また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1990699 全員に公開 ハイキング甲斐駒・北岳

南アルプスの大パノラマ・甲斐駒ヶ岳

日程 2019年08月24日(土) 〜 2019年08月25日(日)
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き…甲府駅 10:05発 広河原行きバス→広河原 12:30発 北沢峠行きバス→北沢峠
※増便1台あり
帰り…北沢峠 13:30発 広河原行きバス→広河原 14:00発 甲府駅行きバス→甲府駅
※北沢峠、広河原共に臨時便、増便数台あり
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間31分
休憩
14分
合計
6時間45分
S長衛小屋(旧北沢駒仙小屋)04:4705:20仙水小屋05:50仙水峠07:07駒津峰07:29六方石07:3008:13駒ヶ岳神社本宮08:1408:25甲斐駒ヶ岳08:2608:32駒ヶ岳神社本宮09:05六方石09:1209:34駒津峰09:3510:17双児山10:25双児山南峰11:24北沢峠 こもれび山荘11:27仙丈ヶ岳二合目登山口11:3011:32ゴール地点
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
長衛小屋から仙水小屋までは沢沿いの穏やかな道です。
そこから先は岩道やガレ道ザレ道が続きます。
季節や日時にもよると思いますが、狭い岩道の通過時は渋滞必至で、時間的な余裕は必要だなぁと思いました。

写真

甲府駅の武田信玄公之像
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲府駅の武田信玄公之像
5
広河原行きが出る1番バス停には行列。
バスチケットは車内販売。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広河原行きが出る1番バス停には行列。
バスチケットは車内販売。
ここから北沢峠行きのバスに乗り換えです。
チケットを購入。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから北沢峠行きのバスに乗り換えです。
チケットを購入。
テント場のある長衛小屋まで5分ちょっと。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント場のある長衛小屋まで5分ちょっと。
5
受付を済ませてテント場。
手前はそこそこいっぱいですが、一段下がった奥の方はまだ余裕がありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
受付を済ませてテント場。
手前はそこそこいっぱいですが、一段下がった奥の方はまだ余裕がありました。
5
南アルプスの天然水。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプスの天然水。
7
青空ビールおいしい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空ビールおいしい。
5
あれは小仙丈ケ岳かな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれは小仙丈ケ岳かな。
6
きれいな長衛小屋。
いつか泊まってみたい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きれいな長衛小屋。
いつか泊まってみたい。
1
小屋の温度計は20度。
快適だけど夜と朝は寒かった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋の温度計は20度。
快適だけど夜と朝は寒かった。
時間がたっぷり余るので北沢峠までさんぽ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時間がたっぷり余るので北沢峠までさんぽ。
5
こもれび山荘もいつか泊まってみたい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こもれび山荘もいつか泊まってみたい。
3
お目当ての見晴らし台。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お目当ての見晴らし台。
おお、ばっちり見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おお、ばっちり見えました。
8
うお、トリカブト。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うお、トリカブト。
6
翌朝は暗いうちに出発する予定なので、仙水小屋方面も少しだけ偵察。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝は暗いうちに出発する予定なので、仙水小屋方面も少しだけ偵察。
栗沢山も行ってみたい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
栗沢山も行ってみたい。
沢沿いのとても気持ちのいい道。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢沿いのとても気持ちのいい道。
3
テントに戻って晩ごはんの担々麺。
ひき肉代わりのツナとウインナーを入れたら物凄いボリュームに。
大満腹。

拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テントに戻って晩ごはんの担々麺。
ひき肉代わりのツナとウインナーを入れたら物凄いボリュームに。
大満腹。

11
翌朝。
暗闇の橋を渡って出発。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝。
暗闇の橋を渡って出発。
落ちたらえらいこっちゃ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落ちたらえらいこっちゃ。
3
薄暗いけどきれい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薄暗いけどきれい。
6
少しづつ明るくなる空が嬉しい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しづつ明るくなる空が嬉しい。
2
仙水小屋を通過。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙水小屋を通過。
きっと仙水峠では見事な朝陽が見えているんだろうなぁ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きっと仙水峠では見事な朝陽が見えているんだろうなぁ
6
シャクナゲの葉っぱだらけでした。
満開の時期に歩いてみたい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シャクナゲの葉っぱだらけでした。
満開の時期に歩いてみたい。
残ってくれている花がありました。
うれしい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残ってくれている花がありました。
うれしい。
7
おわー
むちゃくちゃきれい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おわー
むちゃくちゃきれい。
7
午前中は良いお天気になりそう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
午前中は良いお天気になりそう。
5
ここから登りがキツくなります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから登りがキツくなります。
4
シャクナゲの葉っぱの隙間から顔出し。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シャクナゲの葉っぱの隙間から顔出し。
2
後ろを振り返ると絶景が。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後ろを振り返ると絶景が。
11
おおお、甲斐駒ケ岳!
かっこいい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おおお、甲斐駒ケ岳!
かっこいい。
7
先ほどよりもだいぶ標高が上がりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先ほどよりもだいぶ標高が上がりました。
7
地蔵岳のオベリスクをズーム。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵岳のオベリスクをズーム。
6
どっしり仙丈ケ岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どっしり仙丈ケ岳
8
北岳!
間ノ岳も。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳!
間ノ岳も。
9
デジカメのメモリーカードが満杯になったので、スマホに切り替え。
がしょがしょ登っていきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
デジカメのメモリーカードが満杯になったので、スマホに切り替え。
がしょがしょ登っていきます。
4
目の前に甲斐駒ケ岳!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目の前に甲斐駒ケ岳!
5
甲斐駒ケ岳山頂目指して岩道をがしがし行きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒ケ岳山頂目指して岩道をがしがし行きます。
直登と巻き道の分岐。
巻き道へ進みましたが、次回は直登りに挑戦しよう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直登と巻き道の分岐。
巻き道へ進みましたが、次回は直登りに挑戦しよう。
2
巻き道とは言っても、段差の大きい岩道は大変。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻き道とは言っても、段差の大きい岩道は大変。
視界が開けると最高の景色。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
視界が開けると最高の景色。
2
じゃりじゃりと花崗岩の砂地を登る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
じゃりじゃりと花崗岩の砂地を登る。
魔利支天かっこいい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
魔利支天かっこいい。
2
山頂までもうひとふんばり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂までもうひとふんばり。
6
わー、観音岳の上から富士山!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
わー、観音岳の上から富士山!
8
素晴らしい眺め。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
素晴らしい眺め。
4
鳳凰三山と富士山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳳凰三山と富士山。
4
富士山、でかい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山、でかい。
12
帰り道も巻き道から。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰り道も巻き道から。
駒津峰に戻りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒津峰に戻りました。
1
ここから双児山経由で北沢峠を目指します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから双児山経由で北沢峠を目指します。
気持ちのいい稜線歩き。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちのいい稜線歩き。
どかんと仙丈ケ岳がかっこいいけど、双児山の登り返しがキツそう…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どかんと仙丈ケ岳がかっこいいけど、双児山の登り返しがキツそう…
7
木漏れ日が嬉しい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木漏れ日が嬉しい。
開けた場所からは絶景。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
開けた場所からは絶景。
5
振り返ると甲斐駒ケ岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると甲斐駒ケ岳。
7
空に向かって行く爽快な登り道。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空に向かって行く爽快な登り道。
双児山到着。
見た目ほどキツくはなくて安心。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双児山到着。
見た目ほどキツくはなくて安心。
山頂から少し下ると、南アルプスの大パノラマ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から少し下ると、南アルプスの大パノラマ!
6
北岳、間ノ岳、仙丈ケ岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳、間ノ岳、仙丈ケ岳。
6
北沢峠へ向かう道のりは大小の石がなかなか歩きにくい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北沢峠へ向かう道のりは大小の石がなかなか歩きにくい。
3
北沢峠に到着。
はー、双児山から長かった!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北沢峠に到着。
はー、双児山から長かった!
テントくんを回収しに長衛小屋まで。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テントくんを回収しに長衛小屋まで。
再びバスを乗り継いで帰ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再びバスを乗り継いで帰ります。
乗ったバスに車両トラブル発生でどうなるかと思いましたが、無事に甲府駅に到着。
のんびり帰りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗ったバスに車両トラブル発生でどうなるかと思いましたが、無事に甲府駅に到着。
のんびり帰りました。
1

感想/記録

日曜日のお天気が良さそうだったので、長衛小屋のテント場で前泊して甲斐駒ケ岳へ出かけてきました。
真っ青な空と白い花崗岩の甲斐駒ケ岳は本当に素晴らしく、大パノラマの南アルプスも最高でした。
テント場で「良かったら一緒に飲みませんか」と声をかけてくださった方のグループと小さく宴会、数人が泊まれる大きなテントは貴重な体験で、お酒とおつまみもご馳走になってしまい、本当に感謝しています。ありがとうございました。
帰りの広河原から甲府駅へ向かうバスがまさかのエンジンオイル漏れで後続のバスに乗り換える事になり、すでに満杯の後続バスはぎゅうぎゅうに…
甲府駅まで1時間半、重いザックを支えながら立ちっぱなし辛いなぁとヘコみましたが、移動したバスでも嬉しい出来事が。
メインの甲斐駒ケ岳以外にも想定外のことがたくさん起こった、忘れがたい山行となりました。
訪問者数:243人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ