また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1981505 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走積丹・ニセコ・羊蹄山

北海道遠征その5 後方羊蹄山

日程 2019年08月18日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 飛行機
半月湖キャンプ登山口場駐車場(トイレありだけどちょっと、、、)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間42分
休憩
59分
合計
7時間41分
S半月湖野営場04:5205:22風穴05:3405:39比羅夫コース2合目05:4306:01比羅夫コース3合目06:0206:15比羅夫コース4合目06:41比羅夫コース5合目06:4307:02比羅夫コース6合目07:0607:29比羅夫コース7合目07:3508:00比羅夫コース8合目08:0208:09比羅夫コース9合目08:1808:31旧小屋跡分岐08:3408:40火口中央道分岐09:00京極コース下山口09:03京極ルート分岐09:16羊蹄山09:3209:52火口中央道分岐10:17比羅夫コース8合目10:52比羅夫コース6合目11:09比羅夫コース5合目11:26比羅夫コース4合目11:51比羅夫コース2合目12:11比羅夫コース1合目12:32半月湖野営場12:33ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
倒木多し。ぬれている石は下山時滑ります。
その他周辺情報蝦夷富士小屋素泊まり@3800

写真

蝦夷富士小屋。前泊します。山小屋というよりペンション風。女子の心くすぐる素敵な宿です。台風来るからテン泊やめたけど、大正解です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蝦夷富士小屋。前泊します。山小屋というよりペンション風。女子の心くすぐる素敵な宿です。台風来るからテン泊やめたけど、大正解です。
半月湖駐車場。駐車場でテント張ってる・・・( ゜Д゜)。ワイルドです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
半月湖駐車場。駐車場でテント張ってる・・・( ゜Д゜)。ワイルドです。
1
じみ〜〜な登山道出発です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
じみ〜〜な登山道出発です。
表示がちゃんとあり、励みになります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
表示がちゃんとあり、励みになります。
台風一過の晴れになりますように・・・・。強風が心配です。山頂予報15m。ぶっ飛ばされませんように。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
台風一過の晴れになりますように・・・・。強風が心配です。山頂予報15m。ぶっ飛ばされませんように。
あじさいまだ咲いているのですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あじさいまだ咲いているのですね。
4合目でクラブツーリズムの登山隊を追い抜きました。結構速いペースで登っていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4合目でクラブツーリズムの登山隊を追い抜きました。結構速いペースで登っていました。
登りはいいけど下りは嫌な感じします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りはいいけど下りは嫌な感じします。
6合目から7合目が長かった・・・。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6合目から7合目が長かった・・・。
時々下界が見えます。だんだん高度を上げていきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時々下界が見えます。だんだん高度を上げていきます。
8合目過ぎるとなんか嫌な感じに・・・。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8合目過ぎるとなんか嫌な感じに・・・。
太陽は透けて見えるけどガスってます。ガ〜〜ん。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太陽は透けて見えるけどガスってます。ガ〜〜ん。
避難小屋への分岐。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋への分岐。
お花に癒されるように見つめます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お花に癒されるように見つめます。
ついに火口の淵に出たはず。見えないけど。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついに火口の淵に出たはず。見えないけど。
ケルンを頼りに歩くしかありません。ガックシするmrkちゃん。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ケルンを頼りに歩くしかありません。ガックシするmrkちゃん。
晴れろ〜〜と叫びながら歩きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れろ〜〜と叫びながら歩きます。
ちょっと空が見える??
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと空が見える??
おやおや〜〜???
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おやおや〜〜???
きた〜〜〜。やった〜〜!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きた〜〜〜。やった〜〜!!
猛烈な風がぶぼぼぼぼ〜〜っと吹き抜けます。体がもっていかれることはないけれど、帽子は不可。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猛烈な風がぶぼぼぼぼ〜〜っと吹き抜けます。体がもっていかれることはないけれど、帽子は不可。
またガスり始めた・・・・(´;ω;`)ウゥゥ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またガスり始めた・・・・(´;ω;`)ウゥゥ
おやおや〜〜いけるか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おやおや〜〜いけるか?
1
晴れた〜〜山頂直前でまさかの晴れ!すごい。雨女返上!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れた〜〜山頂直前でまさかの晴れ!すごい。雨女返上!
飛行機乗っているみたいです。下界は見えないけど、そんなことどうでもいいです。晴れてくれてありがとう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛行機乗っているみたいです。下界は見えないけど、そんなことどうでもいいです。晴れてくれてありがとう。
火口内はなんか楽しそう。緑がすごく綺麗です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
火口内はなんか楽しそう。緑がすごく綺麗です。
1
山頂から先、避難小屋までは結構岩々です。もちろんヘタレの私たちはお鉢巡りなどせずに引き返します。早く温泉旅館行きたいし。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から先、避難小屋までは結構岩々です。もちろんヘタレの私たちはお鉢巡りなどせずに引き返します。早く温泉旅館行きたいし。
風すごいんです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風すごいんです。
耐風するmrkちゃん。ぶっ飛びそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
耐風するmrkちゃん。ぶっ飛びそうです。
顔の周りの空気がぶっ飛んで息吸えない感じです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
顔の周りの空気がぶっ飛んで息吸えない感じです。
あれ、、、またガスッテきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれ、、、またガスッテきた。
母釜が見えるはずだけど、、、。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
母釜が見えるはずだけど、、、。
あっというまにガス戻り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっというまにガス戻り。
もう後は下山するだけ。下山始めたとたん登るときはむず痒いだけだった足首のブヨ刺されが痛みに変わってきます。( ノД`)シクシク…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう後は下山するだけ。下山始めたとたん登るときはむず痒いだけだった足首のブヨ刺されが痛みに変わってきます。( ノД`)シクシク…
6合目くらいでもうだめだ、、、レベルですが下山しないことにはお家に帰れません。我慢。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6合目くらいでもうだめだ、、、レベルですが下山しないことにはお家に帰れません。我慢。
もう意識朦朧状態です。難所は過ぎたのか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう意識朦朧状態です。難所は過ぎたのか。
一合目半って、いきなり半??
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一合目半って、いきなり半??
もうびっこひきひき歩きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうびっこひきひき歩きます。
無事下山。今回の旅、5座ノルマ達成です。よかった〜〜。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事下山。今回の旅、5座ノルマ達成です。よかった〜〜。
1
撮影機材:

感想/記録
by yokois

 北海道遠征最終章、5座目の後方羊蹄山登れました。
大型の台風10号が本州を直撃後日本海からぐる〜〜っと北海道にやってきて、おととい夕方は大雨、昨日は雨はあがったけど強風。本日も山頂は15mの風予報だったけど、阿寒富士小屋の方がそんなに転げ落ちるところはないから大丈夫じゃないかとのこと。心配事は3日前にブヨに刺されてぱんぱんに腫れた両足首。トレランシューズだとちょうど足首にこすれてこしょばゆいけど登山靴だと締め付けて痛いのです。結局登山靴で登ってみました。
 午後の方が天気よさそうなのでゆっくり目で出発と思ったけど、北海道来て11日目、すっかり早起きで3時半くらいには目が覚め結局4:30に小屋出て半月湖駐車場まで車で数分、駐車場は余裕ありでした。登山道は倒木だらけ、ヒグマ怖いのでまたもや先行者に必死でついていくと道を譲られてしまう、、、。足首は気になるけど痛くはないし、道はずっと超急登と思っていたので思ったより大丈夫。風も無風。気になるのは山頂部に雲がかかっていること。
 〜合目という看板を目安に着々と高度を上げていけます。でも8合目過ぎるとずっと天気がよかったのになんかガスの中に突入です。進む道もわかりずらくなり風も急に強風模様。レインを着込んで稜線に出ます。またもやすごい風です。北海道、羅臼岳以外風毎回すごいけど、台風の後だからか本日がMAXです。体を持っていかれることはないけど顔の前の空気が飛ばされて息ができない感じ。帽子を押さえながらガスの中前かがみで進みます。太陽はうっすら上空に見えるのでガスが切れるのを願いつつ何とか前進すると、瞬間ぱあ〜〜っとガスが切れてお鉢の中の緑のじゅうたんが見えました。キタ〜〜〜っと大興奮で進むうちみるみるガスが晴れて山頂着く直前視界が開けました!北海道最後のカムイからのプレゼントです。下界の景色は雲海の下。まるで飛行機から見たような雲海に上空の澄み切った空。いつもの山とはなんか違う景色でした。
 下山してすぐにまたガスの中。山頂に雲がかかったのか、それとも9合目付近に雲がいるのかよくわかりません。8合目以下はまた晴れの天気。ところがこのころから足首のブヨ刺されが猛烈に痛くなって、一歩ごとに左足がすごく痛いのです。歩けないことはないけれど1秒ごとに痛みを耐えながらの下山はとてもつらかったです。この山が最後でほんとによかったです。結局ふらふらになりながらなんとか降りられました。 
 

訪問者数:106人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ