ヤマレコ

記録ID: 195031 全員に公開 アルパインクライミング谷川・武尊

谷川岳/一ノ倉沢南稜

日程 2012年06月24日(日) [日帰り]
メンバー
 kamog(CL)
, その他メンバー2人
天候快晴★
アクセス
利用交通機関
車・バイク
一ノ倉沢駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

4:00起床(目覚まし鳴らず少々寝坊)
4:45発−
5:03テールリッジ取り付き−
6:00南稜テラス(約1時間20分順番待ち)7:20−
南稜(草付き含め7ピッチ)−
10:45最終ピッチ終了点(休憩・順番待ち等)12:40−
ラペル(草付き含め5ピッチ)−
14:40南稜テラス下−
15:15中央稜基部下テールリッジ上15:30−
16:30一ノ倉沢駐車場
コース状況/
危険箇所等
■一ノ倉沢奥壁南稜

★群馬県条例によりこのエリアを登攀する場合は、事前に計画書等の
  提出、承認が義務付けられていますのでご注意ください。
  http://www.police.pref.gunma.jp/seianbu/02tiiki/tozan-todoke_no.2.htm

 ルートグレード:3級上
 最高ピッチグレード:控蕁丙能ピッチ)

 |鷦屬楼譽料丗駐車場。30台くらいは停められる。水洗トイレあり(紙あり)。

 谷川岳クライミングのハイシーズンなので、今回も一番目に入山した
  パーティは朝4時前発であったそうだ。ただ4時にもなれば次から次へと
  堰を切ったように出発するので、少しでも遅れれば登攀の順番待ちは
  避けられない。

 今回は一ノ倉沢を埋める雪渓が駐車場近くまでしっかり残っていて
  テールリッジまでのアプローチは楽であった。
  しかし午後には雪渓末端近くが大音響とともに崩壊していた。

 ぅ董璽襯螢奪犬論齋未らシュルンドを避けて飛び移り、右側の斜上バンドを
  登って残置ロープ沿いに簡単なクライミングで始まる。(卦蕁歡度)
  慣れた人は問題ないが、弱い人にはビレイも必要。だが、ここで確保して
  もらわなければ怖い人は、そもそも谷川の岩場を登る資格がないし
  他の人たちにも迷惑になる。
  その後茂みの中も明確な踏み跡を登り、開けたスラブ岩帯へ。
  再び茂みの踏み跡を急登して、2番目の開けた箇所へ出る。
  そのままカンテを詰めれば中央稜の取り付きに突き当たる。
  ただ途中2箇所ほどフレーク状の岩を頼りに高度感のある岩場のトラバース
  がある。特に下りは初めての人には怖い。

 ッ羆稜取り付きから左上に伸びる岩と草付きのバンド状を岩場の基部沿いに
  南稜テラスに向かいトラバースする。
  ただ中央カンテや変形チムニーなど先行のパーティが登っている場合は
  結構頻繁に落石があるので上を注意して素早く通過したい。
  今回は中央カンテから頻繁に直撃したら死ぬであろうほどの落石が発生して
  いた。

 ζ醂妊謄薀垢狼佑瓩10人くらいが待機できる。

 南稜1ピッチ目は出だし少し左から取り付きカンテ右側を登る。
  それから上部岩塔右隅の凹角を目指して登る。(元蕁
  そして凹角を登るのだが、出だしがやや難しい。手が長ければ凹角内の
  ガバをホールドにチムニー登りのように身体を上げていく。(元蕁棔
  凹角を登りきれば1ピッチ目終了点。

 2ピッチ目はやや右上するバンド状を登り、下から見て水平バンドに見える
  バンドを左へトラバースし最後は直上する。(元蕁檗
  終了点にはラペルリング等しっかりした支点がある。

 次に草原内の踏み跡を20m以上登り詰めると4ピッチ目取り付き。
  4ピッチ目は上部のルーフ状岩の左側基部を目指す。
  終了点はラペルリングが架かっているのですぐわかるが、下降点とここから
  下は登る人と被っているので注意。


 5ピッチ目はすぐ右側のリッジ状に一段上がって弱点を探しながら開放的な
  リッジを登る。これが馬ノ背リッジ。(元蕁
  4ピッチ目終了点から50mロープでは6ピッチ目基部まで届かないので
  一番下の古いボルト、ハーケンで構成されるポイントでビレイする。
  それから20mほど登れば馬ノ背リッジも終わり、比較的安定している
  6ピッチ目基部に突き当たる。

 6ピッチ目は中央の乾いたラインを登るが、南稜ではピッチグレードとして
  一番難しいかもしれない。(控蕁
  これをマントルまたは古い残置ロープを手掛かりにしたA0でOK。

 ラペル(懸垂下降)は6ピッチ目終了点から更に3mほど登った左側奥に
  六ルンゼの下降点がある。
  第2下降点まで45mほどの下降。
  さらに40mで登り時の4ピッチ目終了点に降りられる。
  50mロープ2本ならば下の草原途中まで降りられる。
  少し草原の踏み跡を下ると、登り時2ピッチ目終了点。
そこを下降点にして、登り時1ピッチ目終了点をやり過ごし
  1ピッチ目の凹角の下にある赤の残置ロープスリング+カラビナ2個の
  下降点まで下る。1ピッチ目終了点を下降点にしてもよいが
  そうするとロープ回収時にロックしやすい。
  凹角下の下降点から南稜テラスを左にやり過ごし、少し下部の傾斜が緩んだ
  草原状まで降りられる。
  水平トラバースバンド(横断バンド)までは高度差10mくらいで、あとは
  クライムダウンしてバンドに降りる。
  この下降ルートの方が回収時ロープがロックしにくい。
  ただ上部にクライマーがまだ登っていたり下降していたりするなら
  落石のリスクがあるので十分注意が必要。

■クライミング講習
 http://mt-farm.info/
過去天気図(気象庁) 2012年06月の天気図 [pdf]

写真

一ノ倉沢俯瞰図
2012年06月24日 04:27撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ倉沢俯瞰図
朝陽を浴びだした一ノ倉沢を出発する
2012年06月24日 04:27撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝陽を浴びだした一ノ倉沢を出発する
1
いつ来ても圧巻
今年も残雪は多い
2012年06月24日 04:30撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつ来ても圧巻
今年も残雪は多い
1
残雪多く最初の右岸高巻き径を利用しただけで、あとは雪渓通しに歩けてアプローチは楽ちん
2012年06月24日 04:32撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残雪多く最初の右岸高巻き径を利用しただけで、あとは雪渓通しに歩けてアプローチは楽ちん
右岸高巻き径を行く先行者
2012年06月24日 04:33撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右岸高巻き径を行く先行者
テールリッジ取り付きも楽
2012年06月24日 04:51撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テールリッジ取り付きも楽
テールリッジに取り付きました
残置ロープ沿いに卦蕁歡度で登ります
Iさんと僕のアプローチシューズ?はステルスラバーの沢靴使用
2012年06月24日 04:56撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テールリッジに取り付きました
残置ロープ沿いに卦蕁歡度で登ります
Iさんと僕のアプローチシューズ?はステルスラバーの沢靴使用
烏帽子岩とテールリッジ
今日は最高のコンディション
2012年06月24日 05:01撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
烏帽子岩とテールリッジ
今日は最高のコンディション
衝立スラブ
2012年06月24日 05:02撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
衝立スラブ
テールリッジ突き当たりは中央稜の取り付きです
2012年06月24日 05:22撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テールリッジ突き当たりは中央稜の取り付きです
中央稜
2012年06月24日 05:30撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央稜
さて我々は横断バンドを南稜テラスへ向けトラバース
2012年06月24日 05:34撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて我々は横断バンドを南稜テラスへ向けトラバース
南稜テラスは順番待ちのパーティで満員御礼
2012年06月24日 05:55撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南稜テラスは順番待ちのパーティで満員御礼
南稜1P目後半部にある凹角(というよりチムニー)を登る先行者
出だしが意外に手こずるかも(元蕁椶らい)
2012年06月24日 07:13撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南稜1P目後半部にある凹角(というよりチムニー)を登る先行者
出だしが意外に手こずるかも(元蕁椶らい)
先行者が登っているのを待っている間に南稜テラスをパチリ
2012年06月24日 07:13撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先行者が登っているのを待っている間に南稜テラスをパチリ
1P目終了点
2012年06月24日 07:40撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1P目終了点
2P目は最初やや右上するラインを登り、左にトラバースしてから直上します(卦蕁椶らい)
2012年06月24日 07:40撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2P目は最初やや右上するラインを登り、左にトラバースしてから直上します(卦蕁椶らい)
3P目は笹藪にある踏み跡と簡単な岩を30mくらい登れば、4P目(写真)基部に出ます。
3P目はアンザイレンしたままフリーで登れます。
4P目は卦蕁棔銑元蕕らい。ハングした岩を左から回り込んだところに終了点。
2012年06月24日 08:12撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3P目は笹藪にある踏み跡と簡単な岩を30mくらい登れば、4P目(写真)基部に出ます。
3P目はアンザイレンしたままフリーで登れます。
4P目は卦蕁棔銑元蕕らい。ハングした岩を左から回り込んだところに終了点。
3P目笹藪を振り返る
2012年06月24日 08:12撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3P目笹藪を振り返る
5P目は、4P目終了点から適当なところを右側に一段登って馬ノ背リッジを登ります。
50mロープだとリッジの途中でピッチを切りますがランナーの掛け方によってはロープの流れが悪くなります。
2012年06月24日 09:14撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5P目は、4P目終了点から適当なところを右側に一段登って馬ノ背リッジを登ります。
50mロープだとリッジの途中でピッチを切りますがランナーの掛け方によってはロープの流れが悪くなります。
馬ノ背リッジの途中から
2012年06月24日 09:14撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬ノ背リッジの途中から
馬ノ背リッジを登ってくるお二人
2012年06月24日 09:21撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬ノ背リッジを登ってくるお二人
ここは高度感もあり今日のように晴れていれば最高のロケーション
2012年06月24日 09:21撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは高度感もあり今日のように晴れていれば最高のロケーション
1
5P目終了点に使ったポイント
2012年06月24日 09:24撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5P目終了点に使ったポイント
6P目は馬ノ背リッジ最後の右凹角状を登り7P目基部へ(元蕁
2012年06月24日 09:57撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6P目は馬ノ背リッジ最後の右凹角状を登り7P目基部へ(元蕁
6P目終了点
2012年06月24日 09:58撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6P目終了点
さて最後の7P目は今回の中で一番立っているフェイス(控蕁法
前回来たときはフォローだったKさんがリードし見事に決めてくれました!
2012年06月24日 10:10撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて最後の7P目は今回の中で一番立っているフェイス(控蕁法
前回来たときはフォローだったKさんがリードし見事に決めてくれました!
本谷側
2012年06月24日 10:25撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本谷側
7P目終了点の少し上から国境稜線へのルート
2012年06月24日 10:27撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7P目終了点の少し上から国境稜線へのルート
6ルンゼ下降点
2012年06月24日 11:44撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6ルンゼ下降点
ラペル1P目は45mほどの下降
2012年06月24日 12:59撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ラペル1P目は45mほどの下降
1
ラペル2P目は左側に沿って下降
2012年06月24日 12:59撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ラペル2P目は左側に沿って下降
ラペル2P目
2012年06月24日 13:13撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ラペル2P目
ラペル4P目は登り時1P目凹角下まで
2012年06月24日 13:53撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ラペル4P目は登り時1P目凹角下まで
横断バンドを上部の落石に注意しながら下降
2012年06月24日 14:35撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横断バンドを上部の落石に注意しながら下降
撮影機材:
訪問者数:7715人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ