また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 2021036 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走剱・立山

甘く考えてました早月尾根から剱岳

日程 2019年09月15日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ。雲海が発生して
アクセス
利用交通機関
車・バイク
午後11時に馬場島荘の駐車場に到着したけど満杯でした。3連休だから仕方ないか。

馬場島荘の駐車場のひとつ手前へ停めました。トイレはなかった。
トイレは、馬場島荘のキャンプ場にふたつありました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち54%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間24分
休憩
1時間29分
合計
9時間53分
S馬場島05:2105:47松尾平06:37早月尾根標高1600m標識07:151920.9m三角点07:59早月小屋08:0008:47標高2600m標識08:5409:32標高2800m標識09:4010:02カニのハサミ10:0610:25剱岳10:5511:00カニのハサミ11:2511:44標高2800m標識12:12標高2600m標識12:49早月小屋13:0313:301920.9m三角点13:59早月尾根標高1600m標識14:45松尾平15:11馬場島15:14ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
馬場島から早月小屋までは、急な登りがずっと続きますが、帰りの方が、疲れるし滑るので転倒注意です。

早月尾根から頂上までは、岩場やザレ場、鎖場が多くあります。岩場に慣れていれば危険はありません。ただ、下りは、落石しないように注意が必要です。

帰りは、木々の根が地上に張り出していて、急坂なので、大変気を使うし、転倒する事が多かった。

それと、1,200m付近の登山道のすぐ横の地中にスズメバチ(種類はわかりません。)の巣があります。もう少しすると狂暴になるので注意して通過した方が良いです。

写真

さて、剱には初めて登ります。
結構、急登らしいので、大丈夫かな?
登った結果は、もう、行きたくない・かな?
2019年09月15日 05:24撮影 by F-03H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、剱には初めて登ります。
結構、急登らしいので、大丈夫かな?
登った結果は、もう、行きたくない・かな?
1
明るくなって、太陽が出てきました。
2019年09月15日 06:14撮影 by F-03H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明るくなって、太陽が出てきました。
結構登って来た。
2019年09月15日 07:07撮影 by F-03H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構登って来た。
2
もう、ガスが出てきたぞ。
頂上は、ガスが掛かって見れなくなるかな?
2019年09月15日 07:12撮影 by F-03H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう、ガスが出てきたぞ。
頂上は、ガスが掛かって見れなくなるかな?
2
やっと小屋まで来ました。
長いし、急だし、疲れたけど、まだまだ700mは登らなくては。
足が攣ってしまいそう。。
2019年09月15日 07:53撮影 by F-03H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと小屋まで来ました。
長いし、急だし、疲れたけど、まだまだ700mは登らなくては。
足が攣ってしまいそう。。
小屋の前で、ちょっとだけ休憩中。
2019年09月15日 07:54撮影 by F-03H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋の前で、ちょっとだけ休憩中。
ここからが、大変でした。
両足とも痙攣して、痛い痛い。
休みながらゆっくり登ります。
寝不足かな?。薬持って来れば良かったのに。
2019年09月15日 08:01撮影 by F-03H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからが、大変でした。
両足とも痙攣して、痛い痛い。
休みながらゆっくり登ります。
寝不足かな?。薬持って来れば良かったのに。
2
頂上が見えたものの、足が攣って
思うように前へ進みません。
余裕がなかった。。、景色とか見る余裕もない。
2019年09月15日 08:29撮影 by F-03H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上が見えたものの、足が攣って
思うように前へ進みません。
余裕がなかった。。、景色とか見る余裕もない。
4
雲がどんどん上がってきます。
2019年09月15日 09:26撮影 by F-03H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲がどんどん上がってきます。
3
頂上まであと少し。
だましだまし登ります。
2019年09月15日 09:42撮影 by F-03H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上まであと少し。
だましだまし登ります。
どんどん雲海が広がってくる。
2019年09月15日 09:57撮影 by F-03H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どんどん雲海が広がってくる。
7
人がいっぱい。流石に人気の山。三連休だし。。
写真撮るのも並んで20分位待ちました。
2019年09月15日 10:11撮影 by F-03H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人がいっぱい。流石に人気の山。三連休だし。。
写真撮るのも並んで20分位待ちました。
21
鹿島槍から爺が岳かな?
2019年09月15日 10:13撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿島槍から爺が岳かな?
1
鹿島槍ヶ岳。
2019年09月15日 10:13撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿島槍ヶ岳。
6
こちらは、五竜岳。
2019年09月15日 10:14撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは、五竜岳。
4
あちらは白馬岳方向?
2019年09月15日 10:14撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あちらは白馬岳方向?
3
青空と雲海がきれいです。
2019年09月15日 10:14撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空と雲海がきれいです。
2
雄山、槍ヶ岳がちょこっと見えますね。
2019年09月15日 10:15撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雄山、槍ヶ岳がちょこっと見えますね。
7
唐松岳、不帰キレット
2019年09月15日 10:16撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松岳、不帰キレット
6
富士山も
2019年09月15日 10:16撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山も
2
ずっと遠くに笠ヶ岳、御嶽山、乗鞍岳、水晶岳。
2019年09月15日 10:16撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ずっと遠くに笠ヶ岳、御嶽山、乗鞍岳、水晶岳。
6
爺ヶ岳から鹿島までの稜線
2019年09月15日 10:17撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
爺ヶ岳から鹿島までの稜線
1
剱沢キャンプ場にはテントが沢山
2019年09月15日 10:28撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱沢キャンプ場にはテントが沢山
4
モクモクと雲海が広がっていきます。
2019年09月15日 10:37撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モクモクと雲海が広がっていきます。
4
カニの縦ばい横ばえの方も渋滞中。
2019年09月15日 10:37撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カニの縦ばい横ばえの方も渋滞中。
2
雲海が凄いですね
2019年09月15日 10:38撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海が凄いですね
1
綺麗で、何枚も写真を撮ってしまって、同じ写真が沢山
2019年09月15日 10:39撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綺麗で、何枚も写真を撮ってしまって、同じ写真が沢山
3
雲海と地獄谷の水蒸気
2019年09月15日 10:40撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海と地獄谷の水蒸気
1
雲海と青空
2019年09月15日 10:40撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海と青空
これも雲海
2019年09月15日 10:57撮影 by F-03H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これも雲海
4
帰って行く。遠いですね。
2019年09月15日 10:57撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰って行く。遠いですね。
2
モクモクの雲海が。
2019年09月15日 11:04撮影 by F-03H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モクモクの雲海が。
下りは渋滞して、時間がかかりました。
2019年09月15日 11:28撮影 by F-03H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りは渋滞して、時間がかかりました。
0.7kmも、山では遠い。。
2019年09月15日 11:44撮影 by F-03H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
0.7kmも、山では遠い。。
1
いつの間にか雲海が凄いことに。
2019年09月15日 11:48撮影 by F-03H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつの間にか雲海が凄いことに。
2
雷鳥にも会えました。。
2019年09月15日 11:57撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷鳥にも会えました。。
9
この看板が沢山あって、目安には良いけど。。
心が折れることも。。
2019年09月15日 12:13撮影 by F-03H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この看板が沢山あって、目安には良いけど。。
心が折れることも。。
1
雲海に飛び込みたくなる位に凄い。
2019年09月15日 12:27撮影 by F-03H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海に飛び込みたくなる位に凄い。
2
雲海がいっぱい・・。
2019年09月15日 12:28撮影 by F-03H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海がいっぱい・・。
2
この稜線を歩きました、ガスがかかり始めて。
2019年09月15日 12:28撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この稜線を歩きました、ガスがかかり始めて。
6
雲海が見事で素晴らしい日でした。
2019年09月15日 12:28撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海が見事で素晴らしい日でした。
1
1200m看板のちょっと下、この木のそばの地中にスズメバチが巣を作ってあります。注意が必要です。
2019年09月15日 14:29撮影 by F-03H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1200m看板のちょっと下、この木のそばの地中にスズメバチが巣を作ってあります。注意が必要です。
2
おしまい。非常に疲れたし。コケて傷だらけ・・。
この石に刻まれるとおり、憧れていた剱岳は、凄い試練がありましたよ。
今は、もう登りたくない・・・。。
2019年09月15日 15:06撮影 by F-03H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おしまい。非常に疲れたし。コケて傷だらけ・・。
この石に刻まれるとおり、憧れていた剱岳は、凄い試練がありましたよ。
今は、もう登りたくない・・・。。
7
撮影機材:

感想/記録

久々の登山は、富山へ遠征して、剱岳に登って来ました。
前々から、気になっていた早月尾根から。

前日の夜中に駐車場へ、車中泊は、初めてでウトウトする位で熟睡はできなかった。
もう少し、快適に眠れるような工夫が必要かな・・。

登山の方は、早月尾根を甘く考えていた感じです。なかなか登りごたえがありました。
寝不足もあったせいか、小屋から上で足が攣って、ちょっと登っては休んで。。
かなり時間が掛かってしまった。

また、下りは、得意でないのと疲れで、何回か転倒して散々でした。足首はひねって痛いし。

三大急登の黒戸尾根より登山道が凸凹だし、木の根が張り出しているせいか、疲れたような気がする。
訪問者数:812人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ