また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1996120 全員に公開 ハイキング 丹沢

地蔵尾根〜姫次〜風巻尾根:神之川から周回

情報量の目安: B
-拍手
日程 2019年08月29日(木) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関
車・バイク
日陰沢橋先の路肩に駐車。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち56%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間36分
休憩
2時間16分
合計
10時間52分
S神ノ川ヒュッテゲート前登山口05:3106:20広河原入口06:2206:46岩水沢出合07:0408:22馬酔木平08:4209:29剣の峰09:4110:02地蔵尾根10:0510:55地蔵岳(地蔵ノ頭)11:0211:10地蔵平11:1211:41引き返し点11:4712:07地蔵平12:28原小屋平13:1213:30姫次13:3513:52袖平山14:0015:00風巻ノ頭15:0916:14矢駄尾根登山口16:23神ノ川ヒュッテゲート前登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
地蔵尾根は岩混じりの急登が多くかなりハードなコース。踏み跡はハッキリしてロープも多いが、紛らわしい箇所も多く注意が必要。今回は不注意から、取り付きのすぐ上の岩場、馬酔木平、地蔵平の三か所で少し迷ってしまった。
その他周辺情報藤野やまなみ温泉。平日17:00以降450円。
過去天気図(気象庁) 2019年08月の天気図 [pdf]

写真

日陰沢橋先の路肩の駐車スペース。
2019年08月29日 05:30撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日陰沢橋先の路肩の駐車スペース。
1
孫右衛門の滝。水量は少ないが落差40mでなかなか立派だ。
2019年08月29日 05:45撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
孫右衛門の滝。水量は少ないが落差40mでなかなか立派だ。
蛭ヶ岳を望む。
2019年08月29日 06:16撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳を望む。
1
広河原の下り口。左側の踏み跡を辿って堰堤に下りる。
2019年08月29日 06:21撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広河原の下り口。左側の踏み跡を辿って堰堤に下りる。
堰堤から見下ろす。
2019年08月29日 06:24撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤から見下ろす。
1
苔むした堰堤の上を戻るように進むと階段があるのでここを下りる。
2019年08月29日 06:29撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔むした堰堤の上を戻るように進むと階段があるのでここを下りる。
1
対岸に渡り踏み跡を辿ると、広河原に出る。檜皮橋が見える。
2019年08月29日 06:35撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
対岸に渡り踏み跡を辿ると、広河原に出る。檜皮橋が見える。
1
地蔵尾根の取り付き点。なかなか良い渡渉点が見つからない。
2019年08月29日 06:45撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵尾根の取り付き点。なかなか良い渡渉点が見つからない。
1
結局、少し上の一番狭まった個所を渡った。
2019年08月29日 07:00撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結局、少し上の一番狭まった個所を渡った。
1
地蔵尾根の取り付き点。最初からよじ登る感じだ。
2019年08月29日 07:00撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵尾根の取り付き点。最初からよじ登る感じだ。
1
下を見下ろす。
2019年08月29日 07:06撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下を見下ろす。
1
登り辛い岩場を避けるようにトラバースルートが付いていたのでここを進んでしまった。
2019年08月29日 07:14撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り辛い岩場を避けるようにトラバースルートが付いていたのでここを進んでしまった。
1
トラバースルートが消えたので、ここを登って尾根に這い上がろうとしたが断念。
2019年08月29日 07:24撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバースルートが消えたので、ここを登って尾根に這い上がろうとしたが断念。
1
結局、引き返して、このロープに沿って登った。
2019年08月29日 07:41撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結局、引き返して、このロープに沿って登った。
1
かなりの急登。
2019年08月29日 07:47撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなりの急登。
1
馬酔木平。ここで不注意にも逆方向に進んでしまって引き返した。
2019年08月29日 08:23撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬酔木平。ここで不注意にも逆方向に進んでしまって引き返した。
1
急登の先にある「剣の峰」。
2019年08月29日 09:29撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登の先にある「剣の峰」。
ちょっとした痩せ尾根「剣の刃渡り」。
2019年08月29日 09:41撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっとした痩せ尾根「剣の刃渡り」。
1
こんな急登が続き、疲れる。
2019年08月29日 09:52撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな急登が続き、疲れる。
1
地蔵平の古い標識。何故か左に進んでしまい鹿柵と藪の中をさ迷ってしまった。正解は右方向。
2019年08月29日 10:52撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵平の古い標識。何故か左に進んでしまい鹿柵と藪の中をさ迷ってしまった。正解は右方向。
1
地蔵岳(地蔵平の頭)。
2019年08月29日 11:06撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵岳(地蔵平の頭)。
1
ここで縦走路に合流。地蔵尾根の標識がある。
2019年08月29日 11:09撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで縦走路に合流。地蔵尾根の標識がある。
1
蛭ヶ岳方面へ途中まで進んだが、諦めて引き返し、原小屋平でのんびり昼食。
2019年08月29日 12:36撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳方面へ途中まで進んだが、諦めて引き返し、原小屋平でのんびり昼食。
1
原小屋平の水場。足場は悪いが思ったより近い。水量豊富だ。
2019年08月29日 12:59撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
原小屋平の水場。足場は悪いが思ったより近い。水量豊富だ。
1
姫次から蛭ヶ岳。晴れていれば見える富士山は雲の中。
2019年08月29日 13:34撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
姫次から蛭ヶ岳。晴れていれば見える富士山は雲の中。
1
蛭ヶ岳山荘がはっきり見える。
2019年08月29日 13:34撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳山荘がはっきり見える。
1
袖平山山頂。
2019年08月29日 13:50撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
袖平山山頂。
終始、こんな感じで展望は殆どなし。
2019年08月29日 13:53撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
終始、こんな感じで展望は殆どなし。
1
これから下る風巻尾根。
2019年08月29日 14:01撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから下る風巻尾根。
1
風巻の頭にある立派な休憩所。
2019年08月29日 15:00撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風巻の頭にある立派な休憩所。
ようやく橋まで下りてきた。
2019年08月29日 16:05撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく橋まで下りてきた。
1
橋から林道にでるまでの最後の登りがつらい。
2019年08月29日 16:10撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋から林道にでるまでの最後の登りがつらい。
1

感想/記録
by tat7

当初は、神ノ川から地蔵尾根〜蛭ヶ岳〜源蔵尾根を周回する予定だったが、地蔵尾根の登りで体力も時間も消耗してしまい、結局、展望も望めそうもない蛭ヶ岳も途中で諦めて引き返し、姫次から風巻尾根を下った。
地蔵尾根で三か所も迷ってしまったこともあるが、とにかく岩混じりの急登が多くて疲れた。馬酔木平までが一番の核心部ではあるが、その先も結構厳しい登りが続いてかなりハードなコースだと思った。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:292人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ