは言えないです)とは全く
異質のものに見えますよ

下りの濁流も、自分が目に合えば泣いちゃうかもです
それにしても他の方のレコも読めばこんなにハラハラするんですかね?
全部含めてホント面白いです!
お疲れでした〜〜〜〜
登録日: 2015/5/5
投稿数: 6175
2019/8/2 14:27
 Re: はじめまして
chatraさん、ありがとうございます。
そうですね、そのルートが理想的だと思います。

良く日記にも書いていますが、自分もかなりの高所恐怖症で、
たとえば、黒戸のハシゴ、45度くらいでも全部四つん這いで登ってるし、
友達が普通に歩いてる岩場も、後ろ向きで三点確保ですよ(笑)
レコの写真には無いけど、山頂直下の岩場が下りで一番怖かったですね。

ただ有る程度まで下りて来ると、恐怖心がマヒしてくるから、
登りで想像するより怖くないと思いますよ。

あと、自分が初めて行ったころは、中間のハシゴの区間に登りでもヤバい感じの所が有りました。
ちょうど靴が乗る位の幅の所を鎖たよりに3mくらい水平移動して、
それから、岩盤の一番先にある2本の鎖で登る様な所。
去年行ったら、渡り廊下見たいなのとハシゴに変わっていて安心しました。

ただ、お互い言える事だろうけど、怖い物は怖いからね。
無理に行く事は無いと思いますよ。
登録日: 2014/1/6
投稿数: 267
2019/8/2 14:58
 その節は道を教えて頂きありがとうございました
yasponyo27さま
 竹宇駒ヶ岳神社で、吊り橋が見当たらずに困っていた時に、道を教えて頂いた方でしょうか?
一本道だという思い込みがあり、まさか神社で道迷いするとは予想もしてませんでした。暗闇の中、一人でウロウロと焦ってました。
 お陰様で無事歩く事が出来ました。この場をお借りして御礼申し上げます。
 それにしても、夕刻近くの土砂降りは凄かったですね、私は小屋泊まりだから助かりましたが。
                            ey100
登録日: 2015/5/5
投稿数: 6175
2019/8/2 15:11
 Re: 私もいつか黒戸尾根
peachyさん、こんにちは。

3:16 (笑) 
ふふ、かもしか山行オッケーな時間ですね。

そう、少しでも早く下山できるように日の出前から行動します。
ただ、暗いうちはやはりリスクが高まるので、3時なのか4時なのかは悩ましい所ですね。

黒戸尾根は、登り七丈小屋泊で早朝に登頂、が理想的のような気がしますね。
ただ、見た所 小屋もテン場も いつもガラガラだから、
無理だったら泊まる、でも良いかも知れないですね。
五合目の鞍部以外は、携帯電話もほとんど使えそうだったから行く前に電話も出来るし。

ああ、ありがとうございます。
ちなみに、前にも日記に書いたけど、
自分は早月尾根は二度と行きません、怖いから(笑)

K君には、実力をつけてから 単独行で行ってもらいます。
登録日: 2015/5/5
投稿数: 6175
2019/8/2 16:56
 Re: 共感
yamaheroさん、
共感頂き、ありがとうございます。

自分も、以前プロフィールを拝見して、
黒戸尾根、駅から富士山、駅から八ヶ岳、と言う辺りで、
きっと似たような嗜好の方だろうと勝手に想像しておりました(笑)


自分の思う、黒戸尾根日帰りピストン完踏のコツは、
ズバリ、軽い靴を履く事だと思います。

なにしろ、これまで3回の山行で 他の方の足元を観察しましたが、
・ミッドカットやローカットのトレッキングシューズ。
・トレランシューズ。
・普通のスポーツシューズ。
・地下足袋。
がスタンダードで、
シャンクの入った本格的な登山靴の人は、1人か2人しか見た事が有りません。


あと、今回、60〜70代の方6人に追い抜かれました。
荷物の量からして4人は日帰りだと思いますが、
戻ってきたのは1人だけで、他の方は北沢峠に下山されたのだと思います。

ピストンにこだわらず、そういうのも有りなのでは?
登録日: 2015/5/5
投稿数: 6175
2019/8/2 18:41
 Re: トータル15時間て・・・
cherryさん、こんにちは。
ああ、自分だって平地で15時間も歩けませんよ(笑)

山だと、やっぱり楽しいし、
なんか興奮してそういうホルモンでも分泌されるのかと思いますね。
それに 何時間かかろうが、下山しない事には仕方ないからね。

いや、秦野駅から大山南尾根縦走は、へなちょこでは無いですね(笑)

濁流は、まあ滑りやすいけど、慎重に行動すれば平気ですね。
岩場で無ければ特別問題ない、この辺は経験かもしれませんね。


ふふ、ありがとう、本当に嬉しいです。

自分も感じるけど、
レコは、やっぱり相性と言うか、面白いと感じる人のは何読んでも面白いですね。
登録日: 2015/5/5
投稿数: 6175
2019/8/2 19:33
 Re: その節は道を教えて頂きありがとうございました
ery100さん、こんばんは。

昼間、レコを拝見していましたが、
コメントを頂くまでは、まさかあの時の方とは思いませんでした。
良く見たら出発時間も同じでした(笑)

そう、あそこは自分も初めての時は中々分からなくて、GPSで確認した記憶があります。
その時は1人だったから心細かった(笑)

まあ、多少なりとも お役に立てたようで嬉しいです。

あと今回、何しろ時間に追われていて、ロクにご挨拶も出来ずにすいませんでした。

また、どこかでお会いすることが有ればよろしくお願いしますね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

森林限界 鎖場 テン 渓谷
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ