また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1980702 全員に公開 沢登り 丹沢

神之川水系 平石沢右俣〜黒岩(沢登り講習)

情報量の目安: S
-拍手
日程 2019年08月17日(土) [日帰り]
メンバー
 kamog(CL)
, その他メンバー3人
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
神ノ川林道/山の神横駐車スペース
・7〜8台
・トイレ、登山届は500m先の神ノ川ヒユッテで
経路を調べる(Google Transit)
GPS
--:--
距離
3.9 km
登り
669 m
下り
666 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
コース状況/
危険箇所等
■平石沢右俣

 平水ならば580m二俣の水量比は7:1程度で右俣は水量少ないが、台風一過後で
 今回は滝もシャワー被りちょうど良い感じになっていた。
 この沢は沢名の由来とも言ってよいような大きな平岩のほか随所に巨岩が点在し
 適度な滝(平水時は涸棚か?)もあり期待しないで入ると楽しい初級沢だ。
 ただ上流部は涸棚、急な崩壊ゴーロ帯となって尾根に逃げても急峻な植林帯と
 なる。
 大室山東側の鐘撞山方面への登山道もメジャールートに比べると多くは歩かれて
 いない印象。

 遡行グレード 1級上(ただし滝・棚の直登と巻きはそこそこ悪いので、ロープ
 を使って確実にリードできる(といってもアンカー類は取れないのでフリーで)
 リーダー同行は絶対条件)

 滝の登攀グレード MAX 卦蕁棔憤貮凜曄璽襯匹脆い)

/瀬寮醂啼讃綮蛎Δ了海凌雪北側に流れ込むのが平石沢。林道から右岸側のザレを
 トラバースして入渓する。(藪が疎くなる時期なら左岸側からも入れる)
 すぐの岩小滝を越えると、右手(左岸側)の尾根からハシゴが架かる径路がある。
 ゴルジュとなって幾つか小滝を問題なく越えていくと、580mで3m小滝を前衛に
 した2条7m滝が出てくる。
 この滝は左俣と右俣の双方の流れが2条となったジャンクションフォールで
 平水時は水量比7:1と圧倒的に左俣が多いのだが、今回は台風後で増水しており
 2:1。
 両側とも巻くことは厳しいので、右流芯沿いをクライミングする。(卦蕁棔
 初級者以下がいる場合は要ロープ。ただし支点類はないので私は慣れたボディ
 ブレイスビレイで後続者を確保した。

△垢阿3m滝。流芯右を登る。卦蕁
 次の2m(左教蕁法2段4m(右教蕁砲魃曚┐討いと、沢は北向きから北西
 向きに変わり、右岸側には5×10mの爆弾オニギリ岩(勝手に命名)が鎮座、
 その手前上側平地には昔の炭焼き跡石垣が残っていた。

100mほど進めば右岸側にこの沢の名前の由来にでもなったんじゃないかと思わ
 せる7×15mの巨岩平岩。下部はルーフ状で、もしここまでマット持ち込めて
 岩をブラッシュアップすれば立派なボルダー岩になると思う。
 沢は西向きとなりすぐに右岸側が巨岩帯、水流沿いはCS2段5m(3+2)滝
 となっていて、流芯沿いにステミングしながら楽しく登れた。(卦蕁次
 少しで沢は北を向き、きれいな3×10mナメ、2m小滝(教蕁法
 すぐに再び北西に向きを変え5×15mの大岩が右岸側に鎮座する。

660mで中央がルーフ巨岩に分断された2条の流れとなっていて、同じ方角から
 流れているためどちらが本流か迷う。左は5m滝(普段は涸棚か)、右を覗けば
 3段5×10m階段状滝。
 実はここインゼル地形で上部で再び合わさる。右の階段状滝を登る。(教蕁棔

705m辺りで8m滝。右壁登れるかなぁ〜と思わせるが、礫が詰まった壁なので
 いつ抜けるかわからないので止める。左手に合わさる小沢のすぐ上流側を浮いて
 いる岩に触らないように登って8m滝落ち口の5m上へ高巻く。
 ここは念のためロープを出し(ロープスケール約30m)、ロープアップ式FIX
 ロープスタイルで登ってもらった。アップして余ったロープを木にかけゴボウの
 クライムダウン用とした。
 落石の可能性大きいので下にいる者は離れて待機するよう注意した。

Δ垢阿2段5m滝。左から取り付き流芯沿いを登る。(教蕁棔
 次に上部に大岩がある2段10m滝。流芯左から取り付き少々シャワーを浴び
 ながらのクライミングだったが、おそらく普段はほとんど涸れているのだろう。
 シャワーも手伝って今日は卦蕁棔
 上段は大岩の左側の土ザレを巻くが、この岩は横から見ると結構でかい。

770mで沢は西から北西向きになり、2段4×12mナメ、2段3×12mナメ、
 そして右岸側がルーフ状5m岩になった礫混じりの粘土状砂岩3m滝と続く。

820m二俣は3m崩壊崖と大量のガレゴーロ(押出し)になっている。
 押出しのある左沢に浮岩に注意しながら進み、850m注意していないと見過ごす
 二俣も左に行けば8m岩×2つが行く手を塞いでいる。左から巻けば、平石沢上流
 特有の涸棚が始まる。
 2段12×20m(教蕁棔法右斜上層状3m(教蕁棔法一番左が△形8m岩+
 ほか巨岩2つ(左から巻き登る)。
 西北西方向にガレの沢状を詰めるが浮石多いので990m辺りで左岸側の植林尾根
 (というか急斜面)に上がり息を切らせながら登っていく。

1060m辺りで上部に巨岩が現れ、左手上部にそれらしい壁が見えたので目指して
 みれば高さ30m近くはあろうかという垂壁だ。
 この壁もブラッシュアップすれば(もちろん昨今の趨勢上、地権問題もあるので
 やりはしないが)デシマルグレードで5.10cd〜12程度のルートが何本も作れる
 だろうな〜と思う。また中央にはフィストジャム〜小チムニーのラインも伸びて
 おり、そこに顔を近づければ中から冷たい風が吹き出していて、さながら富士の
 風穴のようだった。
 名残惜しみながら時間が押していたので壁の左から少し悪い巻きをして上に抜ける。
 ジグザグと上がって上部の登山道尾根に出る。
 当初はこれが黒岩と思っていたのだが、実際の黒岩は登山道尾根南端1050mの
 展望台からすぐ右下に見えるのがそうで、展望台右手奥にトラロープが残置され
 ていた。

下山は934mまで登山道を使い、そこから南東尾根(平石沢・井戸沢中間尾根)を
 下って、最後は入渓直後に左岸にあったハシコの架かる径路を使って山の神に
 戻る。934mまでの登山道の方がバリエーション尾根である南東尾根より歩きにく
 かった。

■kamog全踏査の丹沢限定沢登りルート記録は
 http://mt-farm.info/tanzawakiroku.html

 またkamog全踏査『丹沢の谷200ルート』(山と溪谷社2017年発刊)は
 amazon、楽天、大型書籍店、登山専門店などで発売中

■沢登り、クライミング、地図読みナベゲーションなどの実技講習は
 マウントファーム
 http://mt-farm.info/
過去天気図(気象庁) 2019年08月の天気図 [pdf]

写真

山の神横駐車スペース
2019年08月17日 09:17撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山の神横駐車スペース
山の神様
今日も安全祈念
2019年08月17日 09:19撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山の神様
今日も安全祈念
1
さすがに台風直後、水量多い
けど普段は少ないからちょうどよい
2019年08月17日 09:35撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さすがに台風直後、水量多い
けど普段は少ないからちょうどよい
平石沢二俣のジャンクションフォール7m
右流芯をクライミング
2019年08月17日 09:52撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平石沢二俣のジャンクションフォール7m
右流芯をクライミング
1
右俣すぐ上の3m
2019年08月17日 09:57撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右俣すぐ上の3m
ジャンクションフォールをビレイしながら登ってもらいます
2019年08月17日 10:02撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジャンクションフォールをビレイしながら登ってもらいます
3m滝
ここもちょっと細かい
2019年08月17日 10:15撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3m滝
ここもちょっと細かい
爆弾オニギリ岩(勝手な命名)
2019年08月17日 10:33撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
爆弾オニギリ岩(勝手な命名)
巨岩の平岩
2019年08月17日 10:50撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巨岩の平岩
下はボルダーによさげなルーフ状
2019年08月17日 10:51撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下はボルダーによさげなルーフ状
思わず触り出します
2019年08月17日 10:51撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
思わず触り出します
巨岩右手の滝を登ります
2019年08月17日 10:59撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巨岩右手の滝を登ります
どちらの流れが本流?
実はインゼル
2019年08月17日 11:11撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どちらの流れが本流?
実はインゼル
右の階段状滝を登ります
2019年08月17日 11:18撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右の階段状滝を登ります
こちらは左の流れである5m滝の落ち口
2019年08月17日 11:23撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは左の流れである5m滝の落ち口
右壁は礫が詰まった壁なので止める
2019年08月17日 11:32撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右壁は礫が詰まった壁なので止める
左から巻く
2019年08月17日 11:32撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左から巻く
ムンターミュールヒッチによるFIXロープ
FIXはリスク管理のためエイトノットは使わない
2019年08月17日 11:55撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ムンターミュールヒッチによるFIXロープ
FIXはリスク管理のためエイトノットは使わない
登っていいよ〜
落石注意ね
2019年08月17日 11:55撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登っていいよ〜
落石注意ね
大岩ある2段10m
左から流芯近くを登る
2019年08月17日 12:23撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岩ある2段10m
左から流芯近くを登る
ホールドスタンスは静荷重で
引いたら一発で崩れるよ〜
2019年08月17日 13:23撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホールドスタンスは静荷重で
引いたら一発で崩れるよ〜
結構でかい岩だ
2019年08月17日 14:04撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構でかい岩だ
沢もガレガレになってきたので
2019年08月17日 14:23撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢もガレガレになってきたので
右の植林尾根へ取り付く
2019年08月17日 14:32撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右の植林尾根へ取り付く
上に岩見えてきた
2019年08月17日 14:36撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上に岩見えてきた
1
左上に壁が見えてきた
2019年08月17日 14:58撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左上に壁が見えてきた
立派な壁だ
2019年08月17日 15:02撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立派な壁だ
風穴チムニー
2019年08月17日 15:04撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風穴チムニー
甲府幕岩並みの壁だ
2019年08月17日 15:07撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲府幕岩並みの壁だ
冷風で顔を冷やす受講者さんたち
2019年08月17日 15:07撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冷風で顔を冷やす受講者さんたち
左から巻く
2019年08月17日 15:10撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左から巻く
岩のトップ
痩せたリッジで怖かった
2019年08月17日 15:18撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩のトップ
痩せたリッジで怖かった
1
トップからの展望は藪で×
2019年08月17日 15:20撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トップからの展望は藪で×
尾根に向け登る
2019年08月17日 15:27撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に向け登る
展望台の下に黒岩が見える
2019年08月17日 15:32撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台の下に黒岩が見える
1
展望台からの眺め
2019年08月17日 15:32撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台からの眺め
1
トラロープ残置
2019年08月17日 15:32撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラロープ残置
登山道下る
2019年08月17日 15:50撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道下る
934mから平石沢と井戸沢中間尾根下る
2019年08月17日 16:31撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
934mから平石沢と井戸沢中間尾根下る
平石沢出合に戻りました
2019年08月17日 17:06撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平石沢出合に戻りました

感想/記録
by kamog

当初は神之川の大岩沢講習の予定でしたが
台風一過の増水のため現地判断で代替案であった
平石沢右俣から黒岩に切り替えました。
平水時の平石沢右俣は水量も少ないので中盤からは
涸棚登りになってしまうのですが
今日はちょうどよい水量で酷暑皆無。
気持ちのよりシャワーが楽しめ
受講者さんも「楽しい!」の声でした。
けれど詰めは急斜面で疲れました。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:1050人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ