また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2041812 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 日光・那須・筑波

かまど倉山・川化山

情報量の目安: A
-拍手
日程 2019年09月29日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
松坂トンネルの東側、日枝神社辺りの路側帯がとても広い部分に停めました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間30分
休憩
20分
合計
3時間50分
Sスタート地点07:1008:40かまど倉山09:0009:50川化山11:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
かまど倉山、川化山とも山頂付近急登で、岩が多いです。
林道から暫くして、鞍部までは林業の作業道を歩きました。これがないと、自分はちょっと難しかったと思います。
過去天気図(気象庁) 2019年09月の天気図 [pdf]

写真

今日はかまど倉山・川化山チャレンジです。まず、駐車地探しが課題でしたが、いい場所見つけました。
2019年09月29日 10:53撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日はかまど倉山・川化山チャレンジです。まず、駐車地探しが課題でしたが、いい場所見つけました。
駐車地北側10m程の場所に日枝神社が鎮座します。
2019年09月29日 10:54撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車地北側10m程の場所に日枝神社が鎮座します。
1
板荷駅から西へ向かい、このトンネルまで来てしまっては行き過ぎです。
2019年09月29日 06:57撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
板荷駅から西へ向かい、このトンネルまで来てしまっては行き過ぎです。
1
まずは、駐車地から県道歩きです。地図と現地をにらめっこしながら、南東方向へ尾根に上がる道を探します。電信柱下のポールに赤テープ巻き付いていました。写真左手へ、山に入ります。
2019年09月29日 07:28撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは、駐車地から県道歩きです。地図と現地をにらめっこしながら、南東方向へ尾根に上がる道を探します。電信柱下のポールに赤テープ巻き付いていました。写真左手へ、山に入ります。
こんな感じの林道です。車、入っているようです。
2019年09月29日 07:34撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな感じの林道です。車、入っているようです。
1
200mほど行くと開けます。作業道が斜面に入り、植林されています。奥にかまど倉山と川化山の鞍部らしきところが見えます。
2019年09月29日 07:37撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
200mほど行くと開けます。作業道が斜面に入り、植林されています。奥にかまど倉山と川化山の鞍部らしきところが見えます。
そのまま林道を進みましたが藪化して行き止まりました。やはり、作業道を詰めるべきでした。
2019年09月29日 07:42撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そのまま林道を進みましたが藪化して行き止まりました。やはり、作業道を詰めるべきでした。
1
途中で作業道に乗り換え、どんどん標高を上げます。しかし、もうすぐ10月というのに、妙に太陽が強く、暑い!!
2019年09月29日 10:28撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中で作業道に乗り換え、どんどん標高を上げます。しかし、もうすぐ10月というのに、妙に太陽が強く、暑い!!
だいぶ上がりました。展望が得られました。日光連山方面です。本当は女峰山、大真名子、小真名子見えてましたが、雲もかかります。まだ、秋の景色とはいきません。
2019年09月29日 10:24撮影 by SO-03L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だいぶ上がりました。展望が得られました。日光連山方面です。本当は女峰山、大真名子、小真名子見えてましたが、雲もかかります。まだ、秋の景色とはいきません。
1
作業道を詰め、藪を10数メートル上がると鞍部に到着しました。ここだけ展望がききます。
2019年09月29日 10:25撮影 by SO-03L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
作業道を詰め、藪を10数メートル上がると鞍部に到着しました。ここだけ展望がききます。
2
まず、かまど倉山へ。これがなかなか急登りです。
2019年09月29日 08:13撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まず、かまど倉山へ。これがなかなか急登りです。
1
鞍部からの中間点に鉄塔があります。
2019年09月29日 08:18撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍部からの中間点に鉄塔があります。
1
鉄塔から南側の景色です。天気は予想外によいのですが、湿気が多いようで、秋とは思えないもやっとした感じです。
2019年09月29日 08:18撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔から南側の景色です。天気は予想外によいのですが、湿気が多いようで、秋とは思えないもやっとした感じです。
日光方面です。薄く男体山、大真名子、小真名子見えています。手前は鶏鳴山あたりでしょうか?
2019年09月29日 08:20撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日光方面です。薄く男体山、大真名子、小真名子見えています。手前は鶏鳴山あたりでしょうか?
1
木の根の急登です。
2019年09月29日 08:26撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木の根の急登です。
岩交じりの痩せ尾根です。
2019年09月29日 08:33撮影 by SO-03L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩交じりの痩せ尾根です。
かまど倉山展望台来ました!!
2019年09月29日 08:38撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かまど倉山展望台来ました!!
1
古賀志山方面です。
2019年09月29日 08:37撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古賀志山方面です。
こっちの方が高度感ありますか?
2019年09月29日 08:59撮影 by SO-03L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こっちの方が高度感ありますか?
二股山だと思います。角度が斜めなので二股には見えません。
2019年09月29日 08:42撮影 by SO-03L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二股山だと思います。角度が斜めなので二股には見えません。
1
展望地から奥へ歩いて山頂です。山名版と三角点です。
2019年09月29日 08:48撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望地から奥へ歩いて山頂です。山名版と三角点です。
来た道を戻り、鞍部から今度は川化山へ登り返します。なんだかまだ秋って感じがありません。
2019年09月29日 09:34撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
来た道を戻り、鞍部から今度は川化山へ登り返します。なんだかまだ秋って感じがありません。
1
痩せ尾根
2019年09月29日 09:52撮影 by SO-03L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
痩せ尾根
1
痩せ尾根
2019年09月29日 10:02撮影 by SO-03L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
痩せ尾根
1
尾根を少し登り返して山頂です。展望はあまりありませんでした。
2019年09月29日 09:53撮影 by SO-03L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根を少し登り返して山頂です。展望はあまりありませんでした。
2
帰りに作業道で見つけました。
2019年09月29日 10:27撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りに作業道で見つけました。
帰りに県道脇で見つけました。
2019年09月29日 10:43撮影 by SO-03L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りに県道脇で見つけました。
1
今日の食料です。4色おむすびです。あと、コーヒーと水2ℓ。今日はおむすび3つで充分でした。
2019年09月29日 05:00撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の食料です。4色おむすびです。あと、コーヒーと水2ℓ。今日はおむすび3つで充分でした。
1

感想/記録

 今日は、あまり長時間ではなく、猗焼くらい歩きたい”と思い、かまど倉山、川化山にお邪魔しました。ところが調べていると、南東側谷筋からのアプローチでは倒木など多く道が荒れている、そして、尾根筋から行くのでは岩場など多く自分の力量ではデンジャラス!!そして、時間的な問題が!!そこで北からのアプローチを模索したのですが、まさに、、、okushiraneさんの山行記録を参考にさせていただきました。ありがとうございました。それにしても、作業道があそこまで伸びていなければ、自分の力量と根性では鞍部にたどり着けなかったかと思います。
 温暖化の影響か、この季節にしては暑く、ちょっと汗をかきすぎ疲労しました。かまど倉からの展望も、水蒸気で今一つ、、、、残念です。でも、距離、時間、適度な岩場など、結構満足できる山歩きとなりました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:736人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ