また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2011458 全員に公開 ハイキング塩見・赤石・聖

笊ヶ岳椹島ピストン日帰り

日程 2019年09月07日(土) [日帰り]
メンバー
天候快晴夏日
アクセス
利用交通機関
車・バイク
畑薙ダムPから東海フォレスト送迎バスで椹島ロッジ泊
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち83%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間25分
休憩
1時間10分
合計
10時間35分
S椹島ロッジ02:3702:48滝見橋03:07鉄塔03:22コル04:181857m地点04:2204:55標柱(トラバース道起終点)05:341995メートル地点05:4206:33上倉沢源流台地06:4707:41椹島下降点07:4608:34笊ヶ岳08:4609:05椹島下降点09:0709:40上倉沢源流台地09:4610:311995メートル地点10:3911:17標柱(トラバース道起終点)11:2311:431857m地点11:4612:31コル12:3212:43鉄塔13:00滝見橋13:0113:12椹島ロッジ13:12ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2019年09月の天気図 [pdf]

写真

13時着椹島ロッジの送迎バスで来たので明るいうちに登山口を確認に散策
2019年09月06日 14:43撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13時着椹島ロッジの送迎バスで来たので明るいうちに登山口を確認に散策
1
ロッジへ荷物を置いていく場合このコインロッカーを利用300円
2019年09月06日 15:06撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロッジへ荷物を置いていく場合このコインロッカーを利用300円
ロッジの部屋は蚊がいたけど我慢
2019年09月06日 15:09撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロッジの部屋は蚊がいたけど我慢
日帰りするには、最終14時のバスに乗らねば
2019年09月06日 15:09撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日帰りするには、最終14時のバスに乗らねば
缶ビール350円
2019年09月06日 15:45撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
缶ビール350円
1
夕食 お風呂もありました
2019年09月06日 17:05撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕食 お風呂もありました
さぁ2時半暗い中出発。寒さは感じられなかった。標高1100
2019年09月07日 02:38撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さぁ2時半暗い中出発。寒さは感じられなかった。標高1100
鉄橋を渡って
2019年09月07日 02:49撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄橋を渡って
前日、確認しにきた登山口。ここから激坂開始
2019年09月07日 02:51撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前日、確認しにきた登山口。ここから激坂開始
1
明るいライトで赤い目印を照らし大変よかった
2019年09月07日 03:03撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明るいライトで赤い目印を照らし大変よかった
5時前。にわか夜空が明けてくるが樹林帯の登山路は真っ暗
2019年09月07日 04:55撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5時前。にわか夜空が明けてくるが樹林帯の登山路は真っ暗
赤テープを探して登る
2019年09月07日 05:10撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤テープを探して登る
ようやくライトが不要な明るさになってきた
2019年09月07日 05:21撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやくライトが不要な明るさになってきた
今回活躍した明るいライト
2019年09月07日 05:24撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回活躍した明るいライト
2
いくつか沢沿いを渡る
2019年09月07日 05:55撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いくつか沢沿いを渡る
ひとまたぎの沢
2019年09月07日 06:06撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひとまたぎの沢
ほとんど展望のない登山路
2019年09月07日 06:30撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほとんど展望のない登山路
1
とにかく赤マーク目標に進む
2019年09月07日 06:33撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とにかく赤マーク目標に進む
上倉沢源流付近
2019年09月07日 06:37撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上倉沢源流付近
2
対岸に目標のマーキングが
2019年09月07日 06:39撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
対岸に目標のマーキングが
2
途中路唯一あった笊の標識
2019年09月07日 07:10撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中路唯一あった笊の標識
2
稜線に出てきて、やっとこさ富士が
2019年09月07日 07:47撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に出てきて、やっとこさ富士が
稜線路遠いなぁ
2019年09月07日 07:49撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線路遠いなぁ
1
いやぁ大変だった。笊山頂
2019年09月07日 08:22撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いやぁ大変だった。笊山頂
6
小笊と富士の展望が素晴らしいが、ここまでの道のりが大変すぎる
2019年09月07日 08:33撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小笊と富士の展望が素晴らしいが、ここまでの道のりが大変すぎる
6
展望が良い日でよかったよ。ほんと。苦労した甲斐があるってもんだが。
2019年09月07日 08:33撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望が良い日でよかったよ。ほんと。苦労した甲斐があるってもんだが。
2
もぉとにかく下るしかない。
2019年09月07日 09:43撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もぉとにかく下るしかない。
1
地図タイムより早めに終わることができました。14時の送迎バスに余裕で間に合いました。
2019年09月07日 13:00撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地図タイムより早めに終わることができました。14時の送迎バスに余裕で間に合いました。
1

感想/記録

苦行修行難行のザルでした。途中のアップダウンも含め登り累積標高差2000m近くありました。地図タイムは13時間近くかかるので深夜を出発し送迎バスに間に合うよう頑張りました。 登山道は赤いリボンやマーキングがたくさんあり、非常に助かりましたしたが、これがないと登れないくらい道が分かりにくい道でした。 明るいヘッドライトが役に立ちました。 登りがいのある大変な山梨百名山の一つでした。
訪問者数:462人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

赤テープ 累積標高 ピストン
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ