また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2019547 全員に公開 ハイキング 八ヶ岳・蓼科

【大苦戦】北八ヶ岳ロープウェイ〜北横岳〜三ッ岳〜雨池山

情報量の目安: A
-拍手
日程 2019年09月14日(土) [日帰り]
メンバー
天候終日晴天
アクセス
利用交通機関
車・バイク
自家用車で北八ヶ岳ロープウェイまで。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間42分
休憩
3時間9分
合計
4時間51分
相模大野駅10:2810:36小田急境川鉄橋10:38町田駅(小田急)12:4612:49小田急境川鉄橋12:59相模大野駅14:0015:20ゴール地点
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2019年09月の天気図 [pdf]

写真

北八ヶ岳ロープウェイまで自家用車で移動。8時15分に到着。始発の8時20分初には間に合わなかったものの、次発の8時40分発に乗って坪庭へ。
2019年09月14日 08:30撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北八ヶ岳ロープウェイまで自家用車で移動。8時15分に到着。始発の8時20分初には間に合わなかったものの、次発の8時40分発に乗って坪庭へ。
7分で標高2233mの山頂駅へ。天候は晴天、最高!
2019年09月14日 08:49撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7分で標高2233mの山頂駅へ。天候は晴天、最高!
スタートしてしばらくは整備された登山道をテクテク歩く。
2019年09月14日 08:54撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スタートしてしばらくは整備された登山道をテクテク歩く。
40分ほどで北横岳ヒュッテに到着。小休憩。
2019年09月14日 09:30撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
40分ほどで北横岳ヒュッテに到着。小休憩。
北横岳ヒュッテから10分ほどで北横岳南峰(2471m)到着!
北横岳の頂上はここではなく10分ほどさらに登った北峰。
ただし、見晴らしはここが最高。
八ヶ岳、南アルプス、中央アルプス、北アルプスが一望にできる。
2019年09月14日 09:51撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北横岳ヒュッテから10分ほどで北横岳南峰(2471m)到着!
北横岳の頂上はここではなく10分ほどさらに登った北峰。
ただし、見晴らしはここが最高。
八ヶ岳、南アルプス、中央アルプス、北アルプスが一望にできる。
この日は最高の眺望。左は南八ヶ岳、右は南アルプス。
南アルプスの鳳凰三山と甲斐駒ヶ岳がはっきりと見える。
2019年09月14日 09:47撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この日は最高の眺望。左は南八ヶ岳、右は南アルプス。
南アルプスの鳳凰三山と甲斐駒ヶ岳がはっきりと見える。
遠くに槍ヶ岳も見える。
2019年09月14日 09:48撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くに槍ヶ岳も見える。
2
北横岳南方から10分ほどで北峰(2480m)、頂上に到着。
2019年09月14日 10:01撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北横岳南方から10分ほどで北峰(2480m)、頂上に到着。
頂上は南峰より狭い。
2019年09月14日 10:01撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上は南峰より狭い。
順番待ちして頂上で記念撮影。
小休憩程度で七ツ池に向かう。
2019年09月14日 10:05撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
順番待ちして頂上で記念撮影。
小休憩程度で七ツ池に向かう。
下りはサクサクと。
2019年09月14日 10:19撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りはサクサクと。
七ツ池に到着。水面に青空と木々が浮かんで、美しい風景。しばらく魅入る。
2019年09月14日 10:34撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七ツ池に到着。水面に青空と木々が浮かんで、美しい風景。しばらく魅入る。
2
トンボが気持ちよさそうに飛び回っている。
もう少し見ていたかったが、三ッ岳に向かって移動開始。
2019年09月14日 10:33撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トンボが気持ちよさそうに飛び回っている。
もう少し見ていたかったが、三ッ岳に向かって移動開始。
三ッ岳分岐に入ってすぐに、狭く岩だらけのルートに突入。想像以上に険しく、少々焦る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ッ岳分岐に入ってすぐに、狭く岩だらけのルートに突入。想像以上に険しく、少々焦る。
三ッ岳は景、曲、喫の岩登り三連チャン。多くの岩稜、穴、複数の鎖場もあり、かなりスリリング。十分な注意が必要。
2019年09月14日 11:19撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ッ岳は景、曲、喫の岩登り三連チャン。多くの岩稜、穴、複数の鎖場もあり、かなりスリリング。十分な注意が必要。
1
景の鎖場。ステップはあるが大きくはないので十分に注意しよう。
2019年09月14日 11:20撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
景の鎖場。ステップはあるが大きくはないので十分に注意しよう。
1
景の頂上からの眺望。
2019年09月14日 11:23撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
景の頂上からの眺望。
1
喫から見た景、曲。
三ッ岳ルートは喫、曲、景をきっちり登らないと通過できない。
喫からの下りも岩と穴の連続で、緊張感たっぷり。
体力もゴリゴリと削られる。
このルートは今日の様によほど天気が良くないと危険だ。
2019年09月14日 11:59撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
喫から見た景、曲。
三ッ岳ルートは喫、曲、景をきっちり登らないと通過できない。
喫からの下りも岩と穴の連続で、緊張感たっぷり。
体力もゴリゴリと削られる。
このルートは今日の様によほど天気が良くないと危険だ。
1
岩場を過ぎ、雨池山を目指す。
2019年09月14日 12:19撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場を過ぎ、雨池山を目指す。
岩場から解放されたものの、ここから雨池山頂上までの登りも急峻で、岩場で失った体力がさらに削られる。
2019年09月14日 12:20撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場から解放されたものの、ここから雨池山頂上までの登りも急峻で、岩場で失った体力がさらに削られる。
1
ようやく雨池山(2535m)に到着。眺望は全くないので、さっさと通過。
2019年09月14日 12:36撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく雨池山(2535m)に到着。眺望は全くないので、さっさと通過。
縞枯山荘目指して下り続ける。途中、縞枯の風景が目に飛び込んでくる。
2019年09月14日 12:44撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縞枯山荘目指して下り続ける。途中、縞枯の風景が目に飛び込んでくる。
下り終え、八丁平で休憩。縞枯山荘まで10分程度の位置。木道が整備されており、風景も美しい。
この時間になり、少し雲が出てきた。
2019年09月14日 13:28撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下り終え、八丁平で休憩。縞枯山荘まで10分程度の位置。木道が整備されており、風景も美しい。
この時間になり、少し雲が出てきた。
1
縞枯山荘到着。周辺は軽装の観光客がちらほら。
記念撮影をしてスタート地点の北八ヶ岳ロープウェイ山頂駅を目指す。
木道を歩いて15分程度で八ヶ岳ロープウェイ山頂駅にゴール!
2019年09月14日 13:31撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縞枯山荘到着。周辺は軽装の観光客がちらほら。
記念撮影をしてスタート地点の北八ヶ岳ロープウェイ山頂駅を目指す。
木道を歩いて15分程度で八ヶ岳ロープウェイ山頂駅にゴール!
1

感想/記録

3連休初日は八ヶ岳の北横岳へ。
北八ヶ岳ロープウェイを使っての登山なので、北横岳だけではなく三ッ岳と雨池山を回る周遊ルートを選択。

山頂駅から整備された登山道を登り、1時間程度で山頂へ。
北横岳南峰からの眺望はまさに絶景。
南八ヶ岳、南アルプス、中央アルプス、北アルプスが一望できる希有な場所だ。
今回は早い時間からの登山と言うこともあり、三ッ岳と雨池山を回る周遊コースにチャレンジした。

北横岳までの整備された登山道とは打って変わって、三ッ岳までルートは狭く岩稜帯が続くため、十分な装備と体力が必要なので注意が必要だ。
岩登り鎖場もあり、三ッ岳を構成する三峰(喫、曲、景)は迂回不可できっちり、全て登る羽目になる。
岩と岩の間の隙間や穴も多々あり、体力だけではなく、注意力も必要となる。
高度もあり、眺望も良いのだが、風が強いと危険な場所だ。
正直、喫のあたりでこのルートを選んだことを後悔した…。
特に景を越えてからの下りは厳しく、体力と神経をすり減らすことになった。
このルートは明らかに上級者向きで、天気が良かったためどうにかなったが、天候次第では自分のような初心者には厳しすぎる。

ようやく三ッ岳を過ぎて雨池山に向かうが、岩場で削られた体力をさらに消耗するありさまで、何とか頂上にたどり着いたという感じだった。

雨池山を越え、八丁平に出たときは、本当に安心した。
これまでの登山で1,2を争うハードさだった。
下調べが不十分だったと反省…。

ここまで来ると整備された木道を歩いて縞枯山荘を越え、スタート地点の北八ヶ岳ロープウェイの頂上駅へ。
結果的に5時間程度の行程となり、ほぼ標準タイムでゴールできたものの、体力に余裕のある状態でのゴールではなかった。

北横岳の眺望は最高だったが、後半の三ッ岳の辛さのほうが記憶に残る登山となってしまった…。反省。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:1295人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

鎖場 ロープウェイ 木道 ヒュッテ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ