また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2035871 全員に公開 沢登り丹沢

葛葉川本谷 沢登りにおけるビレイ講習

日程 2019年09月22日(日) [日帰り]
メンバー
 kamog(CL)
, その他メンバー4人
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
くずはの泉
・トイレあり(チップ制)
・登山計画書届ポストはないので事前に神奈川県警オンライン提出か
 渋沢駅北口バス停、戸川林道/滝沢園入口、山岳スポーツセンター等で
・駐車場は上下2段。上段は水汲み者利用なので、登山や沢に行かれる方は下段へ
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
コース状況/
危険箇所等
葛葉川本谷

 遡行グレード 1級(沢登り初心者向き)

 ・標高500m辺りで少々ゴルジュ状になり3連瀑が現れる。
  3つ目の6m滝を直登する場合は、釜の左から近付き、流芯すぐ左を登る。
  流芯沿いに時々ステミングを使って登るか、途中から左壁を登る。
  終了点は左壁上の小テラスに残置がある。卦蕁
  巻きは右側ルンゼから滝の落ち口2m上をトラバースして抜ける。
 ・550m幅広2条7mの横向ノ滝はどこでも登れるが、左側の通常なら乾いた
  壁の方が楽。終了点は落ち口左手の木。卦蕁檗
 ・水量比1:3または2:3の590m二俣を右に進むとすぐに8m板立ノ滝。
  一番易しいのは右壁で残置ハーケン複数あり。終了点は落ち口上の右壁で
  卦蘢度。
  流芯すぐ右手の乾いたカンテは残置あるが後半のスタンスが傾いて細かい。
  元蕁檗
  残置がない濡れた左壁も慣れた人なら登れる。元蕁檗
  高巻きは右側を逆くの字状に落ち口上に出る。
 ・表丹沢林道が横切る大平橋手前の曲がり滝3段7mの下段は流芯左手から登り
  少々シャワーを浴びながら右に移る。上段はやや細かい右壁を登る。卦蕁
 ・大平橋で遡行終了するなら、大平橋を潜って、2段3mの左を登ってから
  橋に出る。
  この場合は二ノ塔尾根登山道を下る。二ノ塔尾根の下り出しは草が少し生え
  出した植林運搬道を数十m歩いて、道が左に折れる箇所から古い標識に従い
  植林尾根上の踏み跡を下る。30分弱でくずはの泉に通じる桜山林道に出る。

 大平橋より上流は『丹沢の谷200ルート』(山と溪谷社)の遡行図を参照下さい。

■マウントファーム登山学校(JMIA公認)
  http://mt-farm.info/
過去天気図(気象庁) 2019年09月の天気図 [pdf]

写真

くずはの泉
2019年09月22日 09:19撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
くずはの泉
横を流れる葛葉川
2019年09月22日 09:20撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横を流れる葛葉川
堰堤から入渓
2019年09月22日 09:22撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤から入渓
1
小滝を楽しく越えていきます
2019年09月22日 09:27撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小滝を楽しく越えていきます
少々ゴルジュになり3連瀑が始まります
2019年09月22日 09:36撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少々ゴルジュになり3連瀑が始まります
最初の滝は右から
2019年09月22日 09:39撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の滝は右から
1
次の滝は左から
2019年09月22日 09:41撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次の滝は左から
直登を楽しんでもらいましょう
2019年09月22日 10:00撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直登を楽しんでもらいましょう
出だしは少々シャワー浴びます
2019年09月22日 10:03撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出だしは少々シャワー浴びます
ここでスタンダードなアンカードビレイに加え、スリングが巻き切れない大きな支点での支点構築を学習
2019年09月22日 12:19撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでスタンダードなアンカードビレイに加え、スリングが巻き切れない大きな支点での支点構築を学習
590m二俣のジャンクションフォール
2019年09月22日 13:09撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
590m二俣のジャンクションフォール
板立ノ滝が見えてきました
2019年09月22日 13:16撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
板立ノ滝が見えてきました
一般的な右壁を登ってもらいます
2019年09月22日 13:41撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一般的な右壁を登ってもらいます
アンカードビレイは交替で実施
2019年09月22日 13:46撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アンカードビレイは交替で実施
3段曲がり滝
2019年09月22日 14:33撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3段曲がり滝
今回は上段は右から巻いて
2019年09月22日 14:39撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回は上段は右から巻いて
ザレを登って
2019年09月22日 14:39撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザレを登って
表丹沢林道へ出ました
2019年09月22日 14:43撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
表丹沢林道へ出ました
これから11月まで表丹沢林道はいろいろな花が咲き出しますよ
2019年09月22日 14:46撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから11月まで表丹沢林道はいろいろな花が咲き出しますよ
二ノ塔尾根の下り出し
2019年09月22日 15:03撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二ノ塔尾根の下り出し
桜沢林道に戻りました
2019年09月22日 15:22撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桜沢林道に戻りました
ボディブレイスビレイは何も支点が取れない箇所やお助け紐的なビレイには有効ですが、かなり熟練が必要です
2019年09月22日 15:44撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ボディブレイスビレイは何も支点が取れない箇所やお助け紐的なビレイには有効ですが、かなり熟練が必要です
スタンディングアックスビレイの理論を取り入れて比較してみます
2019年09月22日 15:45撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スタンディングアックスビレイの理論を取り入れて比較してみます
初級者以下が行うのは避けましょう。
くれぐれも熟練が必要な技術です。
2019年09月22日 15:46撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初級者以下が行うのは避けましょう。
くれぐれも熟練が必要な技術です。

感想/記録
by kamog

天気がもってくれて助かりました。
受講者さんのオファーが元で葛葉川本谷下流部にて
沢登りにおけるビレイ講習を実施。
その一環でハーケン打ちの適所と不適な箇所の説明をしました。
アンカードビレイのオーソドックスな方法、
もし後続がテンションしたら滝に晒されるリスクのある場所でのビレイ方法、
スリングを巻ききれない大きな支点でのビレイ方法、
ロープダウンが下まで届かない滝でのビレイ方法などなど。
ひとつひとつの滝でジックリと行わさせていただきました。
訪問者数:246人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ